出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(さかな)とは、を飲む際に添える食品を意味する語。派生して、酒を飲む際に共に楽しむ様々な対象(歌舞や面白い話題など[1])も肴と呼ばれる。酒肴(しゅこう)、酒にあてがうことからアテと呼ぶ事もある。 つまみともいう。

語源[編集]

「酒菜」から。もともと副食を「な」といい、「菜」「魚」「肴」の字をあてていた。酒のための「な(おかず)」という意味である。したがって、「さかな」という音からは魚介類が想像されるかもしれないが、酒席で食される食品であれば、肴となる。室町時代頃までは、こうした魚肉に限らない用法が一般的だった[2]

なお、魚類のことを「さかな」と呼ぶのは、肴から転じた言葉であり、酒の肴には魚介類料理が多く使用されたため[2]である。古くは「うを」(後に「うお」)と呼んでいたが、江戸時代頃から「さかな」と呼ぶようになった[2]

食品の肴[編集]

おつまみ
おつまみ
おつまみ付きの酎ハイ缶
おつまみ付きの酎ハイ
おつまみ自販機
おつまみ自販機

日本におけるビール枝豆などのように、酒類に応じて一定の組み合わせの食品が好まれることが多い。ワインチーズテキーラ食塩などが有名な組み合わせである。 日本酒を飲む際に箸の先に塩をつけてなめることで、肴とする人もいる。

つまみとして、肴向きに考案された食品・料理もある。スペインにはピンチョスタパスといった酒とともに楽しむ料理がある。 日本では西洋風のおつまみを指して「オードブル」と呼ぶことがあるが、本来は前菜を意味し、必ずしも肴として食前酒などと共に供されることを意図しない。

肴は酒と一緒に出すための料理であるが、安価な料理というわけではなくカラスミコノワタキャビアフォアグラと言った料理や手間がかかる料理を出すこともある。

医学的には、食品を酒とともに摂取することは、飲酒の悪影響を軽減するために効果がある。空腹の状態での飲酒は急激に酔いが進むため健康によくないが、良質のたんぱく質を同時に摂取することで、アルコールの吸収が緩やかになるとされる[3]。飲酒のペースを緩やかにすることも利点である。アサヒビール株式会社によれば、枝豆や豆腐にはアルコールの分解を助ける成分が含まれているという。他方で、フライなどの油の多い食品は、医学的には肴としてあまり好ましくないという[4]

生もの・焼き物・煮物・揚げ物・乾物他にも多種多様であり、素材も野菜類、魚介類、肉類、穀類(蕎麦がき)など多種多様にわたる。おやつスナック菓子など)を使用する事もある。

食品以外の肴[編集]

その酒席に参加している者が楽める事柄であれば何でも肴となる。酒席で提供される娯楽となるものが、食品以外の肴である。 酒の余興として演じられる出しものを指す言葉として、肴謡肴浄瑠璃、肴舞といった言葉がある。 他人の噂話をして酒席を盛り上げることを指して「酒の肴にする」ともいう。

脚注[編集]

  1. ^ 小学館「大辞林」
  2. ^ a b c 草川昇『語源辞典 名詞編』(東京堂出版、2003年)より「さかな」の項。
  3. ^ 大阪精神保健福祉協議会(編)『アルコール健康読本』(大阪府、2007年)、p.22
  4. ^ 危険! 問題飲酒 こんなときにも気をつけよう 二日酔い”. 人とお酒のイイ関係. アサヒビール株式会社. 2010年5月9日閲覧。

参考資料[編集]

関連資料[編集]

  • 成瀬宇平『酒とつまみの科学―天ぷら・寿司には白ワイン? チーズやキャビアに日本酒が合う?』(ソフトバンククリエイティブ、サイエンス・アイ新書、2009年)

関連項目[編集]