猛打賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

猛打賞(もうだしょう)は、スポーツにおける個人賞の一つである。

日本プロ野球[編集]

概要[編集]

日本プロ野球において、1試合中に3安打以上を記録した選手に対して、スポンサー企業などから贈呈される賞のことをいう。日本の野球界特有のもので、1949年日本野球連盟清岡卓行が制定した[1]アメリカメジャーリーグには同様の賞は制定されていないが、類似例として1選手が1試合中に2安打以上を記録することをマルチヒットMulti Hits、つまりは複数安打)という呼称がある。ただ、これについても特に賞品が贈呈されることはない。

日本においても近年は景気動向によって賞品を贈呈しない球場もあるが、賞品の有無や日米の野球に関係なく、1試合3安打以上を記録することをこのように称する報道が日本では多く、普通名詞化した言葉になっている。

日本プロ野球の記録[編集]

通算記録[編集]

順位 名前 回数
1 張本勲 251
2 川上哲治 194
3 長嶋茂雄 186
4 野村克也 180
5 福本豊 178

シーズン記録[編集]

順位 名前 所属(達成当時) 回数 達成年度 出場試合数 年間試合数
1 西岡剛 千葉ロッテマリーンズ 27 2010年 144 144
2 イチロー オリックス・ブルーウェーブ 26 1996年 130 130
3 アレックス・ラミレス 東京ヤクルトスワローズ 24 2007年 144 144
3 マット・マートン 阪神タイガース 24 2010年 144 144
5 前田智徳 広島東洋カープ 23 1998年 127 135
5 小笠原道大 日本ハムファイターズ 23 2001年 140 140

備考[編集]

  • 賞が制定されたのは1949年であるが、日本プロ野球界で初めて猛打賞を記録したのは、木全竹雄大東京軍。1936年4月29日の名古屋軍戦〈甲子園球場〉にて)である。
  • 通算猛打賞記録
    • 張本はパ・リーグで203回、セ・リーグで48回記録しているため、日本記録保持者であると同時にパ・リーグ記録保持者でもある。
    • セ・リーグ記録保持者は、川上ではなく長嶋である(セ・リーグの発足が1949年末のため、それ以前つまり日本野球連盟時代の数は反映されない)。
    • 参考記録の上位では、イチローが挙げられる。前述のようにメジャーリーグには「猛打賞」がないものの、「1試合3安打以上を記録した回数」を考慮した場合、イチローは日米通算で357回(日120、米237。2012年シーズン終了時)残しており、日本プロ野球歴代1位である張本の251回を超える。
  • シーズン猛打賞記録
    • 日本人選手の参考記録として、イチローが挙げられる。「1試合3安打以上を記録した回数」を考慮した場合、イチローはメジャーリーグ移籍後の2004年シーズンに34回(161試合出場)記録しており、日本プロ野球歴代1位である西岡の27回(144試合出場)を超える。
  • シーズンマルチ安打(1試合2安打以上)記録
    • イチロー:69回(1994年 日本記録、パ・リーグ記録)
    • 青木宣親:68回(2010年 セ・リーグ記録)
  • 最年長猛打賞記録

バレーボール[編集]

バレーボールでは大会通算で最多アタック決定本数[2]を記録した選手をこの名で表彰している。

日本では第17回日本リーグでリーグ表彰として新設。第7回Vリーグを最後に終了した。代替として、アタック得点とブロック得点、サーブ得点を合計したベストスコアラーを得点王(最多得点)として表彰している。

大学連盟では現在も表彰を行っているリーグが存在する。

ゴルフ[編集]

ゴルフにおける猛打賞とは、同一の大会中に一番打数を叩いてしまった人(最下位)を指す言葉として使われることがある。

また、最下位から2番目にはブービー賞が与えられることが多いが、最下位も同じくブービー賞と呼ばれることがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 球太郎の野球雑学ページ日本プロ野球機構オフィシャルサイト。
  2. ^ サイドアウト制当時の大会においては、得権と得点の合計。