渡辺謙太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わたなべ けんたろう
渡辺 謙太郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京府
生年月日 1930年12月22日
没年月日 2006年11月14日(満75歳没)
最終学歴 早稲田大学文学部卒業
職歴 ラジオ東京→TBSアナウンサー
メディア・スタッフ代表取締役会長
活動期間 1953年 - 2006年
ジャンル スポーツ番組
出演番組・活動
過去

TBSエキサイトナイター
プロ野球中継(TBSテレビ)
プロボクシング中継(TBSラジオ)
東洋チャンピオンスカウト
テレビ列島7時

など

渡辺 謙太郎(わたなべ けんたろう、1930年12月22日 - 2006年11月14日)は、日本アナウンサー東京府(後の東京都)出身。

1953年2月、TBSにアナウンサーとして入社。民放のスポーツアナウンサーの草分けで、温かみのある実況の名調子は「謙太郎」と呼ばれ、プロ野球中継に一時代を築いた。皇太子御成婚中継の他、メルボルン、東京、メキシコ、ミュンヘン各五輪の放送も担当。ワイドショーの司会等もこなし、1985年12月にTBSを定年退職。[1]1986年1月、フリーに転向後はメディア・スタッフ代表取締役の他、東京運動記者クラブ会友、日本プロゴルフ協会学術委員、日本ボウリング場協会理事も歴任した。[2]


来歴・人物[編集]

東京都立第五新制高等学校(のちの東京都立小石川高等学校)早稲田大学文学部卒業[3]。大学時代は軟式野球部に所属する[4]傍ら、母校である小石川高校野球部の監督も務めていた[3][4]

1953年2月にラジオ東京(KR→KRT。1960年11月29日より、TBS)[注釈 1]へアナウンサー第2期生として入社[5][6]。1963年11月報道局運動部兼ニュース部→1967年8月報道局運動部→1967年11月報道部運動部兼アナウンサー研修室→1970年7月ラジオ本部アナウンス室兼テレビ本部報道局運動部→1973年3月ラジオ本部アナウンス室→1976年11月ラジオ本部→1981年7月ラジオ局→1984年9月ラジオ局兼スポーツ局に在籍し[6]、主に野球とはじめとするスポーツ中継の実況担当として活動。この間、ラジオ局専門職次長兼スポーツ局専門職次長→ラジオ局専門職局長兼スポーツ局専門職局長(1985年6月28日)[7]等を歴任。

1955年4月17日には、ラジオ東京テレビ(KRテレビ)初の野球中継である『東京六大学野球 明治法政一回戦』の実況を担当[6]1956年にはKRテレビ史上唯一の自社制作による全国高等学校野球選手権大会決勝戦中継を担当した[8]

近代オリンピックは、1956年メルボルンオリンピック中継実況を小坂秀二と共に担当[6]したのを皮切りに、1964年東京オリンピックでは開会式・陸上競技柔道などのラジオ実況を、1968年メキシコシティオリンピック1972年ミュンヘンオリンピックでは日本の民放アナウンサー代表として開会式の実況[9]を担当している。

1975年度には、テレビの『100万ドルテニスマッチ コナーズ対ニューカム』において、第1回アノンシスト賞 グランダ・プレミオを受賞。[6]

1980年には、テレビの早朝ワイド番組『テレビ列島7時』のメインキャスターも担当した。

1985年12月にメディア・スタッフ出向し、同月定年退職[6]。その後はメディア・スタッフ所属のフリーアナウンサーとして活動する一方、代表取締役会長を務める。フリーに転向後も1990年代前半頃までTBSとの専属契約の形でプロ野球中継を担当した他、テレビ東京のゴルフ番組『日立・お楽しみゴルフ大学』→『日蔭温子の日立サンデーゴルフ』の司会進行やJリーグ中継、プロ野球マスターズリーグの場内実況[9]なども担当した。

2005年11月には、東京都千代田区体育協会の講演を神奈川県湯河原町の千代田荘で行った(当時の副会長・現会長が学友という関係から)。

2006年11月14日午前2時44分、心不全のため、東京都新宿区内の病院にて死去[9][10]。享年77(75歳没)。

詳細情報[編集]

出演番組[編集]

※特記ない限り、TBSでのもの。

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

出演映画[編集]

実況エピソード[編集]

1967年4月30日、プロボクシング世界ジュニアウェルター級選手権試合、挑戦者藤猛が王者サンドロ・ロポポロイタリアの旗 イタリア)にKO勝ちして世界王座を奪取した試合のテレビ中継の実況を務めた。具志堅用高WBA世界ジュニアフライ級王者、協栄)の世界戦のラジオ中継実況も数回担当している。

1977年9月3日、プロ野球選手王貞治の本塁打世界新記録となる756号を達成した試合(巨人対ヤクルト戦)を実況、達成したときに「王万歳!! 皆さんとともに、心からおめでとうと言いましょう」とコメントした。

プロ野球実況では大阪朝日放送(ABC)の植草貞夫と共に“東の渡辺・西の植草”と並び称され、ラジオの巨人阪神戦中継では各チームの応援実況を行ったこともあった(巨人…渡辺、阪神…植草)[3]

1994年に発表されたプロ野球漫画『あぶさん』(著:水島新司)で、景浦安武(架空の選手)のシーズン本塁打新記録がかかった試合のラジオ中継の実況を担当するエピソードが描かれた(解説:田淵幸一、ゲスト解説:王)。

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • プロ野球雑学事典(1976年、広済堂出版〈Kosaido books〉)
  • 球界裏の一筆 : スポーツアナ一代とっておきの話(1979年、日刊スポーツ出版社)
  • プロ野球TVおもしろ観戦術(1984年、日本実業出版社〈エスカルゴ・ブックス〉)

学会誌[編集]

  • 渡辺謙太郎「特集2 実況中継論 自分史的ラジオ実況論」、『ベースボーロジー = Baseballogy : 野球文化學會論叢』第4号、野球文化學會、2003年、 66-82頁、 ISSN 13460765

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1955年4月よりラジオテレビ兼営局2001年10月にラジオ部門がTBSラジオ&コミュニケーションズへ、2009年4月にテレビ部門がTBSテレビへそれぞれ分離され、放送持株会社東京放送ホールディングス」となった。

出典[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典 2006〜2008』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2009年3月25日、701頁。ISBN 978-4-8169-2165-0
  2. ^ メディア・スタッフ 渡辺謙太郎”. 2007年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月12日閲覧。
  3. ^ a b c “スポーツ名勝負の立会人、渡辺アナ逝く…その生涯は”. ZAKZAK. (2006年11月16日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111617.html 2012年4月5日閲覧。 
  4. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』P244より、プロ野球アナウンサー紹介記事において学生野球経験者のアナウンサーについてつづった文を参照。
  5. ^ 『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、235頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、6頁。
  7. ^ “東京放送(会社人事)”. 日経産業新聞: p. 27. (1985年7月1日) 
  8. ^ a b 『座談会 炎の声』6ページに掲載された、渡辺の発言より参照。
  9. ^ a b c “渡辺謙太郎さん(元TBSアナウンサー)が心不全のため死去”. 日刊スポーツ. (2006年11月14日). オリジナル2006年11月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061117155234/http://www5.nikkansports.com/general/obituary/2006/20061114-25452.html 2012年4月5日閲覧。 
  10. ^ “渡辺謙太郎氏死去 メディア・スタッフ会長”. 共同通信社. 全国新聞ネット. (2006年11月14日). http://www.47news.jp/CN/200611/CN2006111401000593.html 2012年4月5日閲覧。 

参考文献[編集]

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録のDVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録されたPDFファイル
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
      • 『座談会 炎の声』(1997年1月号より3回にわたりTBSの社報で連載された記事。同年1月11日にTBSラジオ『ラジオワールド』枠で放送の同名番組収録を兼ねて、1996年12月17日に行われた、新旧TBSスポーツアナウンサーによる座談会の書き起こし)の再録。全24ページ。
  • 12球団全選手カラー百科名鑑2003(『ホームラン』2003年3月号増刊。2003年3月29日、日本スポーツ出版社発行)
  • 『現代物故者事典 2006〜2008』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2009年3月25日ISBN 978-4-8169-2165-0

関連項目[編集]