小野恵令奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おの えれな
小野 恵令奈
本名 小野 恵令奈
生年月日 1993年11月26日(21歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 154 cm
血液型 A型
職業 アイドル歌手女優
ジャンル バラエティ映画テレビドラマ
活動期間 2006年4月1日 - 2010年9月27日
2011年10月30日 - 2014年7月15日
活動内容 AKB48第2期生(元チームKメンバー)
主な作品
映画
伝染歌』/『ひぐらしのなく頃に
ひぐらしのなく頃に誓』/『さんかく

テレビドラマ
マジすか学園』/『タンクトップファイター

小野 恵令奈(おの えれな、1993年11月26日 - )は、日本の元女優、元歌手女性アイドルグループAKB48の元メンバー。

東京都出身[1]。元レプロエンタテインメント所属[2]。レーベルはワーナーミュージック・ジャパン。愛称はえれぴょん[1][3]

略歴[編集]

2006年

2007年

2009年

2010年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では15位で、シングル選抜入りを果たした。
  • 6月、映画『さんかく』で初ヒロイン役を演じた。
  • 7月11日に代々木第一体育館で開催された『AKB48 コンサート「サプライズはありません」』の千秋楽で、同年9月21日開催の『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』には参加しないと表明[4]。さらに、同年夏をもってAKB48を卒業することを発表した。
  • 9月27日のチームK公演をもって、AKB48を卒業した。正規メンバーの卒業は新チーム体制に移行してからは初となる[要出典]
  • 9月28日付けで、活動を休止し所属事務所の公式プロフィールが削除された。卒業後は日本国外へ留学する予定で、その期間は芸能活動を停止するが、女優業を勉強し将来的な芸能活動の再開も考えていると表明していた[5]
  • 10月12日付けで、本人のブログ『キラキラぴょん吉成長日記』からの内容には「海外に旅立つ」旨の報告があった。
  • 11月4日付けで、所属事務所との契約が終了[6]、本人のブログ『キラキラぴょん吉成長日記』も閉鎖された。

2011年

  • 7月27日付で『KIRA★KIRA 小野恵令奈official blogブログ』と題したブログを新たに開設した。
  • 新たな公式ブログを作成するためとの報告を最後に、10月3日付けで『KIRA★KIRA 小野恵令奈official blogブログ』を閉鎖した。
  • 10月30日、同日付でレプロエンタテインメントに所属したことを発表。また、同日開催の同じ事務所所属の9nineのファンミーティングにサプライズゲストとして出演した[7]

2012年

2013年

2014年

  • 7月3日付けの本人のブログで、芸能界から引退する旨を発表。「突然のご報告となり、ご迷惑とご心配をおかけすることになってしまいごめんなさい」としたうえで、引退の理由を「新たな夢や目標が出来て今回の様な決断をさせて頂きました」と表明した[10]
  • 7月15日付けで、レプロエンタテインメントとの契約を終了すると同時に引退[3]。本人のブログ、およびTwitterのアカウントが削除された。

人物[編集]

  • 妹がいて、2人姉妹[要出典]
  • ファンを大切にしている[独自研究?]ワニブックス刊『48現象 極限アイドルプロジェクトAKB48の真実』でのインタビューで「あなたのお父さん以上の年齢の人が『えれぴょぉぉ〜ん』とか来るわけでしょう? ぶっちゃけキモくない?」という質問に対し腹を立て、「学校の友達と同じ事を言うんですね……。自分を応援してくれてる人をそんなふうに言われるのって、ほんとガマンできないんですよ」「ファンの人がいなかったら今絶対ここにいない」「お客さんの応援があるとツラくても笑顔になれるし、ヤル気が出てくるんです」と答えた[11][12]
  • 落語が好きで、しばしば家族で浅草寄席を見に行っていた[13]写真撮影が趣味の一つであり、カメラはオリンパス・ペン E-P2を使用している[要出典]

AKB48関連[編集]

受賞[編集]

AKB48在籍時の参加曲[編集]

シングル選抜曲[編集]

AKBアイドリング!!!名義

アルバム選抜曲[編集]

  • 神曲たち』に収録
    • Baby! Baby! Baby! Baby!
    • 自分らしさ
    • 君と虹と太陽と

劇場公演ユニット曲[編集]

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • クラスメイト

チームA 2nd Stage「会いたかった」公演(2006年5月7日など)

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • ほねほねワルツ

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

  • アイドルなんて呼ばないで

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • となりのバナナ

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • わがままな流れ星

THEATRE G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」公演(途中降板)

  • 制服レジスタンス

作品[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 レコードNo: 形態 備考
ワーナーミュージック・ジャパン
1 2012年6月13日 えれぴょん 3位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
WPZL-30384・5
WPZL-30386・7
WPZL-30388・9
WPZL-30394・5
WPCL-11097
初回限定盤A
初回限定盤B
初回限定盤C
ローソン限定盤
通常盤
えれぴょん顔アップ盤
えれぴょん水着盤
えれぴょんから、女子推薦盤
 
とにかくかわいい、えれぴょん盤
2 2012年10月3日 えれにゃん 3位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
WPZL-30452・3
WPZL-30454・5
WPZL-30456・7
WPZL-30458・59
WPCL-11222
初回限定盤A
初回限定盤B
初回限定盤C
初回限定盤D
通常盤
表えれ盤
裏えれ盤
ともだちになりたい盤
彼女になりたい盤
 
3 2012年12月26日 Say!!いっぱい 9位 CD+DVD
CD
CD
CD
WPZL-30468/9
WPCL-11346
WPCL-11347
WPCL-11253
初回限定盤A
初回限定盤B
初回限定盤C
通常盤
表えれ盤
裏えれ盤
ともだちになりたい盤
 
4 2013年3月6日 君があの日笑っていた意味を。 15位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
WPZL-30565/6
WPCL-30567/8
WPCL-30585/6
WPCL-11373
初回限定盤A
初回限定盤B
初回限定盤C
通常盤
表えれ盤
裏えれ盤
ともだちになりたい盤
 
5 2013年5月29日 ファイティング☆ヒーロー 21位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
WPZL-30613/4
WPZL-30615/6
WPZL-30617/8
WPCL-11466
初回限定盤A
初回限定盤B
初回限定盤C
通常盤
 

アルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 レコードNo: 形態 備考
ワーナーミュージック・ジャパン
1 2013年6月19日 ERENA TBA CD+DVD
2CD
CD
WPZL-30498/9
WPCL-11278/9
WPCL-11280
初回限定盤A
初回限定盤B
通常盤
 

ソロ楽曲[編集]

  1. FIRST LOVE(作詞:秋元康、作曲:梅原晃、編曲:野中"まさ"雄一

映像作品[編集]

  • キラ☆キラ ONO ERENA TV (2009年4月24日、竹書房
  • 卒業 〜AKB48・小野恵令奈 4年半の真実〜(2010年11月3日、ワニブックス

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品 備考
FIRST LOVE ルイ・ヴィトン製作短編アニメ「SUPERFLAT FIRST LOVE」イメージソング AKB48 12thシングル「涙サプライズ!
えれぴょん フジテレビ系ドラマ:『リーガル・ハイ』オープニングテーマ 1stシングル「えれぴょん」
ファイティング☆ヒーロー MBSTBS系ドラマ:『タンクトップファイター』主題歌 5thシングル「ファイティング☆ヒーロー」

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・音楽番組[編集]

CM[編集]

  • トライ式高等学院「大阪城ホール篇」(2010年2月24日 - 10月)
  • カゴメ『野菜一日これ一本』(2010年5月10日 - ) - 「野菜シスターズ」ビート 役

ラジオ[編集]

OVA[編集]

  • ICE(2007年) - ユキ 役

ネット配信[編集]

  • えれなびげーしょんっ!(2012年2月19日 - 、ニコニコ生放送) - 冠番組[要出典]
  • ボカロ 歌ってみたスタジオ(2012年2月26日 - 5月13日、ニコニコ生放送) - レギュラー[要出典]

ドラマCD[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 小野恵令奈 2009年カレンダー(2008年10月11日、ハゴロモ
  • 小野恵令奈 2010年カレンダー(2009年10月28日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 金のタマゴ発掘隊 File.19 小野恵令奈”. オリコン (2008年7月9日). 2014年11月29日閲覧。
  2. ^ a b 小野恵令奈が芸能界引退「約8年間、とても楽しかったです」”. エムオン・エンタテインメント (2014年7月3日). 2014年11月29日閲覧。
  3. ^ a b 元AKB「えれぴょん」小野恵令奈さん、芸能界引退”. 朝日新聞 (2014年7月3日). 2014年11月29日閲覧。
  4. ^ AKB48、小野恵令奈が卒業&次期選抜をじゃんけんで決定”. ナターシャ (2010年7月12日). 2014年11月29日閲覧。
  5. ^ AKB48・小野恵令奈、卒業後の進路は 「海外留学」&「女優業勉強」”. オリコン (2010年7月12日). 2014年11月29日閲覧。
  6. ^ 小野恵令奈ご報告(太田プロダクション)[リンク切れ]
  7. ^ 元AKB48小野恵令奈がレプロエンタテインメントに移籍、芸能活動再開”. オリコンスタイル. オリコン (2011年10月30日). 2011年10月30日閲覧。
  8. ^ ☆小野恵令奈☆CDデビューで本格始動!! - 小野恵令奈オフィシャルファンクラブ(2012年4月3日)
  9. ^ 「エレーナ速報」 - 小野恵令奈オフィシャルブログ(2012年4月3日)
  10. ^ 小野恵令奈、引退理由は「新たな夢出来た」 ラストの活動予定なし オリコン2014年7月3日
  11. ^ 「あなたがいてくれたから」AKB48・小野恵令奈が卒業、海外留学を決めた真相 サイゾー
  12. ^ 小林よしのりゴーマニズム宣言スペシャル AKB48論』71ページ「第6章 アイドルは「偏見」で見る」
  13. ^ 『じょしらく』第一巻 スペシャルメッセージ(講談社)より[要ページ番号]
  14. ^ 2009年10月20日の読売新聞朝刊に掲載された広告では、チームKから選抜されたのは大島と小野の2人だけであった。(新聞サプライズ! : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  15. ^ 「えれぴょんさん`・ω・´」 - 石田晴香オフィシャルブログ(2011年7月28日)
  16. ^ サマヨイザクラ 登場人物”. フジテレビジョン. 2014年11月29日閲覧。
  17. ^ ほねほねワルツ・パーフェクトバージョン~骨ごと まるごと~ DVD”. Amazon.co.jp. 2014年11月29日閲覧。