OPPO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OPPO Electronics Corp.
企業形態 株式会社
業種 電気機器
設立 2004年
創業者 陳明永(Tony Chen)
本部 中華人民共和国の旗 中国広東省, 東莞市
事業地域 Worldwide
製品 Hi-fi, ホームシアター, オーディオ機器, 携帯電話
株主 BBK Electronics
子会社 OPPO Mobile
ウェブサイト OPPO Electronics
OPPO
各種表記
繁体字 廣東歐珀移動通信有限公司
簡体字 广东欧珀移动通信有限公司
拼音 Guǎngdōng Ōupò Yídòng Tōngxìn Yǒuxiàn Gōngsī
ラテン字 Guangdong Oppo Mobile Communications Co., Ltd
テンプレートを表示

OPPO(オッポ、广东欧珀移动通信有限公司)は2004年に設立された中国広東省東莞市に本部を置く電気機器メーカーである。

概要[編集]

元々はMP3プレーヤーなど音楽再生端末を手がけるAV機器メーカーだった。だがMP3プレーヤーがメモリ価格の下落で汎用品・消耗品化する中OPPOは製品デザインに注力、また、音源チップも高性能なものを搭載することで再生音質にも手を抜かず、その結果同社の製品は中国の若い世代から大きな支持を受けるようになった。

その後、中国の格安携帯電話製造ブームに乗じてフィーチャーフォンへ参入。とはいえ、携帯電話製造ノウハウが少ない同社の製品は当時ウォークマンケータイが人気だったSony Ericssonや、女性に人気の日本の折りたたみスタイルのデザインを真似たものが多く、携帯電話では他社との差別化に苦しみヒット商品は出せなかった。

だが、2008年にスマートフォン市場への参入を開始。2011年にはスライド式のQWERTYキーボードを備え、新しいスマートフォンブランド「Find」をひっさげてハイエンド市場に参入。広告にレオナルド・デカプリオを使うという思い切った戦略で「OPPO=ハイエンドスマートフォン」のイメージを一気に広めることに成功した。ちなみに広告費用は500万人民元、7億円以上と言う中国スマートフォン市場でも最大のものだったという。[1]

2013年6月に「世界最薄」を謳う6.65mmのデュアルコア、Android4.0搭載機「Finder」(約3万1000円)を発売し、話題となった。クアッドコア搭載で6.9mmの世界最薄スマホ「Find5 X909」の情報もリークされ、2013年1月29日より発売された。[2][3]

また2013年12月10日より206度まで角度変更が可能な回転するカメラを搭載した大型ファブレットサイズ5.9インチスマートフォン「N1」を発売してる。[4]

日本法人[編集]

日本法人としてOPPO Digital Japanがあるが、スマートフォンを売っているのは中国企業のOPPO Electronicsで、OPPO Digital Japanはその子会社で米国企業のOPPO Digitalの日本法人であり、扱っている製品が違う別の会社である。 [5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://s-max.jp/archives/1574068.html Samsung超えの最有力か?ハイエンドスマホで世界が認めるメーカー「OPPO」とは【山根康宏の“世界のモバイル”】
  2. ^ http://nikkan-spa.jp/277621 中国脅威論】高性能&低価格スマホ日本襲来間近か
  3. ^ http://gpad.tv/phone/oppo-find5-x909-quadcore/ 中国 OPPO 社、クアッドコアプロセッサ搭載 ベゼル幅 3.25mm の5インチハイスペックスマートフォン「OPPO Find 5」1月29日発売
  4. ^ http://gpad.tv/phone/oppo-n1/ 中国 OPPO、206度まで回転できるカメラを搭載した大型5.9インチスマートフォン「OPPO N1」を12月10日よりグローバル販売開始
  5. ^ http://www.dream-seed.com/weblog/archives/2013/03/25378/ OPPO Digital Japan設立 が、残念ながらスマートフォンのOPPOとは関係無さそう……

外部リンク[編集]