清水アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清水 アキラ
本名 清水 章
生年月日 1954年6月29日(60歳)
出身地 長野県下高井郡山ノ内町
グループ名 ザ・ハンダースものまね四天王
事務所 清水エイジェンシー
過去の代表番組 ものまね王座決定戦
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
公式サイト http://www.shimizuakira.com/
受賞歴
『ものまね王座決定戦』最多5回優勝

清水 アキラ(しみず アキラ、1954年6月29日 - )は日本の元ものまねタレントお笑いタレントである。本名、清水 章(しみず あきら)。

長野県下高井郡山ノ内町出身[1]清水エイジェンシー所属。

来歴[編集]

家業を継ぐため大学に進学するも、20歳の時に父親が他界。足利工業大学工学部機械工学科中退。元ザ・ハンダースのメンバー。ハンダースの解散後にあのねのね清水國明に弟子入りしている(名前の「清水」は自身の本名であり、芸名の由来に関係しない)。

『ものまね王座決定戦』ではビジーフォーと並ぶ最多の5回優勝しており、『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』では数回、大トリを務めている。

2000年代頃からは油絵を嗜んでおり、加山雄三等の絵を見て勉強、個展を開く。

2004年頃に栗田貫一とお笑いコンビ『アキカン』を結成。

2009年12月より1年間、箱根湯本の温泉旅館天成園にて歌謡ショーが開催されていた。

2012年7月15日、「2013年を以ってものまねタレントとしての活動に終止符を打つ」と発表。理由は良太郎の成長のためとしたほか、今後はものまねの審査員をしたいと述べている[2]。ものまねタレントとしての最後の仕事は2013年12月28日放送の『ものまね王座決定戦』となった。

2013年11月、清水は単身長野県山ノ内町に移住、妻は「私は(長野での生活は)ダメだな」として都内での生活を選択したため、「離婚危機では?」と報じられたが、自身のブログで妻との「卒婚」を明かし、離婚ではなくあくまで「結婚生活からの卒業」と説明している[3]

2013年12月28日放送の『最強トーナメント2013 ものまね王座大決定戦 新王者誕生スペシャル!!』を以て、フジテレビの『ものまね王座決定戦』及び『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』を卒業(降板)した。

人物[編集]

愛称は「アキラ(さん/君)」。

三男は俳優清水良太郎。次男は大学卒業後、父親のマネージャーになる(清水プロ代表取締役)。また、三男の良太郎とは『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』や『ものまね王座決定戦』(復活版)において、親子共演もしている。

特技はスキーで、国体選手だったこともある程の腕前。

顔にセロハンテープを貼って、本人そっくりに見立てる『セロテープ顔面整形』が特技。

出演作品[編集]

CD[編集]

  • ラーメンブルース(青江三奈とのデュエットソング。三共(現・第一三共)が発売した低カロリーカップ麺『メルビオラーメン』のCMソングに使われた)
  • 今この道を(2007年11月21日発売のシングル)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]