シデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クマシデ属
Carpinus foliage.jpg
セイヨウシデ
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: クマシデ属 Carpinus
学名
Carpinus
和名
クマシデ属
英名
Hornbeam
  • 本文参照
クマシデの1種
セイヨウシデの種子の拡大写真。翼()を阿合わせて4センチメートルほどの大きさ。
民家の注連飾りに付けられた四手

シデ(四手、椣)は、カバノキ科クマシデ属 Carpinusの落葉高木の総称[1]。木は比較的小さく、材木は比較的硬い (Hardwood。多くの植物学者がカバノキ科 Betulaceaeに分類しているが、ハシバミ属アサダ属と合わせてハシバミ科として扱う学者もいる。

北半球の温暖な気候で育つ30〜40種が知られており、東アジア、とりわけ中国に多い。ヨーロッパで2種、北アメリカ東部で1種が知られている。

特徴[編集]

には落葉性があり、葉脈は規則正しく交互に伸びており、長さ3〜10センチメートルである。風媒花で、付き方は尾状花序になっており、春に咲く。雄花と雌花は別の尾状花序となるが、同じ木に両方できる雌雄同株である。実は長さ3〜6ミリメートルのナッツ状であり、がわずかに非対称形の翼になっている。このため、落下する時に風を受けて周囲に広がりやすい。この翼の形でシデの種類を見分けることができる。翼の形は分け方にもよるが10〜30タイプに区別できる。

シデの木は別名 iron-wood(鉄の木)の通り、非常に堅いので、木材として用いるのは難しく、あまり使われていない。ただし、特に堅い材料を必要とする切断台、工具の柄、車軸などに使われることもある。フローリングに使われることもある。

シデはチョウ目の幼虫の食料としても重要であり、アキナミシャク (Autumnal Mothキバラヒメアオシャク (Common Emeraldカバエダシャク (Feathered ThornSvensson's Copper Underwingナミスジフユナミシャク (Winter Mothなどがセイヨウシデで見つかっており、ツツミノガ科 Coleophora属のColeophora currucipennellaColeophora ostryaeもこれを食する。

名称[編集]

和名のシデは、尾状花序となっている花の付き方が、注連縄などに付ける四手に似ているからである[2]

中国では「鵝耳櫪」と称する。

英名 hornbeam は動物の角に似た硬い枝と、木を意味する古英語 beamに由来する。アメリカシデはblue-beech, ironwood, musclewoodなどとも呼ばれる。blue-beechはアメリカンビーチ (American Beechと似ていることから、後の2つは硬いこと、枝が筋肉のように見えることから付けられている。学名 Carpinusはセイヨウシデのラテン語名に由来する。

[編集]

下記に主な種を記載する[3][2]

  • Carpinus betulus セイヨウシデ - ヨーロッパではほとんどの国に自生するが、アイルランド、北部ブリテン、スカンジナビアには見られない。木の大きさは小型から中型程度で、普通は10〜20メートルくらい、高いものは30メートルぐらいになる。葉の大きさは5〜9センチメートル、種の大きさは3本の翼を含めて3〜4センチメートルである。
  • Carpinus caroliniana アメリカシデ - 北アメリカの種で、葉の形や大きさはセイヨウシデに似ている。種の形も似ているが、翼はさほど大きくない。幹や大枝は伸びる方向に筋が付いていることから、盛り上がった筋肉を思わせる。木の皮は青っぽい灰色でツルツルとしており、その点はアメリカンビーチ (American Beechに似ているが、きめが細かい。iron-woodとも呼ばれるが、この名はOstrya virginianaの異名でもあり、日本の材木でアイアンウッドと呼ばれているのもOstrya virginianaである。
  • Carpinus cordata サワシバ - 日本に分布。
    • Carpinus cordata var. chinensis ビロードサワシバ
    • Carpinus cordata var. pseudojaponica オオサワシバ
  • Carpinus eximia オオイヌシデ
  • Carpinus fargesii Farges' Hornbeam
  • Carpinus hebestroma タロコシデ
  • Carpinus japonica クマシデ - Japanese Hornbeam。日本に分布。Oriental Hornbeamに似ているが、葉が8〜10センチメートルと大きい。
    • Carpinus japonica var. cordifolia オオクマシデ
  • Carpinus kawakamii アリサンシデ
  • Carpinus laxiflora アカシデ - 日本に分布。
    • Carpinus laxiflora f. pendula シダレアカシデ
  • Carpinus orientalis Oriental Hornbeam - ヨーロッパ南東からアジア南西原産で、セイヨウシデよりも乾燥していて高度が低い場所を好む。高さは10メートルほどの低木である。葉も長さ3〜5センチメートルと小さい。種の翼は1本だけであり、長さ約2センチメートルである。
  • Carpinus putoensis 普陀鹅耳枥 - 中国固有種。1930年に中国浙江省舟山群島普陀山で発見された。1株しか見つかっておらず、中国で国家一級保護絶滅危惧種に指定されている。
  • Carpinus rankanensis ランカンシデ
  • Carpinus tschonoskii イヌシデ - 日本に分布。
    • Carpinus tschonoskii f. pendula シダレイヌシデ
  • Carpinus turczaninovii イワシデ - 日本に分布。
    • Carpinus turczaninovii var. coreana チョウセンイワシデ

脚注[編集]