GIVE ME FIVE!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GIVE ME FIVE!
AKB48シングル
収録アルバム 1830m
B面 スイート&ビター
NEW SHIP(Type-A)
羊飼いの旅(Type-B)
ユングやフロイトの場合(劇場盤)
リリース 2012年2月15日
規格 マキシシングル
録音 2012年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
笹渕大介(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
AKB48 シングル 年表
上からマリコ
(2011年)
GIVE ME FIVE!
(2012年)
真夏のSounds good !
(2012年)
 
1830m Disc 1 収録曲
(前略)
16. 桜の木になろう
17. GIVE ME FIVE!
テンプレートを表示

GIVE ME FIVE!」(ギブ ミー ファイブ!)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、笹渕大介により作曲されている。2012年2月15日にAKB48のメジャー25作目[注 1]シングルとしてキングレコードから発売された。

概要[編集]

「GIVE ME FIVE!」は、AKB48のシングル曲としては5番目となる「桜ソング」である[1]。AKB48は2006年2月に「桜の花びらたち」でインディーズデビューした後、2008年2月に「桜の花びらたち2008」(同曲のセルフカバー)、2009年3月に「10年桜」、2010年2月に「桜の栞」、2011年2月に「桜の木になろう」を発売しており、毎年同じ時期に「桜ソング」をシングル曲として発売するのが恒例となっている[1][2]。ただし、本シングル表題曲はこれまでの「桜ソング」と異なり、タイトルに「桜」の文字が含まれていない。本シングルの発売日、および表題曲が「桜ソング」となる旨は2011年12月12日に各種音楽サイトで報じられたが、この当時タイトルは未定であった[1][2]。タイトルは2012年1月2日、キングレコードの公式サイトで発表された[3]。「GIVE ME FIVE!」とは、英語で「ハイタッチ」を意味する成句である。

「GIVE ME FIVE!」のシングル盤は「Type-A」の通常盤と数量限定生産盤、「Type-B」の通常盤と数量限定生産盤、「劇場盤」の5形態がリリースされた。特典として、Type-AおよびBの「数量限定生産盤」には全国握手会イベント参加券1種(全2種)がランダムで封入されており、「通常盤」には生写真1種(全18種)がランダムで封入されている。劇場盤には「劇場盤発売記念大握手会」参加券および各メンバー個別生写真1枚が封入されている。

キャッチコピーは「一生分、泣いたら、ハイタッチしよう!」。楽曲のセンターポジションは前田敦子

従来の「選抜」「アンダーガールズ」の構図とは異なり、今作では基本的に「選抜」のみ別枠で、参加メンバーは「セレクション6」「スペシャルガールズA」「スペシャルガールズB」「スペシャルガールズC」のいずれかに割り振られている(山本彩を除く)。

楽曲は以下のメディアで使用された。

  • アパマンショップ『アパマン48キャンペーン』CMソング
  • NTTdocomo『応援学割「6年前の私〈応援・ライブ〉」篇』CMソング
  • はるやま商事『フレッシャーズキャンペーン「2012フレッシャーズ編」』CMソング

チャート成績[編集]

発売前日(集計初日)の2012年2月14日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約96.7万枚を記録し、初登場1位を記録した。集計初日におけるデイリーチャートの推定売上枚数としては、「風は吹いている」(2011年10月25日付、約104.6万枚)、「フライングゲット」(2011年8月23日付、約102.6万枚)に続く歴代3位の記録となった[4]。翌2月15日付同チャートでは約12.1万枚を記録し、集計2日目で推定売上枚数の合計が100万枚を超えた。

2012年2月27日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得した。シングルの1位獲得は通算12作目となり、女性グループによる通算1位獲得数の記録を2年9か月ぶりに更新した[注 2]。最終的な初動売上は約128.7万枚に達し、発売当時オリコン週間シングルチャート史上4位となったほか、5作連続で初動のみでのミリオンセラーを達成した。累積売上を含めたAKB48のミリオンセラー達成は6作連続・通算7作目となり、GLAYを抜いて歴代単独3位となった。また、女性アーティストによるミリオンセラーの連続達成数記録を33年半ぶりに更新した[注 3][5]

ミュージック・ビデオ[編集]

「GIVE ME FIVE!」のMVは、『北の国から』シリーズや映画『最後の忠臣蔵』などを手掛けた杉田成道が監督を担当。定時制高校を舞台にした青春ドラマが丁寧に描かれており、楽曲の演奏時間を大幅に上回る34分の長編になっている[6]。なお、今作にはメイキング映像が収録されているが、メイキング映像がDVDに収録されるのは「涙サプライズ!」以来となる。

ライブ・パフォーマンス[編集]

「GIVE ME FIVE!」の初披露は、2012年1月22日に開催されたライブイベント『リクエストアワー セットリストベスト100 2012』(開催4日目・最終日にあたる)のアンコールにて、同曲の選抜メンバー18人が音楽バンド「Baby Blossom」(後述)として自ら演奏する形でなされた[7]。このライブイベントでは連日「アンコールサプライズ」として何らかの企画が実施されており、バンド形式での楽曲披露もそのひとつであった[8]。メンバーがバンドの結成について知らされたのは2011年8月28日であり[8]、楽曲披露に向けて約5か月間にわたる「極秘練習」が行われた[9]。なお、AKB48のシングル曲がバンド形式で演奏されるのは本楽曲が初めてである[8]。楽曲の披露とともに公開されたシングルのジャケット写真には、メンバーがそれぞれ担当する楽器とともに写っている[9]

2012年12月5日に放送された『2012 FNS歌謡祭』では、楽器演奏をしない「ダンスヴァージョン」を披露した。

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

数量限定生産盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「GIVE ME FIVE!」   秋元康 笹渕大介 野中“まさ”雄一 5:02
2. 「スイート&ビター」 (セレクション6) 秋元康 柴田尚 武藤星児 4:16
3. 「NEW SHIP」 (スペシャルガールズA) 秋元康 平隆介 野中“まさ”雄一 4:49
4. 「GIVE ME FIVE! (off vocal ver.)」          
5. 「スイート&ビター (off vocal ver.)」          
6. 「NEW SHIP (off vocal ver.)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「GIVE ME FIVE!」    
2. 「スイート&ビター」    
3. 「NEW SHIP」    
4. 「GIVE ME FIVE! MAKING 前編」    
5. 「美しいMIX講座」    

Type-B[編集]

数量限定生産盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「GIVE ME FIVE!」   秋元康 笹渕大介 野中“まさ”雄一  
2. 「スイート&ビター」 (セレクション6) 秋元康 柴田尚 武藤星児  
3. 「羊飼いの旅」 (スペシャルガールズB) 秋元康 YUMA YUMA 5:18
4. 「GIVE ME FIVE! (off vocal ver.)」          
5. 「スイート&ビター (off vocal ver.)」          
6. 「羊飼いの旅 (off vocal ver.)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「GIVE ME FIVE!」    
2. 「スイート&ビター」    
3. 「羊飼いの旅」    
4. 「GIVE ME FIVE! MAKING 後編」    
5. 「美しいoverture&アンコール講座」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「GIVE ME FIVE!」   秋元康 笹渕大介 野中“まさ”雄一  
2. 「スイート&ビター」 (セレクション6) 秋元康 柴田尚 武藤星児  
3. 「ユングやフロイトの場合」 (スペシャルガールズC) 秋元康 酒井康男 野中“まさ”雄一 4:29
4. 「GIVE ME FIVE! (off vocal ver.)」          
5. 「スイート&ビター (off vocal ver.)」          
6. 「ユングやフロイトの場合 (off vocal ver.)」          

選抜メンバー[編集]

Baby Blossom[編集]

表題曲「GIVE ME FIVE!」をメンバー自ら演奏するために選抜メンバーにより結成されたバンド[注 6]。その後、「ヘビーローテーション」もレパートリーに加わり、2012年3月25日のコンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』の最終日において初披露した。

スケジュールなどの都合によりレギュラーメンバーが不在の場合は、メンバーの中でパートを入れ替えたり、選抜以外のメンバーから代役が入ることがある。たとえば、2012年2月9日放送分『なるほど!ハイスクール』では、大体同じで、2012年2月17日放送分『ミュージックステーション』では山本彩の代役として島崎遥香がコーラスを担当した。またフジテレビで2012年3月21日に放送された『「とんねるずが生放送!音楽番組全部見せます!!-名曲で元気になろう-』では、ベースの大島優子やトロンボーンの指原莉乃、トランペットの横山由依が出演できず、他のメンバーでは演奏できない楽器だったため、ベースを後藤次利、サックスを武田真治が担当した。コーラスに、加藤いづみ藤田真由美を追加した[10]

担当パート

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算27作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ それまではモーニング娘。の11作が最高であった。
  3. ^ それまではピンク・レディーの5作連続が最高であった。
  4. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
  5. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48から選抜。
  6. ^ 各自の楽器経験が必ずしも正確に反映されていない(ロックバンドのギタリストとしてメジャーデビュー経験のある山本彩がコーラスのみ、子供の頃エレクトーンとドラムを習っていた横山由依がトランペット、メンバー随一のピアノの名手と呼ばれる松井咲子が(選抜入りしていないとは言え)不参加、等)事について、メンバー発表時には疑問・異論も少なからず存在した。

出典[編集]

  1. ^ a b c “AKB48、新曲は恒例の桜ソング 2・15発売決定”. オリコン. (2011年12月12日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2004617/full/ 2012年1月14日閲覧。 
  2. ^ a b “AKB48、2012年第1弾シングルは恒例の桜ソング”. ナタリー. (2011年12月12日). http://natalie.mu/music/news/61098 2012年1月14日閲覧。 
  3. ^ 25thシングル タイトル決定!”. キングレコード (2012年1月2日). 2012年1月14日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ “AKB48、初バンド曲が初日首位 初日売上は歴代3位の96.7万枚”. オリコン. (2012年2月15日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2007049/full/ 2012年2月15日閲覧。 
  5. ^ “【オリコン】AKB48、女性歌手初の6作連続ミリオン 33年半ぶり新記録”. オリコン. (2012年2月21日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2007273/full/ 2012年2月21日閲覧。 
  6. ^ AKB新曲MVは34分超“ワケあり”衝撃作 杉田成道監督が描く人間ドラマ”. オリコン (2012年1月27日). 2012年2月1日閲覧。
  7. ^ “「震えが止まらない…」AKB48 初挑戦の生バンドスタイルにて新曲「GIVE ME FIVE!」初披露”. リッスンジャパン. (2012年1月23日). http://listen.jp/store/musicnews_37090_all.htm 2012年1月28日閲覧。 
  8. ^ a b c “AKB新境地!自らのバンド生演奏で新曲初披露”. オリコン. (2012年1月22日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2006050/full/ 2012年1月28日閲覧。 
  9. ^ a b ““AKBバンド”が新曲ジャケ写解禁 前田&大島の2トップ”. オリコン. (2012年1月23日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2006060/full/ 2012年1月28日閲覧。 
  10. ^ きくちPの音組収録日記2012年3月22日分より。

外部リンク[編集]