周富徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

周 富徳(しゅう とみとく、1943年3月11日 - 2014年4月8日)は、広東料理料理人横浜市中区横浜中華街出身[1]。通称・炎の料理人

略歴[編集]

横浜中華街出身[1]在日中国人二世。両親は中国広東省出身。兄に中華料理店オーナーの周富新、弟に同じく料理人の周富安、周富輝がいる。18歳で料理の道に入る[1]。新橋「中華飯店」で修行を積み、京王プラザホテル「南園」[1]を経て、「聘珍樓」、「赤坂璃宮」[1]で総料理長を歴任。1993年、「広東名菜富徳」青山店のオーナーとして独立[1]。その後、以下の店舗を開店するが、いずれも現在は閉店している。

テレビ番組には「南園」時代から『きょうの料理』(NHK)に出演していたが、1990年代に入り『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)、『わいど!ウオッチャー』(火曜日のコーナー「周富徳の中華指南」、TBS系)、『たほいや』(フジテレビ系)等への出演でブレイクし、全国区の人気となる。特に『浅草橋ヤング洋品店』では「中華大戦争」として、弟や譚彦彬(学生時代の同級生)、金萬福らも巻き込んだ。当時、「カメラ目線」と浅草キッドらに突っ込まれていたが、実際はカメラのアップが嫌で睨んでいたのを「カメラ目線」と受け取られたというのが本人の弁。

更に、『料理の鉄人』(フジテレビ系)では大親友でもある初代和の鉄人、道場六三郎との戦いでの活躍も有名である(対戦結果は1勝1敗)[1]。 その後、セクハラ疑惑や脱税疑惑(税金の申告漏れ)でブームは縮小するも、中華料理店を多数経営していたほか、各地で講演活動を行っていた。

一流ホテルの料理長の選抜試験を受けた際、他の料理人が制限時間目いっぱい使って豪華な料理を作ったのにもかかわらず、残りの5分になるまでじっと待ち、できたて熱々のシンプルな焼飯を作って勝利したエピソードがある[要出典]

『周さんのダイエット中華』(廣済堂出版)の著書であるが、自身は糖尿病を患う。[3] 2014年4月8日午後11時37分、誤嚥性肺炎のため、神奈川県横浜市中区の病院で死去した[4]。71歳没。

炎の料理人 周富徳[編集]

今泉伸二による漫画作品(総合企画・原案:KISHO、原作:荒仁)。「スーパージャンプ」に1994年11月より約2年間連載された周富徳の半生記だが、作中に架空の国の国王が登場するなどフィクション性が強い。単行本は全9巻(集英社)。

1995年12月1日にはフジテレビ系列金曜エンタテイメントでドラマ化されている。主人公は堂本光一

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『料理の鉄人 レストランガイド』 フジテレビ「料理の鉄人」、フジテレビ出版、30、31ページ。ISBN 4-594-01824-6
  2. ^ ヨークマートをキーテナントにする2階建てのショッピングセンター。新柏駅からは徒歩30分程度。
  3. ^ 周富徳さん、佐野実さんを襲った糖尿病の恐怖 脳出血や失明など合併症リスクZAKZAK by 夕刊フジ2014年4月14日閲覧
  4. ^ 中華の料理の鉄人 周富徳さん死去、71歳 日刊スポーツ 2014年4月13日閲覧

関連項目[編集]

  • チャーハン……調理中、中華鍋から高く燃え上がるが象徴的。香港で一般的な干物のチャーハンをアレンジした、チャーハンを広めた。
  • エビマヨ……周が日本に普及させたと言われるが、異論もある。
  • XO醤……日本に広めたのは周だと言われているが、異論もある。
  • 順徳料理


外部リンク[編集]