生駒里奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いこま りな
生駒 里奈
Rina Ikoma Nogizaka46 HTC event 20140903.jpg
生駒 里奈
プロフィール
愛称 いこまちゃん
いこたん
生年月日 1995年12月29日
現年齢 19歳
出身地 日本の旗 日本秋田県由利本荘市
血液型 AB型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 153 cm / kg
備考 靴のサイズ 23cm
活動
デビュー 2011年
所属グループ 乃木坂46AKB48チームB
活動期間 2011年 -
アイドル: テンプレート - カテゴリ

生駒 里奈(いこま りな、1995年12月29日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー[2]、およびAKB48チームBのメンバーである[3]秋田県由利本荘市出身[4]

略歴

  • 子どもの頃、秋田県のダンススクール『ダンスアベニュー・StudioS』に通い[5]、ジャズダンスを習った[6]。中学生の頃、ダンススクール時代の先輩に感化されて吹奏楽部に入部し、ドラム、マリンバ、ヴィブラフォンなどのパーカッションを演奏した[7]。中学3年生の時、所属部が全日本吹奏楽コンクールの東北大会で銀賞を受賞した[8]。中学校を卒業後、高等学校に進学したが、高校生になってから中学生の頃のように部活動に打ち込まなくなり、自宅で過ごすようになった[9]。その姿を父親が見て心配し、暇を持て余すくらいなら何かに頑張ることをうながす気持ちでチラシを持ってきて乃木坂46の1期生オーディションを受験するよう勧められた[9]
  • 2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではピコの「桜音」を歌った[10]。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だった[11]。オーディションに合格後、高校1年生の夏休みに秋田県の高等学校から東京都の高等学校へ転校した[12]。後に仕事の都合でその高等学校も通学が困難になったため、ほぼ高校2年生の時に通信制の高等学校へ転校した[12]
  • 2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューし[13]、センターを務めた[14]。それまでは吉本彩華が暫定選抜のセンターだったため[15]、なぜ私がセンターなのかという気持ちだった[16]。2012年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「水玉模様」で初のソロ曲を務めた[17]。この頃からセンターへの迷いがなくなり、自分にできることを精一杯やろうという気持ちになった[16]
  • 2012年12月12日、『日刊スポーツ』(東北6県版)で「いこまびより」の連載を開始した[18]
  • 2013年1月22日、秋田県由利本荘市のふるさと応援大使に任命された[4]
  • 2013年4月20日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」までセンターを務めてきたが、6thシングル「ガールズルール」では白石麻衣がセンターを務めるため、前2作で白石が務めていた2列目中央のポジションと交代することが発表された[19]。センターを交代してからはプレッシャーから解放されて気持ちに余裕ができた[20]。それからは与えられた場所で輝くことを大切にした[20]
  • 2013年5月15日、『ピラメキーノ640』(テレビ東京)の「おはよう! だるだるEnglish」のコーナーに出演を開始した[21]
  • 2013年6月、語彙・読解力検定3級に合格した[22]。乃木坂46の1期生23人中17人が合格した[22]
  • 2013年6月18日 - 30日、生駒がデザインしたオリジナルキャラクター「てーんちゃん」のグッズがキデイランドの期間限定ショップ『うさぎのモフィ』で発売された[23]。「てーんちゃん」は、乃木坂46結成当時に生駒が高山一実のノートにした悪戯書きから誕生した[24]
  • 2014年2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』(Zepp DiverCity)で交換留学生としてAKB48チームBとの兼任が発表された[3]。兼任を決心したのは『真夏の全国ツアー2013』のライブを終え[25]、国立代々木競技場第一体育館のような大きなステージを経験したがゆえに、もはや「経験がない」というのは言い訳にならないと考え[26]、「このレベルでお客さんに見せたらダメだ」と思い[27]、ダンスパフォーマンスを向上させたいと計画していたが、そのためのスケジュール調整が困難で悩んでいたところにAKB48兼任の話を持ちかけられたからである[25]
  • 2014年4月、高等学校を卒業した[28]
  • 2014年4月12日、西武ドームで開催されたAKB48の33rdシングル「ハート・エレキ」の握手会イベントでAKB48としての活動を開始した[29]。AKB48兼任中はパフォーマンス能力を上げるため体幹トレーニングを取り入れた[30]
  • 2014年6月7日、『AKB48 37thシングル選抜総選挙』の開票イベントで14位となり、AKB48のシングル選抜メンバーに初選出された[31]
  • 2015年1月5日、『花とゆめ』(白泉社)に鈴木ジュリエッタの「神様はじめました」と生駒の「てーんちゃん」がコラボレーションしたクリアファイルが付録された[32]
  • 2015年3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』においてAKB48チームBとの兼任解除が発表された[33]
  • 2015年夏、映画『コープスパーティー』で初の主演を務める予定[34]

人物

  • 愛称は、いこまちゃん[注 1]、いこたん[35]。弟がいる[37]。好きな食べ物は白米、キュウリの浅漬け、きなこ棒である[38]。好きな曲はピコの「二息歩行」「孤独の果て」である[39]。その他、ボーカロイド、ロックを聴く[40]。推したいメンバーは西野七瀬[41]渡辺麻友である[42]。憧れの女性アーティストはハナエである[43]。ハナエの存在は『神様はじめました』のアニメから知った[43]
  • アイドルになる前は子ども好きということもあり、保育士や幼稚園の先生になりたかった[9]
  • 高校生の頃、伊藤寧々と同じクラスだった[44]
  • 乃木坂46のダンス七福神である[45]。乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」からセンターを務めていたため、ダンスパフォーマンスにおける指揮を担っていた[16]。乃木坂46のダンスは「フォーメーション移動が少なくて、どちらかというと落ち着いてる。かわいさを表現する時も踊りよりも表情やしぐさで見せることのほうが多い」「アイドルダンスでもない」と述べている[46]
  • 乃木坂46では少年役を演じることがある[47]
  • 乃木坂46の七福神が八福神になった時点で福神にはあまり意味がなくなったと考えている[48]
  • 趣味は漫画[49]、アニメ観賞、買い物である[50]。1,000冊以上の漫画本を持っている[51]。漫画を好きになったのは、中学1年生の頃に友人から『銀魂』の漫画を勧められたのがきっかけである[37]。お気に入りの漫画は『NARUTO -ナルト-』『ONE PIECE』『SKET DANCE』『青の祓魔師』『銀魂』『妖狐×僕SS』などの少年漫画である[37]。その他、『NO.6』『デュラララ!!』『B.A.D.』『進撃の巨人』『鬼灯の冷徹』などの漫画も好きである[52]。お気に入りのキャラクターは『ONE PIECE』のゾロ、『NARUTO -ナルト-』のナルト、『黒執事』のセバスチャン、『艶漢』の詩郎である[53]。ただし、小説も読む[54]
  • 特技はスネアドラムである[55]

作品

シングル

乃木坂46

渡辺麻友

  • ツインテールはもうしない(2012年7月25日、SRCL-8030) - EAN 4988009052632

AKB48

アルバム

乃木坂46

AKB48

映像作品

出演

テレビドラマ

  • BAD BOYS J(2013年6月22日、日本テレビ) - 木下愛莉 役[56]

テレビアニメ

その他のテレビ番組

映画

ラジオ

公演

書籍

写真集

雑誌・新聞連載

  • 日刊スポーツ 東北6県版(2012年12月12日 - 、日刊スポーツ新聞社) - 毎週水曜日連載「いこまびより」[18]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「いこまちゃん」と表記する場合もあれば[35]、「生駒ちゃん」と表記する場合もある[36]

出典

  1. ^ 生駒 里奈|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年). 2012年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月23日閲覧。
    生駒里奈 (2012年7月17日). “にゅやッ だた!!殺 センセーヽ( ・∀・)ノ”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年7月17日閲覧。
  2. ^ 生駒 里奈|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会. 2012年6月14日閲覧。
  3. ^ a b “【AKB組閣】“公式ライバル”乃木坂・生駒がAKB兼任に チームB入り”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2034411/full/ 2014年2月24日閲覧。 
  4. ^ a b “乃木坂46生駒が由利本荘市の応援大使に”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130122-1075321.html 2013年5月6日閲覧。 
  5. ^ ダンスアベニュー・StudioS(スタジオS)~秋田市のダンススクール”. Studio S. 2013年4月11日閲覧。
    わあお‼‼⁉☆”. すたじおえっす☆のブログ. CyberAgent (2011年8月22日). 2013年4月11日閲覧。
  6. ^ 「乃木坂46 歌と魂を視覚化する物語」『MdN』2015年4月号、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、月刊版、76頁。ASIN B00TSOFB2G
  7. ^ 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日ASIN B006NSVZUW
  8. ^ 吹奏楽部で培った経験は一生モノ 乃木坂46・生駒里奈”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年1月16日). 2014年6月29日閲覧。
  9. ^ a b c 生駒里奈 (2012年8月17日). 乃木坂46の生駒里奈ちゃん(16)に「働くこと」について相談してきた. インタビュアー:草彅洋平. HOUYHNHNM.. http://www.houyhnhnm.jp/blog/kusanagi/2012/08/46.html 2013年4月10日閲覧。 
  10. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ~公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(2)【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_02.htm 2013年4月13日閲覧。 
  11. ^ “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_01.htm 2013年4月13日閲覧。 
  12. ^ a b 「Graduation story 05 生駒里奈 乃木坂46-Here I am」『Graduation-高校卒業-2014』411号、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2014年2月26日ISBN 978-4-86336-385-4
  13. ^ “乃木坂46・白石麻衣の“愛の言葉”を聴きに銀座へ!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2011年12月21日). http://thetv.jp/news_detail/26866/ 2012年11月23日閲覧。 
  14. ^ “乃木坂46 MVにライバルのエース前田敦子が登場”. hotexpress (プランテック). (2012年2月9日). http://www.hotexpress.co.jp/news/120209_nogizaka/ 2012年2月9日閲覧。 
  15. ^ 「今週の乃木坂46も追っかけ隊ッ! AKB48 vs. 乃木坂46「最強ライバル」現わる!」『FLASH』2011年9月13日号、光文社、2011年8月30日、26頁。
  16. ^ a b c 「乃木坂46 号泣! 2nd選抜までのすべて」『ENTAME』2012年6月号、徳間書店、2012年4月28日、月刊版、56頁。ASIN B007SWLQ2E
  17. ^ “乃木坂生駒ソロ! 異例の早さ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年4月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20120420-936856.html 2012年11月23日閲覧。 
  18. ^ a b “乃木坂46生駒が新連載! 東北6県版に掲載”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20121211-1058599.html 2013年4月7日閲覧。 
  19. ^ “乃木坂6枚目シングルで白石が初センター”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年4月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130420-1115349.html 2013年4月21日閲覧。 
  20. ^ a b 「生駒里奈-みずみずしい感性でリードするグループのアイコン」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドル Special』 高倉文紀、日経BP社、2013年11月29日、12頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  21. ^ a b “乃木坂46・生駒が“ピラメキーノ”の人気コーナーで準レギュラーに!”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2013年5月14日). http://news.thetv.jp/article/38628/ 2013年5月24日閲覧。 
  22. ^ a b 乃木坂メンバーの合否は…? 語彙・読解力検定の結果発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  23. ^ “乃木坂46西野七瀬と生駒里奈 開発キャラクター、東京駅「うさぎのモフィ」ショップで期間限定販売”. 芸能ニュースラウンジ (モバイルメディアプロダクション). (2013年6月19日). http://newslounge.net/archives/83326 2013年6月19日閲覧。 
  24. ^ 生駒里奈 (2012年10月31日). “いきなりヽ( ・∀・)ノ”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年10月31日閲覧。
  25. ^ a b 「First Meets」『週刊ビッグコミックスピリッツ』2014年4月21日号、小学館、2014年4月7日、No.19、2頁。ASIN B00J7U98FW
  26. ^ 「少女の視線」『BOMB』2014年2月号、eiichiro miyata、学研マーケティング、2014年1月9日、月刊版、63頁。ASIN B00HAMUCFO
  27. ^ 生駒里奈 (2014年4月1日). 乃木坂46「気づいたら片想い」特集 - 生駒「大組閣」を語る (6/9). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46_09/page/6 2014年4月1日閲覧。 
  28. ^ 生駒里奈 (2014年7月8日). 生駒里奈 Vol4.辛いけどこの仕事って楽しい. インタビュアー:西中賢治. エンタメウィーク.. http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/14678 2014年7月8日閲覧。 
  29. ^ “生駒里奈がAKB48として初ステージ”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年4月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/04/12/0006858058.shtml 2014年4月12日閲覧。 
  30. ^ 「不思議の国のいこまちゃん。」『BOMB』2014年6月号、学研マーケティング、2014年5月9日、月刊版、25頁。ASIN B00JS6WDJS
  31. ^ AKB48 (2014年6月7日). “「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48 Official Blog ~1830mから~. CyberAgent. 2014年6月7日閲覧。
    “乃木坂46生駒里奈「意味がわからない」順位発表に驚愕<コメント全文/第6回AKB選抜総選挙>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月7日). http://mdpr.jp/news/detail/1372839 2014年6月8日閲覧。 
  32. ^ “「神様はじめました」作者と乃木坂46生駒が対談、アニメ2期は本日スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月5日). http://natalie.mu/comic/news/135445 2015年1月5日閲覧。 
    生駒里奈 (2015年1月6日). “花とゆめヽ(・∀・)ノ”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年1月6日閲覧。
  33. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. オリコン (2015年3月26日). 2015年4月17日閲覧。
  34. ^ “生駒里奈:ゲーム実写化で映画初主演 「私で大丈夫?」”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年2月26日). http://mantan-web.jp/2015/02/26/20150225dog00m200060000c.html 2015年2月26日閲覧。 
  35. ^ a b “生駒里奈(乃木坂46)『NARUTO -ナルト-』”. 週プレNEWS (集英社). (2014年11月9日). http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/09/38590/ 2014年11月9日閲覧。 
  36. ^ 「乃木坂46学園入学案内!-顔と名前を覚えてねカタログ」『週刊プレイボーイ』2011年10月10日号、集英社、2011年9月26日、NO.41、142頁。ASIN B007ZR9GUG
  37. ^ a b c 生駒里奈 (2012年5月2日). 乃木坂46(生駒里奈)ロングインタビュー&フォトギャラリー (1/4). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka4602 2012年5月2日閲覧。 
  38. ^ 「美女散歩 Vol.2 乃木坂46と妄想デート」『Samurai ELO』2012年12月号、インフォレスト、2012年10月24日、月刊版、161頁。ASIN B009L6X632
  39. ^ 「乃木坂46 First Message」『TVガイドGIRLS』2012年4月号、東京ニュース通信社、2012年2月28日、80頁。ASIN B007BDT5CS
  40. ^ 生駒里奈 (2012年11月2日). “げふんげふん!”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年11月2日閲覧。
  41. ^ 生駒里奈 (2012年6月15日). 乃木坂46「乃木坂って、どこ?」徹底解剖 (5/5). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka4603/page/5 2012年6月15日閲覧。 
  42. ^ “乃木坂・生駒、推しメンは“まゆゆ” 総選挙は「ドキドキ」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2025280/full/ 2013年6月7日閲覧。 
  43. ^ a b 「生駒里奈 (乃木坂46) ×ハナエ表紙巻頭特別対談」『FREECELL』特別号29、プレビジョン、2014年5月31日、20頁。ISBN 978-4-04-898242-9
  44. ^ 伊藤寧々 (2014年3月15日). “ねねころぐ(´・_・`) *417”. 乃木坂46 伊藤寧々 公式ブログ. 2014年4月22日閲覧。
  45. ^ [乃木坂って、どこ? 【「私服おしゃれチェック/ダンス初披露!」】 ]の番組概要ページ”. gooテレビ番組. ワイヤーアクション (2011年). 2011年11月28日閲覧。
  46. ^ 「乃木坂46の象徴 生駒里奈インタビュー AKB48選抜総選挙への恍惚と不安」『EX大衆』2014年4月号、双葉社、2014年3月15日、月刊版、62頁。ASIN B00IN9P442
  47. ^ 「乃木坂46-1期生32人全員集合パーフェクト名鑑」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no.27、54頁。ASIN B00DDUZR98
  48. ^ 生駒里奈 坂の途中で思うこと”. BUBKA Web. 白夜書房 (2014年3月6日). 2014年3月6日閲覧。
  49. ^ “〈私のコミック履歴書〉乃木坂46 生駒里奈さん”. コミック・ブレーク (朝日新聞社). (2014年2月19日). http://book.asahi.com/book/comicbreak/2014021800005.html 2014年2月19日閲覧。 
  50. ^ “生駒ちゃんインタビュー「来年こそ乃木坂で紅白」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年12月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141229-OHT1T50012.html 2014年12月29日閲覧。 
  51. ^ 生駒里奈 (2014年7月1日). 生駒里奈 Vol3.外に出て、乃木坂メンバーのあたたかさを知った. インタビュアー:西中賢治. エンタメウィーク.. http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/14677 2014年7月1日閲覧。 
  52. ^ 生駒 里奈(いこま りな) - 乃木坂と、まなぶ ~ 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年3月11日). 2014年1月5日閲覧。
  53. ^ “乃木坂46 生駒里奈が選ぶ男マンガキャラTOP5とは?”. ニコニコニュース (niwango). (2014年2月26日). http://natalie.mu/music/news/108546 2014年2月26日閲覧。 
  54. ^ 生駒里奈 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/7/2/ 2011年11月2日閲覧。 
  55. ^ 「春の足音」『FLASH』2013年4月2日号、光文社、2013年3月19日、6頁。ASIN B00BSDQ24Q
  56. ^ a b “「劇場版BAD BOYS J」に乃木坂46白石&生駒が出演”. ナタリー (ナターシャ). (2013年7月8日). http://natalie.mu/music/news/94516 2013年7月8日閲覧。 
  57. ^ “AKB北原、SKE須田、乃木坂生駒が「Go!Go!家電男子」で家電アイドル“USB45”に”. 音楽ナタリー. (2015年1月6日). http://natalie.mu/music/news/135499 2015年1月9日閲覧。 
  58. ^ “オリラジ中田ら新番組、特捜警察に扮しジャンプ作品調査”. ナタリー (ナターシャ). (2014年3月19日). http://natalie.mu/owarai/news/112465 2014年3月19日閲覧。 
  59. ^ “はんにゃとフルーツポンチ出演「ピラメキーノ」子役恋物語が全国公開”. ナタリー (ナターシャ). (2014年12月20日). http://natalie.mu/owarai/news/134342 2014年12月20日閲覧。 
  60. ^ “『コープスパーティー』が実写映画化決定! 主演は乃木坂46/AKB48兼任の生駒里奈さん――主題歌は声優の今井麻美さんが担当”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2015年2月26日). http://www.famitsu.com/news/201502/26072656.html 2015年2月26日閲覧。 
  61. ^ 9月4日のパーソナリティは 乃木坂46/AKB48 生駒里奈ちゃんに決定!!”. リッスン? ~Live 4 Life~. 文化放送 (2014年9月4日). 2014年9月4日閲覧。
  62. ^ “生駒里奈、AKB48劇場初公演に「すごく貴重な体験」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月29日). http://natalie.mu/music/news/115555 2014年4月29日閲覧。 
  63. ^ 『季刊 乃木坂』vol.4 彩冬、東京ニュース通信社、2014年12月26日ISBN 978-4-86336-451-6

外部リンク