イニシエーション・ラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イニシエーション・ラブ
著者 乾くるみ
発行日 2004年4月1日
発行元 原書房
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 260
コード ISBN 4-562-03761-X
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

イニシエーション・ラブ』は、乾くるみによる日本の小説。

タロットカードの6番「恋人」を題材としたタロットシリーズの一作で、1986年から1987年頃の静岡市を舞台としている。

内容は恋愛小説だが、一部ではミステリーとも言われており、第58回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作となったほか、2005年版の本格ミステリベスト10で第6位にランクインしている。2014年3月3日に放送された日本テレビ系バラエティー『しゃべくり007』ではくりぃむしちゅー有田哲平が「最高傑作のミステリー」とコメントし、放送後の1か月で21万部を増刷[1]。2014年4月現在、文庫版は発行部数100万部を超えている[1]

「読み終わった後は必ずもう一度読み返したくなる」と銘打たれた作品。

あらすじ[編集]

合コンで知り合ったマユと付き合い始めた僕・たっくんは、順調に愛を育んでいくが……。

章題[編集]

物語はside-Aとside-Bから成り、各章のタイトルはそれぞれの内容を象徴する曲名が付けられている。

登場人物[編集]

鈴木 夕樹(すずき ゆうき)
静岡大学数学科の4年生。22歳。人数合わせで参加した合コンで、成岡繭子に恋に落ち、付き合うようになる。繭子からは「たっくん」と呼ばれる。読書が好きで、主に推理小説を好む。富士通の内定をもらっている。
成岡 繭子(なるおか まゆこ)
歯科衛生士。短髪。20歳。合コンで知り合った鈴木と付き合うようになる。読書が好きで、主に古典文学を好む。
望月 大輔(もちづき だいすけ)
鈴木の友人。合コンの幹事。優子とは恋人。
大石(おおいし)
鈴木の友人。合コンの参加者。あだ名はがっちゃん。
北原(きたはら)
鈴木の友人。合コンの参加者。マジックが得意。
松本 優子(まつもと ゆうこ)
静岡大学教養学部2年生。望月とは恋人。繭子ら高校の同級生3人と合コンに参加する。
青島 ナツコ(あおしま なつこ)
静岡大学教養学部2年生。合コンの参加者。派手な服装を好むナイスバディ。
渡辺 和美(わたなべ かずみ)
薬大生。合コンの参加者。少し太めの女の子。合コンでは鈴木の正面に座った。
海藤(かいどう)
鈴木と同期入社の、慶徳ギフトの新入社員。名古屋大学を卒業した秀才。幹部候補生として鈴木と共に東京への派遣が決まる。
石丸 美弥子(いしまる みやこ)
鈴木と同じ課の新入女子社員。大学では劇団「北斗七世」に所属していた。姉は女優の蓬莱美由紀だが、姉妹仲はあまり良くない。
梵(ぼん)
海藤と同じ課の新入社員。広島から派遣されてきた。「北斗七世」の芝居を観て、演劇に興味を持つようになる。
天童(てんどう)
美弥子の大学の先輩で元恋人。「北斗七世」の俳優。
『リピート』に登場するほか、タロットシリーズ全作に登場する予定である。

書誌情報[編集]

文庫本には解説として、ストーリーのからくりがわかるヒントが付いている。

映画[編集]

2015年5月23日に映画『イニシエーション・ラブ』のタイトルで公開が予定されている。監督は堤幸彦が担当。原作と同じく、1980年代後半の静岡東京を舞台に男女の出会いと別れがSide-AとSide-Bという2編に別れた構成となる。主演は松田翔太[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:堤幸彦
  • 脚本:井上テテ
  • 原作:乾くるみ『イニシエーション・ラブ』(文春文庫)
  • 配給:東宝

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]