タッグアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タッグアップ (Tag up, Tagging up) とは、野球における走塁戦術の一つ。走者が次塁への進塁を意図して、打者飛球野手捕球した後に帰塁すること、もしくは捕球前にあらかじめ帰塁しておくこと[1]

日本においては、タッグアップはタッチアップと呼ばれることが多い。また、慣例的に、タッグアップ後の次塁への進塁を含めた行為全体も、タッチアップと称されている(用例:「タッチアップに成功する」)。

概要[編集]

打者が飛球(フェアボールファウルボールを問わない)を打ち、この飛球が野手により捕球された場合、走者はリタッチを行う必要がある[2]。一旦リタッチを果たした後は次塁への進塁を試みることができる。飛球の方向や距離、走者の走力や相手の守備力といった条件が揃えば、この捕球後の再離塁によって次塁に到達できる。

離塁した走者は次塁へ達する前に触球されるとアウトになるので、極力早くスタートできるよう、塁(ベースバッグ)に足を掛け、同時に野手の捕球が自身の視野に入るような体勢をとる。離塁の際には捕球より先に上体のみを動かし、その勢いを利用してスタートを切ることがセオリーとなっている。

リタッチ[編集]

リタッチは飛球が捕球された後に行うほか、飛球がまだ空中にあるときに予め帰塁しておき、捕球もしくは飛球が野手に触れたタイミングで離塁を行ってもリタッチを果たしたと認められる[3]。タッグアップはこの捕球後直ちにスタートするルールを利用したものである。

一方、走者がベースの後方などに位置し、タイミングを見計らって捕球のわずか前からスタートし、ちょうど捕球時点で塁に触れながら通過した場合(フライングスタート)は正しいリタッチ行為であるとはみなされない[4]。あくまでも走者は野手が捕球するまで塁に触れた状態でいるか、次の塁との間のベースラインにいて帰塁後にスタートすることで正しいリタッチと認められる。

離塁タイミングが早すぎたり、リタッチが正しく行われなかった場合、守備側よりアピールがあれば当該走者はアウトとなり、得点していた場合にはその得点も取り消される。

離塁(スタート)タイミング[編集]

離塁が可能となるタイミングは、飛球が野手に捕球されたときとされる。ただしこのケースでは、捕球が完了していない状態(たとえば飛球を野手がグラブで弾き、空中で「お手玉」状態となったなど)でも、野手がひとたび飛球に触れれば、この時点で捕球と同様にみなされる[5]。これにより野手が故意に「お手玉」をすることで走者の離塁を妨害できないようになっている。

参考文献[編集]

  1. ^ American Sport Education Program (2007). Edition Coaching Youth Baseball—4th Edition. Champaign, IL: Human Kinetics, Inc.. pp. p. 81. ISBN 978-0-7360-6526-9. 
  2. ^ 公認野球規則2.65
  3. ^ 公認野球規則2.65【注】
  4. ^ 公認野球規則7.10(a)【原注】
  5. ^ 公認野球規則2.15【原注】

関連項目[編集]