ラケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テニスのラケットとボール

ラケット(racket)は、球技で使用するボールシャトルを打つために使用するスポーツ用品である。ほとんどのものは、円形に近いボールを打つ部分(ヘッド)と、握るための柄(シャフト)から構成され、ヘッドとシャフトの間の繋ぎ目部分をスロート、シャフトの握り部分をグリップと呼ぶ。フェイスと呼ばれる、ボールを打つ部分には、円形、八角形、四角形(アイソメトリック)、楕円形、三角形などがある。

テニスバドミントンなどで使用されるラケットでは、楕円形の輪型の枠にガット(ストリングス)といわれる紐が格子状に張り巡らされており、この部分でボールを打つ。伝統的には木材によって作られていたが、現在はチタンなどの合金や、カーボン、セラミックなどの素材によって作られている。ちなみにガットはから作られているものが多い(カットグット)。これが反発力を高めると言われている。かつてソフトテニスではの筋を使用していた。現代のガットは湿気に強いポリエステルナイロンなど化学繊維が主流である。