木梨憲武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木梨憲武
本名 木梨憲武
ニックネーム ノリさん、憲武、ノリちゃん
生年月日 1962年3月9日(52歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区千歳台
血液型 O型
身長 178cm
方言 共通語
最終学歴 帝京高等学校
出身 お笑いスター誕生
コンビ名 とんねるず
トリオ名 矢島美容室
グループ名 野猿
相方 石橋貴明
芸風 漫才コント
立ち位置 右(たまに左)
事務所 アライバル
活動時期 1980年 -
同期 コロッケ小柳トム
現在の代表番組 スペシャル番組
木梨目線! 憲sunのHAWAII
過去の代表番組 甘い結婚
木梨サイクル
未来創造堂
他の活動 俳優歌手アート
配偶者 安田成美
親族 木梨盛祥(従兄弟・政治家
公式サイト KINASHINORITAKE_COM 木梨憲武

木梨 憲武(きなし のりたけ、1962年(昭和37年)3月9日 - ) は、日本お笑いタレント歌手である。

概要[編集]

  • 出身 : 日本の旗 日本東京都世田谷区千歳台
  • 身長 : 178cm
  • 体重 : 60kg
  • 趣味 : サッカー、競馬、絵描き、ゴルフ、サーフィンなど
  • 特技 : 手打ち食い、サッカーボールを頭にのせるなど
  • 嫌いな食べ物 : らっきょう[1](元々は好きだったが相方の影響で食べられなくなった)
  • お笑いコンビ『とんねるず』の小さい方、相方は石橋貴明
  • 芸能事務所アライバル代表取締役副社長兼タレント。
  • その飄々とした体躯から繰り出される細やかで、ライン際スレスレに「画」の中に収まってくる当て勘のいい動きによる芸風が特徴。この芸風は岡村隆史らにも影響を与えている。
  • 妻は女優安田成美で、間に2男1女。自由民主党所属の杉並区議会議員:木梨盛祥は従兄弟にあたる。
  • 愛称 : 「ノリ(憲)さん」。石橋貴明とヒロミの2人は「憲武」と呼ぶことが多いが、ときどき「ノリちゃん」と呼ぶこともある。また藤井フミヤは普段から「ノリちゃん」と呼んでいる。

略歴[編集]

東京・世田谷にある「木梨サイクル

芸風・仕事[編集]

芸風[編集]

コントなどでは、その高い表現力を生かしたキャラで独特の奇特人間を演じる。

かつては「運動神経のいい芸能人」ナンバーワンの地位を築いていたこともあり、運動センスの良さから生み出されるコミカルな動きは木梨独特の芸風の一つとなっていた。ドラマ『お坊っチャマにはわかるまい!』のオープニングでは交差点の真ん中で後方宙返りを披露した。1999年まで開催されていたとんねるずのコントライブ「こんと いん なえば」では、ときどき繰り出されるアドリブの動きで石橋や他の共演者の度肝を抜かすこともしばしば。また、ツッコミにおいても、軽く叩けばすむところを本気でグーパンチしたり延髄蹴りドロップキックを見舞うなど、奇想天外な発想の動きが目立つ。

音楽活動[編集]

1996年には山本譲二とデュオを組み「憲三郎&ジョージ山本」名義で原譲二楽曲による「浪漫-ROMAN-」でヒットを飛ばした。半年後の1996年大晦日の『第47回NHK紅白歌合戦』に出場を果たした。ちなみに木梨は『NHK紅白歌合戦』において別名義での初出場3回(1991年:とんねるず、1996年:憲三郎&ジョージ山本、1999年:野猿)という珍しい経験の持ち主となっている(現在も初出場最多タイ記録で、他の4人は歌手活動を本業としている)。また同じ日に行われた『第38回日本レコード大賞』で企画賞を受賞している。また『木梨サイクル』で共演して意気投合した忌野清志郎とサッカー日本代表への応援ソングも出している。リリースはされなかったが『とんねるずの生でダラダラいかせて』で宇治田みのると共に「サーフノリダーズ」を結成して1曲イメージソングを作っている。

俳優活動[編集]

1998年の『甘い結婚』で連続ドラマ初主演。すれ違いになった夫婦を描いたシリアスなドラマで木梨は夫役を演じた。また主題歌だった『Time goes by』はミリオンを記録しEvery Little Thing史上最大のヒット曲となっている。2004年スペシャルドラマ『にんげんだもの -相田みつを物語-』では相田みつをを演じている。また声優として『ファインディング・ニモ』の日本語吹き替え版で主役のマーリンを担当し、興行収入100億円を超える大ヒットを記録した。

人物[編集]

イメージ[編集]

とんねるずとしてのデビュー直後は、相方である石橋が横山やすしの様な破天荒ぶりで番組内で強烈なまでの暴走を繰り返すのに対し、木梨はその石橋をなだめたりする西川きよしのような「ストッパー」的な役割を果たしているとの印象が強かった。実際、とんねるず活動初期は女子的な言い回し(「やだーうそー」「しんじらんな~い」など)を多用する、暴れる石橋を実況風に説明する、コントでは奇特な女性のキャラクターを演じるのはほとんど木梨である、などの行動から相対的に「良い人」と見られるイメージがあった。しかし、石橋とともに暴れたりする際には、木梨のほうが大暴れしているというシーンもあるなど、ある意味石橋よりも過激な一面も持ち合わせている。しかし、木梨のイメージはソフトなものとして統一されている。本人曰く、とんねるずのいい人担当。

趣味・嗜好[編集]

嗜好としてはかなりの庶民派で、大のごはん党。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「食わず嫌い王決定戦」ではゲストのお土産にごはんに合う食べ物が出てくるとごはんを用意してもらい、周囲を顧みないほど没頭して勢い良く食べるシーンが展開される。『SMAP×SMAP』の「BISTRO SMAP」にゲスト出演した際は、オーダーとして「ごはんに合うおかず」をリクエストした[3]。また『おかげでした』の企画「ヨンダーバード」で、ハイチュウの売れ筋を並べる問題が出題された際、他の出演者よりも熱く語った事もあった[4]。マシュマロなどの小さな食べ物を片手に乗せ、もう片方の手で叩いて飛ばし、口で受け止めて食べる「手打ち食い」の名人でもある。

類と醤油が大好物である。また、貝好きが高じて『とんねるずのみなさんのおかげでした』で「ぶ・ら・り 途中下車の貝」という木梨と出演ゲスト達が貝を食べまくるロケが行われた。

また、各所で牛丼チェーン「吉野家」の素晴らしさを何度も公言したため、吉野家から「名入りのどんぶりおよび湯呑み」が贈られた。その後『生ダラ』の企画「ノリさんの“日本の職人”第1弾!牛丼職人に挑戦」にて勝俣州和山口もえなどの番組出演者数名と共に吉野家1日体験入店を行い、終了後吉野家(当時・吉野家D&C)本社から顔写真付きの「牛丼並盛り半永久無料カード」が贈呈された[5]。また『生ダラ』の企画でハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」の研修に行った際、同じく研修に参加した勝俣州和坂下千里子と共に「半永久バリューセット無料カード」なるものを贈呈され、感涙にむせぶほどの喜びを表した[6]。また、「餃子の王将」のファンでもある。

趣味もゴルフ競馬サッカーアートと多彩。特にアートは、木梨のライフワークの一つともなっている(後述参照)。

伊藤蘭の大ファンで、後楽園球場で行われたキャンディーズの解散コンサートにも行ったほどである。「新・食わず嫌い王決定戦」で伊藤蘭と共演したときはすっかり舞い上がり、伊藤がおみやげに持ってきたチーズケーキの手打ち食いを試みて失敗した[7]。また、伊藤の夫でもある水谷豊からは「目を見て、こいつはキケンだと思った」と言われた過去を持つ。

競馬予想家として新聞などに登場するときは「木梨ノリゾー」というペンネームを使っており、1990年代には競馬エイトにコラム「私だけの予想ですので」を掲載していた。ちなみに木梨がよく利用する競馬場は、中央開催以外は、公営大井競馬場である。タレント見栄晴とは競馬仲間である。また清水圭からとあるレースで迷うだけ迷ったあげく気づいたら全通りの馬券を買っていたというエピソードを暴露された。

相方の石橋共々、絶叫マシンが苦手。テレビ番組のロケでラスベガスの絶叫マシンに乗って以来、それがトラウマになってしまった。その後、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のモジモジくんのゲームに負け、14年ぶりに絶叫マシンに乗ることになったが、よだれを垂らしたり、「ちっとも楽しくない」と言っていた。

スポーツ[編集]

サッカーが得意で元祖サッカー芸能人とも言われる[8]。小学校の時からサッカースクールに通い、脚本家の三谷幸喜とはチームメイトだったが木梨は2軍、三谷は13軍だったという。帝京高校時代の同期には三菱重工業サッカー部(現:浦和レッドダイヤモンズ)でプレーしたサッカー解説者の川添孝一、浦和Jrユース監督の名取篤、競輪選手の小門洋一がいる。川添は「同級生の中で1年生の時に最初に試合に出たのは木梨だ」とテレビで発言している。

3年生の時に全国高等学校サッカー選手権大会東京都予選メンバーに選ばれ、決勝戦で途中出場した経験もある実力の持ち主だったが、部室での喫煙が見つかったこともあって、全国大会では直前にベンチ入りメンバーを外されている[8]。芸能人チームのザ・ミイラの選手として国立霞ヶ丘陸上競技場でプレーしたこともある。

現在も芸能界随一のサッカーフリークであり、ワールドカップフランス大会前は、番組の企画でヨーロッパでプレーする名選手達にPK対決を仕掛けるなど、日本代表の盛り上げに一役買った。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「きたなトラン」などでは、「サッカーの王様」ペレのサインを真似て「ペレ入りました~」と店の壁にサインをするのが恒例となっている(気分が乗っている時など「じーこ」の文字が加わることもある)。

交友関係[編集]

その他[編集]

ファッションセンスの良さはお笑い界のみならず、芸能界でも随一との評判。ココリコ・遠藤は木梨のファッションを真似することが多い、と公言(しかし遠藤は、元夫人である千秋から「憲武さんは線が細いから似合う服装なんだからあなたが着ても似合わない」と止められていたという)。

かつては著名人長者番付(高額納税者ランキング)の上位ランカーであった。

私生活では独身時代は業界有数のプレイボーイで知られ、旧知の間柄であったブラザー・コーンに「若い時は朝まで飲んで何件もの店に入り浸り店を潰した事もあった」と言われるほどであったが、近年は仕事絡みの付き合い以外は歓楽街に繰り出すことはなく、若手や同世代のコメディアン仲間とも仕事を超えた範囲での交際も減り、夜は他の芸人の深夜番組なども見ず夜9時前後で就寝し朝は4時頃に起きるという全盛期とは様変わりした生活を送っていると番組などでは話している。

1991年に盲腸(虫垂炎)で入院。同年10月31日の『とんねるずのみなさんのおかげです』で、「緊急放送!盲腸で倒れる 木梨憲武さんを偲んで…」と木梨が死亡したという設定で、生放送の「追悼特番」を放送。木梨の大きな遺影とそれを取り囲むたくさんの菊の花をバックに、石橋と野崎昌一(当時フジテレビアナウンサー)が悲しみをこらえて語っている背後から、緑のジャージ姿の木梨が現れるというもの。これは同番組のプロデューサー・石田弘が考えた視聴者へのドッキリ企画で、放送終了後フジテレビには約800件もの抗議の電話が殺到した。また木梨自身も、親戚のおばあちゃんにこっぴどく叱られたという。なお、このドッキリでは通常では追悼特番で用いられる「亡くなられました」という言葉は一切使われておらず、「信じられない事になってしまいました」とあくまでも彷彿させる程度の言葉を用いている。余談ながら、この放送の最中に「『塗装業者の誘拐殺人』などの容疑で手配されていた元警察官が逮捕されました」とのニュース速報テロップが出るという一幕もあった。

2002年12月26日放送の『うたばん』(TBS)の「とんねるずVSSMAP」にてとんねるずチームが勝利した際、カメラに賞品である照明をぶつけてしまい『オールナイトフジ』以来のカメラ倒しをしてしまった(この時SMAPの中居正広は「オールナイトフジ以来!」と客を煽っていた)。このときは結局カメラは無事だった。

芸能界屈指のハワイ通で、今まで100回以上公私含めてハワイを訪れている。2013年は年間で9回行った[11]BSフジで『木梨目線! 憲sunのHAWAII』を放送したときには、王貞治から称賛を受けた。

2014年1月、とんねるずが『笑っていいとも!』のレギュラーとなる。木梨は、レギュラー決定後すぐの1月23日放送にて、笑福亭鶴瓶が話そうとした瞬間にスタジオの天井からワイヤで降下し、彼の首を絞め上げる、という形で登場した。司会のタモリによると、(この登場方法は)いいとも史上初めて、とのことである[12]。以降、3月の放送終了までパフォーマンスが続けられた。

作品[編集]

創作活動[編集]

2013年までに7回の個展を開いており、画風は赤を基調とした抽象画・スケッチに文字を書き加えた風景画・シンプルな色表現の静物画がある。インターネット上でインタラクティブな手法を用いた前記の作品展示を行なう一方で、ゲームのキャラクターデザインも手掛ける。

  • 1994年: 初めての個展『太陽ニコニカ展』を名古屋 PARCO で開く(「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の企画も兼ねていたため、2000年開催の個展まで、アーティスト名は同番組内でのキャラクター「木梨憲太郎」としている)
  • 1996年: 仙台七十七銀行の貯蓄預金通帳の表紙デザイン
  • 1996年: アーケードゲームマーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリートファイター』の「憲磨呂」キャラクターデザイン、および声の出演
  • 1997年: 絵本『のりたろうのー、えほんのー、はがきのー』『のりたろうのー、ぬりえのー、はがきのー』をミキハウスより出版
  • 1997年: 大相撲土佐ノ海の化粧回しをデザイン
  • 1998年: 営団地下鉄(現:東京メトロ)のポスターをデザイン
  • 2000年: 第2回の個展『きなしのりたけのてんらんかい』をフジテレビで開く(以降、アーティスト名は「木梨憲武」としている)
  • 2002年: 第3回の個展『SCORE展』を東京都渋谷区の代官山ヒルサイドフォーラムで開く
  • 2003年: 第4回の個展『GO WITH THE FLOW展』を東京都渋谷区の代官山ヒルサイドフォーラムで開く
  • 2003年: 『第114回アンダパンダン展』(フランス)に作品を出展。図録の巻頭に作品が掲載される
  • オムニバスCD『AdagioLounge classics〜』のジャケット
  • 後藤次利のアルバム『do not disturb』のカバーデザイン
  • 俳優・中井貴一の著書『日記』の表紙デザイン
  • 2006年: ミズノから長嶋茂雄直筆メッセージをプリントした「3番Tシャツ」をデザイン
  • 2008年: 第5回の個展『木梨憲武 色の世界展 in KYOTO』をJR京都駅内美術館「えき」で開く(6万人を動員)
  • 2008年: 上記の個展のエキシビジョン『NORITAKE KINASHI EXHIBITION』を3116 GALLARYで開く
  • 2008年: 8月27日~8月31日開催の『AFWP2008JAPAN 第三回世界平和美術祭典』に作品出展
  • 2009年: 9月27日開催の『TOKYO!TOKYO!!TOKYO!!!展』に作品出展
  • 2010年: 第6回の個展『NORITAKE KINASHI SPOT AOYAMA TOKYO 2010』を東京都港区南青山のフォーラムギャラリーで開く
  • 2013年: 第7回の個展『木梨憲武美術館2・愛と希望と光とカピオラニ公園と私と京都』をJR京都駅内美術館「えき」で開く
  • 2014年: 第8回の個展『木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心』を東京都上野の上野の森美術館で開く。その後、石川県の金沢21世紀美術館、岩手県の盛岡市民文化ホール、兵庫県の兵庫県立美術館で巡回予定されている。

音楽作品[編集]

コンビを離れて単独で活動しているもののみ。コンビでの音楽活動に関しては「とんねるず」を参照。

DVD[編集]

  • 竜馬の妻とその夫と愛人(2003年5月21日発売)
  • NORITAKE GUIDE FREE LIVE(2004年10月20日発売)
  • NORITAKE GUIDE2 PEACE LIVE(2005年9月21日発売)
  • NORITAKE GUIDE3 ~9975 PARTY LIVE~(2006年10月18日発売)
  • NORITAKE GUIDE4 ONE HALF LIVE(2007年10月3日発売)

出演作品[編集]

木梨憲武としての出演作品を記載。コンビでの出演作品はとんねるずの項目を参照。 (ゲスト出演番組は除く)

現在の出演作品[編集]

過去の出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

レギュラー番組

スペシャル番組[編集]

判明分のみ(ゲスト出演番組は除く)

  • 木梨憲武のサッカーだ!(1993年、テレビ朝日)
  • 年末ジャンボ生特番!憲武・ヒロミとゆかいな仲間がテレビでやりたかったこと50(1999年、テレビ朝日)
  • 木梨憲武のてんらんかい(2000年、フジテレビ)
  • 所・憲武・ヒロミのこんな番組ダメですか?(2000年、テレビ朝日)
  • 木梨憲武の世界のサッカーがやってきます。私たちの心構え(2002年、フジテレビ)
  • ジダン 〜W杯 英雄伝説・『10』の系譜〜(2002年、フジテレビ)
  • 俺たちの全英オープン(2004年、テレビ朝日)
  • 木梨憲武のVS(2005年、テレビ朝日)
  • BS朝日開局10周年スペシャル・木梨憲武のデザインってなんだ!? 〜ガウディの愛した街・バルセロナ篇〜(2011年3月27日、BS朝日)
  • 祝!木梨憲武生誕50周年・はじめてのキナシ(2011年7月1日、テレビ朝日)
  • 木梨憲武 ニューヨークMOMAの謎〜アートになるモノ ならないモノ〜(2013年4月28日、BS朝日)

ドラマ出演[編集]

コントを中心とした芸風から、その高い演技力を買われて数多くのドラマ・映画にも出演している。ただし40歳を迎える前あたりからはコミカルな役周りだけでなくシリアスな中年役を演じるケースも増えている。

映画[編集]

舞台[編集]

2004年から単独のライブを開催している。内容は、歌・コント・ゲストとのフリートークなど。

CM[編集]

その他[編集]

  • 水谷豊「カリフォルニア・コネクション」(アルバム『TIME CAPSULE』収録曲)のPV(2008年
    「食事友達代表」として、警察官の役として友情出演している。このアルバムでは「SNOW BIRD」でコーラスにも参加している。
    2009年6月17日放送の『SONGS(第94回)水谷豊』では山中湖でサプライズゲストとして登場した。
  • 鈴木雅之「可愛いいひとよ」(アルバム『Martini Duet』収録曲)に歌で参加(2008年

書籍[編集]

  • のりたろうのー、えほんのー、はがきのー。(1997年)ISBN 4895883183
  • のりたろうのー、ぬりえのー、はがきのー。(1997年)ISBN 4895883191

ものまねレパートリー[編集]

相方・石橋貴明のものまねをする人が多いが、木梨のものまねをする人は少なく、原口あきまさが唯一するのみ。ちなみに原口は石橋のまねもする。

木梨自身もものまねをするが、番組スタッフやその他一般人など伝わりづらいものが多い。

など。 以前はルパン三世もときおり披露していたが、栗田貫一のブレイク後は封印していた。2006年のソロライブにて久々に披露した。

コントオリジナルキャラクター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『とんねるずのみなさんのおかげでしたとんねるず結成30周年スペシャル』2010年3月25日放送内の「食わず嫌い王決定戦とんねるず対決スペシャル」より
  2. ^ INLIFE 男の履歴書 木梨憲武
  3. ^ 2002年9月23日放送
  4. ^ 2005年11月10日放送
  5. ^ 2000年1月19日、1月26日放送
  6. ^ 2000年5月3日放送
  7. ^ 2000年4月20日放送
  8. ^ a b “今こそ稼げ! サッカーが得意な芸能人”. リアルライブ. (2010年6月24日). http://npn.co.jp/article/detail/48386232/ 
  9. ^ LIVE FLIGHT☆AIR12大阪2日目っ! - 水樹奈々 公式サイト NANAPARTY。2014年7月13日閲覧。
  10. ^ 2009年6月17日放送
  11. ^ 2014年2月9日放送『笑っていいとも!増刊号』より
  12. ^ 『木梨憲武、『いいとも!』に“降臨” タモリ「いいとも史上初めて」』オリコン 1月23日(木)12時28分配信
  13. ^ 木梨憲武、ハワイでのナンパ明かす「運命の出会いあった」

外部リンク[編集]