仲谷明香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかや さやか
仲谷 明香
プロフィール
本名 仲谷 明香
愛称 なかやん、なかちゃん
性別 女性
出生地 日本の旗 日本岩手県盛岡市
生年月日 1991年10月15日(22歳)
血液型 B型
職業 声優タレント
事務所 アミュレート
公式サイト 仲谷明香公式ブログ『続、駄菓子菓子、』
公称サイズ(2012年5月時点)
身長 / 体重 162 cm / 48 kg
スリーサイズ 80.5 - 59 - 87 cm
声優活動
活動時期 2008年 -
ジャンル アニメ
デビュー作 メイド
(『テイルズ オブ ジ アビス』)
音楽活動
活動時期 2007年 -
ジャンル J-POPアニメソング
職種 歌手
共同作業者 AKB48(チームB→チームA→チームK)
NO NAME
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

仲谷 明香(なかや さやか、1991年10月15日 - )は、日本声優タレントである。岩手県盛岡市出身[1]AKSMousaを経てアミュレートに所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

来歴[編集]

2006年
2007年
2009年
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAに異動することが発表され、2010年7月27日にチームAに異動した。
  • 12月7日にそれまでの所属事務所・AKSからMousa中田ちさととともに移籍した。
  • 12月、アメーバブログにて「仲谷明香オフィシャルブログ」をスタート。
2010年
2011年
  • 1月2日、IBC岩手放送 より、自分自身の冠番組「仲谷明香 (AKB48) のなかやん通信」放送開始。
  • 2月24日から2月27日、舞台『時空警察ヴェッカーサイト』にディアナ役で出演。
  • 4月18日、スカパー! PigooHDにて、Mousa所属メンバーによる新番組『PigooRadio〜Mousa』が放送開始。
  • 4月29日から放送のNHK連続アニメ『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』で、北条文乃の声を担当。
  • 9月14日、斎藤惇夫児童文学作品『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(アニメ『ガンバの冒険』の原作)から生まれたユニット「BABY GAMBA」のヴォーカルとして田名部生来とともに、DVDシングル「ええじゃないか」でavexよりデビュー[2][3]
  • 11月よりWeb配信されている『はらぺこヤマガミくん』のナレーションを担当。
  • 12月13日に開催されたテレビアニメ『AKB0048』声優公開オーディションに合格し、声優選抜入りを果たした。
2012年
  • 3月3日 - 3月9日 銀座シネパトスにて公開された、劇場版『はらぺこヤマガミくん』のナレーションをWeb版に引き続き担当。
  • 3月、『痛車グラフィックス』のマスコットキャラクター 涼比奈こころ役を担当。
  • 4月2日、小学館101新書より自叙伝『非選抜アイドル』を出版。4月11日には発売を記念して、福家書店新宿サブナード店にてサイン会を行った。
  • 4月26日、『AKB0048』声優選抜メンバー9名による新ユニット「NO NAME」の結成が発表される。同作の主題歌「希望について」と「夢は何度も生まれ変わる」を歌う[4]
  • 5月、NHK東日本大震災プロジェクト「明日へ」のテーマソングを歌う、同じAKB48の岩田華怜とともに花は咲くプロジェクトの一員として「花は咲く」東日本大震災復興支援チャリティーソングに参加した。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では36位で、ネクストガールズ入りを果たした[5]
  • 7月、TVアニメ「ちとせげっちゅ!!」の主人公、桜庭ちとせの声を担当。また、他の出演者2名と主題歌「ちとせげっちゅ!!の歌」を歌う。
  • 8月3日より『AKB0048』webラジオ「AKB0048in仲谷明香(仮)」パーソナリティを務める。
  • 8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKに異動することが発表された[6]
  • 11月1日、チームKに異動。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[7]
2013年
  • 2月7日 - 2月10日、舞台『鉄道員(ぽっぽや)』に佐藤雪子役で出演。
  • 3月2日、この日開催されたチームKウェイティング公演(夜公演)にて、声優オーディション受験のため、3月6日に開催されるチームKウェイティング公演をもって、AKB48を卒業することを発表[8][9]
  • 3月6日、この日開催されたチームKウェイティング公演をもってAKB48を卒業。また同日付でMousaとの契約も終了[10]
  • 4月26日、中経出版より『非選抜だった私を救った48のことば』を出版。4月30日に福家書店新宿サブナード店にてサイン会を行った[11]
  • 7月1日、アミュレートに所属したことを発表。同時にTwitterも開始[12]
  • 12月27日、2014年放送開始の『ハピネスチャージプリキュア!』オープニングテーマ「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」を歌う事が発表される。自身初となるソロでのアニメソングとなる[13]
2014年
  • アートプログラム「Moving Distance:2579枚の写真と11通の手紙」[14](主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)、豊島区)に参加。高橋栄樹監督の映像作品「after」にてナレーションを担当、テキストは詩人の和合亮一の書き下ろし。同プログラムで、朗読公演を実施、新作「交換」を発表する。「交換」は、劇作家演出家羊屋白玉指輪ホテル)による書き下ろし。

人物[編集]

  • かなり温厚な性格らしく、今までに怒ったことは一度もない。『AKBINGO![15]では「怒ったことが一度もない、年中笑顔の菩薩系アイドル」と紹介された。
  • 趣味は、アニメを見ること、ニコニコ動画を見ること、睡眠。特にニコニコ動画に登場する「歌い手」が好き。
  • 好きな食べ物は、リンゴカレーなど。辛いものも大好き。また料理が趣味でコショウミルで挽くほどである[16]
  • 好きな男性のタイプは、格好つけない人。
  • 一人称は「仲谷」。
  • 3人兄弟の末っ子。兄が2人おり、それぞれ独立して生活している。
  • 兄の1人はゲーマーで、PCエンジンを所持していた。2人でソフト「ゴールデンアックス」などをプレイしていた[17]
  • 2011年時点では千葉県在住のため、一時期公式プロフィールなどの出身地は千葉県で統一されていた。しかし、初期並びに2013年現在のプロフィールでは、7歳まで居住していた「岩手県出身」と表記されている(盛岡市生まれ)。7歳以降、母親の実家がある千葉県に引っ越した[18]
  • 以前の公式プロフィールでは身長159cmとなっていたが、握手会でファンから「意外に身長高いね」とよく言われ、本人も背が高いことを気にして普段はハイヒールはあまり履かない[19]
  • AKB48加入前には声優養成所に通っていた。演技が好きな声優は矢島晶子大谷育江。また、声優の水樹奈々に憧れており、たびたびライブを見に行っている。アニメ『テイルズ オブ ジ アビス』でアフレコに初挑戦した。また、喉のために冷房禁止、常にのど飴を携行するなどの対策をしている[20]
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のオーディオブック制作の際、当初は登場人物の女子高生のセリフのみの予定だったが、仲谷の表現力を気に入った著者の岩崎夏海ピーター・ドラッカーの『マネジメント』からの引用部分を含めた全編を仲谷に担当させることを出版社に進言し、全編を仲谷一人で朗読することとなった(オーディオブックの特典で、岩崎と仲谷の対談の中で語られている)。このオーディオブックはオトバンク主催の「オーディオブックアワード2010」において、「オーディオブック・オブ・ザ・イヤー」を受賞、また仲谷も2011年4月25日からNHK総合で放送された[21]テレビアニメ版に北条文乃役で出演した。

AKB48関連[編集]

  • キャッチフレーズは、「私の半分は優しさでできています」。
  • チャームポイントは、「二の腕のモチモチ」。
  • チームB 2nd Stage「会いたかった」』公演までは「AKB48唯一の眼鏡っ娘」で始まる自己紹介だったが、『チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」』公演からは、眼鏡を外してコンタクトレンズで出演するようになったため、自己紹介も「ニューフェイスじゃありません、メガネを取っても必死系、なかやんこと仲谷明香です」に変更した。その後「私の半分は優しさでできています」に変更されている。また、IBC岩手放送での自身のラジオ番組の番組宣伝で同局のテレビ番組に出演した際は「AKB48唯一の東北出身[22]」から自己紹介を始めた。
  • 劇場公演では休演者のアンダー(代役)も積極的にこなし、所属するチーム以外のアンダー出演もしていたため、チーム4発足までは、正規メンバーでは数少ない全チームの公演に出演した経験を持つメンバーであった。
  • 千葉県に転居後、市川市立第七中学校で偶然同級だったのが前田敦子[18]。仲も良く、一年生の時はよく一緒に登下校していた。2010年4月14日のチームA公演のMCで前田は「なかやんとはモルモット仲間で、よく一緒に遊ばせてたの」と発言している。
  • AKB48のオーディションを受ける契機となったのは、同級生だった前田が先に活動していたのを知ったからとされるが、実際の動機は以前から憧れていたプロの声優になるための足がかりにしようと思ったからである[23]
    • AKB48加入以前より声優の養成所に通っていたことは前記したが、月謝が払えず辞めることになった。辞めてすぐに同級生だった前田敦子がAKB48に入ったという噂を聞き、調べたら「お金が掛からない」ということも受ける契機の一つとなった[24]
  • 尊敬するメンバーは高橋みなみ
  • 仲の良いメンバーは片山陽加中塚智実多田愛佳 (HKT48) 、田名部生来渡辺麻友柏木由紀中田ちさと米沢瑠美(2012年2月脱退)など。また、石田晴香岩佐美咲ら「ニコ厨」3人で、ニコニコ動画の話題で盛り上がるという[25]
  • メンバーからの呼称はほとんどが「なかやん」だが、米沢からは「にゃんにゃん[26]」、佐藤亜美菜、片山からは「なかちゃん」、ごく稀に渡辺と田名部からは「なかやなん」と呼ばれている[27]
  • 多田、田名部、渡辺と「ヲタ4」を結成している(アニメが好きな4人組)。
  • 柏木、片山と「チーム控えめ」を結成している。この3人に田名部が加わると「キューテェーちーむ」となる。
  • AKB48に加入してから卒業するまで、シングル表題曲の選抜メンバーに入ることは皆無だった。
  • チームBに在籍していた時に渡辺の14歳の生誕祭が行われた劇場公演を堀江由衣が観客として観覧しており、公演終了後に劇場スタッフからメンバーに挨拶に行ってほしいと頼まれ、楽屋に訪れた際に愛用の鏡に堀江のサインが書かれており、その鏡は使わずに保管されているという。その4年後にテレビアニメ『AKB0048』にて共演することとなった[28]

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

太字は主役・ヒロイン

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

ゲーム[編集]

2008年

2011年

2013年

  • 姫奪!!デモンズサーガ(シャルル[32]
  • 百年戦記 ユーロ・ヒストリア(クリスティーヌ、ジャクリーヌ、アニェス・ソレル、ヨハンナ、エルジェーベト、パリシーナ、ジネヴラ・デステ)[33]

2014年

  • アイドル事変(桃井梅[34]
  • ウチの姫さまがいちばんカワイイ(断罪姫 ガブリエラ[35]
  • CHAOS;CHILD香月華[36]
  • サウザンドメモリーズ(花菱の暗躍者イザベル[37]
  • 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION(西沢ミナ[38]
  • 魔法少女大戦 ZANBATSU(雪[39]

ドラマCD[編集]

  • 姉ログ[40]※コミックス第2巻ドラマCD付き特別版
  • 白魔女学園 覚醒(椚未来[41]
  • LOVE SO LIFE ときめき☆きらめき文化祭」 ※花とゆめ2013年発売21号付録

ラジオCD[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

  • マジすか学園 第1話・第2話・第5話・第7話 - 最終話(2010年1月8日・15日・2月5日 - 3月26日、テレビ東京) - アニメ 役
  • マジすか学園2 第1話 - 第3話・第6話・第7話・第10話 - 最終話(2011年4月15日 - 29日・5月20日・27日・6月17日 - 7月1日、テレビ東京) - アニメ 役

映画[編集]

  • 武蔵野線の姉妹(2012年11月17日公開、アイエス・フィールド) - 緑川ひかる(パンドラ) 役

舞台[編集]

  • AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATRE G-ROSSO) - メイド(妹) 役
  • 時空警察ヴェッカーサイト (2011年2月24日 - 27日) - 時空刑事ディアナ 役
  • 時空警察ヴェッカーχ ノエルサンドレ (2011年11月1日・2日、荻窪魁ホール) - 時空刑事ディアナ 役
  • 鉄道員(ぽっぽや)(2013年2月7日 - 10日、日本橋公会堂) - 佐藤雪子 役
  • カラフル企画Vol.4「めぐりあうとき」(2013年9月18日 - 22日、笹塚ファクトリー) - 里中きみえ 役
  • 劇団たいしゅう小説家 Present's「GUNG」(2013年11月23日 - 12月1日、萬劇場) - パズル 役[31]
  • 全労済ホールスペース・ゼロ 提携公演 Reading Live Theater「こゝろ」生演奏と映像とともに綴られる新感覚のライヴ朗読劇(2013年12月21日・22日、全労済ホールスペース・ゼロ
  • 劇団たいしゅう小説家 Present's「名主畑リーサとイザナギ君」(2014年5月2日 - 6日、萬劇場)

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 劇ラヂ!ライブ(2012年5月4日、NHKラジオ第1) - みちのく☆パンクロック 遠山希美 役
  • 音楽ドラマ「恋する♪クラシック」(2013年8月24日、NHK-FM) - 遥 役

ナレーション[編集]

  • 「はらぺこヤマガミくん」(2011年 Web版、2012年 劇場版)
  • 全力応援!NHK杯フィギュア2012(2012年11月15日 - 23日、NHK総合・BS1) - ナビゲーター
  • 「after」(2014年 監督:高橋栄樹、テキスト:和合亮一)

イベント[編集]

  • 第1回「コジマPresents デジタルまんが祭りinうつのみや」(2011年5月28日、宇都宮市オリオンスクエア
  • 朗読少女「真夏の夜の朗読会」(2012年7月22日)
  • 第一回板橋アイドル会議 (2013年8月28日、cafe&bar marquee)

CM[編集]

  • デジサポ岩手(アナログ放送終了告知含む)
  • Kstars Wonderland(2013年、フィールズ) - ナレーション

その他[編集]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

NO NAME名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームB 1st Stage「青春ガールズ」公演

  • 禁じられた2人

チームB 2nd Stage「会いたかった」公演

  • 嘆きのフィギュア
  • 恋のPLAN
  • 背中から抱きしめて
  • リオの革命

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ
  • 純情主義(2008年5月19日)
    • ※休演した井上奈瑠の代役として出演
  • てもでもの涙
  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

大島チームK ウェイティング公演

書籍[編集]

新書[編集]

雑誌[編集]

  • クイックジャパン87号(2009年12月11日発売 太田出版)
  • iモードで遊ぼうvol50(2009年12月12日発売 アスキーメディアワークス)
  • 月刊ラジオライフ2月号(2009年12月25日発売 三才ブックス)
  • BOMB3月号(2010年2月9日発売)
  • FRaU(2010年10月8日 講談社)
  • EX大衆(2010年12月15日 双葉社)
  • アスキーメディアワークス「電撃ゲームス」(2011年3月24日発売)
  • BIG ONE GIRL(2011年9月30日 近代映画社/BABY GAMBA)
  • 少年サンデー(2011年9月27日 小学館)
  • 週刊朝日(2011年11月1日発売 朝日新聞出版)
  • 週刊アスキー増刊(2012年1月26日 アスキーメディアワークス)
  • 週刊アスキー(2012年2月14日発売 アスキーメディアワークス)
  • smart 4月号(2012年2月24日 宝島社)
  • De☆view(2012年5月1日 オリコン・エンタテイメント)
  • ストリートジャック 8月号(2012年6月24日 KKベストセラーズ)

カレンダー[編集]

  • 仲谷明香 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 仲谷明香 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

オーディオブック[編集]

キャラクター・ボイス[編集]

  • コミPo!(まったく絵を描かなくても、気軽にポッとマンガがつくれちゃう!)、イメージキャラクター「こみぽちゃん」(ウェブテクノロジ、2010年10月15日) - キャラクター・ボイス[42][43]
  • 痛車グラフィックス マスコットキャラクター 涼比奈こころ

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

発売日 タイトル 名義 楽曲 タイアップ
2011年
9月14日 ええじゃないか BABY GAMBA(仲谷明香・田名部生来 「ええじゃないか」
2012年
5月23日 花は咲く 花は咲くプロジェクト 「花は咲く」 NHK東日本大震災プロジェクトテーマソング
11月7日 ちとせげっちゅ!! ちとせ・みさき・雛子(仲谷明香・徳井青空MAKO 「ちとせげっちゅ!!の歌」 テレビアニメ『ちとせげっちゅ!!』エンディングテーマ
ちとせ(仲谷明香) 「スーパーハイパーげっちゅ!」
2014年
3月5日[13] ハピネスチャージプリキュア!WOW! 仲谷明香 「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」

テレビアニメ『ハピネスチャージプリキュア!』オープニングテーマ

5月13日[44] ONENESS 仲谷明香 他[注 1] 「ONENESS」 Animelo Summer Live 2014 -ONENESS-』テーマソング
7月23日 ハピネスチャージプリキュア! ボーカルアルバム1 〜Hello!ハピネスフレンズ!〜 仲谷明香 「トキメキ one two three」

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 仲谷明香(AKB48)のなかやん通信 ♪番組紹介 - IBC岩手放送
  2. ^ AKB48 :仲谷と田名部が新ユニット「BABY GAMBA」を結成 「ガンバ」の衣装でダンスを披露 - まんたんウェブ(毎日新聞社) 2011年8月1日
  3. ^ BABY GAMBA「ええじゃないか」2011年9月14日リリース決定!! - BABY GAMBA 公式サイト(エイベックス・マーケティング) 2011年8月1日
  4. ^ TVアニメ『AKB0048』、主題歌は声優選抜メンバーのユニット"NO NAME"が担当」 - マイナビニュース(2012年4月26日)
  5. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  6. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  7. ^ AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙 - ナタリー(2012年11月3日)
  8. ^ “仲谷明香 6日にAKB卒業…アニメ声優オーディション受験のため”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2013年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/02/kiji/K20130302005309330.html 2013年3月2日閲覧。 
  9. ^ 仲谷明香卒業のお知らせ - AKB48公式ブログ
  10. ^ 仲谷明香・AKB48卒業並びに弊社との契約終了のお知らせ - Mousaホームページ
  11. ^ “元AKB仲谷明香「一般人です」”. ニッカンスポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年4月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130430-1120222.html 2013年5月23日閲覧。 
  12. ^ 改めまして”. 仲谷明香公式ブログ『続、駄菓子菓子、』 (2013年7月1日). 2013年7月1日12:30閲覧。
  13. ^ a b プリキュア : 主題歌に元AKB48の仲谷明香 目標へ前進,毎日新聞,2013年12月27日
  14. ^ Moving DIstance
  15. ^ 2010年11月17日放送分
  16. ^ 「質問回答」[リンク切れ] - 本人公式ブログ(2011年7月20日)
  17. ^ 2012年7月5日放送『AKB48のあんた、誰?』(NOTTV
  18. ^ a b 『非選抜アイドル』
  19. ^ 「凸凹」[リンク切れ] - 本人公式ブログ(2010年6月12日)
  20. ^ 「質問回答」[リンク切れ] - 本人公式ブログ(2011年8月13日)
  21. ^ 当初3月から放送する予定だったが、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響で延期。
  22. ^ 2011年2月20日に宮城県仙台市出身の岩田華怜が加入するまで。番組出演はその前に行われている。
  23. ^ 週刊朝日』(朝日新聞出版) 2011年11月11日号
  24. ^ 『ナカイの窓』(2013年2月20日放送分、本人談)
  25. ^ 「ニコニコクリエイティ部」[リンク切れ] - 本人公式ブログ(2011年8月10日)
  26. ^ これは小嶋陽菜の愛称でもある。
  27. ^ 「なかやなん」[リンク切れ] - 本人公式ブログ(2011年1月7日)
  28. ^ 堀江由衣の天使のたまご』(文化放送) 2012年8月5日
  29. ^ a b キャラ紹介&キャスト”. AKB0048公式サイト. 2013年11月13日閲覧。
  30. ^ キャラクター/キャスト”. TVアニメ「ちとせげっちゅ!!」公式サイト. 2013年11月13日閲覧。
  31. ^ a b 声優グランプリ』2013年12月号、132ページ
  32. ^ 元AKB48声優が演じる新キャラカードがGREE『姫奪!!デモンズサーガ』に登場 - SankeiBiz(産経デジタル) 2013年9月10日
  33. ^ オンラインゲーム出演情報”. 仲谷明香公式ブログ『続、駄菓子菓子、』 (2013年12月26日). 2013年12月26日21:00閲覧。
  34. ^ CHARACTER”. アイドル事変. 2014年6月30日閲覧。
  35. ^ ゲーム出演&イベント情報”. 仲谷明香公式ブログ『続、駄菓子菓子、』 (2014年8月8日). 2014年8月8日閲覧。
  36. ^ コンプティーク』2014年9月号、角川書店、2014年8月9日
  37. ^ Twitter / 1000_memories:【キャラ紹介】花菱の暗躍者イザベル”. 2014年5月6日閲覧。
  38. ^ 電撃PlayStation』Vol.554、アスキー・メディアワークス2013年11月14日
  39. ^ 47の魔法少女たち”. PlayStation®Vita版『魔法少女大戦』オフィシャルサイト (2014年3月30日). 2014年3月30日閲覧。
  40. ^ 『姉ログ』2巻にはなんと★ドラマCD付き特別版があります!!!通常版・特別版ともに9月18日発売!!”. WEBサンデー (2013年9月4日). 2013年9月28日閲覧。
  41. ^ みみめめMIMI新作ボートラ「白魔女学園」スピンオフ詳細”. ナタリー (2013年11月23日). 2013年11月24日閲覧。
  42. ^ 森田秀一 (2010年10月15日). “絵が描けなくても漫画を制作できるソフト「コミPo!」12月発売”. INTERNET Watch (Impress Watch). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101015_400360.html 2010年12月24日閲覧。 
  43. ^ コミPo! 応援隊”. コミPo!製作委員会. 2010年12月24日閲覧。
  44. ^ アニサマ2014テーマソング「アニメロ」で独占先行配信決定!”. 2014年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]