ラテ兼営

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラテ兼営(ラテけんえい)とは、同一の者がジオ放送を行う放送局及びレビジョン放送を行う放送局の両方を開設すること、またはこれを開設している放送事業者である。

日本[編集]

日本ではTVAMを兼営している局が最も多い(NHKと当該地域で最初に開局した老舗民放局)。民放AMはTV兼営局の割合が圧倒的に高いが[1]、逆にFMはラジオ単営局の割合が圧倒的に高く、テレビ兼営のFM局はNHKと放送大学学園のみである。

日本放送協会[編集]

日本放送協会(NHK)は、国内放送に関しては中波放送(以下「AM」)[2]超短波放送(以下「FM」)及びテレビ放送(以下「テレビ」)の放送局をそれぞれ開設し、また、国際放送に関しては短波放送の放送局も開設している。

放送大学学園[編集]

放送大学学園は、FM及びテレビの放送局をそれぞれ開設している。

一般放送事業者[編集]

一般放送事業者は、放送局に係る表現の自由享有基準(平成20年総務省令第29号)第2条の規定により原則として複数の放送局の開設が認められていないが、第3条の規定により特例として同一の放送対象地域において、AMまたはFMのいずれか及びテレビの放送局をそれぞれ開設する場合に限り認められている。

ラテ兼営する一般放送事業者の一覧[編集]

2013年4月1日現在で33の一般放送事業者がAM(超短波を使用する中継局を開設するものを含む)の放送局及びテレビの放送局の両方を開設している[3][4]具体的には次表の通りである。[5]

名称 本社 対象地域 ラジオ テレビ
AM テレビ JRN[6] NRN[7] JNN[8] NNN[9] ANN[10]
北海道放送(HBC) 北海道 -
青森放送(RAB) 青森県 - -
IBC岩手放送 岩手県 -
東北放送(TBC) 宮城県 -
秋田放送(ABS) 秋田県 - -
山形放送(YBC) 山形県 - -
山梨放送(YBS) 山梨県 - -
信越放送(SBC) 長野県 -
新潟放送(BSN) 新潟県 -
静岡放送(SBS) 静岡県 -
北日本放送(KNB) 富山県 - -
北陸放送(MRO) 石川県 -
福井放送(FBC) 福井県 -
岐阜放送(GBS・ぎふチャン) 岐阜県 - -
京都放送(KBS・KBS京都) 京都府 滋賀県及び京都府[11] 京都府 - -
毎日放送(MBS) 大阪府 近畿広域圏 -
朝日放送(ABC)[12] -
山陰放送(BSS) 鳥取県 鳥取県及び島根県 -
山陽放送(RSK) 岡山県 岡山県及び香川県 -
中国放送(RCC) 広島県 -
山口放送(KRY) 山口県 - -
四国放送(JRT) 徳島県 - -
西日本放送(RNC) 香川県 香川県及び岡山県 - -
南海放送(RNB) 愛媛県 - -
高知放送(RKC) 高知県 - -
RKB毎日放送 福岡県 - -
九州朝日放送(KBC) - -
長崎放送(NBC) 長崎県 佐賀県及び長崎県[13] 長崎県 -
熊本放送(RKK) 熊本県 -
大分放送(OBS) 大分県 -
宮崎放送(MRT) 宮崎県 -
南日本放送(MBC) 鹿児島県 -
琉球放送(RBC)[14] 沖縄県 - -
  • ラジオはJRNのみ加盟、テレビはJNNに加盟:2局(ラジオ部門を子会社化したTBS、CBCを含めれば4局)
  • ラジオはJRNとNRNの両方に加盟、テレビはJNNに加盟:16局
  • ラジオはJRNとNRNの両方に加盟、テレビはNNNに加盟:10局
  • ラジオはJRNとNRNの両方に加盟、テレビはANNに加盟:1局
  • ラジオはJRNとNRNの両方に加盟、テレビはNNNとANNの両方に加盟:1局
  • ラジオはNRNのみ加盟、テレビはANNに加盟:1局
  • ラジオはNRNのみ加盟、テレビは独立テレビ局:1局
  • ラジオ・テレビいずれも独立局:1局
  • なお、ラジオ部門を子会社化したSTVの場合は、「ラジオはNRNのみ加盟、テレビはNNNに加盟」である。
別会社とするもの[編集]

一般放送事業者の場合、兼営でなく別会社とするものもある。これによって、兼営と同様の経営形態とするものは次の通り(AMステレオ放送実施局は▼印付)。

放送持株会社 テレビ放送 ラジオ放送 備考
(なし) 札幌テレビ放送 STVラジオ[15][16] テレビ放送を行う放送事業者がラジオ放送を行う放送事業者を子会社とする形態であり、認定放送持株会社は存在しない。
とちぎテレビ[17] 栃木放送
日本テレビホールディングス 日本テレビ放送網 アール・エフ・ラジオ日本[18]  
東京放送ホールディングス[19] TBSテレビ[20] TBSラジオ&コミュニケーションズ[21]
フジ・メディア・ホールディングス フジテレビジョン ニッポン放送[22]
中部日本放送[23] CBCテレビ[24] CBCラジオ[25]
  • テレビ東京エフエムインターウェーブ(InterFM)2006年に子会社としたが、2013年までに全株式を木下ホールディングスに売却した。ただし社屋は現在でもテレビ東京の施設に入居している。
  • テレビ岩手エフエム岩手東海テレビ東海ラジオテレビ宮崎JOY FMはそれぞれ同じ建物(社屋)に入っているが、いずれも完全な別会社でラテ兼営と同様の経営形態ではない[26]
  • ラジオ日本・ニッポン放送は各々局単独で局アナ募集を行っているが、親会社のテレビ局アナが子会社ラジオ局番組に(日本テレビアナウンサーがラジオ日本の番組に、フジテレビアナウンサーがニッポン放送の番組に、以前はテレビ東京アナウンサーもInterFMの番組に各々)出演したり、親会社テレビ局の番宣CMが子会社ラジオ局で流れる事がある。
  • 関西テレビラジオ大阪は同じ産経新聞系列の局だが、両局は全くの別会社で本社も両局別々である。
  • 瀬戸内海放送FM香川は共に高松市内の同じ敷地内に本社演奏所が置かれており、瀬戸内海放送はFM香川の筆頭株主となっている。但し両社は完全な別会社であり、兼営と同様の営業形態とはなっていない。
  • 1995年10月1日に開局した琉球朝日放送は本社が先発ラテ兼営局の琉球放送と同じ建物に入っており、報道取材・番組制作・営業を除いた一般業務を琉球放送へ委託している。この為両局は全くの別会社ではあるが、実質は琉球放送による1局2波態勢である。

ラテ兼営になる予定だった局[編集]

海外[編集]

兼営局の一覧[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民放AMのラジオ単営局はラジオ福島茨城放送栃木放送文化放送ニッポン放送ラジオ日本東海ラジオラジオ大阪和歌山放送ラジオ関西ラジオ沖縄の以上11局(親会社のテレビ局より分社した「株式会社STVラジオ」と「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ」、「株式会社CBCラジオ」も法律上及び民放連規定上はAM単営局に分類されるが、ラジオ部門単独で局アナ募集をしていないので表面上はラテ兼営に含まれる)。
  2. ^ ただし、超短波を使用する中継局も存在する。
  3. ^ フジテレビ系列テレビ東京系列は全てテレビ単営局のみで組織されており、ラジオ兼営局は存在しない。独立UHF局ぎふチャンKBS京都のみAMラジオ兼営。
  4. ^ 全局がまずラジオ放送を開始し、その数年後にテレビ放送を開始という手順を踏んで今日のラテ兼営局となっている。
  5. ^ コールサインはラテ共通であり、併設テレビは「JO△△」の後に地上アナログ放送は「-TV」を、地上デジタル放送は「-DTV」を各々付加する。
  6. ^ JRN加盟局34局中、AM単営局はラジオ福島・TBSラジオCBCラジオ・和歌山放送の4局のみで、残り30局は全てラテ兼営である。ただしTBSラジオ、CBCラジオはそれぞれ東京放送(現・東京放送ホールディングス)、中部日本放送のラジオ部門の分社化で設立されており、事実上はラテ兼営とみなせる。
  7. ^ NRN加盟局40局中、AM単営局はSTVラジオ・ラジオ福島・茨城放送・栃木放送・文化放送・ニッポン放送・東海ラジオ・ラジオ大阪・和歌山放送・ラジオ沖縄の10局で、残り30局は全てラテ兼営である。ただしSTVラジオは札幌テレビ放送のラジオ部門の分社化で設立されており、事実上はラテ兼営とみなせる。
  8. ^ JNN加盟局28局中、ラテ兼営局は(ラジオ部門を子会社化したTBS、CBC含め)20局で、テレビ単営局は8局。
  9. ^ NNN加盟局30局中、ラテ兼営局は(ラジオ部門を子会社化したSTVおよび、ANNとのクロスネット局の福井放送を含め)12局で、テレビ単営局は18局。
  10. ^ ANN加盟局26局中、ラテ兼営局は朝日放送九州朝日放送とNNNとのクロスネット局の福井放送の3局で、テレビ単営局は23局。朝日放送はかつてJNN系列だったことから、併設ラジオはJRNに同時加盟している。
  11. ^ 滋賀県内では「KBS滋賀」を名乗っている。
  12. ^ ラジオ局がテレビ局(大阪テレビ放送)を吸収して兼営化した唯一の例。
  13. ^ 佐賀県内では「NBCラジオ佐賀」を名乗っている。
  14. ^ ラジオ部門は社内カンパニー化により「RBCiラジオ」としている。
  15. ^ 2005年10月1日にラジオ部門を分社化。ただし制作・営業関係以外の業務(各ラジオ送信所の保守管理など)は分社化後も親会社の札幌テレビ放送に委託している。またSTVラジオの局アナウンサー出演番組は全て親会社(札幌テレビ放送)所属の局アナ担当であり、STVラジオ単独による局アナ募集・採用は行っていない。
  16. ^ STVラジオの分社化以前は、民放のラテ兼営局で唯一ラジオとテレビの放送開始順が逆である(まずテレビ放送が先に始まり、3年後にAMラジオ放送も始まった)。このため、札幌本局・旭川局・函館局などのコールサインは、開局当初(ラテ兼営時代)からラテ別々になっている。網走局のみ例外でラテ共にJOVXだったが、テレビ放送のデジタル化によりようやく完全分離となった。
  17. ^ 2012年3月22日に栃木放送を子会社化。
  18. ^ 公式放送区域は神奈川県のみ。
  19. ^ 2005年10月1日に東京放送のラジオ部門を分社化し、さらに2009年4月1日にテレビ部門を分社化して持株会社に移行した。
  20. ^ 開局当初のコールサインはラテ共通で「JOKR(-TV)」。ラジオ部門分社化後はコールサインをラテ別々としている(ラジオは従前通り「JOKR」だが、テレビは「JORX-TV」及び「JORX-DTV」)。
  21. ^ ラジオ送信所の保守管理はテレビ単営局の「TBSテレビ」が行なっている(持株会社化されるまでは分社後も東京放送が引き続き行なっていた)。なおTBSラジオの局アナ出演番組は全てTBSテレビ所属の局アナ担当であり、TBSラジオ単独による局アナ募集・採用は行っていない。
  22. ^ 一時、ニッポン放送の社屋は改装のため(東京都)港区台場のフジテレビ社屋内に移転したこともあったが、のちに開局当時の地である(東京都)千代田区有楽町に戻っている。
  23. ^ 2013年4月1日にラジオ部門を、2014年4月1日にテレビ部門を分社化。
  24. ^ 開局当初のコールサインはラテ共通で「JOAR(-(D)TV)」。ラジオ部門分社化後はコールサインをラテ別々としている(ラジオは従前通り「JOAR」だが、テレビは「JOGX-DTV」)。
  25. ^ 制作・営業関係以外の業務(各ラジオ送信所の保守管理など)は分社化後も親会社の中部日本放送に委託している。またCBCラジオの局アナ出演番組は全て親会社(中部日本放送)所属の局アナ担当であり、CBCラジオ単独による局アナ募集・採用は行っていない。
  26. ^ テレビ岩手はエフエム岩手の筆頭株主となっている他、新山にあるエフエム岩手主幹送信施設は開局当初からテレビ岩手と共用。さらにエフエム岩手がテレビ岩手社屋内移転後は本社演奏所から新山への送信アンテナ鉄塔も両局で共用している。東海ラジオは東海テレビの筆頭株主となっている。テレビ宮崎とJOY FMは宮崎日日新聞社が上位株主となっている。送信所も鰐塚山に両局で共用している。
  27. ^ この為福島県では民放テレビ先発局の開局が他県より後れ、1963年4月1日に福島テレビが開局するまでの5年間、民放テレビが全く視聴出来ない状態だった。

関連項目[編集]