振り逃げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

振り逃げ(ふりにげ)とは、野球において、第3ストライクが宣告されたにもかかわらず捕手が投球を正規に捕球できなかった場合に、三振で 直ちにアウトになることを免れた打者が一塁への進塁を試みるプレイを指す俗称である。

概要[編集]

打者はストライクを3回宣告されると三振になり、少なくとも捕手が捕球していればアウトになる。しかし、一塁に走者がいない、もしくは二死の状況で、第3ストライクにあたる投球を捕手が正規に捕球できなかった場合には、打者は一塁への進塁を試みることができる。このとき打者をアウトにするには、打者が一塁に到達する前に打者または一塁に触球しなければならない(公認野球規則6・05(j))。打者がアウトにならずに一塁に到達すると、走者として一塁を占有することができる(公認野球規則6・09(b))。

このプレイを日本では一般に振り逃げという俗称で呼んでいる。英語においてはuncaught third strike、もしくはdropped third strikeと呼ばれる(いずれも「捕球されなかった第3ストライク」の意)。

振り逃げが成立し得る場面においては、球審はその投球を捕手が正規に捕球したかどうかにかかわらず「ストライク・スリー」と宣告し、「ストライク・バッターアウト」のような宣告は用いない。ただし、正規に捕球がなされていなければ、「ノー・キャッチ」を宣告することはできる。

打者が三振を喫したにもかかわらず出塁が許されるというのは、守備側とりわけ投手からは不条理にも思えるが、その根底には1つのアウトが成立するためには攻撃側の失敗(つまり三振)のみでは不十分で、守備側もなすべきこと(正確な捕球)をしなくてはならないという考えがある(ルールの変遷と振り逃げ参照)。

振り逃げが成功した場合でも、打者には三振が、投手には奪三振が記録される。また同時に暴投または捕逸が記録される。捕手が一塁へ正確に送球すればアウトにできたにもかかわらず、悪送球したため「振り逃げ成功」となった場合は、暴投も捕逸も記録されず、捕手に失策が記録される。また、振り逃げによる打者に対する三振は通常のアウトになった三振と区別するために「逃三振」や「振逃」などと表記される場合がある。

三振が記録されても振り逃げが成功すれば打者はアウトにはならないことから、1イニングで4つ以上の三振が成立しうる。メジャーリーグでは1イニング4奪三振が1901年以降50回以上記録されている[1]イースタン・リーグでは1イニング5奪三振が記録された例もある[2]

振り逃げができる条件[編集]

本塁周辺の土の部分:ダートサークル

第3ストライクが宣告されたとき次の条件を全て満たしている場合、打者は振り逃げを試みることができる。

  • 第3ストライクの投球を、捕手が正規に捕球しなかった。
    ここでいう「正規の捕球」とは、「投手のインフライト(ノーバウンド)の投球を捕手の手またはミットでしっかり受け止め、かつそれを確実につかむ[3]こと」である。つまり、捕手が投球を正規に捕球できなかったときはもちろんのこと、バウンドした投球を打者が空振りし、捕手が手またはミットで確実につかんでも「正規の捕球」には該当しない。
  • 一塁に走者がいない。または、一塁に走者がいてもアウトカウントが二死である。
    (この条件の理由については後に詳述する
  • 打者が走塁を放棄していない。
    打者が第3ストライクが正規に捕球されていないことに気がつかず一塁に向かおうとしなかった場合、ダートサークル(本塁周辺の土の部分で、本塁を中心とした直径26フィートの円である)から出た時点で走塁放棄とみなされ、アウトが宣告される[4]

例外として以下の場合は、振り逃げは成立せず、第3ストライクとバッターアウトの宣告とともにボールデッドとなる。

  1. 第3ストライクの投球が打者に当たった。
    • 空振りをした打者に投球が当たった。
    • ストライクゾーンを通過した投球に打者が当たった。
  2. 2ストライク後のバントファウルボールとなったために第3ストライクが宣告された。
  3. 第3ストライクの投球が、ホームスチールを試みた走者に当たった(1と同様、打者が空振りするか、ストライクゾーンを通過したボールを見送った場合。打者のアウトにより三死とならない場合は、盗塁としてこの進塁は認められる)。
    • なお、ピッチャーズプレートから足を外して投げた場合は、投球ではなく牽制球・送球の扱いとなり、ストライク・ボールの判定は行われない。よって、振り逃げは成立しない。また、走者に当たっても(守備妨害でない限り)ボールデッドにはならないので、他に走者がいる場合、進塁を試みてよい。

振り逃げとアウトカウント・一塁走者との関係[編集]

無死または一死で一塁に走者がいる場合は振り逃げは成立しない。第3ストライクが宣告されれば、打者はただちにアウトとなる[5]。これは、一塁走者がいる状態で振り逃げを認めると、捕手がわざと第3ストライクを正規に捕球しないことで一塁走者に進塁義務を発生させ、フォースプレイでの併殺を試みることができる状態になり、攻撃側が著しく不利になるからである。

二死の場合は併殺は起こりえないので、一塁に走者がいても打者は振り逃げを試みることができる。この場合、一塁走者にも進塁義務が発生するのでフォースプレイの対象になる。同様に走者一・二塁の場合には二塁走者にも、満塁の場合は三塁走者にも進塁義務が発生するのでフォースプレイの対象となる。したがってこのような場合は、二塁走者の三塁到達よりも先に三塁に送球したり、三塁走者の本塁到達以前にボールを拾った捕手が本塁を踏んだりなどすることで、走者をフォースアウトにしてイニングを終了することができる[6]

なぜ「振り逃げ」というのか[編集]

規定自体は公認野球規則6・05および6・09に置かれているが、振り逃げという言葉はその規則文のどこにも書かれていない。したがってルール上の用語ではなく、あくまで俗称であるため、野球中継の実況解説などでも「いわゆる『振り逃げ』」と表現される場合がある。

しかし「振り逃げ」という呼称もこのルールの本質を正確に現したものではない。非常に稀な例ではあるが、打者が空振りをしなかったが投球がストライクゾーンを通過したために第3ストライク(つまり「見逃し三振」の状態)が宣告されたとき、捕手がこの投球を完全捕球できなかった場合も「振り逃げ」できる状態となる。この場合、打者はバットを振らずとも一塁に向かって進塁してよい。したがって一般に「振り逃げ」とは言うものの、打者がバットを振ったかどうかは関係ないデイリースポーツサンケイスポーツで記者を務めた庵原英夫はこれを食い逃げと表現している[7][8])。

ただ、捕手が正規に捕球できないような投球はストライクゾーンから外れていることが多く、そのような投球は見逃せばボールなので、打者が空振りをしないとストライクにならない。ストライクゾーンを通った投球は、十分に訓練を積んだ適性のある捕手であれば正規に捕球する可能性が高い。仮にストライクゾーンを通り打者が見逃した投球を、捕手が正規に捕球できなかったとしても、せいぜい手の届く範囲にボールを落とす程度の状況である。その場合にボールを大きく後逸することは少なく、打者が一塁への走塁を試みたところで捕手がボールを拾い打者の身体に触球するか一塁へ送球するかして、ほとんどアウトにされてしまう(例外として後述の東映対大毎の試合)。

よって実際には、打者が振り逃げを試みる状況において、打者はその直前にストライクゾーンから外れた投球に対して空振りをしていることが多いので、日本では一般に「振り逃げ」という用語が用いられている。

ルールの変遷と振り逃げ[編集]

野球の創生期においては、打者は投手に対し「高め」「真ん中」「低め」という投球の高さを指定することができ、投手は下手投げから打者に打ちやすい球を投げることが役目であった。

しかし「試合時間の短縮化」と「試合のスリリング化」を求めてルールは改定され、1858年、打者が打たなかった投球に対して「ストライク」が宣告されるようになる。また、3回ストライクが宣告されたら打者は必ず一塁に走るように変化していった。

そして、1880年に「第3ストライクの投球を捕手が直接捕球すれば、打者はアウトになる」とルールが改定された。すなわち、「3回ストライクが宣告されたら打者は一塁に走る」というルールの中に、新たに「即アウト」の規定が盛り込まれたのである。即アウトの条件は「捕手が直接捕球すること」であるから、直接捕球できなかったらこれまでどおり打者は一塁に走ることとなる。

こうして、三振・振り逃げのルールは確立されていった。今日では「三振した打者はアウトになる」という解釈のほうが一般的であるが、三振をもって打者をアウトとするルールの中には、「守備側がしっかりと球を捕ること」という精神がある。

実際の事例[編集]

メジャーリーグベースボール[編集]

ヤンキース 対 ドジャース[編集]

1941年のワールドシリーズニューヨーク・ヤンキースブルックリン・ドジャースの対戦となり、ヤンキースの2勝1敗で迎えた第4戦はドジャースの本拠地であるエベッツ・フィールドで行われた。ドジャースがリードして迎えた9回表2死走者なしの場面で、マウンド上にはヒュー・ケイシー、打席にはトミー・ヘンリッチ。フルカウントからケイシーが投じた球をヘンリッチが空振りし三振。試合終了でドジャースがシリーズをタイに戻したかに思われたが、捕手のミッキー・オーウェンが捕球することができず、ヘンリッチは振り逃げで一塁に生きた。これが原因でドジャースはこの試合、最終的には逆転負けを喫し、続く第5戦にも敗北。4勝1敗でヤンキースが史上9度目のワールドシリーズ覇者となった。

ホワイトソックス 対 エンゼルス[編集]

2005年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズシカゴ・ホワイトソックスロサンゼルス・エンゼルスの対戦となり、第2戦はホワイトソックスの本拠地であるUSセルラー・フィールドで行われた。1-1の同点で迎えた9回裏二死走者なしで、ホワイトソックスの打者A・J・ピアジンスキーはフルカウントからの6球目を空振りし三振。これでスリーアウト・チェンジだと思った捕手のジョシュ・ポールは受けた球をそのままマウンドに向けて転がしてダッグアウトに戻るが、ピアジンスキーはアウトがコールされていないことに気付き一塁に走った。ダグ・エディングス球審は第3ストライクがワンバウンドしていたと判断し、にもかかわらず打者への触球も一塁への送球も行われていなかったため、振り逃げの成立を認めた。

これに対しエンゼルスのマイク・ソーシア監督は抗議を行うが受け入れられず。二死走者一塁で試合再開となり、次打者のジョー・クリーディの適時打でホワイトソックスのサヨナラゲーム。試合後、ピアジンスキーの振り逃げの判定を巡って論争が起き[9]、これがきっかけとなって翌2006年に公認野球規則6.09(b)が改正された[4]

日本プロ野球[編集]

東映 対 大毎[編集]

1960年7月19日駒澤野球場で行われた東映フライヤーズ毎日大映オリオンズ戦、東映リードの3-1で迎えた8回表二死満塁の場面。東映の投手土橋正幸は大毎の山内和弘をボールカウント2ストライク3ボールから見逃しの三振にしとめた。東映の保井浩一コーチ(この日は代理監督として指揮)は三振でチェンジと思い込みナインをベンチに下がらせたが、東映の捕手安藤順三はこのとき第3ストライクの投球を後逸していた。これを見逃さなかった大毎の選手は山内に一塁に走るよう指示した。山内はそのまま守備陣がいないダイヤモンドを一周し、満塁走者を一掃して自分も生還した。

これに東映のベンチは唖然。球審に「振っていない」「一塁に走者がいる」「振り逃げにならないのではないか」等々猛抗議。しかし、二死の場面では一塁に走者がいても振り逃げは可能である。さらには「山内のバットに触れた。チップではないか」と難癖もつけたが、もちろん認められない。最後には「山内は走塁放棄になるのではないか」とも抗議をしたが、一旦アウトになったと勘違いした山内もまだベンチには入っていない(当時の規則では、打者走者が進塁を放棄したと見做され“ベンチの階段に足がかかったとき”にアウトになっていた[4])ため、山内はまだ走塁を放棄しておらず進塁が認められた。

結局、東映の選手は守備に戻され、58分の中断の後にスコアは3-5、8回表二死無走者の状態で試合が再開された。公式記録は三振と捕逸であるが、この一件は「振り逃げ満塁ホームラン」などと呼ばれている。振り逃げで4得点を挙げるという珍記録により、この試合は3-5で大毎の逆転勝ちとなった。

阪神 対 大洋[編集]

1967年9月23日、阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース大洋ホエールズ戦で、1回表二死満塁の場面。大洋の打者森中千香良は、2ストライク0ボールから阪神のジーン・バッキーが投げたナックルボールを空振りし、捕手の和田徹がワンバウンドで捕球した[10]。和田は、一度はベンチに戻ろうとする森中に触球しようとしたが触球せず、また、本塁を踏めば三塁走者をアウトにすることもできたがそれもせず、ボールをマウンドに転がしてベンチに戻った。大洋側は振り逃げができると気付き、打者走者森中が一塁へ走り、三塁走者の松原誠がホームインした。阪神の藤本定義監督は選手全員をロッカールームに引き上げさせて大谷泰司球審に抗議し、その後、大谷球審を小突くなどした。大谷球審は、藤本監督を退場処分として試合再開を命じ、プレイを宣告した。しかし、阪神の選手たちがベンチから出てこなかったため、大谷球審は1分後、没収試合を宣告して、大洋の勝利とした[11]

振り逃げを発端とした唯一の没収試合である。ただし、初回に大洋の勝利で試合終了となったため、振り逃げは、成立したが規定回数に到達していないので記録上は無効という、非常に珍しいケースである。

オリックス 対 千葉ロッテ[編集]

1994年6月12日グリーンスタジアム神戸で行われたオリックス・ブルーウェーブ千葉ロッテマリーンズ戦、3-3の同点のまま迎えた延長10回裏二死満塁の場面。千葉ロッテの投手成本年秀はオリックスのイチローを打席に迎えた。2ストライク1ボールからの4球目、成本が投じたフォークをイチローが空振りしたが、捕手の定詰雅彦がこの投球を捕逸した。イチローが振り逃げで一塁に達する間に三塁走者が本塁に還って試合終了、日本プロ野球史上初の「三振振り逃げサヨナラゲームとなった[12]

阪神 対 広島[編集]

2012年7月3日松山・坊っちゃんスタジアムで行われた阪神タイガース広島東洋カープ戦、3-2と阪神が1点リードで迎えた9回表二死二・三塁の場面。2ボール2ストライクから阪神投手榎田大樹が投じた球を広島の打者梵英心が空振りし、試合終了かと思われたが、捕手小宮山慎二が投球をミットで弾いて一塁ベンチ方向にそらした。この間に二塁走者までが本塁に還り、あと1球で試合終了の場面から一転、阪神は振り逃げで逆転を許した。阪神は9回裏の反撃も及ばず、4-3で逆転負けを喫した[13]

公式記録は、梵の三振と榎田の暴投であるが、翌日のスポーツ紙では「2ラン振り逃げ」と報じられていた[14]

試合終了後、阪神タイガースの和田豊監督は「ちょっと考えられないことが起きた」とコメントし、吉田康夫バッテリーコーチは「揺れるボールだから難しい。でもなんとかしないといけない。プロだから」とラストボールを捕れなかった捕手の小宮山に厳しい言葉を投げかけた[15]

なお、奇しくも3年前の同じ日(2009年7月3日)の横浜戦においても広島は振り逃げで2点をとっている[16]

福岡ソフトバンク 対 北海道日本ハム[編集]

2014年5月6日福岡ヤフオク!ドームで行われた福岡ソフトバンクホークス北海道日本ハムファイターズ戦、1-1の同点で迎えた9回裏一死二、三塁の場面。1ボール2ストライクから日本ハム投手増井浩俊が投じた球をソフトバンク打者松田宣浩が空振りし三振となる。しかし日本ハム捕手大野奨太がこの投球を捕逸し、松田をアウトに出来ないまま三塁走者の明石健志が本塁に帰還し試合終了。無死または一死で一塁に走者がいない場面では三振を奪っても捕手が正規捕球していない場合、打者を直接アウトにしなければアウトは成立しないため、松田は一塁に走らずに振り逃げをしたとみなされ、プロ野球史上2度目の「三振振り逃げサヨナラゲーム」となった[17]

高校野球[編集]

東海大相模 対 横浜[編集]

2007年7月28日横浜スタジアムで行われた高校野球神奈川大会準決勝は東海大相模横浜高校の対戦となった。

4回表、東海大相模は3点を先制し、なおも二死一・三塁の場面。打者の菅野智之(現・巨人)は2ストライク2ボールからのショートバウンドの投球をハーフスイングした。球審は一塁塁審にスイングの有無を確認し、一塁塁審はこれをスイングと判定したため、球審も右拳を挙げてスイングを認めた。この球審のジェスチャーを「三振でバッターアウト・スリーアウトチェンジ」と勘違いしてしまった横浜高校のナインは全員ベンチ前に引き揚げ、次の攻撃に備えて円陣を組んでいた。

一方三振を取られた菅野は、後ずさりする形で打席を少し出かかっていたが、自軍ベンチからの「走れ」という指示を受けて一塁に走り出し、塁上の走者も含む三人が横浜高校の守備陣が皆無のダイヤモンドを駆け抜けた。また横浜の捕手は第3ストライクの投球をワンバウンドで捕球しているにもかかわらず、打者・菅野に触球をせず一塁にも送球していなかった。さらに打者走者(菅野)は、ダートサークルから出て走塁の意思を放棄したとみなされる[4]前に一塁に向かっており、振り逃げが成立する条件は整っていた。

審判団はプレイの確認のため試合を一度中断したが、協議を行った結果、この振り逃げによる3点の得点を認めた。両チームの監督にプレイの説明をした際、横浜の渡辺元智監督が抗議したものの、判定は覆らず[18]。横浜高校は守備に戻され、スコアは6-0、4回表二死無走者の状態から試合が再開された。公式記録は三振と暴投であるが、この一件は「振り逃げ3ラン」とも呼ばれている[19]。試合は終盤に横浜の反撃があったものの、結果的にこの4回の得点が決め手となり、6-4で東海大相模が勝利を収め決勝に進出した[20]

脚注[編集]

  1. ^ 4 Strikeouts In 1 Inning : A Baseball Almanac Fabulous Feat
  2. ^ 楽天木谷が1イニング5奪三振の新記録 - 日刊スポーツ 2010年5月8日
  3. ^ 2009公認野球規則 2.15
  4. ^ a b c d 公認野球規則6・09(b)【原注】。メジャーリーグでは2006年、日本では2007年に改正された。それまでは、打者は三振でアウトになったと思い込んでベンチに戻ろうとしていた場合、ベンチに入るかベンチの階段に足がかかるまでは走塁放棄とは看做されず、途中で振り逃げできることに気づけば、その場所からスリーフットラインに入り一塁に向かって走塁して構わなかった。
  5. ^ 公認野球規則6・05(c)
  6. ^ なお、リトルリーグでは二死の場合でも振り逃げは認められていない。
  7. ^ ISBN 4-638-01124-1 『野球スコアブックのつけ方・新訂版』
  8. ^ ISBN 4-426-40049-X 『ザ・プロ野球 記録と話題の52年』(p.139)
  9. ^ Disputed call under microscope mlb.com 2005年10月13日
  10. ^ 【9月23日】1967年(昭42) 1回表で終わり!阪神が試合放棄 風呂に入った選手もいた!”. 日めくりプロ野球08年9月. 日刊スポーツ. 2014年3月2日閲覧。
  11. ^ 公認野球規則4.15(d) 一時停止された試合を再開するために、球審がプレイを宣告してから1分以内に競技を再開しなかった場合、没収試合が宣告され、相手チームに勝利が与えられる。
  12. ^ パ・リーグ/BLUE BOOK
  13. ^ 振り逃げで一気に2者生還!広島“タナボタ”逆転勝ち スポーツニッポン2012年7月3日
  14. ^ 広島2ラン振り逃げ 虎悪夢の逆転負け ニッカンスポーツ2012年7月4日
  15. ^ 「あと1球…虎まさか 振り逃げで逆転負け」中日スポーツ
  16. ^ 2009年プロ野球試合結果 7月3日 ― スポニチ Sponichi Annex 野球
  17. ^ 松田複雑「半分マン」…イチロー以来のサヨナラ振り逃げ スポニチAnnex 2014年5月7日
  18. ^ 26.審判員に対して規則適用上の疑義を申し出る場合 高校野球では、審判員に対して規則適用上の疑義を申し出ることは、主将、伝令または当該選手に限られている。監督が直接、審判員に対して規則適用上の疑義を申し出ることは本来認められない。
  19. ^ 悔しい敗戦を乗り越え栄冠を!「振り逃げ3ラン」で敗退の横浜高 47news 2007年08月01日
  20. ^ 東海大相模振り逃げ決勝進出/神奈川大会 日刊スポーツ、2007年7月29日

関連項目[編集]