中塚智実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかつか ともみ
中塚 智実
プロフィール
愛称 智ちゃん、クリス
生年月日 1993年6月18日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 A型
公称サイズ(2008年7月時点)
身長 / 体重 154 cm / kg
スリーサイズ 78 - 60 - 82 cm
活動
ジャンル タレント
備考 元AKB48 チームA
(元5期研究生→チームB→チームK)
モデル: テンプレート - カテゴリ

中塚 智実(なかつか ともみ、1993年6月18日 - )は、日本タレント埼玉県出身。ドレスコード所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

略歴[編集]

2007年

2009年

  • 1月29日付でチームBに昇格。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームKに異動することが発表され、2010年3月12日にチームKに異動した。

2010年

  • 3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、ドレスコードへの移籍打診が発表され、11月1日、同社所属となったことがホームページにて発表された。
  • 9月21日に開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では9位で、選抜入りを果たした。これが初の選抜入りとなる。

2012年

  • 8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームAに異動することが発表された[1]
  • 11月1日、チームAに異動。

2013年

  • 5月20日の「チームAウェイティング公演」でAKB48から卒業することを発表した[2]
  • 6月13日、AKB48劇場では最終出演となる、チームAウェイティング公演(中塚智実 卒業公演)に出演[3]
  • 7月7日、幕張メッセで行われた「『さよならクロール』劇場盤発売記念大握手会」をもってAKB48を卒業[4]

人物[編集]

  • 愛称は「智ちゃん」、「クリス」(顔が滝川クリステルに似ていることから、同期の指原莉乃が名付けた[要出典][5][出典無効])であるが、AKB48メンバーのほぼ全員からは「クリス」と呼ばれている。本人は、以前は「智ちゃん」と呼ばれる方が嬉しかったが[6]現在は「クリス」の方も気に入っている[要出典][5][出典無効]なお、その顔つきからよく「ハーフではないか」と言われているが、両親は純日本人である[要出典]
  • 「世界で一番好き」と語る姉[7]と兄がいる[8]
  • ルナという猫を飼っている[要出典]
  • ディズニーと『けいおん![9]、『SKET DANCE[10]をはじめとするギャグ漫画[11]の大ファン。また『少年アシベ』のキャラクター「ゴマちゃん」のキャラクターグッズを収集している[12]。音楽についてもディズニー系のものをよく聴くほか、奥華子の曲も好む[13]。音楽プレーヤーにはウォークマンを愛用[14]
  • 携帯電話で自分の写真を撮影する「自撮り」が上手いとよく言われるとのこと[7]。2011年8月になり、初めて髪を茶色に染めた[15]

AKB48関連[編集]

  • 自分にとってAKB48は「成長家庭 過程ではなく家庭! ホーム」とのこと[7]生まれ変われるならAKB48メンバーの中では元メンバーである河西智美に生まれ変わりたいとのこと[要出典][5][出典無効]
  • チャンスの順番」で選抜メンバーに選ばれて以降選抜外であり、次の選抜までの非選抜期間約2年は現役メンバー中では近野、松井咲、小林香菜田名部生来と並び最長であった[注 1]

AKB48での参加曲[編集]

シングルCD選抜曲[編集]

アルバム参加曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」リバイバル公演

研究生「ただいま恋愛中」公演

  • 帰郷

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • 真夏のクリスマスローズ
    ※佐藤由加理のアンダー

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 残念少女
  • 天国野郎(バックダンサー)

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 逆転王子様
  • 制服レジスタンス※
    仁藤萌乃のユニットアンダー

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATRE G-ROSSO) - 恵理 役
  • Alice in Deadly School(2010年10月14日 - 17日、六行会ホール) - 青池和磨 役
  • 落下ガール(2011年2月3日 - 6日、渋谷区文化センター大和田・伝承ホール) - 中野真由美 役
  • タンバリンプロデューサーズ「舞台 のぶニャがの野望」(2013年10月2日 - 6日、六行会ホール)
  • 第10回東京パフォーマーズ倶楽部プロデュース公演 「浅草あちゃらか」(2013年11月27日 - 12月1日、俳優座劇場
  • UMANプロデュース 音楽劇「Nutcracker −くるみ割り人形− 」(2013年12月20日 - 23日、六行会ホール)
  • A☆ct Stage Vol6「桃太郎外伝〜竜宮城大決戦〜」(2014年3月12日 - 16日、築地ブディストホール) - 乙姫美月 役
  • UMANプロデュース 東京女子演劇部公演「聖澤女学院物語ラストディーバ」(2014年4月3日 - 6日、六行会ホール)
  • MOSH SC 007「私を愛したスパイ」(2014年5月20日 - 25日、BOX in BOX THEATER)
  • タンバリンプロデューサーズ「舞台 人猫(じんびょう)](2014年9月10日 - 14日、Geki地下Liberty)
  • ムラコシアター旗揚げ公演 vol.1「5218」(2014年9月15日、千本桜ホール) - 日替わりゲスト
  • タンバリンステージ×アリスインプロジェクト「戦国降臨ガール・ReBirth(リバース)」(2014年10月29日 - 11月9日、六行会ホール)

イベント[編集]

  • くりすのおかしなじかん(2012年4月27日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • 『クリスイーツ』発売記念イベント「ごはんにする? おふろにする? それとも… クリスイーツにする?」(2013年7月5日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターカフェ)
  • DD.TUNE~ボンとキックの初恋~ (2014年12月1日、渋谷チェルシーホテル) - MCとして出演

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • 週刊プレイボーイ(2012年4月23日 - 2013年4月22日、集英社) - 48サバイバル「ぐぐたすは戦場だ!」内 「AKB48料理部部長"クリス"中塚智実の男のスイーツ教室」を連載。

単行本[編集]

  • AKB48 料理部長 中塚智実 レシピ付きフォトブック クリスイーツ(2013年7月5日、集英社)ISBN 978-4-08-780689-2

カレンダー[編集]

  • 中塚智実 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 中塚智実 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 最長記録は松原夏海が「桜の花びらたち2008」が発売された2008年2月27日から「永遠プレッシャー」が発売された2012年12月5日までの間の約4年9か月。参考記録ではあるがCDシングル表題曲に限定すると梅田彩佳が「会いたかった」が発売された2006年10月25日から「上からマリコ」が発売された2011年12月7日までの5年2か月選抜外だったことがあるが、その間には配信限定シングルの「Baby! Baby! Baby!」の選抜に選ばれている[独自研究?]
  2. ^ 松橋ほなみとのダブル主演。

出典[編集]

  1. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  2. ^ 「中塚からファンの皆様へ」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年5月27日). 2013年5月27日閲覧。
    「伝えたいこと」”. 中塚智実オフィシャルブログ(仮) (2013年5月21日). 2013年5月27日閲覧。
  3. ^ 「公演スケジュールのお知らせ」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年6月7日). 2013年6月13日閲覧。
  4. ^ この日は、中塚のほか、松原夏海小森美果もAKB48を卒業する。
    「中塚智美卒業に関して」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年6月1日). 2013年6月1日閲覧。
  5. ^ a b c 2011年9月30日放送分『AKB48のオールナイトニッポン』での中塚本人の発言から。
  6. ^ 「\^o^/」 本人公式ブログ 2010年8月1日付記事
  7. ^ a b c d e 『AKB48 DVD MAGAZINE Vol.05C AKB48 19th シングル選抜 「じゃんけん大会」 51のリアル〜Cブロック編』[要文献特定詳細情報]
  8. ^ 「ぶった斬り!」 本人オフィシャルブログ 2011年8月31日付記事
  9. ^ 「今日じゃなくて昨日」 本人公式ブログ 2010年8月5日付記事、[1] 本人公式ブログ 2010年8月7日付記事
  10. ^ 「らぶ!」 本人公式ブログ 2011年7月5日付記事
  11. ^ 私の好きなもの 本人公式ブログ 2011年7月14日付記事
  12. ^ ごまちゃんに囲まれて 本人公式ブログ 2011年7月20日付記事
  13. ^ 「NO MUSIC NO LIFE‥?」 本人公式ブログ 2011年7月29日付記事
  14. ^ 「新しい相方」 本人公式ブログ 2011年7月28日付記事
  15. ^ ついに‥ 本人公式ブログ 2011年8月13日付記事
  16. ^ 「ともみちゃきこ」 本人公式ブログ 2010年12月28日付記事
  17. ^ 「たまにはいいよね」 本人公式ブログ 2011年8月9日付記事

外部リンク[編集]