一発屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一発屋(いっぱつや)とは、大舞台で一時的にのみ活躍を見せた歌手映画監督芸人作家スポーツ選手等を侮蔑した呼称表現である。

元々は野球において長打やホームランを狙う選手を指す言葉であったが、現在では一時的にのみ活躍した選手を指してスポーツ全般に拡大して用いられるようになった(2年目のジンクスも参照)。本記事では、後者の印象から転じて用いられるようになった「一発屋」について説明する。

概要[編集]

一作品のみが大ヒット、または一時的に大活躍して、その後はヒットしない、または名前が聞かれなくなった人を侮蔑する俗語。英語では「one-hit wonder」と呼ばれる。

2000年代後半から、お笑いタレント(小島よしおダンディ坂野等)など、一発屋であることを売りにテレビで活躍する人も増えている。一発屋とされているタレントの出演に積極的な番組も存在する。

主に発信者と受信者の情報共有・意思共有・相互理解が困難なテレビ等のメディアで多用される言葉である。

一発屋に関する発言[編集]

歌手の円広志は「一発屋はキャラクター」、元・猿岩石有吉弘行は「一発屋から再起するのに必要なことは、まず一発屋であることを認めること」だと語り、自身が一発屋であることをネタにしている[1]。有吉は猿岩石としてブレイクした後に活躍が激減し、解散してから毒舌キャラで再びテレビ出演が増えた経歴から「1.5発屋」、「二発屋」と自称している[2]

一発屋に関する作品[編集]

音楽[編集]

元・アラジン高原兄が『天下無敵の一発屋』という曲を発売した(1994年6月8日発売のシングル『完全無欠のロックンローラー』のカップリングに収録)。2008年10月22日発売の『クイズ!ヘキサゴンII』からのコンピレーションアルバムWE LOVE ヘキサゴン』に波田陽区ダンディ坂野小島よしお金剛地武志の四人組ユニット「一発屋2008」によるリメイク版『天下無敵の一発屋2008』が収録された。

センチメンタルバスは『Sunny Day Sunday』が大ヒットし、2013年現在も高校野球の応援曲にてブラスバンドでの演奏で使われている定番となっているが、この曲以外ヒット曲が存在しない。

2000年8月27日には『ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW』の企画で堀江淳円広志田中昌之の自身を「一発屋」と称する3人による企画ユニット「さっぱりネットワーク」が『今夜だけのステージ』でCDデビューした。

2012年12月19日放送の「爆問パニックフェイス!今!この芸人がスゴイSP」において一発屋芸人25名が「We Are The World」のカバー曲「We Are The 一発屋」を歌っている。メンバーは以下の通り。

  • ムーディ勝山・波田陽区・テツandトモ・響(小林優介・長友光弘)・ねづっち(Wコロン)・レイザーラモンHG・長州小力・ノッチ(デンジャラス)・ヒロシ・コウメ太夫・楽しんご・クールポコ。(せんちゃん・小野まじめ)・ジョイマン(池谷和志・高木晋哉)・レギュラー(松本康太・西川晃啓)・鼠先輩・髭男爵(ひぐち君・山田ルイ53世)・坂本ちゃん(アルカリ三世)・ダンディ坂野・小島よしお

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年9月7日放送回『人生が変わる1分間の深イイ話 人気者 VS 一発屋スペシャル』より
  2. ^ 2009年7月30日放送分の『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!・最近の一発屋事情』より

参考文献[編集]