蔦文也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蔦 文也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市
生年月日 1923年8月28日
没年月日 2001年4月28日(満77歳没)
身長
体重
170 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1950年5月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

蔦 文也(つた ふみや、1923年8月28日 - 2001年4月28日)は、プロ野球選手投手)、徳島県立池田高等学校野球部元監督

経歴[編集]

1923年徳島県徳島市で生まれ、旧家の一人息子として裕福に育った。徳島県立商業学校に進学し、稲原幸雄監督の指揮で1939年一塁手として、翌1940年には投手として甲子園に出場している。同校卒業後、同志社大学経済学部に入学し野球部に所属するが、学徒出陣太平洋戦争に出征。特攻隊員となるも、出撃前に終戦を迎えた。

戦後、同志社大学卒業後、日鉄広畑に半年間所属し帰郷。日本通運に勤務する傍ら、稲原が監督を務める全徳島に加入し都市対抗野球大会に3度出場する。1950年東急フライヤーズに投手として入団したが、わずか1年で退団し再び帰郷した。

故郷・徳島の池田高校が野球部の指導者を探していたことから、1951年、池田高校に社会科教諭として赴任する。その授業はいつも本題そっちのけで専ら野球の話でもちきりだった。翌1952年から同校の野球部監督に就任。しかし当時の野球部には、戦後の物不足の影響もありボールが3個とバットも2本しかなかったほどのお粗末な環境であった。

長い間母校・徳島商の厚い壁に跳ね返され続けたが、1971年の夏の大会にて、池田高校は甲子園初出場を果たした。1974年春には、「さわやかイレブン」と呼ばれたわずか11人の部員で準優勝、1979年夏にも箕島高校に惜敗したものの準優勝を記録した。

1980年頃から、芯を少々外していても筋力があれば打球を飛ばせる金属バットの特性を最大限に生かすため、筋力トレーニングを積極的に行い「やまびこ打線」というニックネームがついた強力打線で、以後の高校野球のスタイルをも変えてしまった。チームも1982年夏1983年春と夏春連覇を達成し、名実ともに黄金時代を迎える。当時の池田高校は、類まれなる強さと、蔦のキャラクターもあり、高校野球史上屈指の人気校となった。

監督として甲子園に春夏通算14回(監督として最後の甲子園出場は1988年夏。岡田康志コーチが指揮を代理した1991年夏を含めると15回)出場し、37勝、優勝3回、準優勝2回という素晴らしい成績を残すも、68歳・監督就任40年目の1992年に勇退した。ノックが打てないほど年老いたことが直接の原因である。同年7月には「池田町名誉町民第1号」に選ばれた。その後の数年間、野球部の顧問を務めていたが、体調を崩し入退院を繰り返していた。

2001年4月28日肺癌のため池田町内の病院で死去した。77歳没。葬儀には水野雄仁など多くの教え子が参列した。蔦の自宅は今もJR阿波池田駅の近くに残っている。

孫に映像作家の蔦哲一朗

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 東急 5 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 57 10.0 21 2 8 -- 0 3 0 0 14 13 11.70 2.90
通算:1年 5 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 57 10.0 21 2 8 -- 0 3 0 0 14 13 11.70 2.90

背番号[編集]

  • 16 (1950年)

甲子園での成績[編集]

  • 春:出場7回・21勝5敗・優勝2回(1983年、1986年)・準優勝1回(1974年)
  • 夏:出場7回・16勝6敗・優勝1回(1982年)・準優勝1回(1979年)
  • 通算:出場14回・37勝11敗(勝利数は2014年夏現在、歴代7位)・優勝3回・準優勝2回

教え子[編集]

攻めダルマと酒[編集]

鋭い打球が自慢のパワー野球で、対戦相手を次々にねじ伏せた池高野球。その攻撃力から蔦は「攻めダルマ」と畏れられていた。その愛称から強気な性格が連想されるが、実際の蔦はものすごく臆病な性格で、初めて甲子園に出場するまでは3点リードされていても「もうダメじゃ。帰り支度や」と試合を捨てることもあったという。

またの力を借りて臆病な性格を隠す傾向も見られ(蔦は「ワシから野球と酒を取ったら何も残らん」とも公言していた)、池田町界隈では泥酔した蔦の姿がよく見かけられたという。また蔦が酒飲みであったことは池田町ばかりか三好郡内でも有名だった。

蔦語録[編集]

『蔦監督の碑』池田高校構内 「山あいの町の子供たちに…」の言葉が刻まれている
  • 「そんなことやったら、いつまでたっても徳商に勝てんぞ」 - 甲子園初出場以前の口癖
  • 「山あいの町の子供たちに一度でいいから大海を見せてやりたかったんじゃ」 - 1971年夏、甲子園初出場時。この言葉は校門横の石碑にも刻まれている。
  • 「さわやかでも何でもない。ワシのしごきがきついけん、ついていけんようになっただけじゃ。」 - 1974年春(さわやかイレブンで準優勝時)
  • 「甲子園はいっぺん味をしめると忘れられへん。ワシは池田に骨を埋めるつもりじゃ。私学は制約が多いし、他県にもよう出ていかんし…」 - 1982年夏(初の全国制覇のとき)
  • 「ワシはバントとかコツコツ当てていく野球は嫌いなんじゃ。野球に理屈はいらん。思い切り、のびのび打ったらええんじゃ」 - 1982年
  • 「ワシがノックバットを離すときは監督を辞める時。ワシは死ぬまで離さんぞ」 - 1987年

その他[編集]

  • 1939年9月、直前の夏の甲子園を制覇した海草中学校との練習試合で、真田重蔵-嶋清一の投手リレーを相手に4-3で投げ勝った。
  • 蔦が東急フライヤーズに在籍した年の同僚に塩瀬盛道がいた。塩瀬がプロ野球史に残る「公式戦唯一の打席で初球をホームラン」という記録を作った試合(1950年5月11日大映スターズ戦)では塩瀬の前に登板している。後年、高校野球の監督として有名になってからこの試合のことを聞かれたが、よく覚えていないという返事であった。
  • 規約により異動が避けられない県立高校の教員でありながら池田高校を40年連続で監督できたのは、蔦の熱意に感化された教育委員会が、蔦を池田高校の全日制と定時制を交互に異動させたためであった。
  • 蔦をモデルにしたキャラクター「つたはーん」が阿波池田商工会議所青年部によって製作された[1][2]

キャリア・経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「つたはーん」が地元から池田を応援
  2. ^ 故蔦監督のキャラ「つたはーん」登場 センバツで池田高応援

関連項目[編集]