超々ジュラルミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超々ジュラルミン(ちょうちょうジュラルミン)とはアルミニウム合金の一種であり、日本工業規格 (JIS) では"A7075"と呼ばれるものである。

アルミニウムを主体とする合金であり、他の金属の割合は亜鉛5.5%、マグネシウム2.5%、1.6%である。 加工硬化によって高い引っ張り強度と耐圧力性を持つが、長い時間が経つと強度が低下する弱点もある。

1936年(昭和11年)に、日本住友金属工業海軍航空廠の要請によりこの超々ジュラルミンを開発した[1]。その強度は、超ジュラルミンと呼ばれたアルミニウム合金2000番台よりも高かった[2]。21世紀現在では、同種のアルミニウム合金が軽量でありながら強度が求められる多様な工業製品に使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本アルミニウム協会 年表
  2. ^ 1937年(昭和12年)に開発が決定された零式艦上戦闘機では、1938年(昭和13年)、同戦闘機の設計の際に、設計主務者であった堀越二郎技師が既に開発されていたこの新合金を主翼主桁の材料として採用した。 零式艦上戦闘機以外の軍用機にも、ジュラルミン系のアルミニウム合金が多用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]