フロー・ライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フロー・ライダー
}
基本情報
出生名 Tramar Dillard
出生 1979年9月16日(35歳)
アメリカ合衆国フロリダ州キャロル・シティ
出身地 フロリダ州マイアミ
職業 ラッパー
活動期間 2002年-現在
レーベル アトランティック/ポー・ボーイ
共同作業者 T-ペインリック・ロスDJキャレドミッシェル・ウィリアムスリル・ウェイントリック・ダディティンバランドウィル・アイ・アムジェシカ・モーボイ[1]
公式サイト www.officialflo.com

フロー・ライダー(本名:Tramar Dillard 1979年9月16日 - )は、アメリカ合衆国のラッパー[2]。芸名のフロー・ライダーは、Flo Rida(フロリダ/フロー・リダ)と書いてフロー・ライダーと読ませている[3]

音楽活動[編集]

-2006年: メジャーデビュー前[編集]

10代の頃、同郷のラップ・グループツー・ライヴ・クルーのツアーに同行[4][5]。メジャー・レーベルからは相手にされず、音楽以外の多くの職を転々とした時期もあった。しかしその後、トリック・ダディリック・ロスなどのミックステープに参加し[6]、2006年にはDJキャレドのアルバム『最強伝説〜ウィ・ザ・ベスト〜』にも客演で参加[7]。時を同じくして、アトランティック・レコード傘下のレコード・レーベルポー・ボーイ・エンタテイメントと契約した[6]

2007年: 今夜はロウ☆ロウ☆ロウ[編集]

2007年9月、映画『ステップアップ2:ザ・ストリート』のサウンドトラックに参加。そこに収録されたシングル"今夜はロウ☆ロウ☆ロウ(Low feat. T-Pain)"が、10週連続でビルボード総合シングルチャート(Billboard Hot 100)第1位と新人としては異例の大記録を打ち立てる。さらにこの曲は、2008年のビルボード年間シングルチャート第1位[8]、2000年代(2000-2009)の総シングルチャートで第3位を記録している[9]

2008年: メール・オン・サンデー[編集]

2008年4月、ファースト・アルバム『メール・オン・サンデー(Mail On Sunday)』をリリース。全世界で90万枚を売り上げた。アルバムからシングルカットされた"俺のエレベーター(Elevator feat. Timbaland)"はビルボードのシングルチャート16位、"イン・ジ・エイヤー(In the Ayer feat. will.i.am)"は9位のヒットを記録した[10]

2009年: 俺のルーツ[編集]

2009年3月には、早くもセカンド・アルバム『俺のルーツ(R.O.O.T.S.=Route of Overcoming the Struggleの略)』をリリース。このアルバムのリードシングルである"ライト・ラウンド(Right Round feat. Ke$ha)"は、ダウンロード解禁を機に前週の78位から一気にジャンプアップしBillboard Hot 100で1位を記録すると、そのまま6週連続で首位をキープ。また、同曲はチャート1位となったのと同じ週にデジタル・シングルの記録、更には自身の楽曲"今夜はロウ☆ロウ☆ロウ"が持っていた47万ダウンロードという1週間の最高ダウンロード数記録をも打ち破る636,000ダウンロードという驚異的な数字を記録した。[11]

2010年: オンリー・ワン・フロー Part 1[編集]

2010年6月、映画『ステップアップ3D』のサウンドトラックに参加し、シングル"クラブ・キャント・ハンドル・ミー(Club Can't Handle Me feat. David Guetta)"を発表(ビルボード総合9位)。11月末にはアルバム『オンリー・ワン・フロー Part 1(Only One Flo, Part 1)』をリリース。この作品はPart1と表記されているように連続性があり、2011年にPart2がリリースされることがアナウンスされていたが[12]、その後リリース計画を変更。Part2は、後述の『俺たちワイルド・ワンズ』へ繋がっていくことになる。

2012年: 俺たちワイルド・ワンズ[編集]

2011年は、6月に映画『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』のサウンドトラックに、フロー・ライダー&ピットブルとして参加。"お前にターン・アラウンド Part2(Turn Around, Pt.2)"を発表した[13]。その後、8月にリリースした"今夜もグッド☆フィーリング(Good Feeling)"がビルボード総合3位、12月にリリースした"俺たちワイルド・ワンズ(Wild Ones feat. Sia)"は5位と、シングルを立て続けにヒットさせたフローは、2012年7月、4枚目となるアルバム『俺たちワイルド・ワンズ(Wild Ones)』をリリース。このアルバムからシングルカットされた"情熱のホイッスル(Whistle)"が、3年ぶりにビルボード総合チャート1位(2週連続)を獲得した[14]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

主な客演シングル[編集]

賞歴[編集]

  • BETアワード[17]
    • 2008, Best New Artist (Nominated)
    • 2008, Best Collaboration: "Low" with T-Pain (Nominated)
  • BET Hip Hop Awards[18]
    • 2008, Ringtone of the Year: "Low" featuring T-Pain (Nominated)
    • 2008, Best Hip Hop Collabo: "Low" featuring T-Pain (Nominated)
    • 2008, Rookie of the Year (Nominated)
  • MTV Video Music Awards[20]
    • 2008, Best Male Video - "Low" featuring T-Pain (Nominated)
    • 2008, Best Hip Hop Video - "Low" featuring T-Pain (Nominated)
  • グラミー賞[21]
    • 2009, Best Rap/Sung Collaboration - "Low" featuring T-Pain (Nominated)
    • 2009, Best Rap Song - "Low" featuring T-Pain (Nominated)

日本との関わり[編集]

  • アルバムのプロモーションとして、2008年・2012年と二度来日。テレビ出演・CDショップ回り・ミニライブ等、精力的に活動した。
  • 2009年、EXILEの楽曲"THE NEXT DOOR -INDESTRUCTIBLE- feat. FLO RIDA"にゲスト参加。(シングル"THE HURRICANE 〜FIREWORKS〜"に収録)。
  • 野球選手のイチローが打席に入る際、フローの楽曲"Jump"を使っていることを聞き、急遽"Jump"のイチローver.を制作[22]。後日、二人の対面が実現しCDをプレゼントした。
  • 吉野家の牛丼がお気に入りで、2012年にプロモーションのために来日した際には毎日食べ歩いていたという。[23]
  • 鼠先輩松木安太郎といった異文化タレントとコラボレーションし、リミックス楽曲を配信するなど懐の深い一面を見せている[24][25]
  • 『俺たちワイルド・ワンズ』収録曲"I Cry"の歌詞には「日本の地震の被災者と生存者に祈りを」という一文があり、東日本大震災で被害を受けた日本へのメッセージが込められている。[26]

脚注[編集]

  1. ^ http://listen.jp/store/musictopics_1896_3.htm
  2. ^ http://www.barks.jp/artist/?id=1000002029&m=bio
  3. ^ http://www.barks.jp/news/?id=1000036710
  4. ^ Concepcion, Mariel (2007年11月28日). “Flo Rida”. Billboard. オリジナル2007年8月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20070817022906/www.billboard.com/bbcom/breakenter/article_display.jsp?vnu_content_id=1003678482 2007年12月19日閲覧。 
  5. ^ Kellman, Andy (2007年). “Flo Rida: Biography”. Allmusic. 2012年7月27日閲覧。
  6. ^ a b http://notrax.jp/bands/detail/00001013.html
  7. ^ http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/vicp63975
  8. ^ http://www.billboard.biz/bbbiz/charts/yearendcharts/chart_display.jsp?f=Hot+100+Songs&g=Year-end+Singles
  9. ^ [1]
  10. ^ http://web.archive.org/20090625105945/www.billboard.com/bbcom/esearch/chart_display.jsp?cfi=379&cfgn=Singles&cfn=The+Billboard+Hot+100&ci=3102606&cdi=10039667&cid=11/15/2008
  11. ^ “フロー・ライダー、またしてもデジタル新記録を樹立!”. CDJournal.com (音楽出版社). (2009年3月19日). http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=23186 2009年5月4日閲覧。 
  12. ^ FLO RIDA / フロー・ライダー 「Only One Flo (Part.1) / オンリー・ワン・フロー(Part.1)【3ヶ月限定ゴージャス・エディション】」|Warner Music Japan
  13. ^ 音楽界2大“ブチアゲ隊長”フロー・ライダーとピットブルが夢の共演!「お前にターン・アラウンド PART2~俺たち今夜はブレイコー!」!
  14. ^ 祝★大ヒット・シングル『情熱のホイッスル』が、全米チャート1位を獲得!全世界で“ワイルド旋風”を巻き起こす!
  15. ^ 2008 American Music Awards Nominees. ABC
  16. ^ Best International Video - Artist. MuchMusic Video Awards 2008
  17. ^ Best Collaboration, Best New Artist. BET Awards 2008.
  18. ^ Ringtone of the Year, Best Hip Hop Collabo, Rookie of the Year. BET Hip Hop Awards 2008.
  19. ^ Teen Choice 2008 Nominees List, Teen Choice 2008 Winners List
  20. ^ Best Male Video, Best Hip Hop Video. MTV Video Music Awards 2008.
  21. ^ http://wmg.jp/artist/florida/news.html
  22. ^ http://www.barks.jp/news/?id=1000049220
  23. ^ ただしこの際、本人は牛丼の上に砕いたかっぱえびせんをかけるという、およそ日本人の口には合わない食べ方をしていた。
  24. ^ きさくすぎる!?フロー・ライダーが鼠先輩とコラボ、爆笑リミックスを配信。
  25. ^ 頑張れニッポン!松木安太郎×フロー・ライダーが衝撃コラボ!この夏をアツくする “日本サッカー応援ソング”が誕生!その名も「情熱のホイッスル」
  26. ^ フロー・ライダー、震災の被災者への祈りもこめた「I Cry」のビデオを公開

外部リンク[編集]