倉持明日香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くらもち あすか
倉持 明日香
AKB48 20090703 Japan Expo 40.jpg
倉持 明日香
プロフィール
愛称 もっちぃ、もちくら
生年月日 1989年9月11日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 A型
公称サイズ(2008年7月時点)
身長 / 体重 156.5 cm / kg
スリーサイズ 82.5 - 59 - 85 cm
活動
デビュー 2007年7月1日
ジャンル アイドル
備考 AKB48 チームBキャプテン
(元4期研究生→チームK→チームA→チームK)
モデル: テンプレート - カテゴリ

倉持 明日香(くらもち あすか、1989年9月11日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBのキャプテンである。

神奈川県横浜市出身[1]ワタナベエンターテインメント所属。

略歴[編集]

デビュー前

  • 歯科衛生士を目指していた[2]が、高校3年生の進路決定の際に、「父のようにテレビに出る人になりたい」という夢を諦めることができず、オーディションを受ける[2]

2007年

2008年

  • 3月4日、旧チームKメンバーへ昇格[3]

2009年

  • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では21位で、シングル選抜入りを果たした。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演にて、同年10月よりチームAに異動することが発表された(実際に異動したのは2010年7月27日)。

2010年

2011年

2012年

  • 3月3日、Google+秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りを果たす。
  • 5月、柏木、高城、大家志津香佐藤夏希とともにビスケットエンターティメントからワタナベエンターテインメントへ移籍。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では22位で、アンダーガールズに選出された[6]
  • 7月18日、横浜スタジアムで開催された横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ第13回戦で、2年ぶりとなる始球式を行った[7]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKに異動することが発表された[8]
  • 11月1日、チームKに異動。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[9]
  • 11月25日から12月23日まで開催された日本中央競馬会 (JRA) 主催の「AKBのガチ馬2 リベンジ」で優勝した[10]

2013年

  • 4月6日、幕張メッセで開催された握手会において、ソロデビューCD発売、CM主演、写真集発売が発表された。
  • 5月18日、明治神宮野球場で開催された東京ヤクルトスワローズ対千葉ロッテマリーンズ第2回戦で4度目の始球式。捕手は父が務め、初の「親子始球式」となった[11]
  • 5月29日、ソロデビューCD「いつもそばに」発売[12][13]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では36位で、ネクストガールズに選出された[14]

2014年

人物[編集]

プロレス関連[編集]

  • プロレス観戦を好む[2]。とくに、小橋建太プロレスリング・ノア)の大ファンで、「神のような存在」と語っている[26]。2011年10月31日放送分『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にフレンチ・キスで出演した際には、「輝」と書かれたサイン入り色紙をプレゼントされた[27]。倉持の誕生日に小橋がメッセージを寄せたこともある[28]。2013年5月11日に日本武道館で行われた小橋の引退記念試合では小橋に花束を贈呈し、試合を観戦した[26][29][30]。試合終了後、小橋から「明日香ちゃん! ありがとう!」と声をかけられ、頭の中が真っ白になったという[30]
  • 愛読雑誌は『週刊プロレス[31]
  • 間下隼人リアルジャパンプロレス)は倉持の大ファン[32]。2013年9月17日には倉持の生誕祭公演と間下の試合の時間が重なったが、新宿FACEで行われた試合に出場後、秋葉原AKB48劇場に移動し、生誕祭実行委員長を務めた[32]
  • 2012年6月18日発売号『週刊プレイボーイ』(集英社)における「新日本&全日本40周年特集」企画に同じくプロレスファンの小森美果と参加した[33]
  • 2015年1月4日開催『バディファイトpresents WRESTLE KINGDOM 9 in 東京ドーム』大会を応援する“イッテンヨン大使”の一人に任命された[34]

AKB48関連[編集]

  • オーディション合格後、両親に猛反対されるが、長兄が両親を説得、AKB48入りを認めさせた。正規メンバー昇格後、結果が出ないためやめることを考えた際にも、長兄が倉持を叱咤激励し思いとどまらせたとのこと[35]
  • 主な愛称は「もっちぃ」。また自称として、ブログなどで「もちくら」という表現を使う[要出典]
  • チームA時代に、同様に旧チームKから移籍した松原夏海と親友になる[要出典]
  • AKB48のメンバーについては「友達ではなく仲間」だが「私は仲間はライバルだと思っている」と答えている[23]
  • 格闘技好きであることを買われ、『19thシングル選抜じゃんけん大会』では、"格闘技の直前にアナウンサーが控室に行くノリ"でイベント直前の中継レポーターをするよう当日に指示され、大役をこなした[23]
  • 他人の二の腕を噛むのが癖で、メンバーの二の腕にも頻繁に噛みついている[23]。また耳フェチを公言しており[36]、『週刊AKB』で、倉持が耳たぶを堪能するだけというミニコーナー「Cave de Kuramochi」まで企画された[37]
  • AKB48のメンバーを変わった呼び方で呼ぶことが多い(宮澤佐江:ぽっちゃんorぽっくん、指原莉乃:ぴーや、北原里英:うなたまorたまやまさん、高城亜樹:おたまる、横山由依:はむちゃん 等)[要出典]
  • 第2回選抜総選挙では、家族・親戚一同がCDを約500枚買い集め投票に参加したが、第3回ではそのような支援は行わなかった[38]
  • 2014年時点のチームBでは最年長メンバーである。AKB48全体では、小嶋陽菜に次ぐ2番目の年長者となる[要出典]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

  • 神曲たち」に収録
    • Baby! Baby! Baby! Baby!
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと」に収録
    • Overtake - 「チームA」名義
    • 風の行方
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m」に収録
    • Hate - 「チームA」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡」に収録
    • JJに借りたもの
    • 共犯者 - 「Team K」名義

その他の参加楽曲[編集]

向谷倶楽部との共同

劇場公演ユニット曲[編集]

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ
    ※大島麻衣のスタンバイ。

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • 抱きしめられたら
  • エンドロール ※
    大島優子のユニットアンダー

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

大島チームK ウェイティング公演

チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」公演

  • 19人姉妹の歌

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌダルク

作品[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高
週間
順位
販売形態 規格品番 備考
avex entertainment
1 2013年5月29日 いつもそばに 4位 CD+DVD
CD
CD
CD
CD
CD
AVCA-62484/B
AVCA-62485
AVCA-62486
AVCA-62487
AVCA-62488
AVCA-62489
TYPE A
ワンコイン盤 TYPE-1
ワンコイン盤 TYPE-2
ワンコイン盤 TYPE-3
ワンコイン盤 TYPE-4
ワンコイン盤 TYPE-5

ソロ楽曲[編集]

  1. 心の鍵(作詞:倉持明日香、作曲・編曲:seikoon Lee、Jerry.L、Dr.Jang)

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品 備考
いつもそばに 「日本ダービー」CM 1stシングル「いつもそばに」

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • マジすか学園(2010年1月8日 - 3月26日、テレビ東京) - 小歌舞伎 役
  • マジすか学園2 第1話 - 第3話・第8話・第10話(2011年4月15日 - 4月29日・6月3日・6月17日、テレビ東京) - 小歌舞伎 役
  • So long ! 第2話(2013年2月12日、日本テレビ) - 松木千春 役

バラエティ[編集]

現在の出演番組

過去の出演番組

その他のテレビ番組[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 卓上 倉持明日香 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 倉持明日香 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 倉持・中村麻里子・梅田彩佳(NMB48)の3人が、週替りで1名づつ出演。最終出演となった9月24日は3人で出演。

出典[編集]

  1. ^ 【エンタがビタミン♪】“AKB48チーム神奈川”に倉持明日香が不満。「わたし神奈川歴24年なんですけど」 - Techinsight(2014年1月30日)
  2. ^ a b c アートディンク. AKB1/48 アイドルと恋したら… (日本語). (バンダイナムコゲームス). PlayStation Portable. シーン: アドレス帳内メンバー紹介. (2010-12-23)
  3. ^ “倉持明日香 AKB48名鑑”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/akb48/profile/kuramochiasuka.html 2014年7月16日閲覧。 
  4. ^ “倉持明日香、父と同じマウンドで始球式”. デイリースポーツ. (2010年9月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2010/09/07/0003408552.shtml 2011年4月10日閲覧。 
  5. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 〜AKB48 TOKYO DOME までの軌跡〜 (2011年6月10日)
  6. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  7. ^ フレンチ・キス倉持明日香、2年ぶり始球式はワンバウンド - ナタリー 2012年7月18日(2012年7月19日閲覧)
  8. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  9. ^ AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙 - ナタリー(2012年11月3日)
  10. ^ もっちぃ「まさかまさか」ガチ馬2逆転V - 日刊スポーツ 2012年12月23日
  11. ^ AKB48倉持明日香、父娘で初始球式! 父「しょーもないボール」に娘「35点」 - マイナビニュース 2013年5月19日
  12. ^ AKB48倉持明日香が5月ソロデビュー、CM出演&写真集も
  13. ^ http://kuramochiasuka.jp/
  14. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  15. ^ AKB48グループ大組閣祭りで大幅シャッフル! 完全移籍に号泣するメンバーも! - GirlsNews(2014年2月26日)
  16. ^ 大島優子、大粒の涙「すごく悔しかった」 チームK千秋楽にサプライズ登場 - モデルプレス(2014年4月17日)
  17. ^ 生駒里奈、AKB48劇場初公演に「すごく貴重な体験」 - ナタリー(2014年4月29日)
  18. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  19. ^ 夕刊フジ ぴいぷるZAKZAK「倉持明&明日香」(2008年9月22日閲覧)
  20. ^ a b c d e 倉持明日香の意気込み!! BS朝日 SPORTS X 番組ホームページ
  21. ^ “AKB48もっちぃが野球解説の父を直撃!”. 日刊スポーツ. (2010年4月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100424-621692.html 2014年7月16日閲覧。 
  22. ^ 2011年11月28日放送『スッキリ!!』”. TVでた蔵 (2011年11月28日). 2014年7月17日閲覧。
  23. ^ a b c d e f 『AKB48 DVD MAGAZINE Vol.05A AKB48 19th シングル選抜 「じゃんけん大会」 51のリアル〜Aブロック編』
  24. ^ AKB48・柏木由紀、初のソロライブでソロデビュー電撃発表”. BARKS (2012年7月13日). 2014年6月4日閲覧。
  25. ^ 『AKB48 VISUAL BOOK 2010』[要ページ番号]
  26. ^ a b “「これ、私?」小橋建太に花束贈呈したAKB48・倉持明日香がテレビ報道に驚き。”. Techinsight. (2013年5月12日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20130512/Techinsight_20130512_74037.html 2014年7月16日閲覧。 
  27. ^ (字・ω・)ノ - 倉持明日香 オフィシャルブログ(2011年11月2日)
  28. ^ (王・ω・)ノ - 倉持明日香 オフィシャルブログ(2013年2月21日)
  29. ^ “倉持明日香が見た「リングの神様」(1/2)”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2013年5月15日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/142991/ 2014年7月16日閲覧。 
  30. ^ a b “倉持明日香が見た「リングの神様」(2/2)”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2013年5月15日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/142991/2/ 2014年7月16日閲覧。 
  31. ^ (・ω・)ノ”. 倉持明日香オフィシャルブログ (2010年5月29日). 2014年6月4日閲覧。
  32. ^ a b “間下、試合後はAKB倉持生誕祭委員長”. デイリースポーツ. (2013年9月18日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/09/18/0006346688.shtml 2013年9月21日閲覧。 
  33. ^ 週刊プレイボーイ|金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!」Powered by Ameba
  34. ^ “イッテンヨン大使”梅沢富美男さん、倉持明日香さん、DJ LOVEさんから応援メッセージ到着!!
  35. ^ AKB48グループ公式インタビュー集『あなたがいてくれたから』(朝日新聞出版)より[要ページ番号]
  36. ^ AKB48の倉持明日香、耳フェチを告白し加藤浩次の耳を舐める-『めちゃイケ』”. マイナビニュース (2012年9月29日). 2014年6月4日閲覧。
  37. ^ 『週刊AKB』2011年1月7日(金)”. gooテレビ (2011年1月7日). 2014年6月4日閲覧。
  38. ^ AKBもっちぃ父は「皆さんに任せる」 - 日刊スポーツ 2011年6月9日

外部リンク[編集]