野呂佳代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
のろ かよ
野呂 佳代
AKB48 20090704 Japan Expo 06.jpg
AKB48時代の野呂佳代
(2009年、Japan Expo
プロフィール
愛称 ノンティー、かよほー、キャップ
生年月日 1983年10月28日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区
血液型 A型
公称サイズ(2013年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 87 - 72 - 98 cm
靴のサイズ 25.5 cm
活動
デビュー 2000年
2006年4月1日 -
(AKB48加入時)
ジャンル 歌手タレント
備考 元SDN48 メンバー
(元AKB48 旧チームKメンバー)
他の活動 お笑いコンビ・なちのん(ボケ担当)
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

野呂 佳代(のろ かよ、1983年10月28日 - )は、日本歌手タレント東京都出身。太田プロダクション所属。女性アイドルグループAKB48SDN48の元メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めていた。旧芸名、朝倉 佳代(あさくら かよ)。

来歴[編集]

2000年

2004年

2006年

  • 2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。
  • 4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において、公演デビュー。旧チームKのメンバーとして活動開始。同期には大島優子 梅田彩佳 秋元才加などがいる。
  • 10月25日、メジャー1stシングル「会いたかった」で当時の最年長記録となる22歳362日で選抜メンバー入りを果たした。しかし、2008年6月に大堀恵によって、選抜最年長記録は破られ、後述するSDN48への完全異動が発表されたため、結果的にAKB48のメンバーとしては最初で最後の選抜入りとなった。

2007年

2008年

  • 『M-1グランプリ』に再び出場、2回戦敗退。

2009年

2010年

  • 2月21日の『チームK 5th Stage「逆上がり」』公演千秋楽をもってAKB48を卒業し、SDN48へ完全移籍。SDN48キャプテンに就任した。
  • 3月25日、横浜アリーナで開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』夜公演にて、AKSから太田プロダクションへの移籍が発表された[3]
  • 4月、『ON8』(bayfm)の月曜日DJに就任した。
  • 6月 - 9月、SDN48のメジャーデビュー曲「GAGAGA」参加メンバー12名の選抜を『すっぽんの女たち』(テレビ朝日)番組内で行い、3位で選抜入りを果たした。

2011年

2012年

  • 3月31日、『SDN48 コンサート「NEXT ENCORE」 in NHKホール』をもってSDN48を卒業。

人物[編集]

  • キャッチフレーズは「なにぬね!!、ノンティー!」。
  • AKB48の中では、お笑い担当だった。雑誌『TOKYO★1週間』(講談社)のコーナー「AKB48 虎の巻」の中で「ノロイの館」というミニコーナーを持っていた時期があり、そのプロフィールでは「AKB48初の“お笑い系アイドル”」と紹介されていた。そのことが、のちに「なちのん」の結成へとつながっていく。相方として佐藤夏希を誘ったのも野呂である。
  • 怖がりで、特に爬虫類両生類が苦手。『AKB0じ59ふん!』のコーナーでカエルヘビが登場した際には、泣き叫びながらスタジオの隅に逃げてゲーム参加を拒否したり、鉢巻きで目隠しして見ないようにするなど、徹底的に拒絶していた。また、スタンドマイクも苦手なほどの先端恐怖症である。
  • AKB48に入る前に「朝倉佳代」という名でドラマ『ことぶきウォーズ』に主人公の同僚役・絵里として出演していた。なお、CBCラジオAKB48 今夜は帰らない…』の前パーソナリティから「なちのん」にMCが代わり「なちのんの全力で!」がサブタイトルとして付いた2007年10月6日放送分で、このドラマに出演していたことを明かしている。
  • AKB48時代は大堀恵と並ぶメンバー最年長だったが、大堀のほうが誕生日が先であることと、『AKB0じ59ふん!』で「最年長キャラ」大堀が台頭したことにより、年長組として扱われることは多くても、野呂単独で最年長キャラとして扱われることは少なかった。SDN48では大堀、三ツ井裕美、谷咲伴美と同年齢であった。
  • AKB48のオーディションの際には、年齢と体重、靴のサイズを偽っていた。当時のオーディションに応募できる年齢制限は22歳以下だったが(ただし、当時の野呂は22歳で年齢的には問題なかった)、それが原因で3期生オーディションでは20歳以下までに引き下げれられた[5]。ちなみに、4期生以降のオーディションからは現在の18歳以下になった。なお、年齢と体重、靴のサイズを偽ったことについては「16人姉妹の歌」の歌詞にも取り上げられている。
  • 『AKB0じ59ふん!』の体力測定のコーナーで競馬出走に見立てた際には「ノロコトオウシュウ」[6]なる出走名が付与されたり、『AKBINGO!』で小学校の卒業写真を公表した際にバッドボーイズの大溝清人に「ハワイ力士みたい」、「体、仕上がってるね」などと言われたり[7]するなど、体型に関する揶揄が多く、本人も、AKB48のオーディションを受けた時点で既に「正直太っていた」が、「顔はまあまあ普通にヤセているように見えた」ため「バストアップしか映らない」「テレビ電話オーディションのおかげで入れたと思います」と自認している[8]。ただし、前述の体力測定では好結果を残し、『サスケマニア』では優勝を経験するなど、身体能力は高い。
  • 愛称の「ノンティー」を命名したのは戸島花。SDN48に移籍してからは「キャップ」と呼ばれることが多くなった[9]
  • 秋元康ものまねが得意で、度々ラジオ番組などで披露している(スターデジオAKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!』など)。また、秋元のことを「秋P」と呼んでいる。
  • AKB48時代、MCでは旧チームK最年少の奥真奈美から「野呂はどうなの?」と、話を振られるのが定番になっていた。
  • プロ野球は読売ジャイアンツのファン[10]
  • モーニング娘。のオーディションを受けたことがあるが、3次審査で落選した[11]
  • 里田まいは友達で、一緒に食事に行く仲。
  • 弟がいる。
  • そばアレルギー[12]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • キスはだめよ

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園
  • ふしだらな夏

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • 君はペガサス

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 向日葵

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • リターンマッチ

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • エンドロール

THEATRE G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

SDN48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

SDN48 1st Stage「誘惑のガーター」公演

  • Never!
  • オールイン

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティなど[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • NPO法人J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動支援作品「真里亜〜その愛の果てに〜」(2009年1月28日 - 2月2日、シアターグリーンBOX in BOX THEATER ) - 主演・裕美役
  • クロックガールズ「あり得ない! 再演」『父さんの殺人』『律義な強盗犯』(2010年4月23日、APOCシアター) - 橋本 役
  • シアターエアリーリアル朗読劇『赤い天使』一巻(2012年6月21日・22日、恵比寿Liveゲート) - 主演・美華 役(福田朱子とのダブルキャスト)
  • TheNightofChristouse〜クリスマウスの夜2012〜 [1](2012年12月12日 - 16日、新宿シアターモリエール) - 主演・渡辺佐恵 役
  • FAKE STAR 3rd Skit「キャッシュ・オン・デリバリー」(2013年2月5日 - 8日、中目黒キンケロ・シアター/12日・13日、in→dependent theatre 2nd
  • 浅草あちゃらか 再演(2013年4月25日 - 29日、俳優座劇場) - 主演(佐藤由加理とW主演)
  • ジェットラグプロデュース「アルテノのパン」 (2013年6月5日 - 10日、赤坂RED/THEATER)
  • 劇団クロックガールズ第10回公演「LINK」(2013年10月29日 - 11月3日、バティオス) - 客演
  • 日本喜劇人協会 時代劇喜劇「おっとっとっと三度笠」(2014年2月14日 - 16日、三越劇場

ミュージカル[編集]

  • 韓流ミュージカル「パルレ(洗濯)」(2012年2月4日 - 16日、三越劇場、2012年2月17日・18日 、サンケイホールブリーゼ) - ナヨン役(木村花代とのダブルキャスト)[14][15]
  • 韓流ミュージカル「パルレ(洗濯)」再演(2012年5月11日 - 13日・16日 - 19日、俳優座劇場) - ナヨン役(稲田みづ紀とのダブルキャスト)
  • KOYA-MAP アニソンぷらす presents 喝采<アニソンミュージカルバージョン>(2012年10月31日 - 11月4日、前進座劇場

イベント[編集]

  • CBC GREEN LIVE(2009年3月21日、CBCホール
  • 野呂!春場所!(2012年3月14日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • 『ノンティーLIVE 2013 with いつものアイツ』〜カラオケで歌わせていただきます〜(2013年5月11日、LIVE HOUSE SPACE WITH)
  • ノンティーランド夏休み林間学校 〜野呂さんおやつ禁止です〜(2013年8月10日、マザー牧場
  • 立花裕人のトーク&ライブ(2013年9月5日、Livehouse Restaurant BLUE MOOD)
  • 野呂佳代生誕祭〜祝●0歳 大人の階段登ってます❤〜(2013年10月26日、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル Club Fuji
  • ノンティーLIVE 2014 〜リベンジしたい30歳の春だから今度はバンドでライブやらせてください〜(2014年5月10日、四谷LOTUS)

インターネットテレビ[編集]

  • Internet TV 神田祭.ch(2009年5月10日、神田祭.ch)
  • 麻里子姫はアプリがお好き(USTREAMYoutube
  • ハマカーン&野呂佳代の当たんの佳代!!〜ミニロト&ナンバーズ当選番号実況放送(ニコニコ動画、毎月最終火曜日)
  • アキバで逢いまShowroom (2014年1月7日 - 、Pigoo LIVE) - 火曜MC

DVD[編集]

ディスコグラフィー[編集]

参加作品[編集]

発売日 タイトル 名義 商品コード 楽曲 タイアップ
PONY CANYON
2014年4月23日 上島ジェーンビヨンド/
オリジナル・サウンドトラック
九十九里ッターズ PCCR-00604 波の数だけ I need you 上島ジェーンビヨンド挿入歌

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • 食楽(2010年7月6日、徳間書店) - 「野呂佳代の女がおかわり、ナゼいけないっ!?」
  • 週刊プレイボーイ(2011年5月9日 - 、集英社) - 「篠田麻里子の草食系男子改造計画」を篠田麻里子・佐藤由加理との共同連載[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 芸能人更生バラエティ バナナ塾』(2013年7月16日放送、東海テレビ)にて測定。
  2. ^ MOON THE CHILD”. 2007年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月11日閲覧。
  3. ^ 本人公式GREEブログ「昨日m(__)m」(2010年3月26日閲覧)
  4. ^ 【お知らせ】 - SDN48公式ブログ(2011年10月15日)
  5. ^ 『bayfm ON8 柱NIGHT with AKB48』2011年1月31日放送分より
  6. ^ 「Akepedia」のコーナーで「野呂と大堀が琴欧洲勝紀佐渡ヶ嶽部屋)と同じ1983年生まれである」と紹介されたのがきっかけ。
  7. ^ そのときのナレーションでも「野呂佳代関」と呼ばれていた。
  8. ^ 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』P24
  9. ^ とくに篠田麻里子のブログで多用される。
  10. ^ 『AKB48 チームK 5th Stage「逆上がり」』 2009年5月11日公演MCより
  11. ^ 本人公式GREEブログ「時間を追っていきますね♪」(2010年6月28日閲覧)
  12. ^ 有吉AKB共和国2012年5月5日放送にて
  13. ^ 放送翌日よりレコチョクでも「番組ダイジェスト+番組で話せなかった篠田麻里子の内緒話」が配信される
  14. ^ SDNキャプテン・野呂佳代、初ミュージカルで主演 - スポーツ報知(2011年9月24日)
  15. ^ 韓国オリジナルミュージカル「パルレ★洗濯」公式サイト
  16. ^ KBCラジオ『週刊プレイボーイ presents 篠田麻里子と愉快な仲間たち』連動企画。

外部リンク[編集]


先代:
古川恵実子
ON8DJ
2010年4月 -
野呂佳代(月)
真木ひろか(火 - 木)
次代:
-