藤山寛美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじやま かんび
藤山寛美
本名 稲垣 完治
生年月日 1929年6月15日
没年月日 1990年5月21日(満60歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市西区
職業 喜劇俳優
活動期間 1934年-1990年
家族 藤山直美(娘)
藤山扇治郎(孫)
主な作品
舞台
松竹新喜劇、他

映画
『ばりかん親分』
『続拝啓天皇陛下様』
『人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊』

藤山 寛美(ふじやま かんび、本名:稲垣 完治(いながき かんじ)、1929年6月15日 - 1990年5月21日)は、大阪府大阪市西区出身の喜劇役者。戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者であり、弟子にはな寛太・いま寛大のはな寛太、山崎海童らがいる。
女優の藤山直美は娘。俳優の藤山扇治郎は孫。

芸風[編集]

永年にわたり松竹新喜劇の大スターとして活躍。阿呆役を演じれば天下一品で、「あほの寛ちゃん」として人気を博した。「桂春団治」の酒屋の小僧なども絶品である。

来歴・生涯[編集]

華々しくデビュー[編集]

1929年(昭和4年)、関西新派成美団」の俳優・藤山秋美の末の息子として生まれる。母は新町お茶屋「中糸」の女将・稲垣キミ。父の病没した1933年(昭和8年)、花柳章太郎の命名で父の藤山を継承し芸名を「藤山寛美」とし、翌年1月に4歳で初舞台に立つ。関西新派の都築文男に師事し、13歳で渋谷天外 (2代目)に誘われて松竹家庭劇に移るまで師弟関係にあった。

大阪大空襲で大阪の芝居小屋が焼け落ちた事もあり、1945年(昭和20年)3月に皇軍慰問隊の一員として旧満州に渡ったが、奉天(現在の瀋陽)で終戦を迎え、一時期ソ連軍に抑留される。解放された後はハルビンでキャバレーのボーイや靴磨き、芝居、ブローカーなどをしながら生き延び、1947年(昭和22年)秋に帰国。 以後は各劇団を転々とし、1947年に曾我廼家十吾、師匠格に当たる2代目渋谷天外、浪花千栄子らの松竹新喜劇の結成に参加。1951年、天外作「桂春團治」の酒屋の丁稚役が、批評家や演劇関係者に評価され、一躍人気役者となる。後、寛美を可愛がった天外が脳出血で倒れた後は、実質的座長となった。

型破りな金使いの荒さ・松竹新喜劇から降板[編集]

生来、俳優の子という出自ゆえ、「俳優」「芸人」としての姿勢を私生活でも徹底し、初代桂春團治と後の横山やすしの様に金使いも荒かった。「遊ばん芸人は花が無うなる」という母親の一家言を守り、夜の街を金に糸目をつけず豪遊した。「北の雄二(南都雄二)かミナミのまこと(藤田まこと)、東西南北藤山寛美」といわれ、戦後の上方を代表する遊び人として多くの逸話を残した。バーのボーイに「チップとして」車のキーを渡し、自動車1台をあげたこともあった。そのため、多額の負債(知人に騙された巨額の負債もあった)を抱え、1966年には当時の金額で1億8,000万円の負債を抱えて自己破産。これを契機に、松竹松竹芸能から専属マネジメント契約の解除を通告される。彼は舞台に立たず、東映常務・岡田茂(のち社長)を頼り[1]、東映任侠映画鶴田浩二らの助演で生活をしのいだ。

寛美が、自己破産と松竹新喜劇をクビにされた事を知った天外は寛美に「アホ!借金なんか作りよって!」と一喝した(事実上、その時点で寛美は「破門」の烙印を押されたが、復帰後は烙印は消えている)。

後輩芸人への面倒見が良かった寛美は、彼らの借金を立て替えることもしばしばで、特に自らがまだ多額の借金を抱えている最中に、月亭八方の1,000万円の借金をキャッシュで立て替えようとしたが、八方自身が恐れ多いと断った。なお、このエピソードは、八方自身の借金エピソードとして度々語られる[2]

新喜劇復帰[編集]

その後、ミヤコ蝶々南都雄二を迎えての新「松竹新喜劇」は寛美がいた時期ほど客足がのびず、師匠の2代目渋谷天外も脳出血で倒れた事もあって、ついに松竹は寛美の負債を立て替えて、再び舞台に呼び戻す事になった。

復帰後の寛美は、文字通り松竹新喜劇の中心となる。抜群の技巧さもさることながら、色気と「大阪俄」の芸脈を受けついだ本格的な上方喜劇の演技を合わせ持ち、特に千葉蝶三郎伴心平曾我廼家鶴蝶小島慶四郎などの腕達者な劇団員と繰り広げるアドリブ芸は絶品であった。さらに1971年に開始した「阿呆まつり」1972年の「リクエスト公演」など話題作りに力を入れるなどプロデユーサーとしても腕をふるった。1973年には芸術選奨文部大臣賞を受賞するなど70年代の寛美は人気、芸ともピークに達し、大阪は無論、東京、名古屋など全国で熱狂的に受け入れられた。さらに博多俄の二代目博多淡海を一座に迎えたり、三代目市川猿之助の公演に参加するなど、他の劇団との交流も深めていった。

地方からの観客を舞台裏に招待することも多く、彼の残した色紙には大きく『夢』と言う文字が書かれることも多かった。

旧知の者や舞台関係者にはお酒やお茶ではなく、彼が愛飲していたミックスジュースを作り、舞台裏で振る舞う事もあった。小林信彦は寛美の楽屋に挨拶に行って舞台稽古を見せてもらった後で、菓子折りと現金三万円が入った熨斗袋を貰った。小林は「僕の楽屋訪問は突然だったから、急に用意したものではない。たぶん、大阪のジャーナリストのために、こうした用意がされているのだろう。」と後年書いている。[3]

知人に騙された巨額の負債について、「アホをやっておりますが、わてのアホはどうやら本物らしゅうおます」と言い、恨み言一つも言わなかった。その負債も復帰によって完済し、大物ぶりを示す結果となった。

20年間に渡り1日も休まず舞台に立ち続け、大阪万博にすら行けなかったと言う逸話も残っているが、趣味の魚釣りを行うため、遠出する事もしばしばあった。ちなみに、上記の借金は19年目に完済された。

晩年[編集]

寛美の一連の動きは、かえってワンマン体制を作り上げてしまい、マンネリズムに陥る傍ら、1977年には有力な座員であった曾我廼家鶴蝶、小島秀哉が退団した。鶴蝶はこの時のことを、長年休みなしの興行には限界を感じたと語りさらに「他人のことを、これっぽっちも考えない強気の方です」と酷評している。[4] 1980年代になると東京はおろか大阪公演の観客数も落ちていき、焦った寛美は、団員の入れ替えや降格抜擢人事などを行うが、勢いの衰えは隠しようがなかった。 1990年の年明け頃から、体に異変が起こる。3月に体の不調を訴えて大阪市立大学付属病院に検査入院、肝硬変と診断される。舞台に復帰したいと言う願いも虚しく、同年5月21日に死去。60歳没。

病床では、7月の東京公演のために五代目古今亭志ん生の落語のテープを聞いて「今の東京の言葉は乱れとるから、江戸の言葉を身につけようと思うてな。」と語っている。[5]

亡くなる直前には、上岡龍太郎主催の劇団「変化座」の演出・プロデュースを藤山寛美が担当することとなっており、寛美の顔写真が出演者と共に写っている宣伝ポスターまで作成されていたが、上演直前に亡くなったため、陽の目を見ることがなくなってしまった(同舞台は、藤山寛美追悼公演として上演された)。また、亡くなる3日前に「中座」に行きたいと言い出し、妻と共に夜遅くに「中座」へ行ったと言うエピソードがある。

死去の際、桂米朝は「一番残念なのは後継者を育てなかったこと」と悔やみ、上岡龍太郎は「大阪の文化が滅びる」と嘆き、立川談志は「通天閣が無くなったようだ」と偲んだ。

小林信彦も、「おかしいということに関しては、この人に勝る喜劇俳優はいない」と、生前から最高の評価をしていた。 また、ダウンタウン松本人志は著書の中で「この人は素で面白い人なのではなく、面白い人を演じることの天才なのだ」と評した。

死後[編集]

寛美の三女の藤山直美が喜劇女優として寛美の芸を受け継ぎ、舞台で『鼻のおろく』(「鼻の六兵衛」のリメイク作品)など、寛美の代表作を演目にしたこともある。

一方で、上方喜劇を残そうと考えていた寛美は、1981年(昭和56年)に弟子を曾我廼家玉太呂曾我廼家八十吉として曾我廼家名跡襲名させており、今後彼らの活躍が待たれる。

2010年2月・6月には、没後20周年を記念して、直美が特別公演を開催し寛美のゆかりの演目(『女房のえくぼ』・『幸助餅』・『大人の童話』・『丁稚の縁結び 『村は祭りで大騒ぎ』より』)を披露。

2013年には孫の酒井扇治郎が藤山扇治郎の名で松竹新喜劇に移籍。

その他のエピソード[編集]

私生活[編集]

  • 前述の借金と豪遊、楽屋で寝泊まりして家にあまり帰らなかった事もあり、家族との関係は良好とは言えなかった。[6]
    • 自宅で家族と食事中に駄洒落を言うと、家族全員が橋幸夫の様に顔を向け、横目で見ながら「何が面白いのん?」「しょうもない事言うてんとはよ食べ!」と冷たくあしらわれていた。
    • 顔が阪神タイガース岡田彰布と似ているので、自宅のソファーで寝ている時「岡田、岡田、お前が打たへんから阪神負けたんじゃ!」と、侮蔑する様に孫に言われた事がある。ちなみに岡田は、寛美と野村克也を2で割ったような顔だったため、「ノムカン」というニックネームが付けられたこともあった。

他の芸人との関係[編集]

  • 1965年、東京出演の際に榎本健一とNHKテレビドラマ『お父さんの季節』で共演した。寛美は「先生との共演はちゃんと自分を持っている人とぶつかることでこわいけど、勉強になりました。一度共演したかったし、うれしかったが、正直言って堅くなりました。」と述べている。これに対して、榎本は「ちゃんと一本の筋を持っている。東京の若い者とは違う。流石だよ。」とその才能を評価していた。
  • 渥美清とはお互いその芸を認め合う親友であった。渥美は寛美が休みなく舞台活動を続ける姿に「藤山寛美は丈夫だねぇ。俺だったらとっくに死んでるよ。」と感嘆している。一方寛美は渥美と共演のとき、「貴方と初めて芝居が出来てうれしい。」とのメモを鬘(かつら)の裏につけて渥美に届けている。 また、寛美は松竹新喜劇の東京公演の劇場である新橋演舞場で『男はつらいよ』の舞台公演を渥美に呼び掛けたが、渥美は体力を理由に固辞した。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

著書[編集]

  • あほやなあ 喜劇役者の悲しい人生(1967年)
  • あほかいな 藤山寛美半生談義(1976年)
  • 凡談愚言(1978年)
  • 対談集 人の世は情けの貸し借り(1984年)
  • みち草・わき道・しぐれ道(1985年)

演じた俳優とドラマ[編集]

  • 笑福亭鶴瓶 -『藤山寛美物語』(ドラマ)1991年9月放送(MBS制作・TBS系)(『金曜テレビの星!』の枠で2時間放送。MBS開局40周年記念特番。)
    • 2006年現在、再放送・DVDソフト化されていないが、放送ライブラリーで閲覧出来る。現在も再放送・DVDソフト化を求める松竹新喜劇のファンも多いが、実話である事や劇中で使われた映像(TBSとABC読売テレビが保存する放送VTRが挿入されており、EDのスタッフロールのテロップの中にも「映像提供:東京放送 朝日放送 読売テレビ」と記されていた)と写真の著作権等の絡みがあるからか、実現には至っていない。また、三女の直美をはじめ、家族が反対している説もある。

参考[編集]

  1. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生』財界研究所、2001年、p251-252
  2. ^ 日刊スポーツ大阪版2006年5月22日
  3. ^ 小林信彦「日本の喜劇人」248頁
  4. ^ 小林信彦「日本の喜劇人」271頁
  5. ^ 小林信彦「日本の喜劇人」275頁
  6. ^ 笑福亭鶴瓶が、1988年7月1日放送の『鶴瓶上岡パペポTV』で本人から聞いた話として喋っている。