ビビる大木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビビる大木
本名 大木 淳(おおき じゅん)
ニックネーム 春日部の若大将[1]
生年月日 1974年9月29日(39歳)
出身地 埼玉県春日部市
血液型 O型
身長 176cm
方言 標準語
最終学歴 西武台千葉高等学校
コンビ名 ビビる(解散)
相方 大内登(元相方)
芸風 コント
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 1995年 -
同期 品川庄司など
現在の代表番組 ウチくる!?
土曜スタジオパーク
BS熱中夜話
PON!
過去の代表番組 笑う犬
リチャードホール
銭形金太郎
ラジかるッ
おもいッきりDON!
おもいッきりPON!
配偶者 AKINA(2013年結婚)
親族 大木優紀はとこ
公式サイト プロフィール

ビビる 大木(ビビる おおき、1974年9月29日 - )は、日本お笑いタレント。本名、大木 淳(おおき じゅん)。

埼玉県春日部市出身。ワタナベエンターテインメント所属。元ビビるのメンバー。血液型はO型。春日部市立谷原中学校西武台千葉高等学校卒業。かすかべ親善大使。埼玉応援団コバトン倶楽部。ジョン万次郎資料館名誉館長。萩ふるさと大使。高知県観光特使。

プロフィール[編集]

1995年大内登とともにお笑いコンビビビる」を結成。担当は大木がボケ、大内がツッコミ。デビュー当時はテツandトモよりいち早くジャージを着用して活動。その後、「はじめまして、こんばんみ!!」「わっしょい!」のギャグがブレイクするなどし、バラエティ・コントなどに活動の場を広げていった。

2002年4月ビビるの@llnightnippon.com』(ニッポン放送)にて大内が芸能界の表舞台からの引退を表明。大木はかつてのコンビ名「ビビる」の名残りを残して現在の芸名に改名し、ピン芸人となる。「ビビる」を芸名に冠したのは、大木によると、「ビビる」というユニットから1人が抜けただけ、とのことである。ビビる解散後はコンビ時代以上の活躍を見せ、多数のバラエティ番組に出演。バーター芸人と呼ばれることが多く、大木自身も所属事務所の先輩である中山秀征のバーターです」とネタにすることもあるが、単独で番組出演することも増え、バーターから脱却しつつある。また、NHK総合テレビにレギュラー番組を持っているためか、お笑い芸人の中でもNHKの番組にゲスト出演する機会が極めて多い。

2010年10月 かすかべ親善大使(初代):春日部市の「合併5周年記念式典」で内山高志(プロボクサー、WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン)、増村紀一郎(漆芸家、人間国宝)、茂木健一郎(脳科学者)とともに委嘱。

2011年、テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが発表した『2011タレント番組出演本数ランキング』で、大木は496本で2位となった。

2013年4月1日、土佐清水市にあるジョン万次郎資料館の名誉館長に就任した。雑司ヶ谷霊園の墓地に就任の報告をしている。

2013年5月14日、かねてから交際していた歌手・女優のAKINAと同年4月30日に結婚したことが報じられた[2]

SMAP草彅剛とは幼稚園・小学校・中学校の同級生であり、少年野球チームでは2軍で大木がファースト、草なぎがキャッチャーであった。[3]

人物[編集]

  • 歴史好きであり、特に幕末時代の史実に詳しく、坂本龍馬吉田松陰高杉晋作らを崇拝している。
  • プロ野球・読売ジャイアンツの大ファンであり、本人曰く「巨人ファンというより“巨人軍(の一員)”」だという。事務所の後輩で同じく巨人ファンの中村昌也とも東京ドームに一緒に観戦に行ったことがある。
  • 同い年で芸歴がほぼ近い有吉弘行と仲が良く、Twitter上でもよくやり取りをしている。ちなみに大木は有吉を「アリ」と呼び、有吉は大木を「じゅん」と呼んでいる。又、劇団ひとりとひとりが本名(川島省吾)名義の時から仕事が一緒になることが多かったため、大木はひとりを「省吾」と呼び、ひとりは大木を「大木」と呼んでいる。
  • 自身の一番好きな女性アナウンサーとして、TBSアナウンサー久保田智子の名前を挙げている。

芸風[編集]

若手時代からアドリブやフリートークが上手く、土田晃之は大木を有力な雛壇芸人の一人として評価している。また、後述の『CHIMPAN NEWS CHANNEL』ではチンパンジーの何をするかわからない動きに対しての的確なアドリブに高評価を得ている。これをきっかけにナレーションなど声を使った仕事が増えている。

『ビビる大木のギャグ一覧』

  • はじめまして、こんばんみ!!
  • わっしょい!

「おもいッきりPON!」、「PON!」での司会者ぶりと出来事等[編集]

  • 2009年10月5日放送分から「おもいッきりDON!第1部 おもいッきりPON!」の月曜日から水曜日のMCを担当。
  • 先代の中山秀征に負けないよう司会業に真剣に取り組む姿勢をとっている。出演者に対しては厳しい態度で見守り、あまりにもひどい時は反省会を行い、容赦なくダメ出しをすることもある。[4]
  • 天カメ教室 ちょっとウケたい授業」「ビビる大木のエンドリポート」「おまけのDON!」などのコーナーでザ・たっちに対して「全国の○○○○に一言お願いします」とコメントを要求することも度々あったが、現在はザ・たっちだけでなく他の出演者にもコメントを求めるようになった。
  • 2009年11月2日放送では、トークコーナーのゲストとして出演した演歌歌手水森かおりとトークで盛り上がり過ぎてしまい、天カメのコーナーまで時間を使ってしまい、呼ぶのを忘れてしまう事態となった。結局はエンディングでザ・たっちに声をかけ、呼び出すのを忘れたことを謝罪をした。
  • 番組内で「ビビる大木のエンドリポート」のコーナーも持っており、注目した記事を熱く語っている。2009年12月15日放送では、日刊スポーツにかつて「ラジかるッ」突撃芸人としてレギュラー出演していたお笑い芸人KICK☆が、19日にDEEP・ティファ有明大会で行われるキックボクシングの試合で原田ヨシキ選手と対戦することになり、記事を見ると「仕事がなくて練習をたっぷり詰めた。もし勝てたらヒデさん(中山秀征)『おもいッきりDON!』に出させて下さい!!」と「PON!」を通り越したコメントをしていた。これには杉上佐智枝をはじめレギュラー出演者(鈴木美潮安めぐみ大西ライオン)も大激怒し、ビビる大木本人も「何があってもヤツだけは死んでも出さない!!」と怒りのコメントをした。
  • 「おまけのDON!」の「知ってて当然 知らなきゃ三流! 今日のDONからクイズ!」では馬場典子(日本テレビアナウンサー)からのクイズ問題になかなか正解できず「三流司会者」として見下されることも度々あった。その腹いせとしてか、2009年11月11日放送の「おまけのDON!」では、S3スタジオにいる中山秀征、馬場典子の二人はゼロスタジオ側から声をかけられるまで話し始めないという情報をつかみ、それを逆手にとってゼロスタジオ側でフリートークを決行した。しかしシビレを切らした中山秀征、馬場典子から「大木!!」「杉上!!」と2回も怒鳴られてしまい、杉上佐智枝と二人で無視して放送終了までフリートークで終わらせようとしたことを謝罪した。
  • 2009年12月2日放送の第二部「おもいッきりDON!」の曜日コーナー「つばさんぽ HAPPYチェンジ」にゲスト出演。にしおかすみこと2人で別々に生着替えを行った。

現在の出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

不定期・特番

ラジオ番組[編集]

コマーシャル[編集]

プロモーションビデオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 6月4日(月)赤江珠緒×ビビる大木”. たまむすび. TBSラジオ&コミュニケーションズ (2012年6月4日). 2012年7月7日閲覧。
  2. ^ SANSPO.COM (2013年5月14日). “ビビる大木&AKINA、4月に結婚していた!”. 2013年5月14日閲覧。
  3. ^ 笑っていいとも』2013年8月30日出演時にいいとも金曜日レギュラーの草彅剛談。
  4. ^ かつて、番組中に反省会に呼び出された出演者は、ザ・たっちザブングルマシンガンズWエンジン西田美歩西田有沙

関連項目[編集]

外部リンク[編集]