"黒天使"沼澤邪鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
”黒天使”沼澤邪鬼
”黒天使”沼澤邪鬼の画像
プロフィール
リングネーム ”黒天使”沼澤邪鬼
本名 福井 直樹
ニックネーム 神様
キチ○イ
スクールオブデス教頭
身長 173cm
体重 93kg
誕生日 1977年6月8日(37歳)
出身地 埼玉県本庄市
所属 大日本プロレス
デビュー 2000年11月27日
テンプレートを表示

”黒天使”沼澤邪鬼(こくてんし ぬまざわじゃき[1]1977年6月8日 - )は、日本プロレスラー。本名は福井 直樹(ふくい なおき、旧姓・沼澤)。大日本プロレス所属。埼玉県本庄市出身。

通称「神様」「キチ○イ」、元からデスマッチがやりたくて大日本プロレスに入団したというほどの大のデスマッチフリーク。

経歴[編集]

中高と柔道部に所属。中学時代に見たプロレス番組でのグレート・ムタに衝撃を受けてプロレスに興味を持つ。高校卒業後は地元・本庄市の工場に就職するも、「嫌になって」退職。その後は職を転々とするが、一念発起して2000年に大日本プロレスに入団した(2007年8月21日東京スポーツ紙面より)。

大日本のレスラーとして、独特のデスマッチ観を持っており、今では伊東竜二と対を成す存在として名を馳せている。

入場時には客席に乱入し、有刺鉄線が巻かれたチェーンソーを振り回す。

スキンヘッドだが、これは元々アブドーラ小林に寝込みを襲われ、髪を剃られてしまった事によってである。

2004年はBJW認定タッグ王座に輝くなどの実績を残して成長を伺わせた。2005年デスマッチ7番勝負を行い、最終戦での関本大介戦で勝利をもぎ取った。

またこの7番勝負の第6戦で対戦相手を務めた葛西純の誘いに乗り、葛西とともにキチ○イタッグ「045邪猿気違's(ゼロヨンゴ ジャンキーズ)」を結成。葛西が活動休止に入った後は、MEN'Sテイオーとのタッグで活躍。

2006年はテイオーとのタッグを解消。葛西が復帰して、045邪猿気違'sが活動再開。同年5月5日の大会におけるBJW認定デスマッチヘビー級王座挑戦者決定戦「みなとみらいデスマッチin赤レンガ」に勝利し、6月26日の大会にて佐々木貴のベルトに挑戦が決定。互いのデスマッチに対する考え方を知りたいと提案した、「デスマッチダブルプロデュース・蛍光灯&ケージ+αデスマッチ」で対戦。試合には敗れたものの、マイクアピールで、「大日本(ダイニッポン)」コールと、編集泣かせの大「キチ○イ」コールを巻き起こした。この頃から、自らのモチベーションを高める為に、「キチ○イの神様」と言い放ち、「その日来てくれた客を幸せな世界に導く」と言い放つ他、この試合前に「黄金の雨」を降らせると予告して、中に大量の画鋲が入った蛍光灯束を用意。以来、変形首固め「神威」と共に、ここ一番のデスマッチで使われるようになった。

その後、伊東竜二の負傷欠場のため、空位となったデスマッチヘビー級王座を巡り、佐々木貴との抗争を再開。12月3日の大会で、1000本を超える蛍光灯を神殿の柱のように並べた「狂神の蛍光灯神殿デスマッチ」で対戦するも敗戦。

アパッチプロレス軍2007年6月の大会にて、1日2試合のハンデを乗り越え045邪猿気違'sWEWタッグ王座を奪取、リング上でそのベルトをデスマッチタッグ選手権に改称すると宣言。その後、8月26日プロレスサミット有明大会で、佐々木貴のデスマッチヘビー級王座に挑戦し、勝利。念願の第21代デスマッチヘビー級王者に輝いた。

この年には更に米国ウエストバージニアへと赴き、IWAイーストコーストの主催によるデスマッチ選手権大会―マスターズ・オブ・ペインの第2回大会に出場。第一回戦でインサーン・レーンを破って準決勝にまで進出したものの、コーク・ヘインとの有刺鉄線バンクハウスデスマッチにて敗れ去った[2]

やがて相棒の葛西とMEN'Sテイオーとともにデスマッチスクール「スクール・オブ・デス」を開校し、沼澤は「教頭」として、宮本裕向isami(木高イサミ)などを一人前のデスマッチファイターにするべく育成を任された。

2010年4月の大会では、BJW認定タッグ王者決定トーナメントに045邪猿気違'sで出場し優勝。045邪猿気違'sとしては2回目の王座奪還を達成。2011年1月にはバラモン兄弟に奪われたが、直後の2月に行われたリターンマッチで3度目の奪回を果たした。

2014年、若手時代に一度は破局した大日本プロレスの35歳の元社員と再び交際し7月4日に入籍、婿入りして本名が福井直樹になる[3]

タイトル歴[編集]

  • BJW認定デスマッチヘビー級王座
  • WEWタッグ王座
  • BJW認定タッグ王座
  • アイアンマンヘビーメタル級王座

得意技[編集]

  • 飛鬼邪行(ひゃっきじゃこう・スワントーンボムと同型)with蛍光灯
  • 狂鬼乱舞(変形バックフリップ)
  • 狂鬼蘭舞(シュバイン)
  • 神威(カムイ・変形首固め。2006年に葛西が復帰してからは、この技をフィニッシュホールドとするようになった)
  • 狂神太平(くるいがみのたいへい・低空ラリアット)
  • 神威落款(カムイラッカン・変形首固めから落下)

デスマッチ7番勝負[編集]

テーマ曲[編集]

「キチ○イ」の取扱いについて[編集]

沼澤や045邪猿気違'sに限らず、日本のデスマッチにおいては極めて危険なエキサイトシーンに対し、ファンや選手が畏敬を込めて『キチ○イ』と言うことがあるが、「キチ○イ」は差別用語としても用いられる事があり、放送禁止用語となっている。この為、中継番組「大日大戦」においては、観客の「キチ○イ」コールに修正の「ピー音」の連発がされていた。過去には10連発されたこともある。

2006年6月26日のデスマッチヘビー級選手権以降の放送では、オリジナリティ尊重の為、「キチ○イ」コール時でも「ピー」が被せられない場合が多い。だが2006年7月14日のメイン「夏だ!デスマッチだ!キチ○イ祭り」においては、リングアナの村上健は平気でアナウンスの際に「キチ○イ祭り」と言っていたのに対し、ナレーターは「クレージーフェスティバル」と言い換えており、テレビ埼玉での放映はピー音が被せられた。なおサムライTVでは2012年現在、観客のコールはそのまま放送している。

雑誌やWEB等などのメディアにおいては「キチ○イ」のように一部を伏せ字にして表記されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ぬまわ」と読まれる場合もあるが、大日本の公式サイト上では「ぬまわ」となっている
  2. ^ ケージマッチ:マスターズ・オブ・ペイン2007 - ウェイバックマシン(2007年11月30日アーカイブ分) (ドイツ語)
  3. ^ 大日本・沼澤邪鬼が婿入りしていた! 東スポWeb 2014年7月12日
  4. ^ 8.6.2005 Jun Kasai vs. Jaki Numazawa - YouTube - 大日本プロレス公式YouTubeチャンネル『bjwmovie』(デスマッチ動画・閲覧注意

外部リンク[編集]