Seventeen (アメリカの雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セブンティーン
Seventeen
ジャンル ファッション
読者対象 10代女性
刊行頻度 月刊
発売国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
出版社 ハースト・コーポレーション
編集長 アン・ショケット
ISSN 0037-301X
刊行期間 1944年 -
ウェブサイト Seventeen.com

Seventeen』 (セブンティーン) は、アメリカ合衆国ファッション雑誌。10代の少女を対象にしている。1944年創刊。

概要[編集]

『セブンティーン』(Seventeen) は、アメリカのティーンエイジャー向けの雑誌で、1944年ウォルター・アネンバーグのトライアングル・パブリケーションズ(Triangle Publications) により創刊された。その後、1988年に同社を買収したニューズ・コーポレーションにより、1991年、K-IIIコミュニケーションズ(後に「プリメディア」に改名)に売却され、さらに2003年、現在のハースト・コーポレーションに売却された。『セブンティーン』は、競争が激しい中で未だにニューススタンドの花形的存在である。主に13歳から20歳までの少女をターゲットにしている。

雑誌の内容は、ファッション流行セレブリティ美容スキンケア化粧、生活スタイルに関する情報やアドバイスである。また、栄養エクセサイズを扱う健康コーナーや、クイズ星占いも掲載されている。記事の長さは意図的に短く抑えられている。写真は高いクオリティを誇り、常連のセレブリティと服装のテーマを際立たせ、広告は14歳から20代初めまでの主たる購買層に的を絞っており、雑誌をよく引き立てている。当初は17歳を対象としていたが、以降、内容のレベルを維持しつつ、より広い読者層を獲得する努力を続けている。

国際版[編集]

他のメディアでの展開[編集]

ミス・セブンティーン[編集]

雑誌の宣伝活動として、『セブンティーン』はMTVと提携し、「ミス・セブンティーン」(Miss Seventeen) というコンテストのリアリティ番組を制作した。番組は2005年10月から同年12月までMTV系列で放映されたが、ほんの1シーズンだけで終了してしまった。ジェニファー・スティールが優勝者として発表され、「ミス・セブンティーン」の最新メンバーとなった。

日本版では同名のコンテストを1970年1986年1999年~現在まで行われている。

アメリカズ・ネクスト・トップモデル[編集]

アメリカズ・ネクスト・トップモデル」(America's Next Top Model) では、第7回から毎回、優勝者が『セブンティーン』の表紙に掲載されている。これまで、キャリディー・イングリッシュジャスリーン・ゴンザレスサレーシャ・ストワーズホイットニー・トンプソンマッキー・サリバンといった面々が起用され、最近では第12回の優勝者であるテヨーナ・アンダーソンが加わった。第13回の優勝者も雑誌の表紙を飾る予定である。

ディア・セブンティーン[編集]

『セブンティーン』の編集者たちは、週一回、キング・フィーチャーズ・シンジケートで「ディア・セブンティーン」(Dear Seventeen) という相談コーナーを担当している。このコーナーでは、身体イメージから日常の厄介事に至る様々な事柄について、アドバイスを求めて投稿してくる少女たちの相談に応じている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]