吉田照美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よしだ てるみ
吉田 照美
プロフィール
出身地 日本の旗 日本東京都葛飾区
生年月日 1951年1月23日(63歳)
血液型 O型
最終学歴 早稲田大学政治経済学部
所属事務所 アワーソングスクリエイティブ
職歴 元・文化放送アナウンサー
活動期間 1974年 -
出演番組・活動
現在 吉田照美 飛べ! サルバドール
伊東四朗・吉田照美 親父熱愛』など
過去 セイ!ヤング
吉田照美のてるてるワイド
吉田照美のやる気MANMAN!
吉田照美 ソコダイジナトコ』など

吉田 照美(よしだ てるみ、1951年1月23日 - )は日本男性フリーアナウンサータレント。元文化放送アナウンサー。退社後はアミューズを経て、現在はアワーソングスクリエイティブケイダッシュグループ)所属。

来歴[編集]

東京都葛飾区出身。血液型O型

江戸川区立小岩第三中学校東京都立小岩高等学校を経て、一年の浪人の末、早稲田大学政治経済学部経済学科入学、卒業。学生時代は、アナウンス研究会に所属。

文化放送入社[編集]

1974年4月、文化放送アナウンサーとして、入社。大相撲が好きな事から、当時の人気番組『大相撲熱戦十番』の支度部屋リポートを担当。

その後、1975年 - 1980年頃、平日夕方の帯ワイド番組『桂竜也の夕焼けワイド』の外中継コーナー「夕焼けトピッカー」のリポーターを担当。オペラを唄いながら商店街を歩き、女性とデートする、目隠しをしながらパンツ一丁で、銭湯の女湯に潜入する等、誰もやらない・恥ずかしい・それでいてラジオを聴いているリスナーが笑い転げる企画を多数展開していた。

セイ!ヤング[編集]

1978年4月、深夜放送セイ!ヤング』のパーソナリティに抜擢された。当時の深夜放送は、既にブームは過ぎていたが、ここでも『夕焼けワイド』同様、誰もやらない・バカバカしい企画を敢行。

ある日の夕方、当時の国鉄中央本線各駅停車の車内に現れ、空のビールジョッキを手に持ちながら、放送で呼びかけたリスナー数十名と一緒に乾杯の音頭を叫び、乗客の反応を窺う「乾杯おじさん」。当時の東京大学一次試験合格発表日当日、受験生を装いながら学生服姿で登場し、友人の受験生数名(実は番組スタッフ)と一緒に胴上げした姿が、NHK7時のニュースで放送された「ニセ東大胴上げ事件」などの企画があった。「ニセ東大胴上げ事件」は反響を呼び、反応は賛否両論あった中で、永六輔が、TBSラジオの自身の番組で「隣の局(文化放送)の吉田という若いアナウンサーが、バカな事をやってて面白かった」と称賛した[1]

神田明神で行われた、ガマン大会にふんどし一丁で参加して、氷水を頭から浴びた姿が、テレビのワイドショーで流れた[2]。このガマン大会に対して、北の湖から怒りを買ってしまった[3]

当初は水曜担当で、裏番組の『タモリのオールナイトニッポン』が人気を博していた事から「どうせ誰も聴いていないから、自分のやりたい事をやろう」と開き直った結果、口コミで徐々に人気となり、最終的に2年半続いた(1978年4月 - 1980年3月は水曜、1980年4月 - 9月は金曜担当)。

エンディングのフリートークから、提供クレジットまでのBGMには都倉俊一グランド・オーケストラの演奏による「リヨンの星座」が使用された。

てるてるワイド[編集]

『セイ!ヤング』で注目されたのち、1980年10月6日開始の番組『吉田照美の夜はこれから てるてるワイド』のメインパーソナリティに抜擢される[4]。当時、文化放送の夜の若者向け時間帯(ヤングタイム)の番組は、ライバル局のニッポン放送、TBSラジオに聴取率で後塵を拝し、低迷していた。『てるてるワイド』はこの時間帯を立て直すべく企画された。

それまでの夜ワイドの常識・既成概念を打破した内容と、1980年代前半のアイドルブームの波に上手く乗った事[5]が要因となり、首都圏の中高生に絶大な人気を博し、東京キー局の夜ワイドのイニシアティブを数年に渡り、ニッポン放送(『大入りダイヤルまだ宵の口』)から奪った。同時に、照美の人気も上がっていった。

テレビに進出[編集]

1985年3月、文化放送を退社。フリーアナウンサーとなり、テレビに進出した。退職理由は「この春にアナウンス部が廃止され、将来に不安を感じて…」(1985年春頃「週刊TVガイド」のインタビュー)[6][7]

夕やけニャンニャン』(フジテレビ)、『11PM』(日本テレビ)、『ぴったし カン・カン』(TBS)の司会を務めた。

『夕焼けニャンニャン』は個性的な出演者(とんねるず田代まさしなど)が(演出上において)好き勝手にやっている中で、一人だけ番組進行を保つ「学級委員」的なキャラで、番組内ではあだ名の「ロバ[8]と、出演者や観覧客に揶揄されて呼ばれていたが、番組の良心的存在であり、親しまれた。

フリーへの転身に際し、文化放送との軋轢があった。文化放送からフリーへ転身直後に、フジテレビで、平日午前の帯番組『吉田照美のてるてるTOKYO』の司会を担当する予定だったが、文化放送との交渉が決裂。途中、照美が弁護士を立てて、再度交渉に臨んだが、番組開始までに間に合わず、頓挫した[9]。番組は荒川強啓の司会で『荒川強啓のらくらくTOKIO』として開始した。フジの平日午前帯番組司会は、その14年後に『どうーなってるの?!』で実現する。

やる気MANMAN![編集]

1987年4月、平日昼の帯ワイド『吉田照美のやる気MANMAN!』を、2007年3月まで20年にわたって担当。『セイ!ヤング』『てるてるワイド』で培ったノウハウを生かし、その基盤を磐石なものとする。

1988年に結婚。

1990年代、日本テレビの番組『進め!電波少年』で、「渋谷のチーマーを更生させよう」のコーナーに出演、松村邦洋とともに、渋谷ロケを敢行。チーマーの標的となった松村を擁護、チーマーらとの対話を実現する。

新キャラクター[編集]

ラジかるッ』(日本テレビ)では2006年10月から番組の終了まで、「DJ TERU(ディージェイ・テルー)」と称して、新しいキャラクターを演じていたが、かつて『夕やけニャンニャン』で共演していた、司会の中山秀征にはあだ名の「ロバ!」で呼ばれる事が度々であった。

フリーアナウンサー、タレント以外にも、2006年7月19日小島嵩弘とのユニット「YK型」(ワイ・ケーけい。吉田・小島の頭文字)のファーストシングル『卍固めでTurn The Night』をリリースした。小島は以前から『吉田照美のやる気MANMAN!』で、ピンチヒッターを務めていた。

2006年10月20日、公式ウェブサイト開設[1]。YK型としての活動や、ラジオアナウンサーとしての活動、Tim Yoshidaとしての直筆絵画の作品紹介などが公開されている。

2007年12月17日、文化放送とニッポン放送が共同で「ストップ!飲酒運転キャンペーン」を実施するにあたり、8:00から5分間『吉田照美 ソコダイジナトコ』とニッポン放送の『上柳昌彦のお早うGoodDay!』と相互乗り入れを行った。ニッポン放送の電波に登場したのは1991年の『ゆく年くる年』以来。

人物[編集]

  • メガネに、横分けの髪型が特徴。文化放送の在局中はメガネをかけておらず、『てるてるワイド』担当時は髪にパーマをかけ、パーマヘアをやめた後は中央で分けていたことがある。
  • 典型的なモンゴル人の顔のためか、モンゴルの新聞において、スパイがとある事件の犯人の中国人を捕まえたという記事中、そのスパイではなく、なぜか照美の顔写真が使われた事もある[10]
  • 文化放送の各番組では、伊東四朗からは「教授」、野村邦丸からは「長老」と呼ばれている。
  • 近藤真彦が『夜の放課後 マッチとデート』を担当していた当時、付けたあだ名は「ロバ」。
  • 『やる気MANMAN!』内で、一時期「ヒゲ吉田」と呼ばれていた。
  • 学生時代までは、人前で喋る事ができない、赤面恐怖症対人恐怖症だった。最近では、2007年3月12日の『やる気MANMAN!』や、同年6月24日放送分の『いつみても波瀾万丈』で、本人が明かしている。学生時代には「照美」という名前から女性と間違われたり、『女みたいな名前だな』といじめられていた時期もあったという。
  • 文化放送の入社試験(二次)では、試験官の一人であった、みのもんたから「ラ行が弱いね」と指摘された。
  • テレビではラジオとは違い、オドオドとした、あるいは遠慮した態度が目立つ。『やる気MANMAN!』でのリスナーからの投稿によるツッコミに、本人は「ラジオとテレビで態度が違うのは、当然」と開き直っている。
  • 放送作家小山薫堂日本大学在学中『てるてるワイド』で、ADを務め、その後、照美の個人事務所に所属。マネージャーを兼務していた。小山に関するエピソードを『やる気MANMAN!』で度々、ネタにしていた[11]
  • 文化放送の夜ワイド番組を担当していた当時、ニッポン放送で、裏番組のパーソナリティだった三宅裕司とは、長年、同じ事務所の(アミューズ)所属であった。
  • 極度な音痴である事で知られ『アナウンサー対抗歌合戦』では毎回、調子外れな歌を披露するのが恒例だった。
  • V6のリーダー坂本昌行が吉田と似ている、と『うたばん』で石橋貴明から度々ネタにされていた。吉田が坂本の代わりに、V6のメンバーに入り、坂本は吉田扱いで「吉田照美」のテロップを付けられ、番組内のトークに参加するという、入れ替わりの企画が放送されたこともある。
  • 長者番付に掲載されていたほどの所得があるのにも関わらず、移動に電車を使うなどの庶民的な一面がある。
  • Qさま!』の「プレッシャーSTUDY」のコーナーで、問題が解けずに失敗すると、吉田照美本人の「大学生時代の顔写真」が出てくる演出に、本人は恥ずかしさをこらえて「映さないで!」と、カメラにお願いをした。
  • 以前、テレビドラマ出演のオファーが来たが、組合員の役であったため「どうしても組合系は嫌だった」と発言している[12]

現在出演中の番組[編集]

出演していた番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

声優[編集]

著書[編集]

  • アンタが神様!
  • 吉田式 グングン会話術
  • ラジオマン 1974 - 2013 僕のラジオディズ(2013年11月13日、ぴあ ISBN 978-4-8356-1864-7

ディスコグラフィ[編集]

  • 「ルミちゃん音頭」
  • 「そうさエトランゼ」
  • 「哀愁のルミちゃん」
  • 「銀河放送局GRSQ」
  • 「夫婦茶碗」(1986年) - ザ・リリーズとのデュエット曲
  • 「浮気道(うわきどう)」(1997年) - 小俣雅子とのデュエット曲
  • 「愛よ! 倹しき者たちに、絶え間なく降りそそげ!」(2012年11月9日、ミニアルバム)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ラジオマン 1974 - 2013 僕のラジオディズ 80頁
  2. ^ ラジオマン 1974 - 2013 僕のラジオディズ 85頁
  3. ^ ラジオマン 1974 - 2013 僕のラジオディズ 86頁
  4. ^ 後に「吉田照美のてるてるワイド」→「新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな」と番組タイトルが変更
  5. ^ 番組内では、近藤真彦野村義男松田聖子が担当する箱番組が内包されていた
  6. ^ 伊集院光 日曜日の秘密基地』(TBSラジオ)にゲスト出演した際に「番組の聴取率が上がらない事に対しての責任の大部分を被せられそうになったので、先に辞めると告げた」とコメントしている
  7. ^ てるてるワイド内では、照美のフリー転向を勝手に見込んだ「フリーの金曜日」企画があった
  8. ^ 「ロバ」というあだ名は後述の通り『夜の放課後 マッチとデート』で、近藤真彦によって命名されたもので『夕やけニャンニャン』のオリジナルではない
  9. ^ ラジオマン 1974 - 2013 僕のラジオディズ 127頁、128頁
  10. ^ 謎を解け!まさかのミステリー』より
  11. ^ 小山は、元マネージャーだった事を長らく公表しておらず、照美は「かなり気に入っていない」と言及したこともあったが、2007年8月から、首都高速道路と民放ラジオ5社(TBSラジオ、ニッポン放送、文化放送、TOKYO FMJ-WAVE)が共同で展開している「東京スマートドライバーキャンペーン」の文化放送版 ラジオCMで共演している。また、小山がパーソナリティを務める『FUTURESCAPE』(FMヨコハマ)のスタジオを、照美の子息が見学。小山が番組で披露した。文化放送のフリーペーパー『fukuMIMI』2013年3月号の特集「祝! アナウンサー生活40周年 吉田照美伝説。」では『てるてるワイド』時代の照美伝説を語っている
  12. ^ 2012年3月放送『吉田照美 ソコダイジナトコ』番組での発言より
  13. ^ 在阪ラジオ局では、初めてのレギュラー番組
  14. ^ 2010年10月6日放送の「ときめきインタビュー」のゲストとして出演
  15. ^ ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない温泉旅館』(日本テレビ系)の中で、浜田雅功山崎邦正田中直樹を笑わせる為に制作された、架空のラジオ番組
  16. ^ 2010年5月21日「八代亜紀」の回で、ゲスト出演
  17. ^ 第9話「おニャン子クラブ全員集合!!」に出演。吉川役
  18. ^ 乙葉なべやかん、文化放送の太田英明寺島尚正両アナ、伊東四朗らのほか、照美本人も「総務の男」役で出演。エンディングテーマは井上陽水のアカペラによる「エリーゼのために

関連項目[編集]

外部リンク[編集]