ネリー (ラッパー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネリー
Nelly
2010年6月5日、イリノイ州North Riverside MallのApple Bottom fragrance にて
2010年6月5日、イリノイ州North Riverside MallのApple Bottom fragrance にて
基本情報
出生名 コーネル・ハインズ・ジュニア
Cornell Iral Haynes, Jr.
出生 1974年11月2日(39歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州(出生)
ミズーリ州セントルイス(育ち)
ジャンル ヒップホップR&Bポップ
職業 歌手ラッパーシンガーソングライター俳優
担当楽器 ヴォーカル
活動期間 1993年
レーベル Derrty Ent., Universal Motown, ユニバーサル・リパブリック・レコード アメリカ合衆国の旗
ユニバーサルミュージック 日本の旗
共同作業者 St. Lunatics, ケリー・ローランド, T.I., アシャンティ

{{{Influences}}}

ネリー(Nelly、本名:コーネル・ハインズ・ジュニア、Cornell Haynes Jr.、1974年11月2日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身、ミズーリ州セントルイス育ちのヒップホップMCヒップホップ・ミュージシャン、俳優

人物[編集]

テキサス州生まれ。軍人である父の仕事の関係で、生後まもなくスペインへ3年間ほど在住し、後にミズーリ州セントルイスへ移り住む。

ドラッグギャングに囲まれながら暮らし、1993年にミズーリ州・ユニバーシティ・シティUniversity City, Missouri)に移る。実はプロ野球選手になる寸前まで行くが、高校時代に知り合った仲間で結成されたチーム、セント・ルナティックスと共にプロのラッパーになる道を選ぶ。

影響を受けたラッパーには、ラキムLLクールJRun-D.M.C.アウトキャスト、グッディー・モブ、ジェイZを挙げている。1999年にリリースされた1stシングル「カントリー・グラマー」は、“歌うようにラップする”というスタイルが受け大ヒットした。全米の主要ステーションでは「これぞフューチャリスティック・ダウン・ボトム・バウンス・ビート!」と大絶賛され、ファンキーで独特の味がある“田舎コトバ”も「何を言っているか分からないけれど、オモシロイ」と素直に受け入れられた。

2000年7月、このシングルを含むデビュー・アルバム『カントリー・グラマー』は、発売第1週で25万枚のセールスを記録、ポップ・チャートもエミネム、ブリトニー・スピアーズに次いで堂々初登場3位をマークした。ビルボードHot R&B/HipHopチャートでは5週連続1位、アルバムTop200でも2週連続第1位を獲得。2ndシングル「E.I」の大ブレイク、そして続く「ライド・ウィッミー」のヒットを受け、『カントリー・グラマー』はラップ・アルバムとしては異例の約1年以上に及ぶビルボード長期チャート・インを果たし、全世界での売上も1000万枚に達した。

また、映画『トレーニング デイTraining Day)』に収録された「#1」が全米大ヒット、さらにインシンクのアルバムからのシングル「ガールフレンド」のリミックスにフィーチャーされた。

2002年6月、セカンド・アルバム『ネリーヴィル』をリリース、ビルボード・アルバムTop200で堂々1位、全世界1000万枚以上のセールスを記録する特大ヒットとなる。ザ・ネプチューンズが手掛けた「ホット・イン・ヒア」を皮切りに、デスティニーズ・チャイルドケリー・ローランドとデュエットした「ジレンマ」は、その年最大のヒット曲となり、全米シングル・チャート連続No.1を獲得した。さらに「エア・フォース・ワンズ」、「ガールフレンド」のお返し的にジャスティン・ティンバーレイクをフィーチャーした「ワーク・イット」が立て続けにヒットし、2002年度グラミー賞など数々の賞を受賞した。

2009年、2月4日に日本独自企画盤のベストアルバム『ザ・ベスト・オブ・ネリー』をリリース。日本の女性R&BシンガーDOUBLEと収録曲「ワン・アンド・オンリー feat. DOUBLE」で初の日本人との共演を果たす。

新ビバリーヒルズ青春白書』にも特別出演し「Liv Tonight」を披露した。ネリーの好きな食べ物はキャンディーコーン[1]

アルバム[編集]

<>は日本発売日

  • カントリー・グラマー - Country Grammar(2000年)<2001年8月22日>
  • ネリーヴィル – Nellyville(2002年)<2002年6月24日>
  • スウェット - Sweat(2004年)<2004年9月13日>
  • スーツ - Suit(2004年)<2004年9月13日>
  • ブラス・ナックルズ - Brass Knuckles(2008年)<2008年9月10日>
  • 5.0 - 5.0(2010年)<2010年12月1日>
  • M.O. - M.O.(2013年)<2013年10月16日>

コンピレーション・アルバム[編集]

  • スウェット/スーツ - Sweat / Suit(2005年)<2004年9月13日>
  • ザ・ベスト・オブ・ネリー - The Best of Nelly 日本独自盤<2009年2月4日>

リミックス・アルバム[編集]

日本公演[編集]

  • Sweat Suit Tour Japan(2005年)
7月12日,13日 日本武道館、14日 大阪城ホール
出演 ファーギーなど
5月31日 さいたまスーパーアリーナ

スポンサーシップ[編集]

  • リーボック(2005年) - 競技用フットウェア・アパレル・小物類のシグネチャーコレクション製作を含む長期的なパートナーシップ契約を締結[2]

脚注[編集]

  1. ^ 新ビバリーヒルズ青春白書』2012年2月18日放送
  2. ^ リーボックがグラミー受賞のラップスター、ネリーと契約 世界的に大活躍中のネリーがRbKブランドキャンペーン“I am What I am”に参加 , リーボック、2005年1月27日のリリース

外部リンク[編集]