佐藤夏希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さとう なつき
佐藤 夏希
プロフィール
愛称 Nなっち・なちょす・N[1]
生年月日 1990年7月1日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
血液型 B型
公称サイズ(2008年7月[2]時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 77 - 58 - 85 cm
活動
デビュー 2006年4月1日
ジャンル アイドル
備考 元AKB48 チームAメンバー
(元チームK→チームB)
他の活動 お笑いコンビ・なちのん(ツッコミ担当)
モデル: テンプレート - カテゴリ

佐藤 夏希(さとう なつき、1990年7月1日 - )は、日本ネイリスト北海道札幌市生まれ、神奈川県横浜市育ち[1]。元アイドルであり、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

略歴[編集]

  • 2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。
  • 2006年4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において、公演デビュー。
  • 2007年4月18日に発売された3rdシングル「軽蔑していた愛情」において初の選抜入り。
  • 2009年8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームBに異動することが発表された。
  • 2010年5月4日、ビスケットエンターティメントへ移籍。
  • 同年5月21日、新チームBに正式異動。この結果、佐藤亜美菜と並んでチームBでの最年長メンバーとなった(生年月日順では夏希が最年長)。
  • 同年9月21日に開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では7位で、3rdシングル「軽蔑していた愛情」以来、約4年ぶりのメディア選抜入り。
  • 2011年7月、『DUMP SHOW!』に出演、ポールダンスに挑む。
  • 2012年5月、柏木由紀倉持明日香高城亜樹大家志津香とともにワタナベエンターテインメントへ移籍。
  • 2012年8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームAに異動することが発表された[3]
  • 2012年11月30日、AKB48オフィシャルブログで同日付けでAKB48を卒業したことと、同時に学業に専念するため芸能活動から離れることが発表された[4]
  • 2012年12月1日、同日付でワタナベエンターテインメントとの契約を解除。
  • 2013年5月1日、東京・錦糸町でネイルサロンをオープンすることをブログで発表した[5]

人物[編集]

AKB48関連[編集]

  • キャッチフレーズは「1+2=Nなっち」「真夏のティンカーベル」。自分を表す時は「N」を用いることがある。「なっち」のみでは安倍なつみなどとかぶってしまうため、「Natsuki」から「N」を追加。「1+2=Nなっち」は5年間変えていない。その他、早大入学当初は「2+2=W早稲田」というVサインを2つ並べてWにするキャッチフレーズを使用していたこともある[21]
  • 宮澤佐江は佐藤が通っていた高校に転入してクラスメイトになった[22]。宮澤とは高校3年間同じクラスで席も隣同士だったが、当時から多忙だった宮澤に対して佐藤は学校にいることが多く、悔しい思いをしていたと回想している[23]。宮澤とは、偶然にもAKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会において2回戦で直接対決することとなり、2回戦シードの宮澤に勝ち約4年ぶりの選抜メンバー入りを決めた。
  • 野呂佳代に誘われ、「なちのん」と称するお笑いコンビを結成。キングオブコントと2007年・2008年のM-1グランプリに出場するが、いずれも2回戦で敗退した。2011年時点では、お笑い担当の大家とコンビを組んでお笑い界に再挑戦する予定であった[21]
  • 「昔からイソジンMeiji Seika ファルマうがい薬)のカバのキャラクター似てるっていわれて」いたこともあり、コンサートグッズのステッカーに描く自分用のキャラクターのイラストを敢えてカバにしたことがある[24]
  • 憧れのメンバーは高橋みなみ[7]前田亜美は「可愛がってあげたい妹的な存在」[25]
  • 劇場公演では、シングル表題曲やカップリング曲の各チームバージョンを踊ることがあるため、選抜以外のメンバーもレッスンする。しかし、AKB歌劇団に出演していた関係で、メンバーで唯一「RIVER」の振り入れをしていないため、全く踊ることができない[26]
  • かつて「軽蔑していた愛情」が発売された2007年4月18日から「チャンスの順番」が発売された2010年12月8日までの約3年8か月間シングル表題曲の選抜メンバーから外れていたことがあった。しかし、それ以降の楽曲は選抜メンバーから再び外れており、卒業までシングル表題曲の選抜メンバーには選ばれなかった。
  • 2012年11月1日にチームAに異動してから、劇場公演への出演はないまま卒業を迎えた[要出典]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • キスはだめよ

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • 君はペガサス

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 愛しさのdefense

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 初めてのジェリービーンズ

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 16人姉妹の歌

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • 抱きしめられたら

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • 嵐の夜には
  • ロッカールームボーイ※
    近野莉菜のユニットアンダー

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

OVA[編集]

イベント[編集]

  • 佐藤夏希のアコースティックNight(2012年4月4日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 佐藤夏希 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 佐藤夏希 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「はじめましてっ☆」 - 本人公式ブログ(2010年5月28日)
  2. ^ ビスケットエンターティメント(ワタナベエンターテイメント)WE!マイページ:佐藤夏希(2012年11月12日時点でのアーカイブ)
  3. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  4. ^ 佐藤夏希卒業のお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2012年11月30日
  5. ^ Cee my Nail - ☆Cee my Nail☆ Produced by 佐藤夏希(2013年5月1日)
  6. ^ 「朝だよー( ☆>∀<)」 - 本人公式ブログ(2010年6月7日)
  7. ^ a b c 「おはよう(* ゜ー゜)v」 - 本人公式ブログ(2010年6月5日)
  8. ^ a b c 「おはよう( ´-ω- `)」 - 本人公式ブログ(2010年6月6日)
  9. ^ 2009年1月3日放送分
  10. ^ 『森田一義アワー 笑っていいとも!』 2010年8月20日放送分
  11. ^ 『AKB48 東京秋祭り』DVDより[要文献特定詳細情報]
  12. ^ a b c 「☆おはよ☆〃」 - 本人公式ブログ(2010年5月29日)
  13. ^ a b c 「5月そーかつ*〃」 - 本人公式ブログ(2010年5月29日)
  14. ^ 「後悔」 - 本人公式ブログ(2010年6月15日)
  15. ^ 「(N´∀`汗)/`」 - 本人公式ブログ(2010年6月15日)
  16. ^ 「おはよう」 - 本人公式ブログ(2010年11月15日)
  17. ^ 「正解は…☆”」 - 本人公式ブログ(2010年6月13日)
  18. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』2011年4月1日付放送分本人談
  19. ^ 「Taxiの話ッ☆〃」 - 本人公式ブログ(2011年3月31日付、2011年4月5日時点でのアーカイブ)
  20. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』2011年4月1日放送分本人発言
  21. ^ a b 『AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル』(コスミック出版)[要ページ番号]
  22. ^ FLASH』増刊 「AKB48じゃんけん大会 速報&総集号」(光文社
  23. ^ 『AKB48じゃんけん選抜公式ガイドブック』
  24. ^ 「長文失礼ッ」 - 本人公式ブログ(2010年7月12日)
  25. ^ 「はぴば☆〃*」 - 本人公式ブログ(2010年6月1日)
  26. ^ 『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』 4日目DVDコメンタリーで本人発言[要文献特定詳細情報]

外部リンク[編集]