ナオミ・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナオミ・キャンベル
Naomi Campbell
NaomiCampbell.jpg
Naomi Campbell
プロフィール
生年月日 1970年5月22日
現年齢 44歳
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
瞳の色 ブラウン
公称サイズ(2007年[1]時点)
身長 / 体重 177 cm / kg
スリーサイズ 86 - 61 - 86 cm
活動
デビュー 1978年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優歌手作家
外部リンク
データベース FMDIMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell、1970年5月22日 - )[2]イギリス女性ファッションモデルである。ロンドンでスカウトされ、1980年代からモデルとしての活動を始めた。国際的なファッション雑誌の表紙やミラノやパリなどのファッションショーに登場した。自身の名前を冠にした香水や一連の法律問題でも知られている。

生い立ち[編集]

キャンベルはロンドンのストリーサムで生まれた。彼女の母ヴァレリー・キャンベル(旧姓:モリス)はジャマイカ出身でアフリカ系アメリカ人の元バレエダンサーである。母親の話によると父親は当時18歳のヴァレリーと生後2ヶ月のキャンベルを残して去った。出生証明書にも父親の名前は記載されておらず、母親もキャンベルも父親のアイデンティティを明らかにはしてこなかったが[3]、情報筋が父親は中国系ジャマイカ人であると明かした[3][4].。

母親がダンス一座「ファンタスティカ」のツアーでヨーロッパにいる間は乳母の下で育った。10歳でイタリア・コンティ・アカデミー・ステージ学校に入り、バレエを学んだ[5]。ダンレイヴァン学校、総合中等学校に通った。

経歴[編集]

モデル[編集]

彼女の最初のメディア出演は7歳の時である。それは1978年2月のボブ・マーリーの曲『イズ・ディス・ラブ?』のミュージックビデオで生徒役での出演であった。1982年にはカルチャー・クラブの曲『アイル・タンブル・4・ヤ! 〜君のためなら』のビデオにタップダンサーとして出演している。

15歳のある日、コベントガーデンでウィンドウショッピングをしていたときにフォード・モデルの社長ベス・ボルトにスカウトされた。キャンベルはすぐにフルタイムのモデルとして働くことを選択し、エリート・モデル・マネジメントと契約した。ショーモデルとしてキャリアを始めて、すぐにリージーンズやオリンパス社を含む複数の広告に起用された。それらは彼女にアメリカ市場での仕事をもたらした。1986年4月、雑誌『エル』の表紙を飾った。

1988年8月、黒人モデルとして初めてパリ版『ヴォーグ』の表紙を飾った。これは友人であったイヴ・サン=ローランが同誌が黒人モデルの起用を拒絶したことで自身のブランドの広告を誌面から全てはずすと脅迫したことで、実現したものである。パリ版に加えて、ダニエル・ルーナの次に黒人モデルとしてイギリス版の表紙を飾り(雑誌で働くのを辞退したヴェロニカ・ウェッブの替わりだった)、日本版、中国版『ヴォーグ』や『タイム』の表紙も飾った。雑誌『プレイボーイ』でヌードを撮影したりマドンナ1992年の写真集『SEX』でラッパービッグ・ダディ・ケインと一緒にポーズをとった。キャンベルはこれまでに100以上の雑誌の表紙を飾った。

彼女はジョージ・マイケルのミュージックビデオ『フリーダム!'90』で仲間のスーパーモデルリンダ・エヴァンジェリスタクリスティー・ターリントンシンディ・クロフォードタチアナ・パティッツと一緒に主演を務めた。1992年にはマドンナの『エロティカ』のミュージックビデオに出演した。それは写真集『SEX』の撮影風景の場面を特徴とする。その他にマイケル・ジャクソンネリージャギド・エッジジェイ・Zショーン・コムズノトーリアス・B.I.G.メイシー・グレイプリンスアッシャーのビデオにも出演している。

彼女のキャリアの絶頂期は1990年代初期であった。そのとき彼女はシンディ・クロフォード、クラウディア・シファー、クリスティー・ターリントン、リンダ・エヴァンジェリスタ、ケイト・モスと並んで「ビッグシックス」、ターリントンとエヴァンジェリスタと並んで「三位一体」と称された。

2008年に受けたインタビューで「モデルは彼らのストライプを得る必要がある-私が言葉が少しばかり、ゆるく使われたと思う。ケイト・モスは明らかにスーパーモデルである。しかしジゼル・ブンチェン以降はスーパーモデルは現れていないと思う」と述べた[6]。2009年の雑誌『グラマー』のインタビューにおいてキャンベルは「あのね、アメリカの大統領は黒人かも知れない。しかし、黒人の女性として私はまだこのビジネスの例外である。私は常に等しく扱われることが難しいと感じる」と述べた。これはキャンベルがファッション産業を「人種差別主義者」とふきかえたとして注目を集めた[7]

キャンベルはニューヨーク市のIMGモデル、ロンドンのストーム・モデル・マネージメント、パリのマリリン・エージェンシー、ミラノのマネージメント・グループとそれぞれ契約している[8]

その他のキャリア[編集]

歌手[編集]

1991年ヴァニラ・アイスのシングル『クール・アズ・アイス』でフィーチャーされた。3年後にクインシー・ジョーンズのアルバム『Q's Jook Joint』の収録曲『ヘブンズ・ガール』を歌う。1991年のマイケル・ジャクソンの『イン・ザ・クローゼット』のミュージックビデオに出演している。

1995年、デビューアルバム『ベイビー・ウーマン』を発表した。アルバムから『ラブ・アンド・ティアーズ』がシングルカットされたが、不成功に終わった。イギリスでは批評家から評価が得られず、商業的にも失敗したが日本ではヒットして、世界中で100万枚の売った[9]

1996年、テレビドラマ『ロングバケーション』の主題歌になった久保田利伸とのデュエット曲「LA・LA・LA LOVE SONG」が約200万枚を売上げ、1位を獲得した。

作家[編集]

1994年に小説『スワン』を発表した。過去の秘密によって脅迫されているスーパーモデルの話である。キャンベルは後に小説はゴーストライターキャロライン・アップシェルによって書かれたものであると明かした。キャンベルは自分が書かなかった理由を「私には座って本を書く時間がなかった」と説明している。1996年にリチャード・アヴェドンを含む複数の写真家が撮影した写真集『ナオミ』を発表した。

ファッション[編集]

1999年にスピンオフ会社デザインハウス・オブ・ナオミ・キャンベルを設立した。これまでにキャンベルは女性向け香水を7種類発表しており、そのほとんどはヨーロッパで発売されている。2000年に最初の香水「ナオミ・キャンベル」を発表した。2001年に「キャット・デラックス」、2003年に「ミステリー」、2004年に「サンセット」、2005年に「パラダイス・パッション」がそれぞれ発表された。最も新しい香水は2001年に発売された「キャット・デラックス」の新しいヴァージョン「キャット・デラックス・アット・ナイト」である。

女優[編集]

キャンベルは子供の時から映画に出演していた。1976年にチャイルドフィルム財団シリーズの『わんぱく5人組』で白雪姫を演じた。その他の映画出演に1996年『ガール6』、1999年『プリズナー・オブ・ラブ』、2004年『ファット・スラグ』などがある。1994年の『プレタポルテ』、2002年の『アリ・G』に本人役でカメオ出演している。

慈善事業[編集]

1997年以降、キャンベルの慈善活動はブラックアフリカに対するものに集中している。彼女はネルソン・マンデラと一緒に働いた。彼の親切、情熱、知性が彼を現代の世界的なリーダーにすると述べた。2007年7月7日に行われたライブアースヨハネスブルグ公演の司会を務めた。2005年に彼女が制作も手伝ったショー「ファッション・フォ・リリーフ」を開催し、ハリケーン・カトリーナの犠牲者の為に100万ドル以上を集めた。2010年2月12日にハイチ地震被害者を支援するショー「ファッション・フォ・リリーフ・ハイチ」をニューヨークで開催した。このショーでは140人のファッションデザイナーが協力した。

私生活[編集]

ネルソン・マンデラが祖父代わりであり、クインシー・ジョーンズ、クリス・ブラックウェルが父親代わりである[10] 。キャンベルはこれまで結婚していない[11]。2008年夏にいくつかのニュース報道でロシアの不動産企業家ウラジスコフ・ドローニンと結婚して正教会の信仰を受け入れそうであると伝えられた[12][13]

法律問題[編集]

2000年

2000年にキャンベルは当時のアシスタントであるジョージナ・ギャラニスに対する1998年の暴行をトロント法廷で認めた。伝えられるところではキャンベルはホテルの部屋で電話機でギャラニスを襲撃して彼女を走行中のプジョーから追い出すと脅迫した。起訴側と同意して彼女が後悔を表明することで彼女の記録は消去された。キャンベルはギャラニスに金額は明らかにされていないが和解金を支払い、アンガーマネージメントクラスに出席することを同意した[14]

2004年

2004年3月、上院は裁判所の判決を覆して3,500ポンドの損害賠償を与えた。Narcotics Anonymous clinicがキャンベルの写真を公表した後、『デイリーミラー』によってプライバシーの権利が侵害された初期の判断を支持した[15]

2005年

2005年3月、伝えられるところではキャンベルはアシスタントのアマンダ・ブラックをブラックベリーで叩いた。キャンベルのスポークスマンであるロブ・シューターは事件を否定した。2006年7月にブラックはキャンベルに対する法的措置を開始した。キャンベルが言葉と身体的に虐待したと主張した。ブラックは2005年2月からキャンベルの下で働き始め、1ヵ月後に攻撃を受けた、キャンベルが攻撃と精神的な苦悩を与えたと訴えた。キャンベルは訴訟を起こした[16]。イタリアの女優イヴォンヌ・スキオはローマホテルで同じドレスと着ていたという理由でキャンベルと口論になり、「血まみれ」にされたと主張した。スキオは「彼女は私の顔を叩いた。彼女はマイク・タイソンの様だった」と述べた[17][18]

2006年

2006年3月30日、キャンベルは宝石が装飾されている携帯電話を家政婦に投げ頭部を負傷させたとして逮捕された[19]。キャンベルは二級暴行罪(懲役最高7年などの重罪)の嫌疑を受けた[20]。9月28日、ニューヨーク市で行われた出席必須の出廷に出席しなかった。10月25日、暴行の疑いでロンドンで逮捕されたが、後に保釈された[21]。11月14日、別の元家政婦ゲイビー・ギブソンは明らかにされていないキャンベルの暴行に対する損害賠償を求める新しい訴訟を開始した。ギブソンはキャンベルが「狂暴なスーパー頑固者」であったと訴えた[22]。11月14日、キャンベルは3月の暴行事件に関する裁判の為にニューヨーク市の法廷に現れた[23]

2007年

2007年1月16日、キャンベルは家政婦アナ・スコラヴィーノに対する暴行の罪を認めた。彼女は5日間の地域奉仕活動とアンガーマネージメントクラスへの2日間の出席を命令された。4針縫う怪我を負ったスコラヴィーノに対して363ドルの医療費を支払うように命令された[24]。CNNのリポートは「子供の時に自分を捨てた父親に対する長年の憤慨に関する彼女の感情」を非難する[25]。3月19日にニューヨーク市内のごみ収集施設で奉仕活動を始めた[26]

2008年

2008年4月3日、ヒースロー空港で自分のバックが1つなくなったことで、警察官を襲った疑いで逮捕された[27][28]。キャンベルはその後、ブリティッシュ・エアウェイズの利用を禁止された[29]。6月20日にクラウン検察当局サービスが2つの告訴を取り下げを決める間、キャンベルは6つの告訴の内4つを認めた。キャンベルは暴行の原因として空港作業員による人種差別的な中傷と暴言であると述べた。空港スタッフが自身を「お化けの様な顔をしたスーパーモデル」と呼ぶと主張した[30][31]。キャンベルは200時間の地域奉仕活動を宣告された[32]

2010年

2010年3月2日、キャンベルのリムジンドライバーはキャンベルに叩かれたとニューヨーク市警察に通報した。伝えられるところではキャンベルは叩いた後にその場から立ち去った。キャンベルのスポークスマンは「早急な判断があってはならない」といってキャンベルが自発的に調査に協力すると述べた[33][34]。調査者はまず最初にキャンベルに質問しようとしたが、ドライバーが刑事告発を続行しないことを選んだため、罪には問われないことになった[35][36]

西アフリカシエラレオネ内戦戦争犯罪審理する国際戦犯法廷において、証人として出廷する。内戦で反政府勢力を支援していた元リベリア大統領チャールズ・テーラーから1997年紛争ダイヤモンドを受け取った旨の証言をした[37][38]

出演[編集]

映画[編集]

  • 1988年 The Cosby Show: The Birth, Part 1
  • 1988年 The Cosby Show: Cyranoise de Bergington
  • 1988年 The Cosby Show: The Birth, Part 2
  • 1990年 The Fresh Prince of Bel-Air: Kiss My Butler
  • 1991年 Cool as Ice
  • 1993年 The Night We Never Met
  • 1995年 Catwalk
  • 1995年 Absolutely Fabulous: Jealous
  • 1995年 Miami Rhapsody
  • 1995年 To Wong Foo, Thanks for Everything! Julie Newmar
  • 1995年 Unzipped
  • 1996年 ガール6 Girl 6
  • 1996年 Invasion of Privacy
  • 1997年 Sports Illustrated: Swimsuit 1997
  • 1998年 Beautopia
  • 1999年 Prisoner of Love
  • 2001年 Intimate Portrait: Naomi Campbell

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ World's most beautiful couple: and the figures to prove it
  2. ^ Naomi Campbell Profile in the FMD-database. Accessed 2008-06-14.
  3. ^ a b Naomi Campbell”. NNDB. 2010年2月11日閲覧。
  4. ^ Naomi Campell: A model of privacy?”. The Independent (2002年). 2010年2月11日閲覧。
  5. ^ Naomi Campbell: A model of privacy?
  6. ^ Gisele Bundchen was the last true supermodel: Naomi Campbell
  7. ^ Naomi Campbell Dubs Fashion Industry as Racist”. Gossip Girls (2009年4月3日). 2009年5月1日閲覧。
  8. ^ “MODELS.com's Icons - 5-1”. http://models.com/icons/icons.html?fnumber=5&lnumber=1 
  9. ^ “The worst album in the world... ever!”. http://www.independent.co.uk/arts/music/news/article353672.ece 
  10. ^ “Supermodel seeks Mr. Right”. The Observer. (2006年1月8日). http://observer.guardian.co.uk/magazine/story/0,,1678568,00.html 
  11. ^ Naomi Campbell: 'I'm afraid of marriage'
  12. ^ Naomi Campbell may become Orthodox - newspaper
  13. ^ Naomi is on board with Vladimir
  14. ^ New York Times story
  15. ^ Naomi Campbell wins privacy case”. BBC News (2004年5月6日). 2009年5月3日閲覧。
  16. ^ Judy Faber (2006年7月14日). “Naomi Cambell Sued Again”. CBS News. 2009年5月3日閲覧。
  17. ^ Supermodel Naomi Campbell arrested for alleged assault”. Daily Mail (2006年10月26日). 2008年11月11日閲覧。
  18. ^ Andy Lines (2005年9月15日). “Mad Naomi bashed me about like Mike Tyson”. Daily Mirror. 2008年11月11日閲覧。
  19. ^ FindLaw: N.Y. v. Naomi Campbell
  20. ^ BBC News story
  21. ^ “Model bailed again over 'assault'”. BBC News. (2006年10月26日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/6086122.stm 2009年5月3日閲覧。 
  22. ^ “Naomi's A Brutal Bigot, Suit Says”. Daily News (New York). (2006年11月15日). http://www.nydailynews.com/11-15-2006/news/story/471478p-396767c.html [リンク切れ]
  23. ^ “Supermodel, ‘Despotized,’ Seeks Community Service in Assault Case”. The New York Times. (2006年11月15日). http://www.nytimes.com/2006/11/16/nyregion/16naomi.html 2009年5月3日閲覧。 
  24. ^ “Supermodel Naomi admits assault”. BBC News. (2007年1月16日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/americas/6268109.stm 2009年5月3日閲覧。 
  25. ^ “Naomi Campbell's Punishment: Mopping Floors”. Reuters. CNN. (2007年3月8日). オリジナル2007年3月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070309122200/http://edition.cnn.com/2007/SHOWBIZ/TV/03/06/crime.campbell.reut/index.html 2009年5月3日閲覧。 
  26. ^ “Campbell begins community service in NYC”. The Associated Press. Yahoo! News. (2007年3月19日). オリジナル2007年3月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070325105741/http://news.yahoo.com/s/ap/20070319/ap_on_en_ot/people_naomi_campbell 
  27. ^ Pete Norman (2008年4月3日). “Naomi Campbell Arrested At London Airport!”. People. 2008年4月3日閲覧。
  28. ^ Naomi arrested after row on plane”. BBC News (2008年4月3日). 2008年4月8日閲覧。
  29. ^ Campbell banned from BA flights”. BBC News (2008年4月8日). 2008年4月8日閲覧。
  30. ^ Naomi Campbell says racist slur sparked air rage Sat Jun 21, 2008 10:27am EDT(2008年8月28日時点のアーカイブ
  31. ^ http://entertainment.msn.com/news/article.aspx?news=319888&affid=100055[リンク切れ]
  32. ^ Stephen McGinty (2008年6月21日). “Abuse, kicks to groin – Campbell a model of temper tantrums over lost airline luggage”. The Scotsman. 2008年6月21日閲覧。
  33. ^ Naomi Campbell's model misbehavior: Cops hunting for supermodel after assault on limo driver”. New York Daily News (2010年3月2日). 2010年3月3日閲覧。
  34. ^ Supermodel Naomi Campbell 'wanted over slap'”. BBC News (2010年3月3日). 2010年3月3日閲覧。
  35. ^ Michael S. Schmidt (2010年3月2日). “For Supermodel With a Temper, No Charges”. New York Times. 2010年3月3日閲覧。
  36. ^ Naomi Campbell off the Hook on Assault Accusation”. ABC News (2010年3月3日). 2010年3月3日閲覧。
  37. ^ モデルのナオミさん出廷へ ハーグ国際戦犯法廷”. MSN産経ニュース (2010年7月10日). 2010年7月11日閲覧。
  38. ^ ナオミ・キャンベルに「紛争ダイヤモンド」を贈呈か、シエラレオネ戦犯のテーラー被告”. AFPBB News (2010年1月15日). 2010年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]