牧伸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牧 伸二
本名 大井守常
ニックネーム マキシン
生年月日 1934年9月26日
没年月日 2013年4月29日(満78歳没)
出身地 東京府東京市目黒区
(現・東京都目黒区)
血液型 AB型
最終学歴 東京中学校
師匠 牧野周一
芸風 ウクレレ漫談
事務所 佐藤事務所⇒牧プロダクション
活動時期 1957年 - 2013年
過去の代表番組 大正テレビ寄席
弟子 泉ピン子
公式サイト 牧伸二ホームページ

牧 伸二(まき しんじ、本名:大井 守常〈おおい もりつね〉、1934年9月26日 - 2013年4月29日)は、日本のウクレレ漫談家。牧プロダクション所属。東京演芸協会第6代会長。血液型AB型。

ハワイアンをアレンジした曲に、「やんなっちゃった」などのフレーズで社会批評を乗せて歌う、ウクレレ漫談の創始者。ギターに持ち替えたこともある。ベテランになってからもレゲエロックンロールにも挑戦した。弟子に泉ピン子、牧ひろし(現・所属事務所社長)、牧田博牧野周一一門。弟弟子)、牧タカシ、牧のぼる[1]、牧正らがいる。

来歴[編集]

東京府東京市目黒区(現・東京都目黒区)で板金屋の5人兄姉の末っ子として出生し、間もなく向島に転居。戦時中は岩手県の寺に疎開、中学の1年後輩に立川談志がいる。夜間高校に通いながら1950年7月からは(株)東亜計器製作所に勤める。高校1年のころ牧野周一の漫談をラジオで聞き、浅草の話術同好会「話術クラブ」に入る。この頃は楽器を持たない声帯模写を得意とした。

高校卒業後、1957年ラジオ東京(現TBSラジオ)の『しろうと寄席』で7週連続で名人位を獲得。この実績をもって牧野に正式入門を許され、牧伸二の芸名をもらうと共に、ウクレレ漫談を薦められた。当初の芸名は「今何度」(いま なんど)。当時勤務していた東亜計器が温度計を製造していることに由来する。1962年に結婚した妻は東亜計器の専務の一人娘である[2]

無名時代に美空ひばりの地方公演巡業の前座を務めた際、漫談が余りにも面白く会場を沸かせるため、ひばり母子に気に入られ、ひばりの母は「牧さんは今にスターになるわよ。見ててごらんなさいな」と、近い将来のブレークを予言していたという[3]

歌うボヤキ漫談『やんなっちゃった節』で人気者になり、早くも1960年文化放送でレギュラー番組『ウクレレ週刊誌』を持たされる。この『やんなっちゃった節』は、『タフア・フアイ』(英題"Hawaiian War Chant"、ハワイ先住民のポリネシア人の戦意昂揚歌)をアレンジしたもので、時世に応じた1500余の歌詞ストックがある一方、牧自身も舞台で原曲を披露することがある。

1963年には日本教育テレビ(NET、現テレビ朝日)の演芸番組『大正テレビ寄席』の司会に起用され、番組終了の1978年まで15年にわたり司会を務め、番組内の名物コーナー『マキシンのバーゲンセール』を通じて『あゆみの箱』チャリティー活動に貢献した。また九州朝日放送の素人演芸会『マキシンの東芝ハレハレ555』等でも司会を務めた。

1965年に第2回日本放送作家協会賞・大衆芸能賞を受賞し、喜劇映画・バラエティ番組などにも活躍の場を広げた。

1973年1983年の間、日劇で『牧伸二ショー』公演を開催。

1976年長門裕之愛川欽也が中心となり発足した、昭和9年(1934年)生まれの芸能人による親睦組織「昭和九年会」に参加。

1989年、デビュー以来在籍した佐藤事務所の解散に伴い、株式会社牧プロダクション(社長は弟子の牧ひろし)に所属。

1999年、3月に死去した前会長・桜井長一郎の後を受け、東京演芸協会の第6代会長に就任。

2002年脳出血で療養とリハビリを余儀なくされるが、復帰後の2003年に文化庁長官賞を受賞。

2011年7月3日、自宅でタバコの火の不始末からボヤを起こした。自身と妻、娘の3人で消火にあたり、消防車が到着した頃にはほぼ鎮火していた[4]

2013年4月29日午前0時15分頃、東京都大田区多摩川丸子橋付近で投身し、病院に搬送されたが死亡が確認された。入水自殺とみられる[5]。78歳没。前日の28日午後1時半に上野広小路亭で舞台に出演し、その後午後4時10分から浅草東洋館でも舞台に出演する予定だったが、「少しお茶を飲んでくる」と言って席を立ち、午後3時頃に喫茶店を出た後行方不明になっていた[6][7]。牧の訃報を受け、親交が厚かった内海桂子藤村俊二ケーシー高峰大村崑らが追悼のコメントを発表した[8][9]。2013年5月19日に出演予定であった毒蝮三太夫監修の『第7回マムちゃん寄席』はケーシー高峰が代演することとなった[10]

著書[編集]

  • あーやんなっちゃった 泣き笑いウクレレ人生(報知新聞社、1965年12月)
  • 牧伸二のウクレレ人生(みくに出版、1995年8月)ISBN 4895244857
  • マキシンのウクレレ教室 オリジナルCD付(ドレミ楽譜出版社、2003年6月)

レコード[編集]

  • ヤんなっちゃった節/あのさ都々逸(1961年7月)
  • アイウエオ節/新ヤンナッチャッタ節(1962年2月)
  • あゝやんなっちゃた/御前さま(1964年12月)
  • 殺し文句/銀座で逢いましょう(1968年5月)
  • ハレンチブルース/サラリーマン音頭(1968年8月)
  • ネオン花/キャバレー・ブルース(1969年4月)
  • 牧伸のジンジロゲ/「週間マキシン」発売中(1971年9月)
  • マキシンのソウル・それはないじゃないか!!/ナベヨコ・ソウル(1977年8月1日)※牧伸二とブラックジャック[11]名義
  • タクシー行進曲/ゴルフ・ブギ(1985年12月)

CDシングル[編集]

  • ヤンナッチャッタレゲエ/ホンモホンモ(1991年12月)※牧伸二・日の丸ライオン楽団名義
  • ダンジィの応援歌(2001年7月)
  • いったい私はなんなのよ(2003年5月)
  • 牧伸二古希70才記念 コキコキロック70(2004年5月)

CDアルバム[編集]

  • 牧伸二のウクレレ人生(2005年1月)

出演番組[編集]

テレビ[編集]

全国ネット
ローカル

ラジオ[編集]

CM[編集]

逸話[編集]

  • 趣味は絵画(アクリル画)で、毎年個展を開催していた。
  • 余りに早く成功したため芸の壁にぶつかり、一時舞台を休みがちになったが、師匠の牧野周一が穴埋めをした。
  • パラダイス山元初監督作品『盆栽少女』(2008年)には、主役の盆栽マニアの祖父役で出演した。
  • 2011年7月9日のTBSラジオ「サタデー大人天国! 宮川賢のパカパカ行進曲!!」に自身のボヤをネタに素人参加のコーナーに電話で出演した。

脚註[編集]

  1. ^ 牧伸二さん突然の死に弟子・牧のぼる「驚いています」 スポーツ報知 2013年5月1日
  2. ^ 『大正テレビ寄席の芸人たち』(山下武著、東京堂出版、2001年)
  3. ^ 『お嬢……ゴメン。パート2 美空ひばり秘話 俺のどうにか人生』 嘉山登一郎著 近代映画社 1991年
  4. ^ 牧伸二宅で火事 消防車など出動し1時間で鎮火 スポーツニッポン 2011年7月5日閲覧
  5. ^ ウクレレ漫談の牧伸二さん飛び込み自殺か 日刊スポーツ 2013年4月29日閲覧
  6. ^ 「あーあ、やんなっちゃった」牧伸二さん死亡 ウクレレ漫談家、自殺か 78歳 MSN産経ニュース 2013年4月29日
  7. ^ 漫談家の牧伸二さんが自殺か=橋から川に飛び降り死亡-前日、舞台を前に姿消す 時事ドットコム 2013年4月29日
  8. ^ 内海桂子、牧さん死去に絶句「冗談じゃない…」 サンケイスポーツ 2013年4月30日閲覧
  9. ^ 牧さん惜しみ…芸能界から悲しみの声 サンケイスポーツ 2013年4月30日閲覧
  10. ^ 第7回マムちゃん寄席 まむちゃんの部屋 2013年5月6日閲覧
  11. ^ ドンキーカルテットのジャイアント吉田が率いていたバンド。但しジャケットに吉田の姿はない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]