野手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野手(やしゅ)とは、野球ソフトボールで、

  1. 広義には、守備側の選手のことである。公認野球規則の第2章においてはこれを定義としている。これはすなわち、投手捕手一塁手二塁手三塁手遊撃手左翼手中堅手右翼手の9人を指す。
    日本ではしばしばこれらをそれぞれ、ピッチャーキャッチャーファーストセカンドサードショートレフトセンターライトと呼ぶことがある。指名打者は守備につかないので野手には含まれない。
  2. やや狭義には、投手以外のポジションを守る、捕手、一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手、左翼手、中堅手、右翼手の8人を指す。特に投手について特別に述べる必要がある場合、意図的に投手と野手の用語を書き分ける文脈においてこのように用いられる。
  3. より狭義には、一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手、左翼手、中堅手、右翼手の7人を指す。特に投手と捕手について特別に述べる必要がある文脈においてこのように用いられることがある。

一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手を総称して内野手、左翼手、中堅手、右翼手を総称して外野手と呼ぶことがある。また、投手と捕手を総称してバッテリーと呼ぶことがある。ただし文脈によっては、内野手の中に投手と捕手が含まれることもある。

守備位置[編集]

投手 打者 捕手 一塁手 二塁手 遊撃手 三塁手 右翼手 中堅手 左翼手
野球のポジション図

それぞれの野手はおよそ次の図および解説に示す位置(守備位置という)に立つ。ただし、守備位置は試合の状況により変化することがあり、投手と捕手以外は目安である。

  • 投手(ピッチャー) プレートの上に立つ。
  • 捕手(キャッチャー) 本塁の少し後ろに位置する。
  • 一塁手(ファースト) 一塁の付近に立つ。
  • 二塁手(セカンド) 二塁から一塁に少し寄った所に立つ。
  • 遊撃手(ショート) 二塁から三塁に少し寄った所に立つ。
  • 三塁手(サード) 三塁の付近に立つ。
  • 左翼手(レフト) 遊撃手の後方に立つ。
  • 中堅手(センター) 二塁の後方に立つ。
  • 右翼手(ライト) 二塁手の後方に立つ。

投球前は、投手と捕手の守備位置は上記に示した位置でなければならないが、それ以外の野手はフェアゾーン内であれば、打者の邪魔をしない限りどこにいても良い。ただし、一塁手用に規定されたグラブまたはミットを着用できるのは、打順表において一塁手に指定された者のみに限られる。また打者がボールを打った後は、投手と捕手も含め全ての野手が、フェアゾーン・ファウルゾーンを問わず自由に移動することができる。さらに、「一塁手」「二塁手」「三塁手」「遊撃手」と名がついているからといってそれぞれの塁や居場所以外守ってはいけないわけではなく、タッチアップの際に遊撃手が二塁手や三塁手の、二塁手が一塁手の(要は自分がすぐに飛んで行ける場所の)ベースカバーに就く事もある。

投手と野手の関係[編集]

野手と投手の間には微妙な距離があり(敬称の有無などに現れている)、野手は守備・バッティングでチームに貢献するのは当たり前で、更には投手の投球にも報いなければならないのである。その一方で、「投手も自分の仕事は投球だけではなくグラウンドに立てば守備やバッティングでチームに貢献しなければならないのだから、9人目の野手である」という考え方も存在する。桑田真澄などがこれを実践しているとして過去に賞賛されていた。