これが私の生きる道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これが私の生きる道
PUFFYシングル
収録アルバム JET CD
B面 雪が降る町
リリース 1996年10月7日
ジャンル J-POP
レーベル エピックレコードジャパン
作詞・作曲 奥田民生
プロデュース 奥田民生
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(3週連続・オリコン
  • 1996年度年間16位(オリコン)
PUFFY シングル 年表
アジアの純真
1996年
これが私の生きる道
1996年
サーキットの娘
1997年
テンプレートを表示

これが私の生きる道」(これがわたしのいきるみち)は、PUFFYの2枚目のシングル1996年10月7日発売。発売元はエピックレコードジャパン

解説[編集]

デビュー作「アジアの純真」がロングヒットする中で発売された2ndシングル。前作から引き続き奥田民生プロデュースを担当。本作以降も関わることとなる。前作は井上陽水との共作であったが、本作は奥田の単独製作となる。

タイトルは植木等ハナ肇とクレージーキャッツの「これが男の生きる道」のパロディ資生堂ティセラCMソングとなりヒット。タイトルに含まれる漢字を繋げると、「私生道(しせいどう)」となり、タイアップ元の資生堂の当て字になるという遊びが取り入れられている。

発売週のオリコンシングルチャートでは、グループ初の同チャート1位を獲得。その後3週連続で1位を独占する。本作含め以降3作連続でシングルチャート1位を獲得する。

2008年11月現在Puffy最大のヒット曲であり、2作連続でミリオンセラーを記録した。累計売上は161万枚[1]

また翌1997年春開催の、選抜高等学校野球大会入場行進曲としても採用された。

収録曲[編集]

  1. これが私の生きる道
    (作詞・作曲:奥田民生)
    ステレオ録音が当たり前のように行われている現代音楽としては珍しく、モノラル録音で製作された楽曲。後に各種アルバムに収録されるに当たっても、表記はステレオ録音ながら実際には当時のモノラル音源のままであった(事実上モノステレオ収録)。また、NHK百歳バンザイ!』(広島局制作)のテーマ曲としても使用されている。作者である奥田が敬愛するビートルズへのオマージュとして、「デイ・トリッパー」のギターリフに似たフレーズを間奏に入れたのをはじめとし、全編を通して初期のビートルズを思わせるサウンドで仕上げられている。
  2. 雪が降る町
    (作詞・作曲:奥田民生)
    ユニコーン1993年に発表したシングル曲のカヴァー。
  3. これが私の生きる道 (ステレオ・カラオケ)
    (作曲:奥田民生)
    タイトル曲のインスト版であるが、こちらはステレオ音源である。また、曲の頭に二人による「ワン・ツースリー・フォー」のカウントが入っている。
  4. 雪が降る町 (オリジナル・カラオケ)
    (作曲:奥田民生)

収録アルバム[編集]

その他[編集]

  • 歌詞を北京語に翻訳した「這是我的生存之道」が1998年の『JET CD』のアジア輸出盤に収録され、国内では2000年のアルバム『The Very Best of Puffy』に収録された。
  • 2010年に美吉田月がカバーした(アルバム「Ska Flavor#3」に収録)。
  • 2003年1月1日放送の『思い出の曲全て見せます ベストソング200+3』(テレビ朝日)、7年後の2010年11月19日放送の『A-Studio』(TBS)で共に大貫亜美はいまだに振り付けを覚えていないと語った。

脚注[編集]