日本証券業協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本証券業協会
団体種類 認可金融商品取引業協会
設立 1973年7月1日[1]
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-5-8
起源 日本証券業協会連合会
主要人物 稲野 和利(会長)
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト http://www.jsda.or.jp/
テンプレートを表示

日本証券業協会(にほんしょうけんぎょうきょうかい、: Japan Securities Dealers Association)は、日本金融商品取引法上の金融商品取引業協会の一つ。略称はJSDA。

概説[編集]

日本国内にあるすべての証券会社および登録金融機関銀行や協同組織金融機関など、有価証券取引を行う金融機関として内閣総理大臣による登録を受けた金融機関)により設立されている。

法人の目的は、国内の有価証券市場において、協会員である金融機関が行う証券取引等を円滑かつ公正ならしめ、かつ、投資者の保護に資することである。

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)5月 - 各府県の証券業協会を全国レベルで束ねる連合組織として、日本証券業協会連合会が設立される。
  • 1973年(昭和48年)7月 - 日本証券業協会連合会と各地の証券業協会(当時は10団体)を解散させて、民法上の社団法人である社団法人日本証券業協会が設立される。これにより、構成員たる社員は証券業協会から各証券会社となった。
  • 1992年(平成4年)7月 - 証券取引法が改正されたことに対応して、証券取引法上の認可法人「日本証券業協会」に改組される。
  • 2001年(平成13年)2月 - 株式会社ジャスダックに市場運営業務を委託。
  • 2005年(平成17年)4月 - 社団法人証券広報センターを統合する。
  • 2007年(平成19年)9月 - 証券取引法が改正され金融商品取引法となったことに対応して、金融商品取引法上の認可金融商品取引業協会「日本証券業協会」となる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]