マイリー・サイラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイリー・サイラス
Miley Cyrus
Miley Cyrus
本名 マイリー・レイ・サイラス
Miley Ray Cyrus
別名義 Smiley, Miley
生年月日 1992年11月23日(21歳)
出生地 テネシー州 フランクリン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 インディアンチェロキー族[1], ユーロピアン
血液型 B型[要出典]
職業 シンガーソングライター女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2003年 - 現在
活動内容 2003年:女優デビュー

2006年:歌手デビュー

著名な家族 父:ビリー・レイ・サイラス、母:ティッシュ(レティシア)、兄:トレイス、姉:ブランディー、弟:ブレイズン、妹:ノア
公式サイト * エイベックスによる公式サイト(日本語)
主な作品
シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』シリーズ
備考
ハリウッド・レコード所属
マイリー・サイラスのサイン

マイリー・サイラスMiley Ray Cyrus, 1992年11月23日 - )は、アメリカ合衆国出身の歌手女優。父はカントリー歌手のビリー・レイ・サイラス。出生名はデスティニー・ホープ・サイラス[2]。2008年にはタイム誌最も影響力のある100人の人々の内の一人、米People誌最も美しい100人の内の一人に選ばれ、Forbes誌有名人100では2500万ドルを稼ぎ35位だった。2009年には29位に上がった。「ハンナ・モンタナ」は社会現象になるほどの人気を誇った。自毛は栗色で、2012年半ばまでは、ゴージャスなスーパーロングであった。

来歴[編集]

1992年11月23日アメリカ合衆国テネシー州フランクリン で、カントリー歌手の父ビリー・レイと母レティシアの下に次女として生まれ、ナッシュビルの農場で育つ。兄弟は4人で、ポップ・バンド「メトロ・ステーション」に所属する(2010年に解散。現在はアシュランドハイというグループとして活動)兄トレイス、弟ブレイズン・チャンス、姉ブランディ、妹ノア・サイラス。ノアは映画『崖の上のポニョ』でポニョの英語吹替を担当した。弟のブレイズンは、2012年にモデルデビューをする。これで、兄弟全員ショービズ入したことになる。

9歳の時に初のモデルデビューをする。

2001年から2004年に放送していたテレビドラマ『Doc』にビリー・レイが出演していた際、スタジオに連れて行かれ、演技に興味を持つようになる。 2003年、『Doc』にゲストとして出演。同年、ティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』に端役ながら出演した[2]

そして、2006年に放送開始されたディズニー・チャンネルのテレビドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』で、主人公マイリー・スチュワート役に14歳で抜擢。ドラマの大ヒットにより、一躍ティーンアイドルとなる[2]。また、ビリー・レイ・サイラスが父親役で共演している。初回放送は500万人以上が視聴していた。「ハンナ・モンタナ」から出た第一弾のアルバムは、全米チャートでTVサントラとしては史上初となる初登場で1位を獲得。

新人アイドルでありながら、コンサート・チケットが入手困難という状況が続くなど、現代アメリカ合衆国のトップ・アイドルの1人となっている。

2008年に発売した『Breakout』は全世界で200万枚を突破するヒット。2曲以外はすべて自身で作曲した。 「ハンナ・モンタナ」のコンサートツアーの模様とその舞台裏を3D映画化した作品が31億ドルの興行収入を記録し、2009年のドラマの映画版「ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー」を公開。ともに全米興業成績第一位のヒットとなる。 アカデミー賞や、グラミー賞などの舞台で、プレゼンターを務めた。 マイリー・サイラス名義で初のアルバムは、日本でもオリコン初登場10位、洋楽チャート1位を獲得。 16歳の誕生日に、ディズニー側がマイリーのために3億円でディズニーランドを貸切、バースデーパーティーを開いた。マイリーは、そこでチャリティなどにも積極的に参加した。

2009年3月に16歳にして自伝本『Miles To Go』を発表。著書内では成功までの道のり、クラスメイトによるイジメ、過去の恋愛などを告白している。また、この本で自分が不整脈であるということを告白した[3][4]。 契約金は10億円であった。マイリーへのいじめは、トイレに閉じ込められるなど、本人にとって悩みの種であった。 第44第アメリカ合衆国大統領バラク・オバマの就任を祝ったイベント、「ウィー・アー・ザ・フューチャー」に参加。オバマの二人の娘は、共にマイリーの大ファン。 2年ぶりのツアー「ワンダー・ワールド・ツアー」は、マイケル・ジャクソンマドンナも公演を行ったロンドンの02アリーナでは、16,196人を動員し、ボン・ジョヴィが持つ最高記録を塗り替え、世界のトップにたつ。 2010年に、大ヒット映画セックス・アンド・ザ・シティ2に、本人役でカメオ出演を果たす。

2013年8月25日(現地時間)に開催されたMTVビデオ・ミュージック・アウォーズに出演した際、ステージ上で衣装を脱いで下着姿になり、デュエット相手のロビン・シックに抱き付いたり、突き出した尻をシックの股間にあてがうなどのパフォーマンスを披露。大きな反響を呼んだ[5]

2014年6月14日に行われたMTV VMAJ2014でノミネートされていた「We can't stop」が Best Female Video賞(最優秀女性アーティストビデオ賞)を受賞。国内のアワードで受賞するのはこれが初めてだ。 会場で流れたファン向けの映像で「会場には来れなかったけれど来年日本に行こうと思うの!みんなありがとう!」と述べる。

名前について[編集]

幼少時、常に笑顔が絶えないことから父親にスマイリー (Smiley) と呼ばれるようになり、後にSが取れ、マイリー (Miley) が愛称となる。出生名はデスティニー・ホープ・サイラスだったが、ステージネームもマイリー・サイラスとして活動するようになった。そして2008年、本名をマイリー・レイ・サイラスに改名。これは祖父への尊敬を込めて付けられた名前であり、「みんな私をマイリーやマイリー・レイと呼ぶんです。運転免許をとることにしたし、いくつも違う名前があるとゴチャゴチャしちゃうから、本名もマイリー・レイに変えることにしました。」と彼女は語っている[6]。 また、マイリーは『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』で、マイリー・スチュワート役を演じているが、もとの役名はクロエ・スチュワートだった。だが、クロエの役柄が、当時のマイリーとそっくりで、名前もいろいろあると面倒になることから、マイリー・スチュワートとなった。

人物[編集]

10代前半の時に彼女はクラスメートよりも背が低くやせており、自分よりも大柄な生徒たちから学校でいじめを受けておりトイレに閉じこめられたり[7]父親のことを一発屋であるとからかわれたりした[8]

明るくカラッとした性格で、そのはっちゃけ振りから常にゴシップ誌を賑わせている。ハスキーボイスも特徴的。彼女と同じく全米で大人気のバンド、ジョナス・ブラザーズのニック・ジョナスと交際していたことが知られている。「デートした初日に恋人になって、ニックとは互いに愛し合っていたわ。別れたときはひどく落ち込んだし、別れてから1か月間はわめき続けた」と米誌『セブンティーン』に語っている。また、ニックと別れた傷心から髪を黒く染めたことについては「ニックが可愛いと思うすべてのことに反抗したかったの」と語っていて、全米チャートでTop10入りしたヒットシングル「7 Things」ではニックのことを歌っていると話題を呼んだ[2]。なおニックは彼女と別れた後、「ハンナ・モンタナ」にも出演していたディズニースターのセレーナ・ゴメスとの交際が噂になり、一部では彼女とセレーナの不仲説が報道されているが、この件に関しては彼女もセレーナも共に否定した。2009年に彼女はニックは今でも大親友だと発言している[9]。2010年9月16日、親友のデミ・ロヴァートやニックの兄でデミの元カレのジョーと共に、ニックの18歳の誕生日会にも出席し、ボウリングを楽しむ姿も。2012年に、ニック・ジョナスが[Wedding Bells]という曲をコンサートで披露する。その内容は、明らかにマイリーの事について書いてあり、「君以外の女の子を愛せない」といったものであった。マイリーはこれを認めており、ニックも否定していない。

ハンナ・モンタナ』で共演しているエミリー・オスメントや、同じくディズニーチャンネルから大ヒットしたドラマ『ハイスクールミュージカル』のヴァネッサ・ハジェンズアシュレイ・ティスデイル、歌手テイラー・スウィフトなどと仲が良いようで、一緒に買い物をしたり、サイクリングをしている姿がよくパパラッチされている。だが、エミリー・オスメントとは、初めはあまり仲が良くなく、ちょっとしたライバル心を抱いていたと、マイリーは自身の自伝で書いていた。また、デミ・ロヴァートとも一緒に食事に行くなどしていて仲が良い模様。エミリー、デミ、アシュレイ・ティスデイル、テイラー、は彼女の誕生日パーティーにも出席している。マイリーの主演映画"LOL:Laughting Out Loud"(ラフティング・アウト・ラウド)で共演した、ジョーの彼女のアシュレイ・グリーンとも仲良しに。世界で一番ホットだとマイリーが言うザック・エフロンとも仲が良い。オジー・オズボーンの娘のケリー・オズボーンと仲が良く、マイリーとケリーは、お互いにツイッター上でツーショット写真をアップしている。マイリーは、ツイッター中毒と言われるほどツイッターをこまめに使用しており、レディー・ガガブリトニー・スピアーズケイティ・ペリーマイケル・ジャクソンの娘のパリス・ジャクソンなどといった有名人と、ツイッター上でよくチャットをしている。

ハローキティが大好きで、愛車のトヨタ・プリウス(16歳の誕生日プレゼント)[10]にもハローキティのマットレスを敷いている。「ハローキティが大好き!日本には最高に大きくて楽しいストアがあるって言うし、私コレクションしてるから、そこに行きたい!」と語った[11]

2008年の誕生日はカリフォルニアのディズニーランドを借り切ってパーティーを開いた。3時間借り切り、およそ3億円の誕生日会となった。セレーナやニックは招待されなかった。[2][12]

2009年10月、翌年公開予定の映画『ラスト・ソング』で共演し交際し始めたリアム・ヘムスワース[13]が彼女にTwitterアカウントを持っていないからTwitterを止めてほしいと頼み[14]、彼女はTwitterアカウントを停止した。その後、You Tubeに自らラップで弁明をした動画を上げて話題になった。2010年4月に「11月23日、私の誕生日に結婚しようと思うの。パパもママも反対なんだけど、説得しているの」と話した。

6月には破局騒動が流れたが「別れてなんていない」とマイリーが自身のマイ・スペースで発表し、その後もリアムとデートしていることから噂は消えた。しかし2010年8月にリアムの代理人より正式な破局が発表された。理由はマイリーが恋愛より仕事を優先させたから。しかし約1ヵ月後復縁に至り、今も順調にいっている。また2人で病院を訪れたため妊娠説も浮上したが、マイリーが否定した。

2009年、ペットのホワイト・スイス・シェパード・ドッグを飼いMate(メイト)と名付ける。Mate(メイト)とはオーストラリア独特の表現で「友達」や「相棒」という意味。交際中のオーストラリア出身俳優リアム・ヘムスワースの影響であると考えられている。

2010年、Forbes誌によるThe Celebrity 100(もっともお金持ちでパワフルなセレブランキング)の25歳以下の部において第2位を獲得した(1位を獲得したのはレディ・ガガ)。総合では第13位を獲得した。

初の一人暮らしに選んだのは、3億円の豪邸だったが、実家との距離はわずか十数メートルである。

2012年半ばまで、ずっと(ニックと破局した直後は黒髪にしたが)栗色のスーパーロングヘアで、ティーンの憧れるヘアスタイルのトップであり、彼女のトレードマークでもあったが、髪をブロンドにし、肩までの長さにする。その後、すぐにブロンドの髪を白みがかった色にし、ショートヘアにした。このヘアチェンジは話題となり、テレビ番組でパロディにされたり、以前、ブリトニーが坊主にしたように、頭がおかしくなってしまったのではないかと囁かれたが、本人は、「ただ髪型を変えたかっただけよ」と語っている。 11月中旬には、さらに髪を短くし、ベリーショートになっている。

2012年5月31日に、リアム・ヘムズワースからプロポーズされ、婚約するが、2013年9月に婚約解消した事を正式に発表し、認めた。[15]

マイリーのファンの総称は「スマイラー」(自身のニックネームがスマイラーだったため)

2013年の、米人気男性雑誌Maximで、最もホットな女性100人の一位に選ばれる。Maxim側が公式発表する前に、事前に知らせを聞いたマイリーは嬉しすぎてパニックになり、ツイッターで自信が選ばれたことをバラしてしまうというちょっとしたハプニングが起こる。

マイリーは以前から、歌手のテイラー・スウィフトと、同じディズニーチャンネルスターのセレーナ・ゴメスの一部の幼稚なファンから、嫌がらせを受けていたが、我慢の限界に達し、ツイッターで「アカウント名にセレーナとかテイラーって名前が入っている人たちは、私に何か悪いことが起きるのを期待しているんです(特に「死ね」とか)。スマイラーはそんなことをしないでください。」「自分の嫌いなアーティストの事を悪く言うよりも、お気に入りのアーティストを一生懸命応援してあげたほうが、あななたちが好きなアーティスト達は喜ぶと思います。」「スマイラーは決して、他のアーティストをけなす事によって、私を応援していると勘違いしないで。私には、あなた達が私の音楽と私自身を好きでいてくれれば、それだけで誇りに思う」「あななたちはなぜ友達になれないのでしょう?」とツイート。 だがこれに対し、ほんの一部のセレーナとテイラーファンは、関係のないマイリーの妹のノアの話を持ち出し「ノアはテイラーに悪口を言ったのよ。マイリー、あんたは愚痴を言えないはず。」と幼稚なコメントをしたため、マイリーファン達は激怒。「マイリーはノアとは関係ない。それにマイリーは、テイラーとセレーナを批判するスマイラーから、テイラーとセレーナを守ったのよ」「マイリーの妹が誰かの悪口を言ったら、マイリーは何も言えなくなるわけ?マイリーの言っている事は正論なのに、聞こうともしないのね。」などと批判の声が続出。中には、一生懸命ファン達の喧嘩を止めようとするテイラーファンとセレーナファンも現れる。

2013年6月、 今のショートヘアに飽き、ロングヘアに戻したいと明かす。彼女は「私は密かに毎晩髪を引っ張っているし、(髪を伸ばすサプリの)ヴィヴィスカルを摂っているの。うそじゃないわ。でも、ショートヘアのうちはロックにいくわよ」と明かす。

2013年10月、通算4枚目となるアルバム「BANGERZ (バンガーズ)」が、日本を含む世界70ヶ国のiTunesトップアルバムチャートで1位を獲得した。  彼女自身初の快挙となる。

資産・金銭[編集]

2008年4月、WENNによると、マイリーの2007年度の年収が1800万ドル(日本円で約18億円)であることがわかった。『ハンナ・モンタナ』の高額出演料の他、映画版の収益、アルバムの契約金、関連商品などの売り上げによるものだという。[16]

2008年10月25日、[カリフォルニア]の[ディズニーランド]を3億円で借り切り、16歳の誕生日パーティーを盛大に開催したが、その際に一般客も招待され、入場チケットを1枚250ドル(日本円で約2万5000円)の限定枚数で販売した。このチケットの収益金は寄付したという。

2009年の年収は約42億円。

2009年12月、米TMZによるとフロリダのパンハンドル地域に180万ドル(日本円で約1億5000万円)で休暇用の豪邸を購入したことがわかった。ビーチを見下ろす豪邸には4つのベットルームにジム、エンターテイメントルームがあり、美しいメキシコ湾の風景を見渡すことができるという。

2010年5月、米ニューヨークポストがティーンTVスターのギャラをランキングで発表し、マイリーは『ハンナ・モンタナ』の1話あたりの出演料が15000ドル(日本円で約135万円)で6位にランクインした。専門家は「出演料はエージェントやマネージャーなどへの支払いがあるため、実際に受け取る金額は30~40パーセントでしょう。マイリーの場合はCDセールスやコンサートの収入が計り知れない」と分析している。

2010年6月、米TMZによると一人暮らしのために3億円で購入したロサンゼルスの豪邸に移り住むことがわかった。この豪邸は2009年に購入したもので実家から十数メートルの場所にあり、自分好みにするためにリフォームしていた。豪邸にはベットルームが4部屋にバスルームが5箇所あり、テニスコートとプールもあるという。

2010年12月、米経済誌フォーブス誌が「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」のランキングを発表し、4,500万ドル(日本円で約36億9,000万円)を稼いで19位にランクインした[17]

エピソード[編集]

プライベート写真の流出[編集]

2007年10月、彼女のメールアドレスがクラッカーによって意図的にクラッキングされ、彼女自身がプライベートで撮影した写真等が流出。その中には下着姿でポーズをとっていたり、Tシャツのままシャワーを浴びているなどかなりセクシーなものがあり騒動になった。写真の中にはニック・ジョナスのネックレスをしているものも発見された。その後ハッカーの男は逮捕された。この男は騒動になった際、それらの写真を流出させたのは自分だと周囲に自慢していて、アドレスをクラッキングする方法なども言いふらしていたという。

2007年12月には、プライベートの擬似レズビアン写真が流出した。これに対して彼女は「何も悪いことしていないし、無邪気に写真をとっていただけ。こんなことで騒がれるのはおかしい」とコメントした。

2008年1月、自分でパープルのTシャツをめくり上げ、パンティを自ら見せているようにも見えるマイリーやビキニ姿、ベッドの上で横たわり乳首がくっきりしているなどのセクシーな写真が流出し、これらはMySpaceのページに掲載された[18]

2008年04月、彼女は当時交際中の男子高校生トーマス・スタージスと、黒いブラジャー姿で戯れている写真や自分からブラジャーをチラ見せしているなどがMySpaceから流出し、まだ15歳であるという年齢や、同年代や年下のファンから絶大な支持を得るスーパーアイドルであったことから非難された。このとき彼女は「ネットで流出した写真の自分は不謹慎で不適切だったと反省してます」とファンらに謝罪した。

2010年11月、Gossip誌OK!によると、パーティに出席した時に携帯電話を盗まれてしまい、ヌード写真が流出された。だが、顔は写っていなく、左の肋骨部分に入っているはずの"JustBreathe"のタトゥーがなかった。従って、全くの別人に決まった。他にもヌード写真があるが、顔も、髪色も違うという事でマイリーではない。

米バニティ・フェア誌でのセミヌード[編集]

2008年6月号の米誌ヴァニティ・フェアにセミヌードで登場した事が騒動となった。彼女の両親は写真撮影の間中ずっとその撮影現場におり、シーツを抱いてバストトップを隠して背中を見せるという考えと撮影はアニー・リーボヴィッツによるもので、インタビューでBruce Handyにポーズをとるとき不安だったか聞かれると「いいえ、だって大きなブランケットをまとっていたから。そしたら可愛く、完璧に自然に見えると思った。本当に芸術的だと思うし。そんな不細工な感じではなかった。アニーにはNoと言えないわ、彼女はとても可愛いし。子犬のような見た目で頼まれたらOKって言うしかないわ」と答えた。この写真(撮影)が15歳(撮影当時)という年齢に不相応であり、ティーン達に悪影響を及ぼすと波紋を呼んだ。彼女は公式に謝罪、後のインタビューで「『芸術性』を求めて撮影に参加したけど、今になって写真を見てカバーストーリーを読むと、どうしても困惑してしまうの」と語った[19][20]。この声明を受けて米紙ニューヨーク・ポストは「マイリーの恥」と題して彼女が手でバストトップを隠している写真を一面に掲載、同じくニューヨーク・タイムズは彼女のフランチャイズであるディズニー・スタジオに悪影響を与えると論じるなど騒動は大きな広がりを見せた[20]

アジア人中傷写真の流出[編集]

2009年2月3日に、彼女がアジア人も含む友人と撮った個人的な写真の中に目尻をつりあげた写真が発見されたため、アジア・太平洋系住民の社会的・政治的な福祉の向上を目指している中華系全米アジア人団体OCAは人種差別であるとして彼女を非難し謝罪するよう求めた[21]。彼女は同サイト内で「"変な顔"をしてふざけていただけ。誰も侮辱してません。この写真を見て、勘違いされたら悲しいわ。マスコミは私にバッドガールのイメージを植え付けようとしているの」と、今回の騒動自体メディアの言いがかりであると述べた。[22]これに対して中華系全米アジア人団体OCAは「十分な謝罪ではない」と反論した。後日、彼女はグラミー賞翌日の9日に「私は差別するつもりはなかったと申し訳なく思っていることを強調したい」と前回のコメントが謝罪だったと改めてコメントした[23]。ルーシー・J・キムというロサンゼルス在住の女性が高等裁判所に告訴[24]。この女性はアジア・太平洋出身のロサンゼルス在住市民100万人を代表し、一人当たり4000ドル(36万円)の損害賠償を求め、概算では3600億円以上だという。アジア系女性コメディアンのマーガレット・チャウも彼女に対する批判の曲を書いて発表するなど、批判は相次いでいるが、2度も謝罪している彼女はこれ以上言葉で謝罪しても効果がないと判断しアジアに友好的という主張をするため、13日に恋人と「ウェイバリー通りのウィザードたち」のセレーナ・ゴメス、「キャンプ・ロック」のデミ・ロヴァートディズニーのティーン・セレブ)を連れて、ウェストハリウッドの超高級寿司レストランKOIに訪れた[25]

2009年ティーンチョイスアワードでのパフォーマンス[編集]

彼女は「Party in the U.S.A.」を2009年8月10日のティーン・チョイス・アワードでパフォーマンスし、そのパフォーマンスのテーマが物議を醸した[26][27][28]。パフォーマンスについての批判は挑発的なダンスを踊り、アイスクリームの車の上でポールダンスを踊り、アメリカ合衆国の文化について馬鹿にしていると思わせるようなそのテーマに集中している[27][28][29][30]。批判のうちのいくつかは、ブリトニー・スピアーズのマイナス面との類似点を挙げた:一方でサイラスはそれを歓迎してる[29]。他の人は、彼女は6つも賞を得たにも関わらず、そのパフォーマンスを実際以上に性的なイメージに結びつけ集中批判するべきでないと彼女を擁護した[31][32]ウォルト・ディズニー・カンパニーはその事件から距離を置くことに努めている[33][34][35][36]

2009年AOLの投票[編集]

700万以上のアルバムを売り上げ、自らのファッションブランドを立ち上げ、『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』(2009年)で世界の劇場で154万ドルを売り上げたのにも関わらず、上記のような出来事が立て続けて起こったため、テイラー・スウィフトMTV Video Music Awardsでのスピーチの場を妨害した3位のカニエ・ウエスト19%と、2位のブリトニー・スピアーズ27%に大差をつけた42%で、彼女はAOLJSYK.comで2009年の最も悪い影響力のある人物に選ばれた[37][38]

DaveDays[編集]

YouTubeにおける人気チャンネル'DaveDays'のビデオに友情出演[39][40]。DaveDaysはメジャーなプロミュージシャンではなく、多くのファンを驚かせた。映画The Last Songのプロモーションの一環と考えられる。


主な出演作品[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. Breakout (2008年) - 全米1位 全英10位 日本10位
  2. The Time Of Our Lives (EP) (2009年) - 全米2位 日本10位
  3. Can't Be Tamed(2010年) - 日本8位
  4. Bangerz (2013年10月8日) - 全米1位 全英1位 日本1位 その他含め70ヵ国で1位を記録

シングル[編集]

  1. Start All Over(2007年)
  2. See You Again(2007年) - 全米10位
  3. Ready,Set,Don't Go(Billy Ray Cyrus featuring Miley Cyrus)(2007年)
  4. 7 Things (2008年) - 全米9位
  5. See You Again (Rock Mafia Remix) (2008年) - 全英11位
  6. Fly On The Wall (2008年)
  7. The Climb(2009年) - 全米4位
  8. Hoedown Throwdown(2009年) - 全米18位
  9. Party In The U.S.A.(2009年) - 全米2位 全英11位
  10. When I Look At You(2010年) - 全米16位
  11. Can't Be Tamed(2010年) -全米3位
  12. Who Owns My Heart (2010年)
  13. We Can't Stop (2013年)-全米2位 全英1位
  14. Wreckng Ball(2013年) -全米1位 全英1位
  15. Adore You(2014年)

シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ[編集]

  1. Hannah Montana (2006年) - 全米1位
  2. Hannah Montana 2: Meet Miley Cyrus (2007年) - 全米1位
  3. Hannah Montana:The Movie Soundtrack (2009年) - 全米1位
  4. Hannah Montana 3 (2009年) - 全米2位
  5. Hannah Montana Forever (2010年)
  6. Best Of Hannah Montana (2011年)

その他[編集]

  1. Bridge to Terabithia Original Soundtrack - I Learned From You (2007年)
  2. Disneymania 5 - Part of Your World(リトル・マーメイド (2007年)
  3. Disney Channel Holiday - Rockin' Around the Christmas Tree (2007年)
  4. Disney Friends For Change - Send It On(featuring Demi Lovato,Jonas Brothers,Selena Gomez,Miley Cyrus) (2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Miley Cyrus Goes Hybrid After Getting Some Green Driving Advice From Dad ecorazzi.com 2008年8月8日
  2. ^ a b c d e 清水久美子「人体における胃の役割に関する実験的研究——その起源についての考察」、『SCREEN』第65巻第7号通巻936号、近代映画社、2010年7月、 pp. 32-35。[出典無効]
  3. ^ マイリー・サイラス、自伝本「Miles To Go」を出版”. AFP. 2009年3月26日閲覧。
  4. ^ マイリー・サイラスが自伝本「Miley Cyrus:Miles to Go」を出版”. TimeWarp. 2009年3月26日閲覧。
  5. ^ "マイリー・サイラスが過激パフォーマンス MTV授賞式"”. cnn.co.jp (2013年8月27日). 2013年8月30日閲覧。
  6. ^ 「シークレット・アイドル」のマイリー・サイラス、本名を改名”. シネマトゥデイ. 2009年2月5日閲覧。
  7. ^ マイリー・サイラス、いじめられた過去を赤裸々に綴る”. MTVジャパン (2009年3月5日). 2010年2月5日閲覧。
  8. ^ マイリー・サイラス、いじめられた過去を赤裸々に綴る”. MTVジャパン (2009年3月5日). 2010年2月5日閲覧。
  9. ^ マイリー・サイラス 元カレのニック・ジョナスとレコーディング!?”. ゴシップガールズジェイピー (2009年4月3日). 2010年5月23日閲覧。
  10. ^ マイリー・サイラス パパからのプレゼントはプリウス”. ゴシップガールズジェイピー (2009年2月3日). 2010年5月23日閲覧。
  11. ^ マイリー・サイラス ファンブログ”. PINKY 2008年10月号 (2008年9月2日). 2012年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月23日閲覧。
  12. ^ アメリカのスーパーセレブ、マイリー・サイラスが、ディズニーランドで3億円の誕生会!
  13. ^ 交際期間10ヵ月で結婚を考えているマイリー・サイラス”. OK!JAPANニュース (2010年5月17日). 2010年5月23日閲覧。
  14. ^ Miley Cyrus Sends Her Last Tweet
  15. ^ http://www.people.com/people/article/0,,20735370,00.html
  16. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0013517
  17. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0029300
  18. ^ Miley Cyrus’ Controversial Myspace Photos Leaked
  19. ^ 米プレイボーイ誌が15歳の人気アイドルにヌードをオファー”. eiga.com. 2009年2月15日閲覧。
  20. ^ a b 15歳の全米トップアイドル、ヌード撮影を激しく後悔!”. eiga.com. 2009年2月15日閲覧。
  21. ^ M・サイラス、目尻をつり上げるポーズが非難の的に”. ロイター. 2009年2月5日閲覧。
  22. ^ マイリー・サイラス、「アジア人を中傷」と非難された写真について釈明”. Web-Tab. 2009年2月15日閲覧。
  23. ^ マイリー・サイラス、「アジア人を中傷」と非難された写真をめぐり再度謝罪”. Web-Tab. 2009年2月15日閲覧。
  24. ^ Report: Woman Files Lawsuit Against Miley Cyrus for Offensive Gesture
  25. ^ 寿司で緩和?マイリー・サイラス猫目でアジア人侮辱疑惑に3600億円損害賠償
  26. ^ Miley Cyrus to Perform and the Casts of "Twilight" and "Glee" to Appear on "Teen Choice 2009" Monday, August 10, on FOX”. Teen Choice Awards (2009年8月3日). 2009年8月3日閲覧。
  27. ^ a b Carroll, Larry (2009年8月10日). “Miley Cyrus Spoofs Her Tennessee Roots In Teen Choice Awards Performance”. MTV News. 2009年8月10日閲覧。
  28. ^ a b Miley Cyrus Performs 'Party In The U.S.A.'”. MTV (2009年8月10日). 2009年8月10日閲覧。
  29. ^ a b McKay, Hollie (2009年8月10日). “Miley Cyrus Gets Raunchy With a Pole at the Teen Choice Awards, Wins Six Trophies”. Foxニュース. 2009年8月10日閲覧。
  30. ^ Stack, Tim (2009年8月11日). “Miley Cyrus Pole Dancing at the Teen Choice Awards: Rather Unfortunate, Yes?”. Entertainment Weekly. 2009年8月11日閲覧。
  31. ^ Duncan, Apryl (2009年8月11日). “Miley Cyrus' Pole Dancing a 'My Roots' Tribute”. About.com. 2009年8月12日閲覧。
  32. ^ Lamb, Bill (2009年8月11日). “Miley Cyrus' Teen Choice "Party In the USA" Pole Dance Generates Controversy”. About.com. 2009年8月12日閲覧。
  33. ^ Herrera, Monica (2009年8月12日). “Miley Cyrus' Pole Dance At Teen Choice Awards Sparks Controversy”. ニューヨーク: Billboard. 2009年8月13日閲覧。
  34. ^ Vena, Jocelyn (2009年8月11日). “Disney Distances Itself From Miley Cyrus' Teen Choice Performance”. MTV News. 2009年8月12日閲覧。
  35. ^ Vena, Jocelyn (2009年8月11日). “Disney Distances Itself From Miley Cyrus' Teen Choice Performance”. VH1. 2009年8月12日閲覧。
  36. ^ Kahn, Robert (2009年8月10日). “Miley Cyrus' Pole-Dancing Performance Sparks Criticism”. Newsday.com. 2009年8月12日閲覧。
  37. ^ Miley Cyrus voted worst celebrity influence of 2009
  38. ^ The Good, The Bad and The Miley
  39. ^ Miley Cyrus - My Last Song for Miley (Dave Days)
  40. ^ So I met Miley for realz!

外部リンク[編集]