小森美果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こもり みか
小森 美果
プロフィール
愛称 こもりん、みかぽん
生年月日 1994年7月19日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本愛知県
血液型 O型
公称サイズ(2012年10月[1]時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
スリーサイズ 74 - 56 - 84 cm
活動
ジャンル タレント
備考 元AKB48 チームB
(元7期研究生)
元渡り廊下走り隊7
モデル: テンプレート - カテゴリ

小森 美果(こもり みか、1994年7月19日 - )は、日本の元アイドル愛知県出身。元プロダクション尾木所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

略歴[編集]

2009年

  • 6月24日、12thシングル「涙サプライズ!」でチーム研究生としては初の選抜メンバーに選出された。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、10月よりチームBメンバーに昇格することが発表され、2010年5月21日にチームBへ正式に昇格した。

2010年

2011年

  • 4月16日に京セラドーム大阪で開催された全国握手会イベント「“AKB48祭り”Powered by『ネ申テレビ』」で21stシングル「Everyday、カチューシャ」が初披露された際に、同曲のシングル選抜メンバーに選定されたことが明らかにされた。12thシングル「涙サプライズ!」以来約2年ぶりとなる選抜入りで、正規メンバー昇格後はこれが初となる。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では32位で、アンダーガールズ入りを果たした[2]

2012年

2013年

  • 5月9日、この日行われたチームBウェイティング公演にて、AKB48を卒業することを発表した[5]
  • 6月3日、AKB48劇場では最終出演となる、チームBウェイティング公演(小森美果 卒業公演)が行われた[6]
  • 7月7日、幕張メッセで行われた「『さよならクロール』劇場盤発売記念大握手会」をもってAKB48を卒業。
  • 8月9日、公式ブログで同月20日限りでの引退を表明[7]
  • 8月20日、芸能界を引退。同時に渡り廊下走り隊7からも脱退した[8]

2014年

  • 1月31日、プロレスイベント『TAKA&タイチ興行PART4』にゲストプレゼンターとして参加する[9]
  • 2月9日、Zepp DiverCity Tokyoで行われた渡り廊下走り隊7の解散コンサートにサプライズゲストとして参加する[10]
  • 11月22日、元AKB48で同期だった愛迫みゆ(愛乙女★DOLL)のバースデーライブにゲストとして出演[11]

人物[編集]

プロレス関連[編集]

  • WWEエッジチャンピオンベルトまで所有するほどの熱烈なプロレスファンの父と、同じくファンの兄の影響で、自身も熱烈なプロレスファン。小学生時代に父と兄とともに愛知県体育館に観戦に行き、花道で高山善廣の肩に触り、感動しその日は手を洗わなかったという。小学校では男子児童相手にプロレスごっこでチョークスラムを掛けていたという。また流血シーンを見ると「燃えます」「席を立って、前まで血を見に行く」というほどで、かつてWWEについて語るウェブサイトの会員に登録していたり、一時期携帯電話着メロジョン・シナの入場テーマ曲にしていたほどののめり込みようである[要出典]
  • AKB48加入後も、ショーン・マイケルズランディ・オートンバティスタ、また日本では小学生時代から「親目線」で見ているというファンで、CS放送スマックダウンを観戦するだけでなく、AKB48のレッスンの際には、父からもらったショーン・マイケルズやトリプルHのTシャツを着用することもある。しかし、プロレスでの戦いを見ることは好きだが、自分自身は「戦わない派」[12]
  • 1月4日に開催されている、新日本プロレスレッスルキングダム IN 東京ドーム」にはゲストとして2012年から2013年と参加している。2012年12月21日放送のクリスマス特番「メリー☆愛してマース!」では同じく天然として知られる後藤洋央紀飯伏幸太DDT)と3人で対談したら面白いと突っ込まれている。新日本ではオカダ・カズチカ推しであり、2012年のじゃんけん大会では本人のガウン・首飾りを借り出場している[要出典]
  • 2012年4月12日放送分『AKB48vsおネエ48vs芸能人親子48気になるアノ人達の裏側(秘)生態調査SP」では大ファンの武藤敬司全日本)がゲストで登場した際に感極まって涙を流し、一緒にLOVEポーズをした。
  • 2012年6月18日発売号『週刊プレイボーイ』(集英社)における「新日本&全日本40周年特集」企画に同じくプロレスファンの倉持明日香と参加した[19]
  • プロレス好きが買われて、『週刊プロレス』誌上で2013年から連載コーナーを持つことが同誌2012年12月26日号(2012年12月12日発売)にて発表された[20]

AKB48関連[編集]

  • 元々アイドルにはあまり興味はなかったが、姉から「受けてみれば?」と勧められたのをきっかけでAKB48オーディションを受けた[18]キャッチフレーズは、「大盛り? 中盛り? やっぱり小森。愛知県から来ました、○○歳の小森美果です」[要出典]
  • AKB48メンバーでは、北原里英佐藤すみれ岩佐美咲前田亜美平嶋夏海など、HKT48メンバーでは指原莉乃と仲が良い。指原がAKB48に在籍していた時期は週に4度遊ぶ間柄であった[21]同期の前田亜美とは、家に泊まりに行く間柄[要出典]
  • 愛称は「こもりん」や「みかぽん」だが、AKB48メンバーの多くは「小森」と呼捨てにすることが多い。また、自分でも「小森」と言うこともある[要出典]
  • 小嶋陽菜に憧れている。理由は、「可愛くておもしろいから」[要出典]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

研究生「アイドルの夜明け」公演

  • 片思いの対角線

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 片思いの対角線
    佐伯美香のアンダー。佐伯卒業後はレギュラーポジション

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • スコールの間に(バックダンサー)
  • 真夏のクリスマスローズ(バックダンサー)

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • 嵐の夜には
  • ロッカールームボーイ ※
    北原里英のユニットアンダー

梅田チームB ウェイティング公演

作品[編集]

映像作品[編集]

  • いわこも(2010年12月22日、イーネット・フロンティア) - 小森美果&岩佐美咲名義。
  • みかぽんじゅ〜る(2011年1月26日、イーネット・フロンティア)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

テレビアニメ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 小森美果 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 小森美果 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)66頁
  2. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  3. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
  4. ^ もえ絶賛!小森美果&鈴木紫帆里がモデル - 日刊スポーツ(2012年9月17日)2012年9月18日閲覧。
  5. ^ 「卒業」”. 小森美果オフィシャルブログ「みかぼんじゅ〜る」 (2013年5月10日). 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月10日閲覧。
  6. ^ 「公演スケジュールのお知らせ」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年5月28日). 2013年5月29日閲覧。
  7. ^ 小森美果 (2013年8月9日). “応援してくださった皆さんへ”. AKB48 TeamOgi 小森美果オフィシャルブログ. 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月9日閲覧。
  8. ^ 芸能界引退の元AKB48小森美果、最後のメッセージ「忘れないでくださいね」 - シネマトゥデイ(2013年8月21日)2013年8月22日閲覧
  9. ^ “レインメーカー参戦ならず……TAKAタイチ興行次回でファイナル”. スポーツナビ (Yahoo! JAPAN). (2014年1月31日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140131-00000002-spnavi-fight 2014年2月10日閲覧。 
  10. ^ “渡り廊下走り隊 : 解散でまゆゆ泣き崩れる “波瀾万丈”の5年は「私の青春だった」”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2014年2月9日). http://mantan-web.jp/2014/02/09/20140209dog00m200031000c.html 2014年2月9日閲覧。 
  11. ^ 【11/22】愛迫みゆバースデーライブ2014 @新宿BLAZE SP企画愛迫小森さん3ショット 2014年11月22日 愛乙女★DOLLオフィシャルブログ
  12. ^ a b c d 真夜中のハーリー&レイス』(アール・エフ・ラジオ日本)2011年11月22日付放送分
  13. ^ 『AKBと××!』2011年8月18日付放送分
  14. ^ AKB48 Team OgiインタビューPart.2 Web De☆View 2011年1月7日付記事
  15. ^ 「あの!!!!!!!!!!」 - 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年11月21日)
  16. ^ 小森美果 (2012年7月13日). “おはようございます!...”. Google+. 2012年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月24日閲覧。
  17. ^ 3年D組生徒座席表 - TBS金曜ドラマ『黒の女教師』公式サイト ※井上廉太郎役で出演(2012年7月13日閲覧)
  18. ^ a b AKB48 Team Ogi インタビュー Part.2 Web De☆View 2011年1月7日付記事
  19. ^ 週刊プレイボーイ|金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!」Powered by Ameba
  20. ^ 『週刊プロレス』 12月26日号 EYEコラム・あらかると 「AKB48・小森美果さんが週プロ新連載にむけ意気込み語る」ベースボール・マガジン社
  21. ^ 『AKBINGO!』2010年9月15日放送分指原談
  22. ^ “AKB48「Everyday、カチューシャ」選抜は過去最多26名”. ナタリー. (2011年4月21日). http://natalie.mu/music/news/48309 

外部リンク[編集]