バット (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野球用木製バット

バット(bat)とは、野球ソフトボールクリケットなどのスポーツにおいて、打者投手の投球を打つために用いられる棒状の用具のことである。この項では主に野球用のバットについて取り扱う。

各大会における規定[編集]

野球の各大会においては、使用できるバットの材質、色、形状などがそれぞれ規定されている。これ以外にも、異常に打球が飛ぶような細工などの不正行為を防ぐため、細かな規定がある。

金属バットの使用を許可している大会・リーグ等にあっては、多くの場合、試合時にチームとして複数本の木製バットを用意することが規定もしくは指導されている。これは、が発生もしくは発生が予想される際に、臨時に金属バットの使用を禁止し木製バットを使用させるためである。すなわち、ある程度の雷でも試合は続行される可能性を示唆している。しかし、装身具として身につける程度の金属の場合、落雷の確率には影響を及ぼさず、また木製バットが金属バットに比べて落雷の確率が有意に低いという証明はなされていない(雷は高い場所に落ちる可能性が高いが、それが金属か非金属かは関係なく、ほぼ同確率である。野球場のような広い場所で材質に関わらずバットを持つことが危険であるため、雷鳴が発生したら試合を中断するのが望ましい)。

日本のプロ野球[編集]

日本プロ野球では、一本の木材のみから作られた木製のバットのみが認められている。かつては反発力を高めるために木材に樹脂加工を施した圧縮バットが使用された時期もあったが1981年のシーズンより禁止された。2002年から着色バットが認められたが、2005年からは国際規格に合わせて淡黄色が禁止され、自然色と合わせて、こげ茶、赤褐色、黒の3色が認められている。2011年からは、着色する場合でも木目の確認しやすい程度の色の濃さにすることが定められた。

高校野球[編集]

日本の高校野球では、木製バット、木片の接合バット、竹の接合バット、金属製バットの使用が認められている。実際は使いやすさや耐久性の点から金属製バットの使用がほとんどである。色は木目色、金属の地金の色、黒色のみとされている。それ以外の着色バットは認められていない。また、金属製バットは1974年から使用が許可されたが、甲高い打球音が球審や捕手の難聴の原因になるとされ1991年には打球音を抑えた消音バットを採用している。更に、過度な軽量化がなされた結果、バット自体の破損や強すぎる打球によりプレーへの安全性が懸念された為、2001年より900g以下のバットの使用が禁止されている。

社会人野球[編集]

社会人野球では、2005年シーズンからはすべての大会で木製バットの使用が義務付けられ、接合バット、樹脂加工バット、着色バット(ダークブラウン、赤褐色、淡黄色で、木目が目視できるもの)の使用が認められている。

かつても木製バットが使用されていたが、野球の国際的な普及を目的に、国際大会で金属バットが導入されたことから1979年シーズンから金属バットの使用が認められていた。しかし、オリンピックにおけるプロ参加が解禁されるようになり、国際大会でも木製バットが使用されるようになったことから、2002年シーズンからは木製バットを使用している。ただし、バットの折損からくる負担を考慮し、全日本クラブ野球選手権大会とその予選、クラブチームのみ参加する大会では、引き続き金属製バットの使用が認められていた。

材質[編集]

バットの材質には金属超々ジュラルミンなどのアルミ合金)、炭素繊維強化プラスチック(俗に「カーボン」と呼ばれる)、などがある。特に木製バットを使用する際には、ボールがバットに当たる際にヘッドの刻印部分が上もしくは下を向くように持たなければならない。これは木目に対して平行に力が加わるようにして、折れにくくするためである。

木製バットの材料には、アッシュ材や、ハードメイプルヒッコリーなどが使用されている。長らく米メジャーでは硬い(反発力の強い)ホワイト・アッシュが使われ、近年ではハードメイプルも多く使われているが、ヒッコリーは重いためあまり使われなくなっている。一方、日本のプロ野球では「材質が柔らかく、振ったときにしなりが出る」としてヤチダモアオダモなどがよく使われ、特に良質なバット材として北海道産のアオダモが好まれている。

松井秀喜イチローピート・ローズなどのバットを作った久保田五十一[1]による作り方は次の通り:7cm角の角材を3-4ヶ月間自然乾燥した後、40時間真空乾燥する。機械で荒削り後、職人が30分程度手仕上げする[2][3]

メジャーリーグへ日本人野手が移籍することが多くなった2000年代からは、ボールの材質や気候が違うことから日本人選手もホワイトアッシュなどを使用し始め、その堅さなどから日本球界でもアオダモ以外の材質バットを好む選手が増えてきている。アオダモはバットとして使えるものは樹齢80 - 90年とされており、近年では良質材の確保が困難なことが問題になっている。そのため、豊田泰光らが「アオダモ資源育成の会」を立ち上げたり、折れたバットの再利用などもされている(後述)。日本野球機構では、日本シリーズオールスターゲームなどの特別試合の試合前に、選手による植樹などの活動が行われている。

木製バットの場合、バットの含水率は7 - 10%程度が理想と言われている。日本のように夏季の湿度が高い環境では、バットを裸のまま放置すると空気中の水分を吸い込んでしまい、含水率が理想の状態よりも高い値(最大で12 - 13%程度)になってしまう。含水率が高くなると当然ながらバットの重量が重くなり選手の感覚を狂わせる上、バットにボールが当たった際の反発力にも影響が出る。一方で冬季にエアコンのそばにバットを放置した場合など、バットが乾燥して逆に含水率が低くなり、事実上使えなくなるほど折れやすくなることもある[4]。これらの要因から、近年プロ野球選手の間では、シリカゲル入りのジュラルミンケースにバットを入れて持ち運ぶことでバットの含水率を一定に保つことが一般的となっている[5]

金属バットで硬球を長期間打ち続けると、打球音の影響で聴力が低下することが指摘されている。現在はバット内部に音響放射を低減させる作用を持つ防音・防振材が貼り付け又は充填されるようになった。

ミズノなどから軟式野球用に外側がゴム(エーテル系発泡ポリウレタン)のものも販売されている。これらは軟式ボールの変形をおさえ、反発係数を高めることで飛距離を増すというものである。

接合バットは竹の合板を軸として打球部分にメイプルなどの木材を貼り合わせている。ラミバットとよばれる。

竹バットや接合バットは、金属バットより「芯」が狭い、1本の木材から作られたものより丈夫であり安価である、ということからアマチュア野球の練習用バットとして使われている。

形状[編集]

公認野球規則では、なめらかな丸い棒であり、最も太い部分の直径6.6cm以下(2010年までは直径7cm以下)、長さ106.7cm以下とされている。実際の形状は手で持つ部分(グリップ)が細く、ボールが当たる部分(ヘッド)が太くなっており、グリップの端にグリップエンドと呼ばれる直径の太い部分が付いている。また、バットのグリップ側にはテープを巻くなどの滑り止め加工が施され、ヘッドの部分にはメーカー名などの刻印がされている。

用途に応じて次のような形状の違いがある。

試合用[編集]

硬式球を打つための硬式用バットと、軟式球を打つための軟式バットがある。打者のタイプによって重心の位置が異なっており、長打を狙う選手はグリップが細く、ヘッドが太い先端に重心があるバット(トップバランス)、短打を確実に狙う選手にはグリップが太く、ヘッドが細いバット(ミドルバランス)が好まれる。プロ野球選手の場合には特注されることが多く、実際に使われているものに似せたバットが、その選手名を冠して「○○モデル」として市販されている。

練習用[編集]

練習用として、投手の投球を打つことを目的としないバットがある。ノックの打球を確実に打つため、細く軽量に作られたノックバット、スイングの矯正などに用いられる長尺バットなどがある。筋力を付けるために重く作られたバットをマスコットバットと呼ぶ。また、素振りの際に鉄製のリングをバットに取り付け、錘としてボールを打つ時の感触に近づけることがある。

折れたバットの利用法[編集]

折れたバットは、その素材を利用し、靴べらなどの別の品物を作る材料に用いることがある。日本プロ野球で試合中に折れたバットは、職人の手により5~6本の箸に再生されている。その名も『かっとばし!!』[6]

金属バットの発祥[編集]

金属バットは、芝浦工大学長も務めた大本修平成24年度野球殿堂入り)が、1960年代に米国メーカーよりも先に考案したと言われている。大本は通商産業省による金属バットの安全基準作りにも関わった。

特徴のあるバットの使用例[編集]

  • 川上哲治は赤く着色した赤バットを使用した。それに対抗して大下弘青バットとした。このほか南村侑広が学生時代より使った黒バットもあった。しかし、バックスクリーンに反射しやすい、塗料が粗悪でボールに付いてしまうなどという理由で後にカラーバットの使用が全面的に禁止された[7]。上記の通り、黒は現在は認められているが、赤や青のカラーバットは規則上使用できない。
  • 大下弘は1948年に公認野球規則で禁止されている製のバットを密かに使用して猛打賞を記録したものの、試合後に自ら記者に明かしてしまった。このため、後日連盟から制裁金を科せられた。
  • 藤村富美男は、物干し竿とあだ名される、通常より長いバットを使用した。
  • 長嶋茂雄は、1968年5月11日中日戦で敬遠策を採ってきた山中巽投手に対して、抗議の意を表してバットを持たずに打席に入った(打撃を行うことは当然できないが、ルール上は問題ない)。しかし山中はそれでも敬遠四球を与えた。
  • 大杉勝男は、引退試合の最終打席で王貞治からもらったサイン入りのバットを持って打席に入ろうとしたところ、ルール上の問題により、球審にそれを拒否された。
  • 短打を確実に狙う選手が、グリップエンドの部分を極端に大きくしたバットを使用することがある。かつてメジャーでタイ・カッブ(タイ・カップ)が使用したことからタイカップ式バットとして短距離打者を中心に愛用者が多い。その他、非常に重いことからツチノコバット、グリップエンドが“タイカップ式”以上に大きなバットはこけしバットなどと呼ばれる。日本での先駆者は藤原満であり、その後若松勉福本豊大石大二郎山崎賢一土橋勝征小坂誠森谷昭仁などに広まっている。
  • サミー・ソーサは、本来禁止されているコルクを詰めたバットを公式戦で使用し、折れたことでそれが発覚し退場処分になった。
  • 門田博光は「速い球を重いバットで打てれば、遅い球にも対応出来る」という考えの持ち主であり、1kgもある重いバットを持って打席に入っていた。
  • 新庄剛志は、2005年のオールスター第2戦で金色に着色されたバットを持って打席に立った。また、2006年のオールスターでは虹色のバットを使用した。いずれも公式戦では違反になるものであるが、球審が木製のバットであることを確認し使用が黙認された。
  • メジャーリーグでは、ピンクリボン・キャンペーン(乳癌撲滅運動)へ協賛するイベントとして、運動に賛同する選手が母の日の開催ゲームにおいて、ピンク色のバットを使用している。
  • 五輪では圧縮バットの使用が認められており、その使用の有無は各選手たちに委ねられる。

殴打用具としての使用[編集]

バットを振って人を殴打し攻撃する例がある。

  • 各種メディアにおいて不良の持つ武器として描かれることも多い。
  • 神奈川金属バット両親殺害事件岡山金属バット母親殺害事件時津風部屋力士暴行死事件山口母親殺害事件六本木クラブ襲撃事件のように、実際に殺人・傷害致死事件の凶器として用いられた例がある。
  • 野球の普及していない地域では金属バットが主に武器として用いられると推測される。例えば、2011年8月のイギリス暴動の時期にはイギリスのAmazonでのバットの売り上げが65倍になった[8]。ロシアでは護身用具としての宣伝文句で売られているとの記事もある[9]。このためロシアでは野球のバットはスポーツ用品店ではなく自動車用品店で売られている。これは野球は知名度の低いスポーツでスポーツ用品としての需要がないこと、そしてバットが路上での襲撃もしくは防御の手段として認識されているという理由からである[10]
  • また、禁酒法時代の有名なギャングアル・カポネも1929年5月7日に、ジュゼッペ・ギュンタ、アルバート・アンセルミ、ジョン・スカリーゼの3名が裏切りを企んだため、処刑する際に自らバットで滅多打ちにしている。それをもじって1994年に公開されたアメリカ映画『今そこにある危機』(Clear and Present Danger)では麻薬組織「カリ・カルテル」のボス・エルネスト・エスコベドは裏切り者を粛正するための手段としてバットを使用しようとする設定になっている。
  • 臀部をバットで叩く行為を俗にケツバットといい、戦前の大日本帝国時代には海軍において新兵教育の手段として盛んに用いられ、戦後も昭和期には学校の運動部において「しごき」の手段として頻繁に用いられた。強く振りすぎた場合、骨折などのけがに至ることもあった。現在では、コミュニケーションのひとつとして小突く程度であったり、あるいはバラエティーショーの罰ゲームとして見られる程度である。

関連項目[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バットが米野球の殿堂に飾られている。
  2. ^ 「強打者と歩んだ職人魂 久保田五十一」日本経済新聞2014年2月10日7面
  3. ^ イチローに使えるのアオダモ材は100本に1本しかない。
  4. ^ 小笠原 湿度一定に保って“エコバット宣言” - スポーツニッポン・2009年12月5日
  5. ^ 東京中日スポーツ・2009年8月26日 3面「竜CHANGE ペナントレース編」
  6. ^ かっとばし!!「折れたバットをリサイクル」 日本プロ野球選手会
  7. ^ 球界「黄金時代」譚 104 川上哲治 1 - 「月刊リベラルタイム」 2014年1月号(2013/12/03発行) p.64-65 秋津弘貴
  8. ^ 英国Amazonでバットの売上6541%増!『北斗の拳』のザコキャラみたいなのが増加か Excite News 2011年8月11日閲覧
  9. ^ Russia buys up baseball bats for major league rioting The Moscow News 2010-2-16
  10. ^ 「隕石撮影の裏事情・赤の広場で」『産経新聞』2013/02/22

外部リンク[編集]