安全進塁権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安全進塁権(あんぜんしんるいけん)とは、野球で、ルールにより走者(または打者)が、アウトにされることなく進塁が認められることである。

概要[編集]

安全進塁権が与えられた走者は、与えられた塁までアウトにされる恐れなく進塁することが許される。ただし、安全に進塁できるからといっても、正規の走塁をしなければならない。例えば、ダイヤモンドを横切って、進塁が許された塁まで直接向かうようなことは許されないし、走者にリタッチの義務が残っている場合は、一旦リタッチの必要がある塁まで戻る必要がある。

安全進塁権とは守備側のミスや反則行為に対するペナルティーである。「安全進塁」と称されてはいるが、実際には放棄することはできないので、「権利」とは言い難い。フェアボールがダイレクトに柵越えして本塁までの安全進塁権が与えられてもわざと一塁に留まったり、投手がボークを犯したときに走者が進塁を拒んだりすることは認められない。これは、公認野球規則1.02に謳われるように、「各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする」のであるから、より本塁へ近付くことのできるこの安全進塁権の放棄は原則に反するという解釈を根拠とする。同様に、攻撃側のミスや反則に適用される罰則である打者や走者アウト(例えば守備妨害等)を守備側の意向で取り消しにすることはできない(例外的に、打撃妨害発生時の「監督の選択権」というものがあるが、これとて打撃妨害によるペナルティを取るか、成り行きの結果による攻撃側の利益を取るかの択一であり、守備側の不利益が減免されるわけではない)。

なお、ボールデッド(一時中断)のもとで安全進塁権が与えられたときに塁を空過した場合は、走者が空過した塁の次の塁に達すれば、空過した塁の踏み直しが認められなくなる。プレイ再開後に守備側からアピールがあれば、その走者はアウトになる。

打者が安全に進塁できる場合[編集]

次の場合、打者には1個の安全進塁権が与えられ、アウトにされる恐れなく一塁へ出塁できる(公認野球規則6.08)。これによって占有する塁を明け渡さなければならない走者があるときは、走者にも1個の安全進塁権が与えられ、その次の塁まで安全に進塁できる。

  • 四球が宣告された場合。この場合はボールインプレイであり、打者や走者は、走塁死を賭してさらに進塁を試みてもよい。
  • 死球が宣告された場合。この場合はボールデッドであり、打者及び押し出される走者のみが1個だけ進塁できる。
  • 捕手やその他の野手が、打者を妨害した場合(打撃妨害)。打者を妨害した捕手や野手には失策が記録される。ただし、打撃妨害にもかかわらず、打者が投球を打ったときは、ひとまずプレイを続行し、プレイが一段落したところで処置を決める。
  • 審判員または走者が、フェア地域で野手に触れていない打球に触れた場合(守備妨害)。打者には安打が記録され、打球に触れた走者は守備妨害でアウトになる。ただし、投手を除く内野手の股間や真横を通過した直後の打球に走者が触れた場合で、他の内野手が守備する機会がないと判断されたものを除く。

走者が安全に進塁できる場合[編集]

次の場合、走者には安全進塁権が与えられ、アウトにされる恐れなくその数だけ進塁することができる(公認野球規則7.05)。ここで走者には打者走者を含むが、打者と打者走者は区別される必要があるので注意しなければならない。下に示す場合の走者に打者走者を含む場合には、特に説明を加える。

本塁(4個の安全進塁権)が与えられる場合[編集]

  • 打球が本塁打となった場合。また、明らかに本塁打となるであろう打球が、観衆や鳥、野手が投げつけたグラブ帽子などに当たった場合。どちらの場合も打者走者と塁上の全ての走者に本塁が与えられる。

3個の安全進塁権が与えられる場合[編集]

  • 野手が帽子やマスク、グラブやミットなどを本来の位置から離してフェアの打球に故意に触れさせた場合。この場合はボールインプレイである。なお、投げつけても、打球に触れなければそのままプレイ続行である。打者の記録は三塁打となる。
    • 下記の「オーティズ事件」では、審判はタイムをかけてボールデッドにし、協議の上で3個の安全進塁権を与えたが、ボールデッドにした点は誤りである。

2個の安全進塁権が与えられる場合[編集]

  • 野手が帽子やマスク、グラブやミットなどを本来の位置から離して送球に故意に触れさせた場合。この場合はボールインプレイである。なお、投げつけても、送球に触れなければそのままプレイ続行である。
  • フェアの打球がバウンドしてからスタンドに入った場合、または一度野手が触れて進路が変わった打球が、ファウル地域のスタンドに入った場合。または、フェンスやスコアボード、木などにはさまった場合。この場合はボールデッドである。打者の記録は二塁打となる。日本ではこれらはエンタイトルツーベース(英語ではground rule double)と呼ばれる。
  • 送球が、スタンドやベンチなど(野手がそれ以上追えない場所)に入ってしまった場合。この場合はボールデッドになる。
    • この場合、安全進塁権を認める基準となる塁は、悪送球が、打球を処理した直後の内野手の送球である場合は投球時に占有していた塁、それ以外の場合は野手の手からボールが離れたときに占有していた塁となる。ただし、打球を処理した直後の内野手の送球であっても、すでに打者走者を含む全ての走者が1個以上進塁している場合は、野手の手からボールが離れたときに占有していた塁を基準とする。

1個の安全進塁権が認められる場合[編集]

  • 野手が帽子やマスク、グラブやミットなどを本来の位置から離して投球に故意に触れさせた場合。この場合はボールインプレイであり、投球に触れたときの走者の位置を基準に、1個の塁が与えられる。
  • 投手がボークを犯した場合。
  • 打者への投球、または投手板(プレート)を外さずにマウンド上から行った送球(牽制球など)が、スタンドまたはベンチに入ってしまった場合。この場合はボールデッドになる。
    • 打者への投球が捕手を通過した後、または投手板を外さずにマウンド上から行った送球が塁を守る野手を通過した後、さらに捕手や野手に触れたうえでスタンドまたはベンチに入り、ボールデッドになってしまった場合には、投球(送球)当時に占有していた塁を基準に、2個の安全進塁権が与えられる。第4ボール(四球)または第3ストライク(三振)にあたる投球がこの状態になったときは、打者にも二塁が与えられる。
    • 投手が投手板を外してから送球した場合は、投手も通常の野手と同様に扱われるため、スタンドまたはベンチに入ってしまった場合は走者に2個の安全進塁権が与えられる。
  • 第4ボールまたは第3ストライクにあたる投球が、球審や捕手のマスクや用具に挟まって止まった場合。この場合は打者にも一塁が与えられる。
  • 野手が、打者が打った飛球を捕らえた後、スタンドやベンチなどボールデッドとなる箇所に倒れこんだ場合(日本では、倒れこまなくてもボールデッドとなる箇所に踏み込んだ場合)。この場合は打者はアウトとなり、ボールデッドになる。走者全員に1個の安全進塁権が与えられるが、元いた塁へのリタッチの義務は消滅しない。
    • ボールデッドとなる箇所に入り込んで捕球をすることは認められない(捕球してもファウルボールとなる)。しかし、野手がベンチなどの中に手を差しのべて捕球することは差し支えない。この際に、倒れこまないようにベンチの中の選手やスタンドの観客に体を支えてもらってもよい。正規に捕球できている場合は打者はアウトになり、走者にはリタッチの義務が生じる。

サヨナラゲームの場合[編集]

最終回または延長回の裏の攻撃で、数個(2個以上)の安全進塁権が与えられサヨナラ勝ちが確定する場合、勝ち越し得点を挙げる走者が生還するのに必要な最小限の個数の安全進塁権しか与えられない(柵越え本塁打の場合を除く)。打者には、それと同じ個数の安全進塁権しか与えられないが、そのためにはその塁まで進塁することが条件となる(公認野球規則10.07(f))。

  • 【例1】最終回裏に同点で走者二・三塁のときに、通常なら打者及び走者に2個又は3個の安全進塁権を与えられるべき事象が生じても、1個の安全進塁権のみが与えられ、三塁走者が本塁に触れることによって試合終了となる。二塁走者は三塁までの進塁が認められるが、生還は認められない。打者は、一塁までの進塁だけが認められる。打球がバウンドしたあとスタンドに入ったとしても、二塁打(エンタイトルツーベース)ではなく、単打の記録となる。
  • 【例2】最終回裏に攻撃側が1点負けていて走者二・三塁のときに、打球がワンバウンドでスタンドに入ると、走者2人にはそれぞれ2個の安全進塁権が与えられ、両者が本塁に触れることによって試合終了となる。このとき打者走者が二塁まで走塁すれば打者の記録は二塁打(エンタイトルツーベース)であるが、一塁を踏んだだけでベンチに戻った場合は単打となる。

審判員の宣告の仕方[編集]

走者に安全進塁権を与える場合、審判員は、以下の通りに宣告を行う。ただし、ボールデッドである場合はそれに先立って、両手を上方に広げるジェスチャーをし(ファウルボールと同じ)、「ボールデッド」または「タイム」と宣告する(打球が本塁打となった場合を除く[1])。

1個の安全進塁権を与える場合
右手を高く上げ、人差し指1本を伸ばし、「テイク・ワン(ベース)」と宣告する。
2個の安全進塁権を与える場合
右手を高く上げ、人差し指と中指の2本を伸ばし、「テイク・ツー(ベース)」と宣告する。
3個の安全進塁権を与える場合
右手を高く上げ、人差し指と中指、薬指の3本を伸ばし、「テイク・スリー(ベース)」と宣告する。
本塁を与える(打球がフェンスを越え、本塁打となった)場合
右手を高く上げ、頭上で人差し指を大きく回しながら「ホームラン」と宣告する。

安全進塁権が与えられたとき[編集]

ボールデッドのとき[編集]

ボールデッドのもとでは、与えられた塁以上に進むことは認められない。

例えば一・二塁間に一塁走者と打者走者の二人がいたときに 2 個の安全進塁権が与えられた場合、一塁走者・打者走者ともに三塁まで与えられることになるが、一塁走者は三塁まで進めても、打者走者は三塁が前の走者に占有されてしまうため三塁まで進むことができない。このような場合は、打者走者は三塁が許されても結果的に二塁までしか進塁できない。

ただし、打者に一塁が与えられた場合で、その打者に一塁を明け渡すために進塁しなければならなくなった走者は全員安全に次の塁へ進むことができる。いわゆる「四死球による押し出し」は典型的な例であり、満塁の場合は攻撃側に1点が入る(ただし、四球はボールインプレイである)。

ボールインプレイのとき[編集]

四球のケースのようにボールインプレイで安全進塁権が与えられた際には、与えられた塁まではアウトにされる恐れなく進塁することができるが、プレイは続行中であるので、その塁を越えて進塁しようとすることも可能である。ただし、それ以降の進塁を試みようと、与えられた塁をオーバーランした段階で、それ以降の走塁はアウトにされる恐れがある。

このとき、安全進塁権が与えられた最後の塁を空過していても、この塁に達したものとみなされる。

  • 【例】走者一塁でスリーボールの場面で、次の投球時に走者は盗塁を試みたが、投球はストライクゾーンを外れて、捕手が後逸したとする。四球で打者には一塁まで、一塁走者には二塁までの安全進塁権が与えられるので、二塁への盗塁は成立しない。このとき一塁走者が後逸を利して三塁進塁を狙い、全力疾走で二塁を空過してしまったとする。空過した時点で二塁へ安全に進塁する権利はなくなるので、走者が空過に気付いて二塁を踏み直しに戻っても、戻るより早く捕手が二塁へ送球し、二塁に触球してアピールするか、走者に触球すれば走者はアウトになる。

走者が安全進塁権を与えられ本塁までの進塁が認められた場合、他の走者が何らかの理由でアウトを宣告され三死となっても、安全進塁権が与えられた走者の得点は認められる(公認野球規則7.04(b)【注】によれば、これは満塁で四球により安全進塁権が与えられたときに限って認められている)。

  • 【例】二死満塁で第4ボールに当たる投球を捕手が後逸した。四球が宣告され、三塁走者は歩いて本塁に向かった。二塁走者は全力疾走で三塁を越えて本塁を窺ったが、球を拾った捕手からの送球で三本間で触球されてアウトとなった(第3アウト)。この時点で三塁走者はまだ本塁へ到達しておらず、数秒後にようやく本塁を踏んだ。 ― この場合、三塁走者の得点は認められる。

ドーム球場の特別ルール[編集]

ドーム球場ではその打球の性質に関わらず、打球がフェアグラウンドの上方空間にある天井や照明・音響・空調などの設備に挟まった場合や、そこに当たって跳ね返ってきたボールがフェアグラウンド内に落下した場合にどのように取り扱うかが特別に規定されている。

日本初のドーム球場である東京ドームでは、グラウンド面から天井部分までの高さは「人間の力では到達しえない高さ」として算出された61.690メートルと設計されているが、選手の能力の向上や用具の質的向上、空調や内部空気圧などの様々な要因が重なって、天井部に打球が接触する事態が発生するようになり、特別ルール設定の必要に迫られることになった。順次建設されたドーム球場では個々の球場の高さ・広さに合わせてグラウンドルールが定められている。

具体例[編集]

野手が誤ってボールをスタンドに投げ入れる[編集]

この事例は、特にプロレベルで多く発生している。ファンサービスの一環として、野手が飛球を捕らえたことによって第3アウトが成立した場合に、その野手がボールをスタンドに投げ入れるようになったことによるもので、いずれも野手がアウトカウントを勘違いして投げ入れてしまったもの。記録は当該野手の失策である。日本プロ野球で日付等が具体的に判明している例は以下の3つ。

ボールパーソンが誤ってフェアのボールを観客に渡す[編集]

2014年6月8日、カンザスシティ・ロイヤルズニューヨーク・ヤンキース戦(カウフマン・スタジアム) - 4回表、ヤンキースの打者ブライアン・ロバーツの一塁線のフェア打球を、右翼ファウルグラウンドのフェンス脇で待機していたボールパーソンがファウルと勘違いして拾い上げて観客に渡してしまい、ロバーツには2個の安全進塁権が与えられた[3][4][5]

故意ボーク疑惑[編集]

ボークの項を参照。

フェアボールにグラブを投げつける[編集]

漫画『ドカベン』の例[編集]

水島新司作の漫画『ドカベン』の劇中、甲子園での明訓高校とブルートレイン学園(BT学園)との試合において、安全進塁権及びそのルールの盲点が描かれている。

8回裏、BT学園の打者・桜が左中間を破りそうな大飛球を放ったが、中堅手山岡鉄司はグラブを投げつけて打球を止めてしまった。左翼手の微笑三太郎は、このプレイで「三塁打でボールデッドになる」と勘違いして、山岡に内野への返球を止めさせた。すでに三塁を回って本塁に到達しかけていた打者走者の桜も、微笑と同じく勘違いをして三塁に戻ろうとし、その時くやしまぎれに本塁を2度踏みつけた。しかし球審は、三塁に帰ろうとする桜の生還を認めた。すなわちグラブを投げつけて打球を止めた場合は三塁打でボールデッドになるのではなく、3つの安全進塁権が与えられ、かつボールインプレイであるため、実際に本塁を踏んだ桜の得点が認められたのである。

日本プロ野球の例[編集]

2008年5月4日、千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武ライオンズ千葉マリンスタジアム) - 5回表、無死無走者で、西武の打者・栗山巧が打った打球は一塁手を強襲し、右翼手のいる方向へ転がっていった。この打球に対してロッテのホセ・オーティズ二塁手がグラブを投げつけ、グラブは打球に接触した。栗山は一塁にとどまっていたが、審判団は公認野球規則7.05(c)に基づき、栗山に三塁までの安全進塁権を与えた。このあと石井義人犠飛により西武は得点した。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その場合もボールデッドであるが、両手を上方に広げるボールデッドのジェスチャーをするとファウルボールと誤認される。ボールデッドであるのは明らかであるから、ボールデッドのジェスチャーをわざわざ行う必要はない。
  2. ^ 虎・マートン勘違い!ファンあぜんの痛恨ミス”. サンケイスポーツ (2011年5月26日). 2011年5月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  3. ^ “ボールボーイがインプレーボール取ってボールあげちゃった〜”. 日刊スポーツ: p. 9. (2014年6月10日) 
  4. ^ Brendan Kuty (2014年6月8日). “WATCH: Royals ball boy gives fan fair ball vs. Yankees”. NJ.com. 2014年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月13日閲覧。
  5. ^ Ballboy's blunder”. MLB (2014年6月9日). 2014年6月13日閲覧。 “The Royals ballboy mistakingly fields Brian Roberts' fair ball down the right-field line and avoids the next one hit his way”
  6. ^ オーティズ、グラブ投げ打球止め三塁打罰2008年5月5日 日刊スポーツ

関連項目[編集]