公式記録員 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野球における公式記録員(こうしききろくいん)とは、試合における記録をとり、これを報告する者、またはその役職名。日本プロ野球 (NPB) ではコミッショナーにより任命される[1]。オフィシャルスコアラーとも呼ばれる。

身分[編集]

NPBでは、2009年シーズンまではセ・リーグ担当とパ・リーグ担当に分かれて所属していたが、経費節減を主眼に置いた組織改革(コミッショナー事務局・セ連盟・パ連盟の3局統合)に伴い、2010年シーズンからNPB記録部として一元化された。1年毎契約の個人事業主である審判員とは違い、公式記録員はNPBとの雇用契約を結ぶサラリーマンで、基本的に終身雇用である。

役割[編集]

試合における役割[編集]

公式記録員は記者席に位置し、安打・失策・野選等の判断を下した場合には、手による合図や拡声器その他の方法でこれを必要箇所に伝達する。記録は所定の時間[2]以内に、報告書を提出する。

また、3人アウトになっていないのに攻守交代が行われたといった場合には、審判員にこれを知らせなければならない。同様にボールカウントが3ボールなのに球審が四球と思い打者に一塁を許した場合等でも、球審に助言を行う[3]

現在NPBでは、一軍の試合はメイン1名・サブ1名の2名で担当している。試合開始前に審判と共に名前を場内アナウンスされるメインの記録員は、公式スコアの記入をしながら、安打/失策・暴投/捕逸など試合中のプレイ内容全般についてのジャッジを行う[4]。球場の「H」「E」「Fc」ランプの操作も行う他、球数や各種記録について、場内記者席・放送席にアナウンスする仕事もしている。

サブの記録員は、NPB・BIS(公式記録のデータベース)に直結したパソコンへのデータ入力を行いながら、記者席や関係者にコピー配布するスコアの記入を行う[4]。サブの記録員が入力した試合データは、NPBが公式携帯サイトで試合速報として配信している他、共同通信社を介したメディア向けの試合情報・速報の配信や、ヤフーのホームページ・CS放送等の試合情報としても活用されている。

二軍の試合は1名で担当する[4]。サブがいないため、球場でのNPB・BISのパソコンデータ入力はしていない。

シーズンオフ[編集]

選手同様シーズンオフはフリーとなる審判員とは違い、シーズンオフでもNPB事務所に出勤しオフィシャル・ベースボールガイドやグリーンブック(セ・リーグ)ブルーブック(パ・リーグ)など、NPB出版物の編集・校正や記録の整理等の仕事を受け持つ[4]

NPB記録員(2013年現在)[編集]

  • 荒井隆人(部長)
  • 山本 勉(副部長)
  • 山川誠二(副部長)
  • 山田 繁(主幹)
  • 藤原宏之(主幹)
  • 嵯峨美樹(主幹)
  • 中村 晃(主任)
  • 加藤木 保(主任)
  • 西原稔泰(主任)
  • 生原 謙(主任)
  • 村林弘之(主任)
  • 荒木一人(主任)
  • 近江屋 拓
  • 荻野 進
  • 関 慎太郎
  • 小熊陽介
  • 沢崎大輔
  • 新 直也
  • 伊藤 亮
  • 中村鉄路
  • 宮内利浩
  • 貞比良 広
  • 東水流幸二

過去の記録員[編集]

  • 広瀬謙三 1937年に選任された、日本プロ野球[5]初の公式記録員[6]

脚注[編集]

  1. ^ 公認野球規則10.01(a)
  2. ^ 日本プロ野球では36時間、メジャーリーグベースボールでは24時間
  3. ^ 公認野球規則10.01(b)(2)
  4. ^ a b c d 斉藤直隆『プロ野球に関わる生き方』アスペクト、2006年7月
  5. ^ 当時は日本職業野球連盟
  6. ^ 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」43ページ

関連項目[編集]