ジョナス・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jonas Brothers
Jonas Brothers 2009.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー
ジャンル ポップ・ロック
ティーンポップ
活動期間 2005年 - 2013年[1]
レーベル コロムビア・レコード
Hollywood Records, Jonas Enterprises, Universal[2]
公式サイト JonasBrothers.com
メンバー
ケビン・ジョナス(ポール・ケビン・ジョナス)
ジョー・ジョナス(ジョセフ・アダム・ジョナス)
ニック・ジョナス(ニコラス・ジェリー・ジョナス)

ジョナス・ブラザーズ (Jonas Brothers) は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のポップ・ロックバンド。

来歴[編集]

長男のケビン、次男のジョー、三男のニックの3兄弟からなる。

父親からはイタリア、ドイツの血を、母親からはアイルランド(母方の祖父)、チェロキー族の血をひいている。

デビュー・アルバム「It's About Time」は脚光を浴びることは無かったが、セカンド・アルバム「Jonas Brothers」はビルボードで初登場5位に入るヒットとなった。

デビューは2005年12月。ポップ・グループに関心があるとは思えないレーベルコロムビア・レコードからのデビューだった。その理由は、当初は三男のニックだけの契約で、それも「クリスチャン・ミュージックを歌う11歳の少年」に魅力を感じたからである。ニックはソロ・シングル2枚をリリースしたが、アルバム制作のタイミングで兄弟3人が作った曲が認められ、グループとして活動することが決まった。Sound of Jonasを経て、Jonas Brothersとなってからは、よりロック色を強めたサウンドに変わっていった。

2013年に入ると、メンバー同士の喧嘩が激しくなり、予定されていたツアーも中止。そして10月29日、ジョナス・ブラザーズは正式に解散すると発表した[1]

メンバー[編集]

ケビン[編集]

ポール・ケビン・ジョナスII (Paul Kevin Jonas II) 。1987年11月5日、ニュージャージー・ティーネック生まれ。身長5’11(約180㎝)。右利き。ギター、バックグランドボーカル担当。 好きな食べ物は、寿司。あだ名はK2。 作曲の際は、彼の案がよく採用されるそう。 3人の中では最初にギターを始めた。 2009年、元美容師の彼女、ダニエル・デリーサと結婚した。

ジョー[編集]

ジョセフ・アダム・ジョナスJoseph Adam Jonas)。1989年8月15日、アリゾナカーサグランデ生まれ) 。身長5’8(約172㎝)。右利き。リードボーカル、ギター、キーボード、タンバリン担当。本当は、コメディアンになるのが夢だった。あだ名はDanger。ケビン曰く「音楽のためにはどんなことでもするハチャメチャだから」とのこと。3人の中では一番身だしなみに気を使い、いつも準備に時間が掛かるそう。過去にAly & AJのAJと、テイラー・スウィフトカミーラ・ベルデミ・ロヴァートと付き合っていた。『トワイライト』シリーズに出演しているアシュリー・グリーンと付き合っていたが破局。 キャンプロック・キャンプロック2のシェーン役

ニック[編集]

ニコラス・ジェリー・ジョナスNicholas Jerry Jonas)。1992年9月16日、テキサスダラス生まれ 。身長5’9(約175㎝)。右利き。ボーカル、ギター、ドラム、キーボード、ピアノ担当。あだ名はMr.President。このあだ名は、3人の中で一番冷静・しっかりしていて、実行力があるためについた。2007年10月のイベントで、自分がI型糖尿病であることを告白した。これをきっかけに、糖尿病の子供達を支援する活動に積極的に参加する。ブロードウェイで子役の経験がある。 マイリーサイラス、セレーナ・ゴメスの元恋人。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム

  • It's About Time(2006)
  • Jonas Brothers(2007)
  • Camp Rock(2008)
  • A Little Bit Longer(2008)
  • 3D Concert Experience(2009)
  • Lines Vines and Trying Times(2009)
  • Who I Am(2010):Nick's Solo Project
  • Fastlife(2011):Joe's Solo Project

ジョナス・ファンガール[編集]

本拠地のアメリカ合衆国においては、ジョナス・ブラザーズのファンの少女達を指す『ジョナス・ファンガール』(Jonas fan-girl)という俗称が生まれている。

これは、ちょうど日本におけるジャニーズファンの少女たちと同じで、ジョナス・ブラザーズファンの少女達に特有の傾向が見られることから発生した。特有の傾向とはすなわち、外観的に非常に『醜い』(ugly)こと、肥満(obesity)の傾向、いわゆる『ネクラ』(nerdy)、などといったものである。

オプラ・ウィンフリー・ショーにて出現したことで、有名な言葉となった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]