奇跡の地球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奇跡の地球
桑田佳祐&Mr.Childrenシングル
収録アルバム TOP OF THE POPS
リリース 1995年1月23日
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
時間 9分44秒
レーベル ビクタータイシタ
トイズファクトリー
作詞・作曲 桑田佳祐
プロデュース 小林武史
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1995年2月度月間1位(オリコン)
  • 1995年度年間7位(オリコン)
  • 1位(CDTV
桑田佳祐 年表
祭りのあと
(1994年)
奇跡の地球
(1995年)
波乗りジョニー
(2001年)
Mr.Children 年表
everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
(1994年)
奇跡の地球
(1995年)
【es】 ~Theme of es~
(1995年)
テンプレートを表示

奇跡の地球」(きせきのほし)は、桑田佳祐&Mr.Childrenチャリティーシングル

ビクターTAISHITAレーベルトイズファクトリーにより、1995年1月23日に発売。

概要[編集]

桑田佳祐Mr.Childrenによるコラボレーションプロジェクトだが、本作の発売はAct Against AIDS(AAA)による患者救済募金活動の一環である。本作のジャケットは地球とその背景の宇宙写真が使用されており、この写真はNASAのものである。なお、ジャケットには「Act Against AIDS Special Single」と表記されている。また、ジャケットにプロデューサーであり楽曲にも参加した小林武史の名が入っている。

作品は同年6月までの限定生産として発売されていた。最終的に172万枚を売上げ、桑田関連のソロ企画としては現時点で最大のセールスとなっている。

サザンオールスターズや桑田の他シングルと異なり限定生産であるため、現在でも再発がなされていない。シングル以外での収録は、2002年に桑田のベスト・アルバムTOP OF THE POPS』のみ。

シングル内面はエイズ感染者のグラフや詳細などが記載されており、CDを取り外すとWHO調べの世界のエイズ患者の状況(1993年まで)のグラフを見ることが出来る。

本作の品番はAAA-1。AAAの品番やこの2つのレーベルが合同で発売した作品は本作が唯一であるが、発売元のクレジットなどにはビクターエンタテインメントと記載されているため、CDの発売元はあくまでビクター内のサザンオールスターズ専属レーベル“ビクタータイシタ”で、製造や販売元はビクターエンタテインメントの単独クレジットとなっている。ちなみにこのCDは、旧トイズファクトリーロゴが刻印された最後のCDである。(ただし、リリース時の広告では現在の新しいロゴマークを使用。)

プロジェクトと言っても単なる人気アーティスト同士のチャリティー活動に過ぎることはなく、お互いそれぞれサポートメンバー、プロデューサーとして交友のあった小林武史によって意思が伝えられた共演であり、この後2006年に小林と桜井が中心となって活動しているBank Bandが主催のap bank fes'06には桑田がソロで出演し、同年に同じくTHE 夢人島 Fes.ではMr.Childrenと桑田とのステージが実現している。小林は本作を最後にサザン(桑田ソロを含む)の作品に関わっていない。

プロデュースが小林のみの単独クレジット、編曲にも小林とMr.Childrenのみクレジットされており、桑田のソロ作品としては珍しく編曲・プロデュースに参加していない。

PVはレコーディング風景を模したものであり、画面右下にはAAAプロジェクトのロゴが終始一貫して映し出されている。

収録曲[編集]

  1. 奇跡の地球
    曲のテーマでもあるエイズ戦争感染症などをイメージさせる言葉が歌詞に使われている。平和の理想を描いた形でもあるが、率先した行動を見せない政府や見て見ぬ振りをする群衆を風刺するような言葉も登場する。サポートメンバーは桑田、サザン関連のメンバーが中心になっている。
    Act Against AIDS 1995キャンペーンソングであり、同年のLIVE UFOイメージソングとなった。
    2006年に行われたap bank fes.06では、ステージでは11年ぶりに(その5年ほど前に、『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』(フジテレビ系列)では実現済)桜井と桑田によるデュエットでこの曲が演奏された。桜井が出演するこのフェスに桑田が参加するということで当初から披露が予想され、期待されていただけに大変話題となった。後日に開催されたTHE 夢人島 Fes.でも両者のステージによる「奇跡の地球」が披露されている。ちなみに『桑田佳祐の音楽寅さん ~MUSIC TIGER~』で披露した時はカラオケ採点で39点だった。
  2. 奇跡の地球 (Instrumental Version)
    • 作曲:桑田佳祐 編曲:小林武史 & Mr.Children
    桑田佳祐の作品で楽曲のインストゥルメンタル版は存在していない。桑田としてはサザン名義でも「勝手にシンドバッド」の再発盤にボーナストラックとして収録されたものが唯一であり、その他にはSUPER CHIMPANZEE名義の「クリといつまでものカラオケ付き」のみである。サザンのアルバム『綺麗』にはシングル「EMANON」カップリング曲の「ALLSTARS' JUNGO」を短い器楽曲にした「ALLSTARS' JUNGO (Instrumental)」という曲もあるが、カラオケ・バージョンというものは存在しない。また、Mr.Childrenはデビューから「名もなき詩」までのシングルにはカラオケインストゥルメンタル作品を収録されているが、それ以降は「四次元 Four Dimensions」(4曲A面シングル)に「ヨーイドン」のインストゥルメンタルバージョンが収録されているのみである。

参加ミュージシャン[編集]

サポートメンバー

収録アルバム[編集]

カバーしたアーティスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]