中田敦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中田 敦彦
本名 中田 敦彦(なか あつひこ)
ニックネーム あっちゃん[1]
生年月日 1982年9月27日(32歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市
血液型 O型
身長 173cm
方言 共通語
最終学歴 慶應義塾大学経済学部卒業
コンビ名 オリエンタルラジオ
相方 藤森慎吾
芸風 ボケ
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
吉本興業東京本社
活動時期 2003年 -
同期 はんにゃフルーツポンチなど
他の活動 俳優
配偶者 福田萌(2012年 - )
親族 FISHBOY(弟)

中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のお笑いタレントであり、お笑いコンビオリエンタルラジオボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾

経歴[編集]

1982年(昭和57年)、大阪府高槻市で生まれる。弟はポップダンスチームBLACK D.O.G.SのFISHBOY[2]。1992年4月、大阪から山口県山口市に移り、同市の小学校に転入。1995年4月、東京学芸大学附属小金井中学校に進学[3]。中学校では茶道部に在籍。東京学芸大学附属高等学校を経て、2001年4月に慶應義塾大学経済学部入学。高校生の時に観たビデオでダウンタウン千原ジュニアシティボーイズが好きになり、お笑い芸人の夢が少し芽生えた[4]。高校時代は爆笑問題のラジオ番組である「爆笑問題カーボーイ」のリスナーでもあり、自らが投稿したネタが採用された経験も持つ。

なお、高校時代の同級生に、元フジテレビアナウンサーの平井理央[5]、大学時代の同級生に元TBSアナウンサーの青木裕子がいる。そしてアルバイト先の保険会社の受付オペレーターをしていた藤森慎吾と出会う[4]。2003年8月1日に「オリエンタルラジオ」を結成。2004年4月に藤森の誘いで、吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校に入学[3]。大学は芸能活動が多忙のため、2度留年し、2007年3月に6年がかりで卒業した[6]

2011年から、お天気キャスターとして知られるタレントの福田萌と交際[7][8]。そして2012年6月3日、同月5日に福田萌との婚姻届を提出することを発表[9]、同月4日に結婚記者会見を行った[10]

お笑い芸人[編集]

山口県の小学校時代に通っていた塾で一緒だった川口誉と上京後の大学で再会し、コンビ「サメハダ」を組み、インディーズ団体に所属して活動を行っていた。解散後、川口はNHKに入局。解散後5年、川口とは音信不通だったが、2011年1月に同局の『ドキュメント20min.』で、「再会」と題して川口がディレクターとなり、中田に密着するドキュメンタリーが放送された[11]。なお、この回は『20min.』史上最高となる視聴率(関東地区3.9%)を記録した。

2004年、M-1グランプリでNSC在籍中ながら準決勝に進出し、一躍注目を浴びる[1]。中田は、「雑学芸人」[12]として単独でクイズ番組などに出演している。『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』や『めちゃ×2イケてるッ!』の企画「抜き打ちテスト」など、いずれも好成績を収めている[注釈 1]

その他[編集]

2007年、フジテレビ『牛に願いを Love&Farm』で、テレビドラマ初出演[13]

芸風[編集]

オリエンタルラジオのネタは、全て中田が作っている。バラエティ番組『10カラット』のコントでは、高飛車な役柄を演じた[14]

人物[編集]

趣味・特技は、ダンス映画漫画鑑賞。

新世紀エヴァンゲリオン』の大ファンで、初恋の相手は綾波レイであり、自分の女性の好みを統合するとレイになるというほど現在でも理想の女性であると公言している。学生時代には、アニメ内のレイの音声のみをすべてMDに録音し、それをヘッドフォンで聴きながら登校していた[15]。初号機など劇中のキャラクターの動きの再現も得意とし、バラエティ番組『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』では劇中の数シーンをカット割りも含めて忠実に演じて見せた。これが効して、綾波レイ役の声優林原めぐみとの対談が実現した。

L'Arc〜en〜Cielのファン。以前ミュージックステーションでVAMPS(L'Arc〜en〜Cielのヴォーカリストhydeによるロックユニット)と共演した際は「高校のときからファン」、「hyde師匠」などと発言していた。その後、ラルクのギタリストkenやベーシストtetsuyaとも自身の番組で共演。kenのソロ曲のPVに相方・藤森とともに参加するまでに至った。ちなみにもっとも好きな曲は「DIVE TO BLUE」。

アメトーク」の『中学時代イケてないグループに属していた芸人』の回に出演時、当時中田は丸メガネをかけていたことから「瀧廉太郎」というあだ名を付けられていたと語っている。また、中田は中学時代、茶道部に所属していたが、その前に一時期だけサッカー部にも所属しており、中田曰く「サッカー部から茶道部への華麗なる転身」とのこと。

高校時代、父親からは、一橋大学に進学し東京海上火災保険に入社することを望まれた。父は、横浜国立大学出身で、ワンランク上の国立大学に入って欲しかったのだろうと述懐している。しかし、すでに早稲田大学と慶應義塾大学に特化した受験勉強をしていたため、結局、慶應義塾大学に進学した[16]

かつては喫煙者であったが、結婚後、妻の要望を受けて禁煙した[17]

出演[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

  • 今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧(2010年5月5日、NHK-FM) ※エヴァンゲリオン特集コーナー 13時55分頃 - 14時58分頃の出演

映画[編集]

吹き替え[編集]

書籍[編集]

  • 「芸人前夜」(2013年11月27日、ワニブックス)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 参加した「第9回抜き打ちテスト」では、総合1位。2位になった相方の藤森との点差は52点で歴代最大。また、彼が出した得点「455点」は2014年の「フジテレビ開局55周年記念スペシャル」で菊川怜が「459点」を記録するまでは歴代最高記録であった。

出典[編集]

  1. ^ a b 遠藤敏文「今年の芸人人気ランキングで急浮上 お笑い要注意人物11」、『日経エンタテインメント!』第10巻第8号、日経BP社、2006年6月、 20-21頁、2011年8月9日閲覧。
  2. ^ “オリラジ・中田敦彦の弟は世界一のダンサーだった”. 日刊アメーバニュース. アメーバブログ. (2011年5月19日). http://news.ameba.jp/20110519-207/ 2011年8月9日閲覧。 
  3. ^ a b 2006年10月8日放送回『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ)出演時の本人談。
  4. ^ a b 川渕一彦「オリエンタルラジオ オリラジムックカッキーン!」、『お笑いポポロ』第4巻第1号、麻布台出版社、2006年2月、 10-11頁、2011年8月9日閲覧。
  5. ^ 川渕一彦「オリラジ最新"武勇伝"5!」、『お笑いポポロ』第4巻第2号、麻布台出版社、2006年5月、 10頁、2011年8月9日閲覧。
  6. ^ 2007年3月10日放送回『オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR』での本人談。
  7. ^ “オリラジ中田、福田萌と熱愛発覚!”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2012年1月15日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/01/05/0004722337.shtml 2012年1月16日閲覧。 
  8. ^ “オリラジ中田 福田萌と熱愛宣言”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2012年1月16日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/01/16/0004747831.shtml 2012年1月16日閲覧。 
  9. ^ “オリラジ中田、福田萌バースデー5日に結婚!”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2012年6月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120603/mar12060303580000-n1.html 2012年6月3日閲覧。 
  10. ^ “中田&萌、デレデレ会見「顔の大きさ格差婚」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2012年6月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120605/mar12060505060001-n1.html 2012年6月5日閲覧。 
  11. ^ みやび (2011年2月1日). “【エンタがビタミン♪】「利害関係が、友情。」オリラジ中田の言葉に、幼なじみが呆然。「俺たち、友達だよな!」”. TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2011/02/oriraji_nakata20min1101311113.html 2011年8月9日閲覧。 
  12. ^ ““チャラ男”藤森、次の標的は「少女時代です!」”. オリコン. (2011年8月5日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2000459/full/ 2011年8月9日閲覧。 
  13. ^ コ○助 (2007年5月13日). “連続ドラマ「牛に願いを Love&Farm」、香里奈ら6人で農大生の青春描く。”. Narinari.com. http://www.narinari.com/Nd/2007057424.html 2011年8月9日閲覧。 
  14. ^ 久保谷裕美「『10カラット』満点攻略BOOK」、『お笑いポポロ』第4巻第1号、麻布台出版社、2006年2月、 50頁、2011年8月9日閲覧。
  15. ^ 2008年4月25日放送回『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(テレビ朝日)の企画「エヴァンゲリオン芸人」出演時の本人談。
  16. ^ 『みんな十四歳だった!―よしもと芸人が語る、何者でもなかった「あの頃」の話―』吉本興業・新潮社(2012/09/28)
  17. ^ オリラジ中田、妻へマニフェスト守ります

外部リンク[編集]