トネリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トネリコ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariale
: モクセイ科 Oleaceae
: トネリコ属 Fraxinus
: トネリコ F. japonica
学名
Fraxinus japonica
Blume ex K.Koch
和名
トネリコ
英名
Japanese Ash

トネリコ(梣、学名Fraxinus japonica)は、 キク亜綱- ゴマノハグサ目- モクセイ科に分類される落葉樹であるトネリコ属中の、日本列島原産地とする1

呼称[編集]

和名の由来は、本種の樹皮に付着しているイボタロウムシ[1]が分泌する物質(イボタロウ)にあり、動きの悪くなった敷居の溝にこの白蝋を塗って滑りを良くすることから「戸に塗る木(ト-ニ-ヌル-キ)」とされたのが、やがて転訛して「トネリコ」と発音されるようになったものと考えられている。

特徴[編集]

日本原産種であり、東北地方から中部地方にかけての温暖な山地に自生する。近年[いつ?]では、街路樹園芸樹として各地に植えられていることもある。花期は5- 6月頃。

木材としてのトネリコは弾力性に優れ、バットや建築資材などに使用される[2]

樹皮は漢方薬とされ、止瀉薬結膜炎時の洗浄剤として用いられる。

新潟県では古くから水田の周囲などに並木として植えられ、刈り取ったイネを架けて乾燥させる「はざ木(はざき・はざぎ)」として利用された。同じ米産地の富山県でも同様の使われ方をし、「ハサ」と呼ばれる。トネリコは田園風景を決定づけていたが、ほとんど失われてしまった。「トネリコは一本だけでは役立たない、何本も並んでいるから役に立つ」といった教訓としても使われることがあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 異称:イボタロウカイガラムシ、イボタロウカタカイガラムシ。学名:Ericerus pela (Chavannes, 1848)
  2. ^ 富山県内にはトネリコが多くあったため、富山で野球バット産業が盛んになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]