BIG WAVE (サウンドトラック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BIG WAVE
山下達郎サウンドトラック
リリース LP:1984年6月20日
CD:1984年7月25日
CD:1986年12月21日
CD:1991年11月10日(リマスター盤再発)
CD:1999年6月2日(再発)
録音 CBS SONY Roppongi
Onkio Haus
& ALFA Studio
ジャンル サウンドトラック
レーベル MOON ⁄ ALFA MOON
MOON ⁄ MMG(再発)
MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN(再発)
プロデュース 小杉理宇造山下達郎
チャート最高順位
山下達郎 年表
MELODIES
1984年
BIG WAVE
(1984年)
POCKET MUSIC
1986年
BIG WAVE 収録の シングル
  1. THE THEME FROM BIG WAVE
    リリース:1984年5月25日
テンプレートを表示

BIG WAVE』(ビッグ・ウェイブ)は1984年6月20日に発売された、山下達郎のサウンドトラック・アルバム。

解説[編集]

サーフィンを題材としたウォルター・マルコネリー監督のドキュメンタリー映画のサウンドトラック・アルバム[1]

A面は映画のための書き下ろしを含む自身のオリジナル曲。B面はザ・ビーチ・ボーイズなどのカヴァーで構成されたサウンドトラック・アルバム[2]。夏に関連した楽曲が収録され、一部は『MELODIES[3]や『FOR YOU[4]からの再収録となっている。

歌詞カードには福田一郎のアルバム解説を収載。また、アナログの初回プレス盤は同封の歌詞カードに間違いあったため、訂正後の歌詞カードが別途添付されていた。

収録曲[編集]

Side A[編集]

  1. THE THEME FROM BIG WAVE –ビッグ・ウェイブのテーマ– (3'37")
    lyrics by Alan O'Day, music by Tats Yamashita
    同年4月25日に先行シングルとして発売されていた。山下達郎作曲、大貫妙子作詞の「魔法を教えて」を、新たに英語詞としたもの[5]。なお、SIDE Aに収録されている英語詞はすべてアメリカでシンガーソングライターとして活躍していたアラン・オデイによるものである。
  2. JODY (3'49")
    lyrics by Alan O'Day, music by Tats Yamashita
    『MELODIES』[3]収録曲「悲しみのJODY」の英語詞による改作。2006年にはアサヒビールのタイアップが付く。
  3. ONLY WITH YOU (3'41")
    lyrics by Alan O'Day, music by Tats Yamashita
    インストゥルメンタルバージョンが現在まで『サンデーソングブック』のオープニングとして使われている。インストゥルメンタルバージョンは山下達郎CM全集 Vol.2に収録。
  4. MAGIC WAYS (4'45")
    lyrics by Alan O'Day, music by Tats Yamashita
    『FOR YOU』[4]レコーディングの頃に書かれた曲。レコーディング当初、間奏にはサックスやギターのソロを入れようと試したがどれも今ひとつしっくりこなかったため、最終的には一人多重コーラスのみとなっている。
  5. YOUR EYES (3'12")
    lyrics by Alan O'Day, music by Tats Yamashita
    『FOR YOU』[4]収録曲。本作収録に際しリミックスされ、エンディングが若干短くなっている。
  6. I LOVE YOU...Part II (2'02")
    lyrics by Alan O'Day, music by Tats Yamashita
    B面6曲目の「PART I」に英語詞を付けたもの。

Side B[編集]

  1. GIRLS ON THE BEACH (2'42")
    Brian Wilson
  2. PLEASE LET ME WONDER (3'04")
    Mike Love, Brian Wilson
  3. DARLIN (3'27")
    Mike Love, Brian Wilson
  4. GUESS I'M DUMB (3'11")
    Russ Tietleman, Brian Wilson
    『MELODIES』[3]収録曲で、ブライアン・ウィルソンの作曲 • プロデュースで1965年6月にリリースされたグレン・キャンベル(Glen Campbell)のシングル曲のカヴァー。1965年2月以降、ビーチ・ボーイズのツアーに参加しないことを表明したブライアンに代わってメンバーとして1か月ほど参加したグレンに感謝の意を込めて提供された作品。
  5. THIS COULD BE THE NIGHT (4'00")
    Harry Nilsson
  6. I LOVE YOU...Part I (2'02")
    Tats Yamashita
    1983年から1984年にかけて放送されたサントリーCM曲として使用された。本アルバムの1991年再発盤の山下自身による曲目解説によれば、「I LOVE YOU」だけで歌われた曲を作って欲しい、という“恐ろしい”注文から生まれた曲だという。後年のコンピレーション・ベスト「OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜」に収録された際には、曲目解説で「ドゥーワップ(山下曰く「伝家の宝刀」)で乗り切るしか無かった」と回想している。

クレジット[編集]

Side A[編集]

THE THEME FROM BIG WAVE
  • Tats Yamashita - electric guitar, acoustic guitar, rhodes, prophet 5, vocoder, percussion & background vocals
  • Jun Aoyama - Drums
  • Kohki Itoh - Bass
JODY
  • Tats Yamashita - drums, bass, electric guitar, acoustic guitar, 12strings guitar, rhodes, piano, hammond organ, vibe, percussion & background vocals
  • Daisuke Inoue - tenor sax solo
ONLY WITH YOU
  • Tats Yamashita - drums, bass, electric guitar, acoustic guitar, piano, prophet 5, obx, emulator, percussion & background vocals
MAGIC WAYS
  • Tats Yamashita - electric guitar, auto harp, prophet 5, glockenspiel, percussion & background vocals
  • Jun Aoyama - drums & percussion
  • Kohki Itoh - bass
  • Hiroyuki Namba - rhodes & piano
YOUR EYES
  • Tats Yamashita - rhodes, percussion & background vocals
  • Jun Aoyama - drums
  • Kohki Itoh - bass
  • Kazuo Shiina - electric guitar & electric sitar
  • Chuei Yoshikawa - acoustic guitar
  • Hidefumi Toki - alto sax solo
I LOVE YOU
  • Tats Yamashita - drums, piano, electric guitar, percussion & background vocals
  • Satoshi Nakamura - tenor sax solo

Side B[編集]

on “GIRLS ON THE BEACH”, “PLEASE LET ME WONDER”, “DARLIN'”, “GUESS I'M DUMB” & “THIS COULD BE THE NIGHT”
  • All instruments played by Tats Yamashita
  • except;
  • Kohki Itoh - bass on “GIRLS ON THE BEACH”, “PLEASE LET ME WONDER” & “GUESS I'M DUMB”
  • Ryuichi Sakamoto - poly moog on “THIS COULD BE THE NIGHT”
  • Motoya Hamaguchi - percussion on “THIS COULD BE THE NIGHT”
  • Chuei Yoshikawa - acoustic guitar on “THIS COULD BE THE NIGHT”
  • Hidefumi Toki - alto sax solo on “THIS COULD BE THE NIGHT”
  • Ohno Group - strings on “GUESS I'M DUMB”


  • All vocals & background vocals by Tats Yamashita

スタッフ[編集]


  • Recording studios: CBS Sony Roppongi, Onkio Haus & ALFA Studio
  • Mastering Engineer : Mitsuru “Teppei” Kasai
  • Second Engineers : Masato Ohmori, Toshiro Itoh, Shigemi Watanabe
  • Production Co-ordinator: Nobumasa Uchida


  • ALL TRACKS ARRANGED BY TATS YAMASHITA
  • ALL TRACKS ON A-SIDE WRITTEN & COMPOSED by ALAN O'DAY & TATS YAMASHITA


脚注[編集]

  1. ^ Pineapple Boys『BIG WAVE』(LP:MOON-28041)も同年発売。
  2. ^ A面を全てザ・ビーチ・ボーイズのカヴァー曲で構成された自主制作盤『ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY』 (1972年 SRR-0001)と対になるように、今作ではB面にザ・ビーチ・ボーイズとブライアン・ウィルソンに関連した楽曲が収録されている。
  3. ^ a b c 1983年6月8日発売 MOON ⁄ ALFA MOON LP:MOON-28008
  4. ^ a b c 1982年1月21日発売 AIR ⁄ RVC LP:RAL-8801
  5. ^ NHK-FMの番組「山下達郎ポップス講座 第5夜 –山下達郎、大貫妙子によるヒット曲作りの実践–」(1983年1月5日放送)で、この曲の制作過程が放送された。

外部リンク[編集]