仁藤萌乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にとう もえの
仁藤 萌乃
プロフィール
愛称 もえの[1]
生年月日 1992年7月22日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 AB型
公称サイズ(2012年10月[2]時点)
身長 / 体重 156.5 cm / kg
スリーサイズ 78 - 54.5 - 80 cm
活動
デビュー 2008年4月28日
ジャンル タレント
備考 元AKB48 チームAメンバー
(5期研究生→チームB→チームK)
他の活動 舞台ミュージカル
モデル: テンプレート - カテゴリ

仁藤 萌乃(にとう もえの、1992年7月22日 - )は、日本タレント女優東京都出身。AKSホリプロ所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

来歴[編集]

2007年

2008年

  • 4月28日のチームA公演で、戸島花のアンダーとしてAKB48劇場の公演デビュー。99日後の8月5日に旧チームBに昇格した。

2009年

  • 3月4日、11thシングル「10年桜」のプロモーション・ビデオおよびメイキングに一部出演。
  • 6月24日、12thシングル「涙サプライズ!」で、初めて選抜メンバー入りを果たす。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームKに異動することが発表され、翌年3月12日にチームKに異動した。

2010年

2011年

2012年

2013年

  • 2月14日、劇場公演においてAKB48を卒業することを発表した[11][12]
  • 4月28日、デビュー5周年となる同日に開催された『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜【夜の部】「AKB48グループ総出演公演」』をもってAKB48を卒業した。
  • 10月4日、9月26日に主演舞台『心は孤独なアトム』の稽古中、足ひねったのが原因とみられる左足首を骨折していたことが判明。全治1ヶ月半の診断。AKB48卒業後初の主演舞台ということもあって、ギプスをはめながらも、10月3日シアターグリーン BOX in BOX THEATERで開催の初日公演を務めた[13]

人物[編集]

  • AKB48に入る前は、学校の部活動でバドミントン部に所属していた[14]
  • 元々視力が1.8程度あり、AKB48加入後も1.2程度あるが、小学生時代はメガネに憧れを抱いていたために、視力検査でわざと間違えていた[15]
  • 趣味は手芸。手先が非常に器用で、シュシュを手作りしたり、収集したブライス人形を自分の手でアレンジしたりしている(自宅には5体ほど所持)[要出典]ほか、ネイルアートを自分でしたり[16]、精巧なデザインの消しゴムアートを彫るなどしている[17]
  • かなりの秘密主義で、両親にも仕事のスケジュールや内容を伝えない。そのため、両親は他のメンバーのブログを閲覧して初めて娘の仕事の内容を知るということになる[18]
  • 主な愛称は「もえの」で、藤江れいなからは「もえちん」と呼ばれている。倉持明日香はブログで仁藤を「ぴーなっつちゃん」と呼んでいる。
  • 左利き
  • 書道4段である[5]は右手で使用している。
  • 釣り好きである[19]
  • 愛犬はチワワの「ななちゃん」[20]
  • ミミズは嫌いだが、ヘビは平気[21]

AKB48関連[編集]

  • AKBに入ったきっかけは「人生を変えたいと思ったから」[22]
  • 元々AKB48のファンで、公式サイトを閲覧した時にオーディションの締め切りが翌日に迫っており、「これは応募するしかない」と思い、応募した[15]
  • 好きなAKB48の楽曲は、「Faint」「ただいま恋愛中」「片思いの対角線」「MARIA[15]
  • 最も仲が良いのは同期の内田眞由美[23]。その他、同期の近野莉菜[要出典]指原莉乃北原里英大家志津香[要出典]とも仲が良く、指原にはツンツン[24]、北原にはデレデレな対応をとることが多い[25]新チーム移行後は、大島優子梅田彩佳宮澤佐江とも仲が良い[要出典]
  • マジすか学園』に出演した際、「ガンの飛ばし方がリアル」「元ヤンなんじゃね!?」と憶測が飛び交ったが、本人は完全否定している[26]
  • 物怖じしないタイプで、相手が先輩だろうが自分の思ったことをハッキリ言うために、AKB48のスタッフやメンバーに「ジャックナイフ」と呼ばれることがある[27]
  • Google+で消しゴムはんこを公開[28]秋元康が「天才!」とコメントするほどであった[29]。2012年3月から『FLASH』にて、消しゴムハンコ職人「もえはん」の連載がスタートした。
  • AKB48卒業後、野中美郷中塚智実松井咲子田名部生来とで『癒され隊』を名乗っている。

AKB48での参加曲[編集]

シングルCD選抜曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • 純情主義(井上奈瑠卒業後)
  • てもでもの涙 ※
    柏木由紀のアンダー

チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」リバイバル公演

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

大島優子の全員曲アンダー

研究生「ただいま恋愛中」公演

  • Faint

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 片思いの対角線
  • 残念少女 ※
    渡辺麻友のユニットアンダー

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 制服レジスタンス
  • 逆転王子様 ※
    峯岸みなみのユニットアンダー
  • 心の端のソファー ※
    ※大島優子のユニットアンダー

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • らめらめ(2010年5月19日・21日、八幡山ワーサルシアター) - 主演・スーちゃん 役(岩佐美咲小原春香とのトリプルキャスト)
  • "STRAYDOG"Produce公演「心は孤独なアトム」(2013年10月3日 - 6日、シアターグリーン BOX in BOX THEATER/23日 - 27日、大阪市立芸術創造館) - 主演
  • ショッキングなほど煮えたぎれ美しく(2013年12月2日 - 15日、すみだパークスタジオ倉)

ミュージカル[編集]

イベント[編集]

  • ♥サマーパーティー♥ホリプロ50周年記念!!及びBS-TBS開局10周年記念アイドル50人大集合!!(2010年8月24日、赤坂BLITZ

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • FLASH(2012年3月13日 - 5月29日、光文社) - 「もえはん」を連載。

フォトブック[編集]

  • 仁藤萌乃 フォトブック「MOENO vol.1」(2013年10月1日、ホリプロ、ISBN 978-4-90458702-7

カレンダー[編集]

  • 仁藤萌乃 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 仁藤萌乃 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AKB48公式サイトプロフィール仁藤萌乃「ニックネーム」より
  2. ^ ホリプロ公式プロフィールおよび『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)33頁
  3. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48公式ブログ(2011年6月10日)
  4. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
  5. ^ a b 【エンタがビタミン♪】仁藤萌乃が書道部門“初代TEPPEN”の快挙! 松井咲子に続きAKB48で2冠を達成。 - Techinsight(2012年6月20日)
  6. ^ AKBすみれ&萌乃「ピーターパン」Wヒロイン - スポーツニッポン(2012年2月29日)
  7. ^ AKB48夢舞台初日に「再組閣」 宮澤&高城が“海外移籍”へ…波乱の幕開け - ORICON STYLE 2012年8月24日
  8. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ(2012年8月24日)
  9. ^ 【AKBじゃんけん大会】島崎遥香が優勝 念願の初センターに - ORICON STYLE(2012年9月18日)
  10. ^ “AKBたかみな総監督、チームA初日に「100点」 新キャプテン篠田も達成感”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月3日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2018373/full/ 2012年12月10日閲覧。 
  11. ^ 【仁藤卒業発表のお知らせ】 - AKB48公式ブログ(2013年2月14日)
  12. ^ 仁藤萌乃がAKB卒業! - 日刊スポーツ(2013年2月14日)
  13. ^ 元AKB48・仁藤萌乃、左足首骨折していた 全治1ヶ月半も舞台全う - ORIKON STYLE(2013年10月4日)2013年10月5日閲覧。
  14. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』2011年8月19日付放送分
  15. ^ a b c 2009年4月8日放送分『AKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!』において、本人および出演メンバーが発言。
  16. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』2011年4月1日放送分 佐藤夏希発言
  17. ^ 「味噌:マヨネーズ=適当」 - 本人公式ブログ(2011年3月31日)
  18. ^ 2010年8月11日チームK公演仁藤萌乃生誕祭での母からの手紙より
  19. ^ AKB48ネ申テレビSeason4』2010年9月5日放送分
  20. ^ わんこ - 本人公式ブログ(2012年10月17日)
  21. ^ 『週刊AKB』2011年12月23日放送分
  22. ^ AKB48+10!”シンディ・みかちぃ新メンバーいらっしゃい”より本人発言
  23. ^ 「今日の主役」 - 本人公式ブログ(2010年9月21日)
  24. ^ 「さしもえとはなんぞ」 - 指原莉乃公式ブログ(2010年5月25日)
  25. ^ 「りえもえ▽・ω・▽」 - 本人公式ブログ(2010年5月30日)
  26. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック』2010年5月12日(講談社
  27. ^ 2011年1月17日放送分『AKB48 明日までもうちょっと。』において、本人が発言。
  28. ^ 仁藤萌乃 - Google+(2012年1月14日)
  29. ^ AKB仁藤萌乃 ロンブー淳が“特技”絶賛「すげぇクオリティの高さ」”. スポニチアネックス (2013年2月19日). 2013年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]