キャッシュ・キャッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cash Cash
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,ニュージャージー州,ローズランド
ジャンル ポップ・パンク
エレクトロニカ
パワー・ポップ
活動期間 2002年~現在
レーベル SPINNIN'
日本の旗 TWILIGHT RECORDS
メンバー
ジーン・マッカルーフ
ミカエル・ドエル
アレックス・マッカルーフ
サミュエル・フリスク
アンソニー・ビラカリー

{{{Influences}}}

キャッシュ・キャッシュ (Cash Cash) とは、アメリカ合衆国ニュージャージー州ローズランドにて結成されたポップ・パンクバンドである。

ポップ・パンクと、1980年代を彷彿とさせるエレクトロニック・サウンドを独自のセンスで融合させたクオリティの高い楽曲が特徴で、大手メジャーレーベルのユニバーサル・レコードから、1stアルバム「Take it to the Floor」でデビューを飾った。

2002年から活動を行っているが、初期の頃は"The Consequence"というバンド名で活動しており、2008年初頭に現在のバンド名"Cash Cash"へと変更している。

メンバー[編集]

  • ジーン・ポール・マッカルーフ/Jean Paul Makhlouf – (ヴォーカル・ギター)
  • アレックス・ルーク・マッカルーフ/Alex Luke Makhlouf – (キーボード・ヴォーカル)
  • サミュエル・フリスク/Samuel Frisch – (ベース)
  • ミカエル・ドエル/Michael Doerr - (ギター)
  • アンソニー・ビラカリー/Anthony Villacari – (ドラム)

略歴[編集]

2002年ニュージャージー州ローズランドにて、親友同士だったジーンとサミュエルを中心に、前身バンドとなる"The Consequence"を結成。

その後も、ドラマーとキーボーディストのメンバーチェンジを何度も繰り返し2007年]]になって、ジーンの弟:アレックスも参加し初めて現在のメンバー構成が完成する。そして同年夏に、ジーンの自宅にあるレコーディングスタジオにて、後に彼らの1stシングルとなる"Party In Your Bedroom"を含むデモを数曲作成し、その後の2008年初頭にバンド名を"Cash Cash"へ変更。

そして、メジャーレーベルのユニバーサル・レコードと契約を結び、2008年10月7日に1stEP「Cash Cash EP」をリリースし、それから時をまもなくした12月23日に1stアルバム「Take it to the Floor」をリリースした。

2010年発売のゲーム、「ソニックカラーズ」でテーマソングである「Reach For The Stars」とエンディングテーマの「Speak With Your Heart」を担当。 また、2011年発売の「ソニック ジェネレーションズ」でも楽曲のリミックスなどを担当した。

現在もMetro StationSing it Loud等の人気バンドとツアーを行うなど、精力的に活動を行っている。

2011年来日は、ジーン、サム、アレックス、アンソニー。2012年の来日は、ジーン、サム、アレックスとなっている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位[1] セールス
2008年12月23日
Take it to the Floor
ユニバーサル・レコード
"Heatseekers chart"にて31位
-
2011年4月19日
Love Or Lust
自主制作
-
-

シングル[編集]

発表 曲名 各チャート最高 収録アルバム
US Hot 100 US Pop 100
2009 Party In Your Bedroom Take it to the Floor

EP[編集]

  • Cash Cash EP (2008.10.7)

出典[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]