中島裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中島 裕之
Hiroyuki Nakajima
ミッドランド・ロックハウンズ
Nakajima hiroyuki.jpg
西武時代(2011年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 1982年7月31日(32歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2000年 ドラフト5位
初出場 2002年10月6日
年俸 $2,875,000(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2008年
WBC 2009年

中島 裕之(なかじま ひろゆき、1982年7月31日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手内野手)。MLBオークランド・アスレチックス傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

兵庫県伊丹市出身。出生時は右肩が母体内で引っかかるなどの難産で、担当医からは「右肩に何らかの障害が残る可能性がある」と指摘され、乳児の頃から柔らかいゴム製のボールを半ば強制的に握らされていたという[1]。伊丹市立桜台小学校時代は投手として幼馴染みの山崎勝己バッテリーを組み、全国大会に出場。伊丹市立天王寺川中学校では宝塚シニアに所属し、高校進学時には県外の強豪校からもスカウトされ、地元の名門である報徳学園高校を受験。しかし不合格となり、野球では無名の伊丹北高校に進学[2][3]。シニアでの厳しい練習から野球に嫌気が差していたこともあり、強豪校とは違う練習環境の中で力を伸ばしていった。後に本人は「報徳に入学していたら野球を続けていなかったと思う」と発言している[2]

高校では1年時からレギュラーとなり、1年夏は右翼手として兵庫県大会に出場し、2年夏には1番打者として16強入りに貢献。以降は先発投手を務めるようになり、3年夏は「1番・投手」として出場し兵庫大会4回戦敗退。高校通算43本塁打

2000年ドラフト会議において西武ライオンズが5位指名で交渉権を獲得し契約金4000万円、年俸600万円(金額は推定)で入団した[4]。無名校出身ながら高卒で指名された理由について、当時同校の監督だった後藤博雄は「真面目な性格が下積みにも耐えられるとスカウトが評価したのではないか」と語っている[5]

西武時代[編集]

プロ入り後、高校まで経験のなかった遊撃手コンバートされる[6]2001年イースタン・リーグで30試合に出場して打率.105、2安打。守備でも7失策を喫した。

2002年は二軍のレギュラーとなり、リーグで唯一全試合に出場。安打、得点、犠飛死球でリーグ最多。リーグ2位の打率.299、チーム2位の11本塁打、リーグ4位の47打点を記録しファームの優秀選手を受賞。一方でリーグワーストの10併殺打、25失策と粗さも目立った。シーズン終盤の10月に一軍初出場、初安打を記録。

2003年は前年の4試合から44試合と出場数を増やし、初打点、初本塁打、初盗塁を記録。二軍ではチームトップの打率.306、同2位の13本塁打を放った。同年オフ、チームの大先輩である清原和博の背番号「3」を引き継いだ。

2004年FAニューヨーク・メッツへ移籍した松井稼頭央の後釜として、「7番・遊撃手」で初の開幕スタメンに抜擢された。その後も「正遊撃手は荷が重過ぎる」との声もある中で監督の伊東勤からスタメンで起用され、オールスターゲームにも監督推薦で初出場した。同年のパシフィック・リーグでは唯一フルイニング出場し、打率.287(リーグ19位)、27本塁打(リーグ8位)、90打点(リーグ7位)、18盗塁(リーグ4位)を記録してリーグ優勝と日本一に貢献した。

2005年イレギュラーバウンドした打球を顔面に受けて頬骨骨折し、戦線離脱。復帰後はレギュラーに戻り規定打席に到達して打率.274(リーグ19位)、11盗塁(リーグ7位)を記録したが、リーグ3位の17併殺打、遊撃手としてリーグ最多の10失策を記録。

2006年は開幕から3番打者を務め、オールスターゲームにも選出され、一時首位打者争いに加わるなどチームの首位争いに貢献した。7月30日の楽天戦で山村宏樹から死球を受け、左第4中手骨を骨折したが予定より早い9月12日に復帰した。初の打率3割となるリーグ4位の打率.306を記録。守備では2年連続で遊撃手部門リーグ最多の16失策を記録し、同年オフの契約更改では球団初となる守備での出来高払いが設定された。

2007年も開幕から3番で起用され、オールスターゲームに3度目の出場を果たした。両リーグ通じて唯一の9試合連続打点を記録するなど、リーグ5位の打率.300、同3位の160安打、チーム2位の74打点を記録したが、リーグ3位の134三振とレギュラー定着以降減少していた三振数が倍増した。守備でもリーグ2位、遊撃手としては3年連続リーグ最多の20失策を記録。

笑顔の中島(2008年)

2008年北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った[7]。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞ベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした[8]

2009年第2回WBC日本代表に選出された。1次選考選手発表の際にイチロー片岡易之岸孝之らと共に「(選ばれれば)日本代表のキーマンになる3人」と語った。大会では2番遊撃手として出場、発熱で一部の試合を欠場したが、2度目のキューバ戦でスタメンに復帰した。チームトップの打率.364、出塁率.516、7打点を記録して日本代表の大会2連覇に貢献した。ペナントレースでは開幕から25試合本塁打がなかったが、6月21日のヤクルト戦で通算100本塁打を達成。オールスターゲームに選手間投票によって選出され5度目の出場。第2戦でファウルボールを観客席に突っ込んで捕球するなどしてベストプレー賞を受賞し、「守備で賞を頂けたことがうれしい」とコメント。主に3番遊撃手としてリーグで唯一全試合フルイニング出場してシーズン後半には故障した中村剛也の代わりに4番打者も経験し、2年連続3割20本塁打20盗塁(史上5人目)、自己最多の92打点、173安打で自身初の最多安打、出塁率.398で2年連続となる最高出塁率のタイトルを獲得し、2年連続でベストナインも受賞した。遊撃守備では初めて守備率.980台をマークした。

2010年も3番打者としてチームを牽引した。一時は打率が4割を越えたが、シーズン終盤はチャンスでの併殺打が増えた。同年オフにはポスティングシステムを利用したメジャーリーグ挑戦を球団側に訴えたが、交渉窓口となった球団本部長(当時)の前田康介が「話し合いの結果、残留で決まった」と報道陣に対して一方的に発表したことから[9]、中島は「勝手に発表された。『分かった』としか言われていない」と、事実と異なる説明をされたとして球団に対する不信感を露にした[10]。その後、監督の渡辺久信の仲裁により球団側と再度話し合い、残留することが正式に発表された。

2011年はこの年から導入された統一球の影響もあり5月までは打率.266、3本塁打、OPS.771と調子が上向かなかったが、6月から調子を上げ、6月から9月まで打率.312、9本塁打、OPS.819と復調。7月11日のオリックス戦では警告試合を引き起こしている。発端は、6回裏に高宮和也の2球目が中島の背中に直撃。これに中島が激昂してマウンドへ歩み寄ると、両チームがベンチに飛び出し、乱闘寸前の雰囲気となった。試合は9対1で勝ったものの「(オリックスは)しょうもないチーム」、「ことしのうちに、必ず試合中にやり返しますよ」と発言した[11]。最終的にこのシーズンでの対オリックス戦は、打率.383、36安打の18打点と滅法強かった。チームが最下位に沈んでいた7月25日のロッテ戦では決勝本塁打を放ち、ヒーローインタビューではこの試合からキャプテンに任命されて右胸に「C」の文字が入ることを報告した。しかし10月は打率.271、本塁打なし、OPS.612と再び調子を落とし、5年連続で記録していた打率3割が途絶えた。最終的に右投手に対しては打率.316と例年通りの成績を残したが、左投手に対しては打率.237と苦手とした。本塁打も16本と4年ぶりに20本を下回ったが、得点圏打率はリーグ2位の.351を記録し、遊撃手としては史上二人目となるシーズン100打点を達成。中村剛也とともに球団初の100打点コンビとなった。また、21個の盗塁を成功させ失敗はわずか2個で、盗塁成功率は.913であった。オフには球団よりポスティングシステムを利用したメジャー移籍を容認されたことを受け、11月22日にメジャー挑戦を正式表明した[12]。同月28日に申請書類を提出し[13]、12月8日には入札額250万ドルでニューヨーク・ヤンキースが交渉権を獲得したことが発表された[14][15]。その後グレグ・ゲンスキーを代理人として入団交渉を行ったが契約合意には至らなかった[16]

2012年1月10日に契約更改を行い、このシーズンも残留することが決定[17][18]。シーズンでは6月に入ってから調子が上がり、6月の月間MVPを獲得。12年目で初の受賞となった。故障で離脱した中村の代わりに4番を打つこともあった。首位打者を牽引していたが、8月に腰の状態が悪化、9月に左脇腹痛を発症してからは打率が下がり、ロッテの角中勝也と首位打者を競うことになる。ロッテとの最終戦では1打席は四球。2打席目も敬遠気味にボールを投げられ、その際2球わざと空振りした[19]。最終戦では2打席凡退し、打率.311。1厘差で首位打者を逃した。オフには海外FA権を行使する。

アスレチックス時代[編集]

12月17日にオークランド・アスレチックスと総額650万ドルの2年契約+出来高(3年目は年俸550万ドルの球団オプション)で合意したことが報じられ[20]、18日に契約[21][22][23]。会見ではアスレチックスとの契約の理由についての問いに対しての「まぁ、(GMの)ビリー・ビーンが格好いいと…」という答えを通訳が「Billy Beane is extremely sexy and cool(ビリー・ビーンがセクシー&クールだから)」と英訳し、Twitterやアメリカのメディアで話題となった[24]

2013年スプリングトレーニングでは無安打が続いて、バッティングフォームをオープンスタンスに変更するなど深刻なスランプに陥った[25]。さらに、9試合ぶりの安打である一塁内野安打を打った直後に左太もも裏を損傷[26]。その後の試合は全て欠場し[27]、結局17試合の出場で打率.167、出塁率.286、本塁打なし、2盗塁、遊撃守備で4失策を喫してスプリングトレーニングが終わり、3月30日に15日間の故障者リスト入りして開幕を迎えた[28]。5月3日にはAAA級サクラメント・リバーキャッツの公式戦に出場したが、翌日に左太ももの痛みが再発し再検査を受けることが発表され[29]、23日に25人枠から外れる[30]。サクラメントでは遊撃手の他に三塁手と二塁手でも起用され、6月7日のツーソン戦まで10試合連続安打を記録し、前半戦は52試合の出場で打率.279、4本塁打、OPS.729、2盗塁の成績を記録したが、8月16日に40人枠から外れる。後半戦は38試合の出場で打率.289、本塁打なし、OPS.652、1盗塁の成績を喫しシーズンを終えた。最終的な2013年のシーズン成績は、打率.283、4本塁打、OPS.698で、チーム平均OPS.776を大きく下回る結果となった。

2014年は招待選手としてのスプリングトレーニング参加もなく、当初はAA級ミッドランド・ロックハウンズで開幕を迎える予定だったが、アディソン・ラッセルの故障に伴いスプリングトレーニングに参加し、6試合に出場。3月28日に40人枠入りし翌日にAAA級サクラメントへ異動した[31]。4月3日に再び40人枠から外れ、サクラメントでは打率.128、0本塁打の成績で、4月30日にはAA級ミッドランドへ降格した。その後は昇格することなくマイナーのレギュラーシーズンを終える。ミッドランドでは主に二塁手で起用された他、内野全ポジションを経験し、73試合の出場で打率.266、6本塁打、OPS.704、3盗塁の成績を残す。チームはプレーオフに進出するが、ディビジョンシリーズ第1戦のフリスコ・ラフライダーズ戦で左手首を骨折する[32]

アスレチックスGMのビリー・ビーンは中島の獲得に関して、地元紙のインタビューで「大失敗だった。大金を積めばいい選手が獲れるという考えは、やはり浅はかだったということが図らずも証明された」と語り[33]。スポーツライターの臼北信行によると、中島の獲得は日本での宣伝効果を見込んだものであり、「多少期待外れでもナカジマをメジャーに昇格させるつもりだったが、あまりに酷すぎて使い物にならず、結局目をつぶることができなくなった」という[33]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

中島の打撃フォーム(2010年)
バットを高く掲げている点が特徴的である

剣道の上段構えのようにバットを高く掲げた特徴的な構えからスイングする。相手の呼吸に合わせて間合いをとるため逆に自分の呼吸を読ませないように考えた結果、左腕が上がって口元を隠すフォームに行き着いたという[34]

早いボールカウントから積極的に踏み込んで打ちに行く傾向があり、ファーストストライク時の打率が高く広角に長打を放つことができる[35]。これは高校時代に練習で打球が左翼後方のテニスコートやプールに飛び込むことが多く、他の部から苦情が頻出したことから監督に「危ないから右に打て」と指示されて取り組んだという[36]。本人曰く「ゴルフのピッチング・ウェッジを打つ感覚」で右手を押し込む強さを加減して打球の飛距離を調節できると言い、宮本慎也からは「天才」と評された[37]

基準違反統一球が導入されていた2011年から2012年までの通算対左打率.255と左投手に弱いが、同対右打率.321と右投手に強い。同得点圏打率.318と勝負強さも備え、10打席に1つ近い割合で四球を選ぶ選球眼も兼ね備える。一方でバントは苦手としており、犠牲バントのサインが出ると「(投手が)楽なところに投げてこないかなぁ」と毎回思うという[38]。また、狙った場面で犠牲フライを打つ技術も持ち合わせている[39]

守備・走塁[編集]

西武時代は遊撃手としてプレーし、守備では下半身と地肩を活かしたプレーを特徴とする[40][41]。レギュラーに定着した頃は失策数も多かったが、ゴールデングラブ賞を受賞した2008年から守備練習を増やして徐々に堅実さが加わり[42][43]、2010年にはリーグ2位の守備率を記録するなど例年守備率を向上させている。一方で遊撃手としては守備範囲が狭く、2010年には守備イニング1000以上の同ポジション中で両リーグワーストのUZR-19.4を記録し[44]、2012年にも両リーグワーストのUZR-23.2を記録した[45]。アスレチックス移籍後は傘下のマイナーで主に二塁手として起用され、三塁手と遊撃手でも起用された他、2014年シーズンの終盤は一塁手も経験した。

走塁では一塁到達タイムは5秒台が多く、良くて4.25秒と足が速いほうではないが[40]ベースランニングは上手い。三塁打時には12秒台前半を記録し[40]、盗塁成功率も日本での通算約75パーセントを誇る。このためメジャーリーグのスカウトからは「スピードのあるマイケル・ヤング」「頭脳的なベースランニングのラン(得点)・プロデューサー」と評価された[46]

人物[編集]

愛称は「ナカジ」。

西武の後輩野手たちからは「打撃のアドバイスを求めても、返答は擬音が多くてわかりにくい」「時々何を言っているのか理解できないことがある」と言われている[38]。球場に来た長嶋茂雄から打撃指導を受けた際、長嶋独特の擬音を交えた指導にほかの西武の選手が首をかしげる中、中島のみ「長嶋さんの理論がわかりました」と語ったという[47]

女性人気が高く、2010年バレンタインデーにはチームNo.1となる120個のチョコレートが届いた[48]。一方でファン感謝デーなどの際にいきなり女性に尻を揉まれるといったことも頻発しており、試合だけでなくこれらの行事などでもファウルカップを着用している[38]

シーズンオフにはチームメイトの伝を頼って海外に一人旅に出ることが多く、2008年にはアレックス・カブレラの出身国であるベネズエラ2009年は同じくヒラム・ボカチカプエルトリコに旅に出ている[42]。特にスペイン語ができるわけでもないのに物怖じせずに旅に出る姿勢から、金村義明から「絶対メジャーリーグ向きだ」と評された[38]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 西武 4 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .143 .143 .143 .286
2003 44 98 89 12 23 3 1 4 40 11 1 2 0 0 5 0 4 22 0 .258 .327 .449 .776
2004 133 559 502 70 144 22 3 27 253 90 18 2 3 4 39 7 11 108 7 .287 .349 .504 .853
2005 118 444 405 56 111 21 2 11 169 60 11 3 3 3 22 3 11 67 17 .274 .327 .417 .744
2006 105 459 412 76 126 22 1 16 198 63 14 4 0 4 30 3 13 66 12 .306 .368 .481 .849
2007 143 593 533 68 160 28 5 12 234 74 9 4 1 5 41 0 13 134 15 .300 .361 .439 .801
2008 124 556 486 75 161 32 0 21 256 81 25 5 0 3 55 3 12 96 15 .331 .410 .527 .937
2009 144 648 560 100 173 31 3 22 276 92 20 12 0 3 75 4 10 113 17 .309 .398 .493 .891
2010 130 579 503 80 158 33 3 20 257 93 15 5 0 11 52 2 13 97 20 .314 .385 .511 .896
2011 144 633 566 82 168 27 1 16 245 100 21 2 0 11 44 0 12 93 11 .297 .354 .433 .787
2012 136 567 499 69 155 29 1 13 225 74 7 6 1 6 52 3 9 76 10 .311 .382 .451 .833
通算:11年 1225 5143 4562 688 1380 248 20 162 2154 738 141 45 8 50 415 25 108 874 125 .302 .371 .472 .846
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]

年度 年齢 所属リーグ 打率 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 OPS
2002 20 パ・リーグ - - - - - - - -
2003 21 - - - - - - - -
2004 22 - 10位 - 7位 7位 8位 4位 -
2005 23 - - - - - - 7位 -
2006 24 8位 - - - - - 8位 9位
2007 25 5位 3位 6位 4位 - 9位 - -
2008 26 2位 5位 4位 - 8位 9位 4位 3位
2009 27 6位 1位 9位 - 9位 4位 8位 5位
2010 28 9位 6位 10位 9位 4位 10位 5位
2011 29 6位 3位 8位 - 6位 2位 - 5位
2012 30 2位 2位 5位 - 6位 5位 - 2位
  • -は10位未満(打率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別守備成績[編集]

年度 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2002 1 1 1 0 0 1.000 -
2003 20 8 20 3 2 .903 2 2 2 0 0 1.000
2004 - 133 235 363 17 73 .972
2005 - 112 158 267 10 45 .977
2006 - 99 162 241 16 44 .962
2007 - 140 209 393 20 73 .968
2008 4 0 1 0 0 1.000 122 204 359 12 79 .979
2009 - 144 212 446 12 89 .982
2010 - 129 182 365 11 72 .980
2011 - 144 222 444 10 99 .985
2012 - 134 236 357 18 69 .971
通算 25 9 22 3 2 .912 1159 1822 3237 126 543 .975
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • ベストナイン:4回(遊撃手部門・2008年 - 2009年、2011年 - 2012年)
  • ゴールデングラブ賞:3回(遊撃手部門・2008年、2011年 - 2012年)
  • 月間MVP:1回(2012年6月)
  • オールスターゲーム新人賞:1回(2004年)
  • オールスターゲーム優秀選手賞:1回(2004年第2戦)
  • オールスターゲームベストプレー賞:1回(2009年第2戦)
  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2008年

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • 9試合連続打点:2007年
  • 1イニング2盗塁死:2012年3月31日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(札幌ドーム)、3回表に記録(田中賢介の悪送球で一塁に残った) ※史上初[49]
  • 2年連続2桁犠飛 ※史上初
  • 4試合連続猛打賞:2012年7月15 - 17日、25日 ※球団新記録
  • オールスターゲーム出場:8回(2004年、2006年 - 2012年)
  • 2年連続3割20本塁打20盗塁(2008年、2009年) ※史上5人目

背番号[編集]

  • 56 (2001年 - 2003年)
  • 3 (2004年 - 2013年)

関連情報[編集]

CM[編集]

DVD[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年3月10日2時っチャオ「ニュースチャオ蔵」より
  2. ^ a b 兵庫人 挑む
  3. ^ 『シリーズにっぽんの高校野球 vol.10 兵庫編』(ベースボール・マガジン社
  4. ^ 『朝日新聞』2000年11月25日付朝刊 (14版、18面)
  5. ^ 第89回全国高等学校野球選手権 兵庫大会 - 感動アーカイブ
  6. ^ プロフェッショナルの条件 中島裕之”. @type. 2011年12月8日閲覧。
  7. ^ 真っ向勝負の首位打者争い。”. Number Web (2008年10月24日). 2011年12月8日閲覧。
  8. ^ 西武中島「ホンマですか!」2億円日刊スポーツ、2012年12月18日。
  9. ^ 中島メジャー希望伝える 球団は「残留」”. 日刊スポーツ (2010年10月30日). 2012年1月11日閲覧。
  10. ^ 中島裏切られた…西武「勝手に」残留発表”. 日刊スポーツ (2010年10月31日). 2012年1月11日閲覧。
  11. ^ レオVsオリ遺恨勃発!中島死球で大乱闘
  12. ^ 中島裕之選手のポスティングについて”. 埼玉西武ライオンズ (2011年11月22日). 2012年1月11日閲覧。
  13. ^ ジャイアンツ本命 中島12月3日にも落札球団判明へ”. スポニチ Sponichi Annex (2011年11月29日). 2012年1月11日閲覧。
  14. ^ 中島裕之選手のポスティング入札について”. 埼玉西武ライオンズ (2011年12月8日). 2011年12月8日閲覧。
  15. ^ ヤンキース落札額、約2億円=中島入札で西武が発表-プロ野球”. 時事通信 (2011年12月8日). 2011年12月8日閲覧。
  16. ^ 中島、ヤンキースとの交渉決裂=西武残留へ-米大リーグ”. 時事通信 (2012年1月6日). 2012年1月6日閲覧。
  17. ^ 中島選手の契約更改について”. 埼玉西武ライオンズ (2012年1月10日). 2012年1月11日閲覧。
  18. ^ 「西武の中島」現状維持で笑顔の契約更改”. 日刊スポーツ (2012年1月11日). 2012年1月11日閲覧。
  19. ^ 2打席連続敬遠に対し、ナカジ抗議の空振り!! 2012.10.06 L-M - YouTube
  20. ^ “A's set to announce Nakajima signing Tuesday”. MLB.com. (2012年12月17日). http://oakland.athletics.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20121217&content_id=40719034&vkey=news_oak&c_id=oak 2012年12月17日閲覧。 
  21. ^ “Hiro's welcome: A's introduce popular Nakajima”. MLB.com. (2012年12月18日). http://oakland.athletics.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20121218&content_id=40743488&vkey=news_oak&c_id=oak 2012年12月18日閲覧。 
  22. ^ “「やる自信だけはある」/中島一問一答”. 日刊スポーツ. (2012年12月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20121219-1061531.html 2012年12月19日閲覧。 
  23. ^ “ワクワク!興奮/中島一問一答”. 日刊スポーツ. (2012年12月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20121219-1061506.html 2012年12月19日閲覧。 
  24. ^ “「セクシー&クール」中島の名言米に拡散”. 日刊スポーツ. (2012年12月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20121221-1062325.html 2012年12月22日閲覧。 
  25. ^ 中島、8戦連続の無安打スポーツ報知 2013年3月25日
  26. ^ 中島が9試合ぶりヒットも左太もも裏故障が発生サンスポ 2013年3月26日
  27. ^ 中島 残りのOP戦欠場へスポニチ 2013年3月29日
  28. ^ A's option Figueroa and Parrino to Sacramento; place Nakajima on DL”. MLB.com A's Press Release (2013年3月30日). 2014年3月30日閲覧。
  29. ^ 中島 患部の不調訴え再検査へ日刊スポーツ 2013年5月6日
  30. ^ A's reinstate Nakajima from the DL and option him to Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2013年5月23日). 2014年3月30日閲覧。
  31. ^ A's Announce Opening Day Roster”. MLB.com A's Press Release (2014年3月29日). 2014年4月3日閲覧。
  32. ^ “中島が左手首骨折、送球処理で走者と衝突”. 日刊スポーツ. (2014年9月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20140906-1362446.html 2014年9月10日閲覧。 
  33. ^ a b 臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:米球界で失敗した二人のサムライから、私たちが学ぶこと
  34. ^ 週刊文春2008年9月11日号
  35. ^ 選手分析 ~西武 #3 中島 裕之~ プロ野球 データスタジアム、2010年11月18日。
  36. ^ スポーツアルバムNo.21 中島裕之、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌67917-86、46項 他
  37. ^ 中島裕之の“飛ばさない技術”。~天才的打撃の神髄~(1/2) - Number Web : ナンバー
  38. ^ a b c d ガンバレ日本プロ野球!?』(J SPORTS)2010年シーズン・第5回
  39. ^ これぞ“名人芸”中島 2年連続11犠飛 スポニチ Sponichi Annex、2011年9月10日
  40. ^ a b c 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、74-75頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  41. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、452-453頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  42. ^ a b 『週刊プロ野球データファイル』2012年38号、ベースボール・マガジン社、雑誌27741-1/4、5-8頁。
  43. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクトムック、2010年、476-377頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  44. ^ 『月刊スラッガー』2011年5月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-5、45頁。
  45. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』 水曜社、2013年、75頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  46. ^ 現役スカウト部長が見た日本チーム『月刊スラッガー』2009年6月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-6、52項
  47. ^ 将来はミスター!? “天然系強打者”中島裕之の素顔 (2/2) - 西武の先輩で交流のある大塚光二がインタビューに答えている。
  48. ^ 雄星チョコ70個も…フォーム固まらず息切れ状態に - ZAKZAK・2010年2月15日
  49. ^ 1イニングで2度盗塁死!?中島史上初の珍記録”. スポニチ Sponichi Annex (2012年4月1日). 2012年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]