松原夏海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まつばら なつみ
松原 夏海
プロフィール
愛称 なっつみぃ
生年月日 1990年6月19日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本福岡県
血液型 B型
公称サイズ(2012年10月[1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 80 - 58 - 89 cm
活動
デビュー 2006年4月1日
ジャンル タレント女優
備考 元AKB48 チームK
(元チームK→チームA)
モデル: テンプレート - カテゴリ

松原 夏海(まつばら なつみ、1990年6月19日 - )は、日本タレント女優福岡県出身。プロダクション尾木所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

来歴[編集]

2006年

2009年

  • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では30位で、アンダーガールズ入りを果たした。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAに異動することが発表され、2010年7月27日にチームAに異動した。この結果、2期生で唯一のチームA所属となる。

2010年

2011年

2012年

  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKに異動することが発表された[2]
  • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16入りし、4年ぶりの選抜入りを果たす[3]
  • 11月1日、チームKに異動。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[4][5]

2013年

  • 5月5日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた『思い出せる君たちへ〜AKB48グループ全公演〜』K3rd「脳内パラダイス公演」において、AKB48を卒業することを発表[6]
  • 6月4日、AKB48劇場では最終出演となる、チームKウェイティング公演(松原夏海 卒業公演)が行われた[7]。劇場公演出演回数は699回であった。
  • 7月7日、幕張メッセで行われる「『さよならクロール』劇場盤発売記念大握手会」をもってAKB48を卒業[8]

人物[編集]

  • キャッチフレーズは「みんみんみん! なっつみん!!」[1]
  • 愛称は「なっつみぃ」で、一部のメンバーからは平嶋夏海の愛称でもある「なっちゃん」とも呼ばれている。
  • 5人兄弟の3番目[要出典]
  • 飼っている猫の名前は、「スペースエース」、通称「エース」。
  • 飼っている犬の名前は、「デスクリムゾン」、通称「クリム」。
  • いわゆる絶叫マシンが苦手で、乗らずに「写真撮ってる人」。また高所恐怖症でもある[9]

AKB48関連[編集]

  • 2006年にAKB48に加入して以来、2011年4月22日の公演まで劇場公演を一度も休んでいなかった。
  • チームAに移籍してからは、キャプテンの高橋みなみを支えたいと思っていた。
  • ダンスを完璧に覚えるので、メンバーから「なっつみぃに聞けば、一番正しい。全部わかってるから」と慕われている。
  • 第2回選抜総選挙の選抜入りの公約として、梅田彩佳大島優子野呂佳代らとのダンスグループ「梅島夏代」でのCDデビューを挙げた。
  • 第1回、第2回の選抜総選挙では、いずれも最下位当選を果たしていたため[10]、2010年1月4日放送分『SMAP×SMAP』に出演した際に、そのことを中居正広に指摘されていた。第3回選抜総選挙では圏外となる。
  • 第4回選抜総選挙では、当時のチームAメンバー(卒業を理由に辞退した前田敦子を除く15人)の中で、松原のみが圏外となった。松原がランクインしていれば総選挙史上初のチームの候補者全員当選だった[11]
  • その総選挙ではチームで唯一圏外になってしまいショックを隠しきれていない表情がスポーツ紙を飾り話題になった。また、後日行われた自身の生誕祭で、「あんな絶望を味わったのは初めてだった」と涙ながらに語った。
  • 大家志津香倉持明日香とは親友であり、倉持の生誕祭では大家と一緒に倉持明からの手紙を松原が作成し、読み上げるというドッキリを仕掛けたことがある。
  • 桜の花びらたち2008」以降、29thシングル選抜じゃんけん大会において「永遠プレッシャー」の選抜メンバーに選ばれるまで選抜外であり、過去に選抜に選ばれた後、次の選抜までの非選抜期間約4年9か月は最長記録である[12]

AKB48での参加曲[編集]

シングルCD選抜曲[編集]

アルバム参加曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • クラスメイト

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園
  • ふしだらな夏

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • くるくるぱー

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 向日葵
    ※野呂のスタンバイ

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ
※野呂のスタンバイ

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 16人姉妹の歌

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • エンドロール
  • 愛の色 ※
    ※奥のユニットアンダー

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • サボテンとゴールドラッシュ

大島チームK ウェイティング公演

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティなど[編集]

ラジオ[編集]

インターネット番組[編集]

  • 松原夏海の「723(なっつみ〜)チャレンジ!」(2013年7月23日 - 、チャンネル北参道[13]

舞台[編集]

映画[編集]

イベント[編集]

  • ☆夏海のヒーリングナイト☆(2012年6月29日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)

Web[編集]

  • Internet TV 神田祭.ch(2009年5月10日、神田祭.ch)

DVD[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 松原夏海 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 松原夏海 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)57頁
  2. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  3. ^ 【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに - ORICON STYLE 2012年9月18日
  4. ^ AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙 - ナタリー(2012年11月3日)
  5. ^ 当初は初日公演に出演できない予定だったが、松井珠理奈の休演により急遽、初日公演に出演した
  6. ^ 「☆発表☆878」”. 松原夏海オフィシャルブログ「夏の大航海」 (2013年5月5日). 2013年5月10日閲覧。
  7. ^ 「公演スケジュールのお知らせ」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年5月29日). 2013年6月4日閲覧。
  8. ^ 「松原卒業に関して」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年5月7日). 2013年5月10日閲覧。
  9. ^ AKB48ネ申テレビSpecial2009』2009年 12月28日放送分
  10. ^ 厳密には『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』の最下位当選は40位の石黒貴己(元チーム研究生)だが、直後の研究生セレクションで不合格となった結果AKB48のメンバーでなくなり、無効となった[要出典]
  11. ^ 速報の時点では57位で、チームAメンバー全員がランクインしていた。
  12. ^ 参考記録ではあるが梅田彩佳がCDシングル選抜曲に限ると「会いたかった」が発売された2006年10月25日から「上からマリコ」が発売された2011年12月7日までの5年2か月選抜外だったことがある(その間には配信限定シングルの「Baby! Baby! Baby!」の選抜に選ばれている)。
  13. ^ 2013年9月までは北参道放送局から配信。

外部リンク[編集]